« 2018年1月 | トップページ

2018年7月

2018年7月24日 (火)

この暑さは災害だそうです!

30403
↑娘とツーショット

 気象庁は、『この暑さは災害!』と、発表しました。

「そりゃ、そーやろ!」
と、思いました。どうなってるんでしょうか、地球!


 皆様も、くれぐれもお気をつけください。熱中症を甘く見てはいけませんよ。

 猛暑の最中、私は、娘が寮生活を送っている美馬市穴吹の穴吹川へ川遊びに行ってきました。

 穴吹川で泳いだのは、今年が初めてでしたが、最高に涼しく、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

 洲本ICから脇町ICまで走って、そこから穴吹川へと向かいます。洲本から、1時間15分くらいで到着しますから、皆さんも、ご家族で、ぜひぜひ、穴吹川まで遊びに行ってみてください。


Cimg2510

Cmg24361

Cimg2436

◆――――――――◆

おかげさまで27年
淡路島・洲本市の整体院

 

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

 

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

 

●お問い合せ
Tel:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

 

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

 

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

二十歳の膝痛

Photo
↑右膝、施術前の状態(膝眼の高さがずいぶんズレています。)

 右膝が痛くて辛いという二十歳の女性が来院されました。

 週に2~3回、ジムに通って運動しているそうですが、ここ数週間、右膝が痛くなって、曲げ伸ばしするだけで辛いようです。おまけに膝を動かすと、音がするようになりました。

 右膝をチェックすると、上の写真のように、ずいぶん膝の関節がズレてしまっていました。

 ちなみに、痛みの出ていない左膝は、下の写真のように、ズレていません。

Photo_2
↑左膝は正常(膝眼の高さが揃っています。)

 このような膝のズレによる痛みは、子供でも、大人でも良くあります。これを長期間放置していると、痛みがどんどんひどくなったり、膝に水が溜まり出したりしますから、早期に治療を受けなければいけません。たまたま自然にズレが修復されることもあるんですが、痛みを我慢してたらダメですよ。

 病院では、画像診断から診察するので、このような初期段階の痛みは、異状と判断されないことも多いようです。このような場合、整形外科よりも、私に相談していただければと思います。

 今回のケースは、右膝を矯正したら、ほぼ痛みが取れましたから、大変喜んでいただきました。

 施術後の右膝の状態が、下の写真になります。最初の写真と比べてください。すっかりズレがなくなっていると思います。

Photo_3
↑施術後の右膝の状態(膝眼のズレが修正されました。)

 スポーツをしている小中高校生は、このようなパターンの膝痛が非常に多いです。違和感を感じている方は、できるだけ早く、ご相談いただけたらと思います。

◆――――――――◆

おかげさまで27年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
Tel:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな痛みじゃないですか?

よく我慢しましたね。

その痛み、私がなんとかします!

Cimg2334

 脚がしびれる、お尻や脚が痛い、腰が痛いと言って、相談に来られる方は、上のイラストのような痛みやしびれでお困りの方がいらっしゃいます。

 だいたいこのパターンの方って、整形外科では、椎間板ヘルニアとか、座骨神経痛と診断された方が多いですね。

 では、椎間板ヘルニアや座骨神経痛で、病院で手術されたという方が、すっかり良くなったかというと、どうでしょうか。一時的に良くなった方はいらっしゃいましたが、結局は再発して、同じ痛みで苦しんでおられるようです。手術したけど、まったく良くならなかったという方も多いように感じます。

 それって、どういうことだと思いますか?椎間板ヘルニアが原因と診断されて、飛び出したヘルニアを除去したのに痛みは治らなかったんですよね。

 椎間板ヘルニアが痛みの原因ではなかったということです!

 最近では、良く研究が進んできて、従来の整形外科の理論が間違っていたとおっしゃる整形外科の先生も増えているようです。私も、腰痛の治療と永くかかわってきて、その通りだと自信を持って言えます。

 ほとんどの腰痛は、骨や椎間板の問題ではなく、肉の問題なんです。肉というのは、筋肉、筋膜、靱帯などのことです。

 肉に痛みを出す原因ができてしまうのです。筋肉や筋膜などにトリガーポイントという”しこり”(強いコリのようなもの)ができると、このような痛みやしびれが発生するのです。

 この治療法は、トリガーポイント治療というのですが、手術などせずに、非常に安全にしびれや痛みをやわらげることができます。週に1~2回程度の施術を続けていくと、1ヶ月くらいか、長くても3ヶ月くらいで、痛みが消失してしまいます。

 あまりにも状態が悪すぎて、腰痛の専門医から、手術は無理と判断された脊椎管狭窄症の方でも、半年後には痛みが出なくなり、大変感謝されたケースもありました。脊椎の変形が何ヶ所もあり、手術は危険だと医師が判断されたわけですが、そういう方でも、トリガーポイントを施術していくことで、痛みやしびれが改善していきました。まったく痛みがなくなった後も、病院で定期検査を受けておられたのですが、脊椎の変形は、最初のままで特に変化はなかったようです。

 つまりこれこそ、痛みの原因は骨の老化や変形ではないということではないでしょうか。この方の場合は、腸腰筋という筋肉にできたトリガーポイントが主な原因だったので、時間はかかりましたが、改善することができました。その後、8年以上再発せずに経過は順調です。

 心当たりのある方は、ぜひ、当院に相談してください。きっと、長年の苦しみから、解放されることと思いますよ。

 ちなみに、こんなパターンの痛みも多いです。ご参考まで。

Cimg2333

Cimg2335

 妊婦さんの腰痛も、このようなパターンが多いですね。産婦人科では、出産するまでは治りませんと言われたとおっしゃるんですが、そんなことはないんです。

 このようなパターンの妊婦さんの腰痛であれば、比較的簡単に楽にすることができますよ。

 妊婦さんというと、多分、経験の浅い施術者、治療院では、治療を断られると思います。当院に来られた妊婦さんは、ほとんどそうおっしゃってましたが、お腹の赤ちゃんや妊婦さんに負担をかけないような施術をしますから、安心してご相談いただければと思います。

◆――――――――◆

おかげさまで27年
淡路島・洲本市の整体院

オフィス・タガミ
カイロプラクティック院

営業時間
朝10時~夜10時
日曜と祝祭日はお休み

●お問い合せ
Tel:0799-22-5650
(電話予約:9時~18時)
メールでは24H受付中です

モバイル版HP
http://office-tagami.com/m/
パソコン版HP
http://office-tagami.com/pc/
院長ブログ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/blog/
洲本ジュニアソフトテニスクラブ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/

兵庫県洲本市大野753コーポ大野3F
(洲本ICより、3~5分で到着)

◆――――――――◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ