« 新年のご挨拶 | トップページ | ふくらはぎの痙攣(オーバーワーク) »

2016年1月11日 (月)

自分に合うフォームで投げる

 今日は、ソフトテニスの講習会が、ブルボンビーンズドーム(三木市)であったので、教え子達やコーチといっしょに受講してきました。この講習会は、指導者は7千円、学生は2千円の受講費が必要なので、やる気のある人だけが毎年集まってきます。とても、有意義な一日を過ごすことができました。

Cimg1517

Cimg1444_r
↑たくさんの学生が、受講していました。

 講習会の内容を、施術院のブログに書いても仕方がないので、割愛しますが、今日の講習会では、個人的には大きな収穫がありました。

 今日の講習会のメイン講師の一人でもあるTさんは、ソフトテニス界では知らない方はいないくらい有名な方です。数年前まで、現役選手だった方で、全日本選手権大会(天皇杯)を、なんと9回も優勝している凄い方です。現在は、全日本の代表コーチとして活躍されています。

 私は、4スタンス理論を研究しているのですが、このTさんが、いったいどのタイプなのかということにすごく興味をもっていました。チャンスがあれば、質問してみようと思っていたのです。

 朝から、この講師の動きをずっと観察していました。私の見立てでは、A2タイプ(足のつま先外側に重心があるタイプ)ではないかと推測していました。運よく、お話をするチャンスがあったので、思い切って質問してみたところ、Tさんは4スタンス理論について詳しくはなかったですが、自分の重心については良く理解していたようで、A2タイプというのは、間違いないようでした。

 さすが、一流の選手です。自分の身体のことは、よくお分かりでした。

 それで、少し重心のことについて、話をさせてもらいました。

 その話の中で、Tさんは、

「最近、キャッチボールがしにくくなっている。なぜでしょうか?」

 と私に質問してくれました。

 私は、A2タイプに合ったキャッチボールのフォームを説明したのですが、なんと、それがバッチリはまったようでした。

 A2タイプだと、スナップをきかせた投げ方があっていないというか、しにくいはずです。Tさんは、いつの頃からか、フォームを矯正され、スナップをきかせてボールを投げていたのです。

 それが、キャッチボールがしにくくなった理由でした。

 この話の後、サーブ練習の前に、Tさんはキャッチボールのお手本をみせることになっていたのですが、しっかりフォームを修正して、正しい投げ方でお手本を見せてくれました。

Cimg1503_r

Cimg1504_r

Cimg1501_r

 会場から、歓声があがるほどの見事なキャッチボール、遠投をされていました。

 このお手本の後、私のところに来られて、大変感謝してくれました。


 日本一に9回もなったような超一流選手でも、間違った体の使い方をすると、力が出せなくなってしまいます。

 こんなに簡単に改善してしまうものかと、私も、4スタンス理論の凄さに改めて驚いた次第です。

 スポーツしている方なら、ぜひ、自分がどのタイプになるのか、診断しておいた方が良いと思いますよ。いつでも、気軽にご相談ください。

◆――――――――◆

おかげさまで26年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
Tel:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | ふくらはぎの痙攣(オーバーワーク) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537700/63061424

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に合うフォームで投げる:

« 新年のご挨拶 | トップページ | ふくらはぎの痙攣(オーバーワーク) »