« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

淡路島まつりに向けて

 スポーツクラブ21大野連の阿波踊り指導をお手伝いするようになって、今年で8年目になります。まさか、8年も続くとは予想していなかったので、びっくりしています。

 6月から、毎週日曜日に練習をしているので、ソフトテニスの大会などで、遠征したりするときは、阿波踊りの練習には、行けていません。去年までは、ほぼ、皆勤賞だったんですが、さすがに、今年は、洲本ジュニアソフトテニスクラブのお世話が忙しく、踊りだけに集中できていません。

 指導者が、そんな調子なので、子供達の集まりも今一つ、特に、小学5、6年生の参加が少なくて、子供の仕上がりが、過去最低に悪いです。(涙)

Cimg6396_r_4
↑ 本番では、もっと元気を出して、踊りましょう!

 まあ、それでもちびっ子達は、楽しそうに踊ってくれますから、指導者の都合で、手を抜いてしまったら、申し訳ないです。あと、残り2回の練習で、しっかり教えたいと思います。

Cimg6398_r_2
↑どうですか?大人も頑張ってますよ。

Cimg6399_r_2
↑今年の鳴り物は、なかなかの仕上がりです。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

ふくらはぎの痙攣(けいれん)

この暑さの中、毎日、陸上練習をがんばっている小学生が来院されました。

症状は、『ふくらはぎの痛み』です。

状況を確認すると、毎朝、陸上練習をがんばっていて、昨日の練習の時に、ふくらはぎがけいれんしてしまい、その後、けいれんはおさまったけど、痛みがとれないとのことでした。

筋肉や筋膜が、強いけいれんを起こした時に、ダメージを受けているようです。

写真のようにテーピングをして、数回、アイシングをした後、筋肉・筋膜への施術をおこなっておきました。ずいぶん楽になったとのことでしたので、今日のところは、終了としました。

Cimg6362_r_2

Cimg6360_r_2

2日後にメールが来て、すっかり痛みもとれ、元気に走っているとのことでしたので、安心いたしました。

次回、来院されたときには、陸上用の準備運動をしっかり教える予定です。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

スポーツの準備運動について

Cimg6243_r

 スポーツをする前には、必ず準備運動をすると思います。

 私も、ソフトテニスを子供達に指導しているので、子供達や、我々指導する監督、コーチが怪我をしないように、準備運動には時間をかけておこなうようにしています。

 いろんな準備運動をやってみて、わかってきたのですが、効果的な準備運動ができたときは、練習した後の疲労感が少なかったり、筋肉痛にならなかったりするのです。逆に、効果のない準備運動をしたときは、翌日とかに筋肉痛を訴える選手が多いのです。

 そうして、私の指導しているチームでは、ちょっと変わった体操をするようになり、肩や肘などの痛みを訴える選手が格段に減ったのです。この体操は、当院では、スポーツによる故障で来院された選手には、必ずといっていいほど指導して、確実な効果を上げています。

 時々、他チームの練習に参加させてもらったり、中学校や高校で練習させてもらうこともあるのですが、その場合は、だいたいが、そのチームの準備体操をいっしょにすることになります。ほとんどのチームは、一般的に普及しているスタティック・ストレッチを中心とした準備体操をすることになるのですが、残念ながら、翌日の筋肉痛は、いつもより格段に多くなります。

 世界的に普及した「キネシオテーピング」の創始者 加瀬建造先生が、おっしゃっていますが、「運動前のストレッチは危険!」なのです。準備運動になっていないどころか、怪我をしやすい状態をつくって、スポーツを始めることになるのです。

 これは、本当にやめた方が良いですよ。準備運動を比較してもらったら、誰でもわかります。ストレッチを熱心にされている選手の方が、怪我が多くなってますから・・・。

 詳しい話を聞きたい方は、ぜひ、当院にご連絡ください。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30年来のひざ痛

 20代の頃から、ずっと膝が痛いという男性が来られました。もともとは、バレーなどのスポーツをしていて、痛めたそうです。

 その頃からずっと続く膝の痛みは、特に、階段を上る時に痛みを感じて、下りる時には痛みはほとんどないのだそうです。

 膝周囲を触診してみて、わかったのは太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が、ずいぶん張っていて硬いということと、膝の裏側の膝窩筋(しつかきん)を押圧すると、非常に痛がるということです。膝周りの筋肉が、硬くなっているので、膝関節もねじれたようになっていました。

 長年の疲労が蓄積しているようだったので、膝だけでなく、腰から下の筋肉を全体に調整し、特に膝の上下の筋肉を丹念にゆるめて、関節を調整しました。

 最後に、テーピングで膝関節を補助してやって、階段の上り下りをしてもらったところ、30年来の痛みは、まったく感じないと、非常に喜んでいくださいました。

 このまま放置していると、正座もしにくくなるはずでしたので、本当によかったと思います。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

胸が強烈に痛い

本日、ご来院されたAさんの事例を紹介します。

Aさんは、10日ほど前、朝起きたら、なんとなく胸が痛いと感じたそうです。その2日後、運動会で転び、その翌日くらいから、強烈な胸の痛みを感じるようになりました。

心臓の病気ではないかと思い、近くの内科でレントゲンと心電図を調べてもらったが、何ら異常はなく、肋間神経痛かも?と言われたそうです。次に、大きな病院に行き、CTなどを撮るも、異常は見つかりませんでしたが、胸の痛みは仕事に支障をきたすほど・・・。

次は、いよいよ接骨院へ行かれたそうです。接骨院では、胸骨付近の骨がずれて痛みがでているのではないかと言われたそうです。2回ほど通院し、治療を受けられたそうですが、あまり効果はなかったようです。

そして、タウンページで調べて、当院へ予約をいれてくださったというわけです。

私は、A様の痛みの状況を聞いて、真っ先に「胸骨筋のトリガーポイント」と「大胸筋のトリガーポイント」などによる痛みではないのかと考えました。

Cimg6292_r
↑胸骨筋のトリガーポイント

これらのトリガーポイント・チャートを、A様に見せながら、確認をしていったのですが、まさしく、この痛みではないのかと確信しました。

一通り施術をした後、A様に確認すると、ずいぶん痛みが楽になっているというので、今日のところは、これで様子を見ることにしました。

あと数回くらいの施術で、この痛みは消失するだろうと思っていますので、できるだけ最短で良くなるように、患者さんといっしょに頑張りたいと思います。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

腰痛2800万人時代

先日、NHKのクローズアップ現代で、興味深い番組が放送されていました。

「腰痛2800万人時代 ~変わる常識~」http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3374_all.html

この春、厚生労働省の大規模調査で、国内には2800万人の腰痛で悩まされている人がいることが、初めて明らかになりました。

番組の中で説明されていましたが、整形外科での診断では、なんと85%の腰痛が原因不明となるそうです。まあ、当たり前だと思います。私も、以前からレントゲンやMRIで、骨や椎間板を調べても、痛みの原因はわからないと、皆さんにも説明していました。アメリカでは、もう20年ほど前になると思いますが、同様の研究結果が発表されていましたから、日本の発表は遅すぎるんじゃないでしょうか。

整形外科では、85%の腰痛が原因不明となるわけですから、原因不明の腰痛を整形外科で治せるわけがないということになりますね。本当にごく一部の重い腰痛に関しては、手術などの外科的な処置が必要となるわけで、その時に初めて整形外科じゃないと、治せないってことになるんだと思います。それが、残りの15%のうちの数%の腰痛患者ってことになるのでしょう。

番組の中では、、「心理的・社会的ストレス」が、腰痛の大きい原因になっていることが、わかってきて、新たな腰痛の常識になろうとしていると説明がありました。これも、アメリカでは、ずいぶん前に発表された常識でしたね。こうなってくると、整形外科の存在意義が?になってしまうのですが、それが、これらの新しい常識を、発表できなかった理由かもしれません。ただ、これからの治療は、整形外科だけでなく、心療内科と協力した治療を行っていくことで、治療効果が高まっていくでしょう。実際に、そういう治療を行っている事例の紹介がありました。

当院ではずいぶん前から、ストレスの影響を研究していましたので、腰痛の治療には、カウンセリングはかかせないものと考えていました。病院では、なかなかできないと思いますが、私のような整体院では、お一人の施術時間が長いので、施術しながら、患者様とじっくりコミュニケーションをとることができるのです。そこは、大きなメリットだと思います。

もう一つ重要なことは、今回の番組には説明がなかったですが、痛みの原因は、「骨や椎間板ではなく、肉にある」ということです。
骨、椎間板の治療より、もっと大事なことは、痛みの原因となっている肉の治療なのです。
筋肉、筋膜などといった部分に、痛みやしびれの原因(トリガーポイント)があります。当院では、そこに注目をして、腰痛の施術をさせていただいております。

ぜひ、一度、当院にお越しください。

◆――――――――◆

おかげさまで24年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
TEL:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »