洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2022年1月14日 (金)

どうかすこやかに

 今日の記事は、親父の独り言みたいなものです。

 私には、2人の娘がいて、今回、下の娘が成人式を迎えました。20年って、いろいろ苦労もありましたが、あっという間でした。

 最近、時々独りで良く聴いている曲があるのですが、何度聴いても、じ~んとしてしまいます。この曲は、松山千春さんが、お嬢さんのために作った歌だそうです。子を持つ親って、みんなこんな気持ちなんじゃないですかね?

 

タイトル:生命(いのち)
歌手:松山千春
作詞:松山千春
作曲:松山千春
編曲:飛澤宏元

この子の人生を 見届けられるなら
最後まで見守って あげたいと思うね

おやすみ今日の日は 明日もいい子だね
あどけない寝顔だね 夢見ているのかな

頬寄せて 頬寄せて どうかすこやかな
毎日を 毎日を 与えて下さいね

微笑みも涙も 全てをこの胸に
あざやかにやきつけて しまっておきたいね

いつの日か一人で 歩き始めるのだろうね
今はまだ小さな手 幸せつかめるね

頬寄せて 頬寄せて どうかすこやかな
毎日を 毎日を 与えて下さいね

この子の人生を 見届けられるなら
最後まで見守って あげたいと思うね

 

 私にとっては、洲本ジュニアに縁あって入会して来た子ども達も、息子や娘のように思っています。今頃、どうしているかな、頑張っているのかな、いろいろ悩んだりしていないかな?

 みんなの人生に幸あれと、願っています。私も頑張るから、みんなも頑張れよ!

2022年1月13日 (木)

5-ALAが実力発揮してきましたよ!今こそ・・・アミノ酸!

 長崎大学の北教授から、素晴らしい発表がありました。

 アミノ酸5-ALA(5-アミノレブリン酸)は、洲本ジュニアでもここぞという大事な時には、みんなに飲んで貰っているサプリメントです。私や私の家族、うちの整体院の多くのお客様を始め、洲本ジュニアのコーチ達、選手やその家族も、5-ALAを常用している人がたくさんいます。年末に講習会をしてくれたスポーツ栄養士の先生も、コロナ対策で、毎日、飲まれていると言うことがわかりましたよね。

長崎大「5-ALA」コロナ変異株にも感染抑制効果

Screenshot_20220114145228_2

 長崎大学の北教授は、新型コロナのアルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株の4種類の変異株について感染実験を行った結果、「5-ALA」がウイルスの感染を抑制することを発見し、今月7日、国際学術誌に正式に掲載されました。

 オミクロン株への実験も、今月中に行なうとのことです。原理的には、オミクロン株だけじゃなく、これから新しく生まれるであろう変異株へも効果があるだろうとのことです。

5−ALAは変異株にも有効」長崎大学が発表 新型コロナウイルス対策の切り札に?

Screenshot_20220114145151_2

 オミクロン株対策や、新たな治療薬の開発に期待がもたれますね。

 私の整体院でも、3月から5-ALAサプリメントを扱うようになりましたが、ファンがどんどん増えてきて、家族で飲まれている方が増え続けています。コロナ対策以外にも、健康、美容効果が、誰でも実感できるためか、毎月、買って帰られる方が多いです。

 87歳になる私の実母も、ワクチンを接種せず、5-ALAを何ヶ月も飲んでくれています。先月、電話がかかってきたときには、「部分的に白髪があって、定期的にマニュキュアで隠していたんだけど、いつの間にかそこが黒くなってきたのよ。もしかして、このサプリメントで、若返ってきたのかなあ?」
と、言ってました。確かに若返りの妙薬とも言われている5-ALAなので、頭髪が元気になったという話は、耳にします。

 そういえば、私の白髪も、少し減ったように思うのですが、皆さん、どう思われますか?56歳になりましたから、白髪くらいあって当たり前ですけどね。おかげさまで、年齢よりも若く見られるのは、黒い髪のおかげなのかもしれません。

★ブースター接種は、人体の免疫に悪影響を及ぼす!

 欧州医薬品庁(EMA)は新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を短い間隔で繰り返すことで人体の免疫に悪影響を及ぼす可能性を指摘しました。人体の自然免疫は長い歴史の中で人類を守り続けてきました。人間を守るために頻回にワクチン接種をすることで、かえって自然免疫が低下するなら、これは主客転倒です。

 世界保健機関(WHO)は同日「ワクチン接種を繰り返す戦略は適切ではない」として、感染を防ぐ効果が高い新たなワクチン開発の必要性を訴えました。

 皆さん、安易に3回目の接種など、しないでください。ましてや、子ども達へのワクチン接種など、考えただけでもぞっとします。mRNAワクチンの産みの親であるマローン教授も、子ども達や、これから子どもを産む若い方へのワクチン接種は、やめろとおっしゃっています。安全性など、確立していないのだからと・・・。この遺伝子ワクチンを産み出した人が、打ってはいけないと言っているし、世界の政府が安全だと言っているのはウソだとマローン博士は、おっしゃっているのに、多くの方達は、なぜ、接種しようとするのでしょうか?百歩譲って、あなたは打っても、子ども達には打たないでください。

欧州連合(EU)、頻繁な追加接種に疑念、免疫低下の恐れあり!

 オミクロン株は、ワクチン2回接種者の方が、感染しやすくなっているというデーターがあるようです。ワクチン接種は、免疫力が低下してしまうのですから、打てば打つほど、病気にもなりやすくなるわけです。

 2020年2月~10月と2021年2月~10月を比較すると、日本人の死亡者数は、2021年2~10月の方が、5万4千人以上多いようです。(厚生労働省発表)

 東日本大震災や阪神淡路大震災のような大災害もなかったのに、例年の死亡者数よりも、5万4千人も多く死亡しているのです。新型コロナで5万4千人が亡くなったのではありません。新型コロナの感染者は、99%以上が回復しているのですから。

 この例年よりも多く死亡したのは、ワクチン接種により死亡したと考えるのが妥当なのだそうです。

 日本では、医療従事者からワクチン接種がスタートし、次に高齢者が接種されました。予測されていたことですが、最近になって、医師や医療従事者の突然死が、ちょくちょく起きているようです。

 スポーツ選手の突然死も、多いようですね。

 3回目の接種や、3月から始まる子ども達への接種も、止めていただきたいものです。私は、本気でそれを願っています。

和歌山チャレンジカップ(全国大会の代替大会)への出場が決定!

16642491

 昨夜、仕事中に兵庫県小学生連盟の理事長から、お電話があり、千葉県白子での全国大会中止の代替大会として企画された和歌山県チャレンジカップへ洲本ジュニアから1ペア推薦しますというビッグニュースが飛び込んできました。

 和歌山チャレンジカップは、ダブルス5年生の部とダブルス4年生以下の部があり、各県小学生連盟より男女各4ペアが推薦されることになっています。

 寝耳に水というか、棚からぼた餅というか、まったく想像もしていなかったわけですが、5年生の部では、我が洲本ジュニアに4番目(4ペア目)の推薦が来たようです。前回と前々回の県大会の獲得ポイントで、4番目のペアになるということだそうです。

 具体的には、ゆいの・ゆめペアが獲得しているランキングポイントが、4番目になるということなんです。個人ポイントでは、実は、みつかのポイントが、ゆいの、ゆめよりも0.2ポイント高いのですが、6年生とのペアだったこともあり、”みつか・こと”のペアでは出場することができません。

 みつか、ゆいの、ゆめの3名から、1ペアを作って、エントリーしてもらいたいという指示をもらったので、うちの本当の実力では、こはるがNo.1なのですが、ポイントがないので、理事長の許可がもらえませんでした。現段階で、うちの5年生で、もっとも強いペアを選べと言われたら、”こはる・ゆいの”となるのでしょうけど、他のクラブの了解はもらえないからダメなのだそうです。あくまでも、ランキング上位のペアで選ぶってことなので。

 まさか、こんな形で、全国大会の代替大会に出場できることになるなんて、想像もしていませんでしたが、今回、5年生の部で、ペアとしてポイントをもっとも獲得したゆいの・ゆめペアが、もっともふさわしいのではないかという結論に至りました。個人ポイントでは、みつかにも権利はあるのですが、シングルスの実力でも、ゆいの、ゆめが、確実に優っていますから、みつか、ゆいの、ゆめの3名から、1ペアを作れと言われたら、ゆいの・ゆめペアと作るのが、ベストではないでしょうか。もともと、2人で勝ち獲った前回の予選リーグ突破だったわけですしね。

 そういうわけで、洲本ジュニアから、初の全国大会(全国大会の代替大会)出場が、決まったと言うことをお知らせします。

 ゆいの、ゆめが、辞退してしまう場合は、あらためて選び直しますので、みつかにチャンスがあるかもわかりません。3名ともに辞退してしまった場合は、他のクラブへ譲ることになります。

 とりあえず、ゆいのちゃん、ゆめちゃん、おめでとう!

★和歌山チャレンジカップ

2022年3月6日(日)9時~

会場:和歌山県 白浜町テニスコート20面

(西牟婁郡白浜町日置2039119 TEL 0739-52-2247)


兵庫県春季大会3/5の翌日ってことで、忙しいことになるわけですが、光栄なことですし、頑張りましょう。3/5は、和歌山県で宿泊することになると思うので、仮予約はしておきました。コロナ対策のため、応援者の制限はありますから、選手と保護者1名で考えておいてください。保護者2名となる場合は、ご相談ください。3名は不可です。

県春季大会への出場ペアについては、別途、決めますので、ゆいの・ゆめペアにはならないかもわかりません。

監督として、こんな時間まで、悩み抜いた末、この結論に至りました。悩みに悩んだ末の結論なので、どうかご理解、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2022年1月12日 (水)

2022年1月の練習予定

Pxl_20210305_071426535

 新入会員を募集しています。ソフトテニスがやってみたいという年長~小学4年生の男の子、女の子を持つ保護者様、お気軽にお問合せください。

 令和5年の夏に、兵庫県で全国小学生大会が開催されることになりました。洲本ジュニアでは、その全国大会を目指して頑張る”やる気のある少年少女”を緊急募集しております。


 いっしょに全国大会を目指し、夢を追いかけてみませんか?

★淡路島ソフトテニスクラブの活動状況

 2011年4月、兵庫県小学生ソフトテニス連盟に”洲本ジュニアクラブ”が加入して、淡路島で最初のジュニアクラブが本格的に活動を開始しました。数年遅れて、”淡路ジュニアクラブ”、そして、”一宮ジュニアクラブ”が、誕生し、県小学生連盟に加入されました。現在は、3チームが熱心に活動し、切磋琢磨して、淡路島のジュニアレベルを高めています。おかげで、淡路島の中学校もレベルアップしており、兵庫県内でも注目される地区になってきました。

 淡路島内には、県小学生連盟に加入していない小学生クラブが、他にも活動しています。例えば、安乎クラブや松帆クラブなどです。洲本ジュニアのメンバーは、もっと練習量を増やす目的で、安乎クラブにも入会している子がたくさんいます。洲本ジュニアのコーチには、安乎クラブのコーチも兼任している方も数名います。また、松帆クラブから、洲本ジュニアに入会してくる子もいます。

 洲本ジュニア、淡路ジュニア、一宮ジュニアには同時に所属することはできませんが、洲本ジュニアと安乎クラブ、洲本ジュニアと松帆クラブは、同時に所属することができます。県大会、近畿大会、全国大会など、公式大会に出場したいと思う方は、必ず、県小学生連盟に加入しているクラブに所属するようにしてください。学校と塾の関係?そんな感じだと説明すれば、良いのでしょうか。



洲本ジュニアソフトテニスクラブの紹介(クリック!)


★合同練習 

1月10日(月):9~13時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート4面

1月16日(日):9~13時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート4面

1月23日(日):9~13時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート4面

1月30日(日):9~16時半 国立淡路青少年交流の家 テニスコート4面(練習試合)

※1/30は、初級者組は、一宮中学で練習及び練習試合になる予定。Dコートメンバーは、午前のみ練習。

★練習試合

1月30日(日):国立青少年交流の家、及び、一宮中学(調整中)

2月19日(土):国立青少年交流の家

2月は、練習試合の相手を募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

★審判講習会

2022年2月5日(土)13~17時

淡路地区ジュニア審判講習会(国立淡路青少年交流の家 研修室)

★試合の予定

2021年

2月23日(火) 伊丹ジュニア研修試合(コロナの為、不参加)

3/6(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園)

3/14(日)洲本ジュニア杯 春の陣(淡路青少年交流の家)

3月20日(土) 姫路初級者大会(コロナの為、不参加)

3月21日(日) 一宮チャレンジカップ(淡路初級者大会)雨天中止

5月15日(土) 県小学生選手権大会(明石公園)

6月13日(日) 伊丹ジュニア研修大会 雨天中止

7月10~11日 近畿選手権大会(堺市金岡公園テニスコート)

7月31日(土) たつの市長杯・龍野ジュニア研修大会(龍野)

8月5~8日 全日本小学生大会(名古屋市)⇒千葉県白子に会場変更

8月8日(日) 設立10周年記念 洲本ジュニア杯夏の陣(淡路青少年交流の家)予備日 未定

8月9日(月) 設立10周年記念 洲本ジュニア OB,OG,コーチ交流大会(団体戦)

8月21日(土) 県小学生夏季大会(吉川総合公園)  中止

9月11日(土) 明石市近隣大会(明石市海浜公園) 中止

10月9~10日 西日本大会(伊藤市 小室山公園伊東市営テニスコート) 中止

11月3日(水・祝) 姫路招待(姫路市広畑コート他)・・・上級者のみ

11月6日(土) うずしおフェスティバルジュニア大会(淡路青少年交流の家)

11月13日(土) 淡路ルーセントカップ(女子)(ウエルネスパーク五色) 

11月14日(日) 淡路ルーセントカップ(男子)(ウエスネスパーク五色)

11月14日(日) 東兵庫ジュニア大会(西宮?) 不参加

11月20日(土) 県小学生秋季大会(赤穂海浜公園)※予備日変更 11/23(たつの・上郡)

11月27日(土) 三田ジュニアクラブ対抗戦(吉川総合公園)

12月4日(土) ふれあい大会(神戸総合公園)※予備日12/18(土)

2022年

1月29~30日 近畿インドア大会(長浜バイオ大学ドーム)

3月5日(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園)※予備日3/12(土)

3月6日(日) 和歌山チャレンジカップ(白浜町テニスコート)

3月13日(日) 洲本ジュニア杯春の陣(国立淡路青少年交流の家)

★体験入部

希望される方は、必ず事前に監督まで連絡ください。

ただし、監督不在の日は、体験入部できません。

当クラブでは、正式入会前に、体験入部、仮入部期間を設けています。いきなり正式入会はできません。

連絡先:090-8210-1607(監督:田上まで)

2022年1月10日 (月)

2022年練習始め

 洲本ジュニアの合同練習としては、今日が新年の初練習となりました。本来なら、昨日が練習日なんですが、まさえコーチの成人式のため、私もゆかコーチも都合が悪く、大変勝手で申し訳なかったですが、今日にずらせていただきました。皆さん、ご理解いただきありがとうございました。おかげで、無事にまさえコーチの成人式並びに、記念の写真撮影などできました。

1641698085884ss Agmq7749
おかげで記念に残る楽しい写真も撮ることができました。

Pxl_20220109_024449765

 大きな写真は、恥ずかしいので、ちっちゃな写真です。本人より、「成人になったので、大人の自覚を持ち、これからも頑張りますので、洲本ジュニアの皆さん、どうぞよろしくお願いします。」とのことです。

 で、早速初練習をお休みされたまさえコーチですが、成人式のお祝いを友達と過ごさせて欲しいとのことで、5-ALAも持ってお出かけされました。(^O^)

 また、第1期生の皆さんも、たくさん成人式に出席されていて、写真をいただいたのですが、ここへの掲載は控えておきます。皆さん、おめでとうございました。また、テニスコートにも顔を出してください。

 さて、今日から、新しい仲間が、3名入会され、新年の練習スタートとなりました。都志小、榎列小、八木小のお友達です。皆さん、仲良くしてください。

Pxl_20220110_004016517

 まずは、準備運動とラダートレーニングからスタートしました。新入会員に、優しく教えてくれる先輩達をみて、頼もしく感じました。

 それと、全員で、昨年からあらためて指導を開始したナチュラルスピンサービスの基礎練習を、全体で行ないました。入会したばかりの子から、イースタングリップでのサービスを少しずつ慣れさせていこうと思っています。

Pxl_20220110_032414244

 次世代のエースメンバー5年女子の4名には、シングルスの総当たり戦をやらせてみました。どれくらい上手になっているかをじっくり見せて貰いたかったからです。ゆいのは、イースタングリップでのサービスが、少し出来かけていて、楽しみになりました。試合の後、それぞれにアドバイスしたかったのですが、今日は、次々とやることがあって、残念でした。

 特にこの4名は、次の県大会に向けて、強化していきます。そのつもりで、頑張ってください。

 A,Bコートで練習しているメンバーには、声出しの練習もさせました。全員が、元気なさすぎます。元気のない練習は、教える側のコーチもやる気がでてきませんよね。声を出して、明るく、楽しく、元気よく、練習したいものです。私は、にぎやかなチームにしたいのです。

 お腹から声を出すというのは、健康にも良いことなのです。

Pxl_20220110_022713710

 初級者、中級者チームの練習は、奈良コーチ、中川コーチ、増井コーチ、森本コーチの4名で指導していただきました。

 この子達を、夏までに、どんどんレベルアップさせたいと思います。初級者の練習試合も、増やしていかなければいけません。

 このブログをご覧になっているOB,OGの皆さんにお願いがあるのですが、後輩達をまさえコーチといっしょになって、教えてください。都合のつく日だけでも良いので、手伝ってください。土曜日の自主練に来てくれても嬉しいです。

 みんな、待ってるよ~♪

2022年1月 2日 (日)

1月2日OBと初打ち!

 徳島へ進学し、頑張っているOBが、年末に帰省して、身体のメンテナンスのため、整体院に来てくれました。正月明けには、練習試合のため、遠征もあるというし、何よりも、全国高校選抜大会の四国ブロック予選が目前に迫っています。

 この子は、ジュニアの頃から、私のところで施術を受けてくれていますし、ご両親も同様です。正月休みの間、少しくらい練習のお手伝いをしてあげたいと思っていました。インドア大会なので、体育館での練習が良いだろうということで、何とか予約が取れた1/2(日)の午前中に、いっしょに練習をすることにしました。いっしょにといっても、私の担当は、ひたすら球出しです。(^O^)

 強豪高校で学んでいる選手なので、高校の監督さんやコーチの指導と違う内容になってしまってはいけません。そこは我慢して、球出しに徹しました。

 数日間、ボールを打っていなかったようなので、調整のための練習になるように、少し弱めのボールを出すように心がけました。とはいえ、私のボールの精度が悪くて、申し訳なかったです。捻挫などの怪我にも注意しなければいけませんし、準備運動も、懐かしい洲本ジュニアの体操をいっしょにしてもらいました。

 

 高校での現役時代のお正月の練習は、これが最後になると思います。思い起こせば、約3年前に県外の強豪校への進学を決意してくれました。親元を離れ、寮生活をしながら、勉強もソフトテニスも、本当によく頑張っていると思います。

 久しぶりにいっしょに練習をして感じたのは、その上達ぶりです。ゆうや先輩やまさえコーチ、あやか先輩の時も、同様でしたが、優れた指導者、恵まれた練習環境、切磋琢磨できる向上心の高い仲間と共に、努力することで、こんなに上達するのだなと感心した次第です。

 もちろん動画を見れば、気づくと思いますが、いろいろと改善してもらいたい所はあります。それは、これからのお楽しみとしておきましょう。私にしてみれば、中学生時代の彼のイメージが残っているので、こんなに上達したことへの感動が強いです。

 オミクロン株の感染者が増えつつあるため、なかなか応援には行きにくい状況ではあります。

 まず、1月の四国ブロック予選で、勝ち抜いて、名古屋での全国大会に出場してください。心から、応援し、祈っています。

 偶然ですが、3年前の1月2日、同じ体育館で、まさえコーチも練習していました。あの時(脇町高校)は、12/27深夜に遠征から帰省し、12/28,12/31,1/2と自主練習して、1/3からは、学校での練習が始まりました。さすが強豪校は、忙しいです。たかひろ君も頑張って!

 
↑3年前のお正月1/2にも、自主練してました(^O^)

 今日の初打ちには、長瀬コーチも参加してくれました。しゅうが君と、さおりちゃんも、来てくれたので、ジュニアメンバーには、ナチュラルスピンサーブのミニレッスンをしました。2人にはまだまだ難しいようでしたが、コツをつかみさえすれば、すぐ上達するので、頑張って練習していきましょう。

Snapshot_228
↑練習あるのみです!がんばれ~

Snapshot_230
↑いつの間にかグリップが・・・。

Snapshot_229
↑膝立ちサーブ練習中

 おまけですが、ナチュラルスピンサービスを習得する上で、そして、力強いサーブを打てるようになるために、ぜひとも学んで欲しいポイントがあります。実は、たかひろ君も、この動きはできていません。今のままでも、十分に強いサーブが打てていますし、確率も良いのですが、よりレベルアップするためには、チャレンジしてみたら良いと思います。


↑じっくり視聴して、勉強しましょう。


↑私がみんなに教えたいサーブは、まさにこれです。

Cimg0401ss

 初打ちに集まってくれた皆さん、ありがとうございました。

2022年1月 1日 (土)

新年明けましておめでとう

2022

皆様、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

本年より、年賀状による新年のご挨拶は、大幅に減らしておりますので、どうかお許しください。

 

選手、コーチ、保護者、OB,OGの皆さん、今年もいっしょに頑張りましょう。

新型コロナのために、昔のような活動がしにくくなっておりますが、自分自身の免疫力を高め、新型コロナに負けないようにしましょう。

明るく、楽しく、元気よく!

2022年(令和4年)も、日本一楽しいソフトテニスクラブを目指して、活動していきます。

洲本ジュニアソフトテニスクラブ

監督 田上 守孝

Pxl_20211210_220544446
↑淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザから望む日の出

2021年12月31日 (金)

小学生が元気にスポーツするために!講習会開催

Pxl_20211226_050535632

Pxl_20211226_050526108

 12月26日(日)午後2時~、日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士の岡本恵先生を、神戸よりお招きし、講習会を開催しました。

 保護者の皆さんは、一生懸命メモを取りながら、セミナーを受講してくれました。

 子ども達が、ソフトテニスで成績を残すためには、テニスの練習だけやってたら良いのではありません。また、成長期ですから、もっと大きな目的は、健康に、そして、心身共に、元気に、育てることだと思います。

 美味しいものを沢山食べさせたらよいのではありませんね。勝つための食事って、いったい何だろう?今日は、いろんなことを学べたと思います。

 どうか、勉強したことを、しっかり活かして、子ども達をより元気に育てていただきたいと思います。

 私も、2人の娘を育てましたが、特に、アスリートとして育てた次女に関しては、いろんなことに注意して育てました。

 小学校、中学校、高校の選手生活において、大きなケガは一度もなく、病気もほとんどせず、部活に支障をきたしたことは、まったくありませんでした。真夏の猛練習や、炎天下のインターハイなどでも、一度も熱中症にならず、元気に選手生活を全うしてくれました。周りの選手は、テニスは上手でも、熱中症で倒れたり、風邪をひいたり、インフルエンザになったり、膝を痛めたり、腰を痛めたり、肘や肩を痛めたり、大変苦しんでいたようでした。

 なぜ、まさえコーチは、そうならなかったのかというと、誰よりも日常生活(食事、睡眠、運動)に、注意させていたからです。

 疲労回復の方法、免疫力を高める方法、ウォーミングアップの方法など、たぶん、誰よりも上手にやっていたからだと思います。

 洲本ジュニアの子ども達も、ぜひ、そのように育ててもらいたい。そう願っております。保護者の皆さん、頑張ってくださいね。

Pxl_20211226_061444126
↑初公開します!

 まさえコーチが、インターハイ県予選や、国体予選などの勝負の時に、飲んでいたスポーツ用ゼリーは、これでした。

 ユーグレナ(みどりむし)のサプリメントは、中学時代から、通常の食事で足りない栄養素を補うために、毎日飲んでいたのですが、脇町高校時代の試合の時は、このゼリーを飲ませていました。

 通常のスポーツゼリーより、2倍くらいコストはかかりますが、性能は、2倍以上期待できます。通販でしか買えないですが、興味があれば、飲んでみてください。超おすすめですから。

ユーグレナ配合ゼリー SPURT

運動中も運動後も飲めるゼリーです!

★アミノ酸5-ALA(5-アミノレブリン酸)

 たまたま岡本恵先生のセミナーの中でも、話がありましたが、洲本ジュニアが、春からコロナ対策、免疫力向上と疲労回復、持続力向上の目的で、利用しているアミノ酸5-ALAサプリメント。やっぱり、良いものでしたね。講師の岡本先生も、毎日飲まれていると聞いて、びっくりしました。やはり知ってる人は知ってるんだなあ。

 まだまだ、オミクロン株が国内でも感染拡大しつつありますので、弱毒化しているとはいえ、十分な対策をし、注意していかなければなりません。

 新型コロナワクチンでは、このオミクロン株対策にはなりません。政府は、オミクロン株対策のために、3回目のワクチン接種を推奨していますし、来年3月からは、5~11歳の子ども達へもワクチン接種をしようとしていますが、とんでもない話だと私は考えています。子ども達への細胞に、ウイルス遺伝子を埋め込むなんて、取り返しがつかないことをしてはいけません。遺伝子ワクチンの産みの親である”ロバート・マローン博士”が、子ども達には接種してはいけないと言っているのですから、安易に接種させないでくださいね。本当にお願いいたします。

 オミクロン株は、変異株です。変異株にも、5-ALAや、イベルメクチンは、理論的に効果があると言われていますから、よほどその方が安全で、効果も期待できると思います。

ロバート・マローン博士からの警告!


『私の名前はロバート・マローンです。私は医師で科学者です。そしてもう一つ大事なことは、私は一人の父親であり祖父の立場からあなたに話しています。私は普段から原稿を読んで話すことはありませんが、今回は私が話す一つ一つの言葉と科学的な事実を正しく確実に伝えるために原稿を用意しました。

私はこの声明をワクチンの研究開発に捧げた自分のキャリアを元に行っています。私自身はコロナのワクチン接種を受けています。そして、私は一般的な予防接種も受けています。私は科学者としのキャリアの全てを、感染症を予防し、治療するための安全で効果的な方法を開発するために捧げてきました。

さて、私はこの話の後、あなたが友人や家族にシェアができるように、この声明のテキストを公開します。

私は、あなたが自分の子どもに「ワクチンを接種するという後戻りのできない決断」をする前に、私が生み出したmRNAワクチン技術で製造された遺伝子ワクチンについて、科学に基づく真実をあなたに伝えたいのです。

まず、両親が理解しておく必要のある3つの大事な問題があります。

第一に、mRNAワクチンを接種するということは、あなたの子供の細胞にウイルス遺伝子を注射されるということです。この遺伝子はあなたの子供の体を毒性のあるスパイク蛋白を作るように誘導します。これらのスパイク蛋白は、しばしば子どもの重要な臓器に永久的な損傷を引き起こすことがあります。すなわち、このワクチンは子どもの脳と神経システム、心臓と血管、そして凝血、生殖システム、そして免疫システムの基盤に重大な変化を引き起こす可能性があります

これに関する最も警戒しなければならない点は、このような損傷が発生したら取り返しがつかない、もう元には戻らないということです。一度発生してしまったら、子どもの脳の中で生じた損傷、心臓の組織にできた傷跡、遺伝的にリセットされた免疫システムを修復することはできません。このワクチンは生殖系の損傷を起こし得るので、あなたの家族の未来に影響を及ぼすかもしれません。

2番目は「この新しい遺伝子ワクチンの技術はこれまで適切に試験されてこなかった」という真実をあなたは知る必要があります。私たちがワクチンのリスクを本当の意味で理解するためには、少なくとも5年間の試験と研究が必要です。新薬の害とリスクは、しばしば何年も経ってから明らかになることもあります。人類史上、最も過激な医学実験に自分の子どもを参加させたいかどうか、あなた自身に自問してください。

3番目、それは「あなたの子どもに予防接種をさせるために当局が言っている理由は嘘である」という事実です。子どもはあなたたち両親や祖父母に危険を及ぼすことはありません。実際は反対です。 コロナに感染することによって、子どもたちの免疫は世界ではないにしても、あなたの家族を救うのに重要なのです。

結論は、ワクチンによる既知の健康へのリスク、そして残る人生を子どもたちと一緒に過ごしていくことを考えると、コロナ感染という些細なリスクのために子どもにワクチンを接種することは、その子にとってもあなたの家族にとっても何ら恩恵はありません。ワクチンに関する限り、リスクとベネフィットの評価は決して同じレベルではありません。

私は親として、また祖父として、あなたに「子どもを守るために抵抗し、戦う」ことを勧めます。』

 

2021年練習納めは親子テニス大会

 12月26日(日)、今年の練習納めは、親子テニス大会を計画してみました。親子テニス大会って、久しぶりだったような気がしますね。

 今の保護者の皆さんが、テニス経験者が多いというわけでもないのですが、大人なので、小学生相手なら、それなりに相手してくれるだろうなーと思っていました。ある程度、レベルは合わせないといけないので、Aコート~Dコートまで、レベル分けをして試合をしていただきました。アップダウン形式でやったので、勝ったら上のコート、負けたら下のコートへ移動してもらいました。

 勝ち負けよりも、親子楽しくテニスしていただくことや、素人の保護者さんにソフトテニスのルールを体験してもらうことが目的でした。

 どこのコートからも、歓声があがっていて、想像以上に、楽しんでいただけたのではないでしょうか。全員の画像が撮れなかったんですが、少しご紹介しておきます。私とまさえコーチペアの貴重な画像もありませんので、画像を載せられなかった方、お許しください。

Pxl_20211226_005623290

Pxl_20211226_005525239

Pxl_20211226_012044183

Pxl_20211226_012108181

Pxl_20211226_012432948

Pxl_20211226_012500264
↑副審の練習もできましたね。

Pxl_20211226_012511185
↑ママは膝が曲がってますが、りゅうしんは、つったってますよ~。

Pxl_20211226_012530806
↑すずちゃん、いちかちゃんは、奈良コーチとのペアでした。

Pxl_20211226_012737068
↑運動神経抜群でした。すごく楽しそうですね。

Pxl_20211226_012822327
↑本日、全勝の親子です。

Pxl_20211226_013345487

Pxl_20211226_014125678

Pxl_20211226_014208139
↑サウスポーへ転向中のりょう君です。

Pxl_20211226_023453501
↑我々の身体には、辛い寒さでしたね。(^0^)       

 私も親子大会なので、まさえコーチにペアを組んでもらって、久しぶりに試合をしました。目標は、ケガをしないことだったのですが、私もケガせずに良かったです。(試合の方は、なんとか全勝でしたけど、まさえコーチの足を引っ張っていました。)

 また、機会があれば、親子テニス大会をやりましょうね。

ナチュラルスピンサーブの基礎練習

 12月19日(日)の記事を、ようやく仕上げています。今月は、さすがにバタバタと忙しく、下書きのままで、原稿が止まっていました。

 12/19は、安乎クラブでも練習させてもらっているメンバーが、清掃活動のために、11時に早退ということになっておりました。たくさん選手もコーチも早退してしまうので、11時までの練習は、サーブ練習に特化して行なうことにしました。

 私が推奨しているオーバーハンドサービスは、亜細亜大学教授でテニス部監督の堀内昌一氏が教えておられる”ナチュラルスピンサービス”です。硬式テニスでの現代型サービスの基本になっている打ち方だと思います。ソフトテニスでも、このサービスを取り入れている選手は、少しずつ増えてきたように思いますね。

 洲本ジュニアでは、10年くらい前から、このナチュラルスピンサービスを教えてきましたが、マスターできたのは、1割くらいいるかいないかと思います。今のメンバーも、なんとか習得してもらいたいですね。やっぱり、サーブはカッコよくです。

 最初に、そこそこサーブが上手にできるようになった選手に、お手本を見せて貰いました。

Snapshot_225
↑はるき君は、グリップをきちんとイースタングリップにすると、フォームは、ほぼ完璧になっています。実際にボールを打って、うまくコントロールできるようになるためには、ひたすら練習あるのみです。

Snapshot_226
↑ゆうご君は、この素振りでは、少し欠点があります。前腕の回内動作ができていません。また、トスのあげ方も、改善の余地があります。身長もあるし、センスもある選手なので、期待しています。



 他の選手も、このサービスを覚えたいと手を挙げていましたので、私もしっかり教えていきます。本人達のやる気、努力次第ですからね。

Pxl_20211219_012833283
↑久しぶりに使ってみました”サーブアップ”、サービス練習用具です。うちの整体院に来てくれてた昔の選手は、この練習用具で、フォームのチェックをさせてました。懐かしいです。

 この↑画像のように、腕と耳の距離を離すということも重要なポイントです。上半身を左に傾けることで、腕と耳の距離をとることが出来ます。手首とラケットも、”逆くの字”の角度を作ってください。



 

 サーブアップを使って、正しいフォームを身につけましょう。
 新米諸君、いつでも貸してあげますから、練習してください。

Pxl_20211219_035340418
↑見てのとおり、地球儀です。

 ナチュラルスピンサービスの基本動作を説明するために、使いました。プロネーション(回内動作)の理屈を分かって貰いたいです。

Snapshot_223

Snapshot_219

 ラケットを短く持って、ナチュラルスピンサービスのフォームを、素振りで、練習してみてください。ラケットを短く持ったら、家の中でも素振りができると思います。

 まずは、繰り返し、フォームを習得しましょう。

 

 このサーブを習得したい人、正月休みに、しっかり素振りをして、フォームを作ってきてください。適当に振るだけではダメですよ。これらの動画を何度も見ながら、ポイントをしっかり確認して、真似してくださいね。

 みんなの健闘を祈ります。

«お願いです!もう止めて!子ども達への注射!

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック