洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2020年5~6月の練習予定

Dsc_0870

 新入会員を募集しています。ソフトテニスがやってみたいという年長~小学4年生の男の子、女の子を持つ保護者様、お気軽にお問合せください。

洲本ジュニアソフトテニスクラブの紹介(クリック!)


★合同練習 

5月24日(日):9~12時 城戸アグリ公園で軽い運動、基礎練習を実施します!
(テニスコートではないので、運動靴で集合ください。コロナ感染予防のため、マスク着用のこと。)

5月31日(日):9~12時 城戸アグリ公園で軽い練習を実施します!
(テニスコートではないので、運動靴で集合ください。コロナ感染予防のため、マスク着用のこと。熱中症予防も怠りなく。)

6月7日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

6月14日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

6月21日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

6月28日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 の予定?

★練習試合

新型コロナウイルス感染対策のため、自粛します。


★試合の予定

2020年

1/13(月・祝) 伊丹ジュニア杯
2/16(日) 伊丹ジュニア研修試合(伊丹西中)
3/7(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園) 3/28、29へ延期
3/15(日) 洲本ジュニア杯 春の陣(国立淡路青少年交流の家) 延期
3/21(土) 姫路初級者大会(広畑コート他) 中止
3/22(日) 洲本ジュニア杯 春の陣(ゆずるは荘)
3/28(土) 県小学生春季大会(和田山、上郡) 中止
3/29(日) 県小学生春季大会(上郡) 中止

3/29~31 全国大会(千葉県白子町) 中止

4/19(日) 姫路招待(姫路市) コロナ対策のため不参加
4/29(水) 徳島カップ(大神子)中止
5/9(土) 県小学生選手権大会(明石公園) 中止

8/9(日) 洲本ジュニア杯 夏の陣(国立淡路青少年交流の家)

★体験入部

希望される方は、必ず事前に監督まで連絡ください。

ただし、監督不在の日は、体験入部できません。

当クラブでは、正式入会前に、体験入部、仮入部期間を設けています。いきなり正式入会はできません。

連絡先:0799-22-5650(監督:田上まで)

2020年6月 3日 (水)

2ヶ月ぶりのテニスコートだ!

 いよいよ6/7(日)から、テニスコートでの練習を再開することになりました。

 そこで、私も試運転しておきたいと思い、今日は、テニスコートで練習してきました。仕事の都合もあり、夕方のたった1時間しか練習できなかったんですが、2ヶ月ぶりのテニスは、とても楽しかったです。久しぶりすぎて、最初は、ボールが安定しなかったんですが、だんだん調子が良くなってきて、いい感じの試運転となりました。

 練習パートナーは、まさえコーチ。仕事が終わった後で、付き合ってもらいました。彼女も2ヶ月ぶりのテニスだったので、最初はミスりまくりでしたね。(^0^) 練習していないと、こんなにひどくなってしまうのかと、コツコツ努力することの大切さを思い知りました。




 自分のストロークとか、サーブとか、久しぶりに動画で撮影してみました。日頃から、自分が動いてテニスしていないので、人様にお見せできるものではないのですが、55歳の現在を動画で残しておこうと思います。

 特に、サーブについてですが、肩関節や肩甲骨の可動域が年齢と共に硬くなってきて、動画で見ると、情けない限りです。私はA1タイプなので、関節は硬いですが、それなりに柔らかいフォームにも見えますが、肩関節と肩甲骨の動きが悪すぎますね。もっとラケットヘッドが背中の下まで落ちてくれたら良いのですが、これではお手本にはなりませんね。すみません。

 トスアップした後のカラダのひねりは、悪くありません。また、ジャンプの姿勢も年齢にしては、いい感じかも・・・。

Snapshot_65 Snapshot_57
↑しっかりひねることで、パワーをためています!

Snapshot_59 Snapshot_58
↑もっとラケットヘッドが背中の下まで落ちると良い。(肩や肩甲骨の可動域が小さい!)

Snapshot_64 Snapshot_56
↑しっかりジャンプして、高い打点でインパクトしている。




 良い所と悪い所が混在したサーブですが、参考にしてください。55歳の油ぎれサーブです。(^0^)


2020年6月 2日 (火)

有名選手タイプ診断第3弾(4スタンス)

4stance
 
 皆さん、毎度です!

 昨日、テレビのニュースを見ていたら、大阪の夜の街、ミナミのバーなどを経営している方達の会議が話題になっていました。コロナ対策として、”ミナミモデル”を作って日本中に発信していこうという話でした。

 それによるとですね。

 ”感染しやすい50歳以上は、入店お断りにしよう!!”

 とか、案になっていました。

「まじか!55歳の私は入店できないじゃないか?(笑)」

 まあ、健全な生活を送っているので、ずいぶん長い間、ミナミで飲んだことはありません。今後も、たぶん、都会で飲み歩くことはないと思うので、関係ないでしょうね。田舎のおっちゃんですから。( ´∀` )

 しかしながら、コロナに感染して、いつ死んでしまうかわからないので、この洲本ジュニアのブログには、いろんなことを書き残しておきたいと考えるようになりました。いろんなことを書きますが、間違っていることもあると思いますから、参考程度に読んでいただければ幸いです。もし、話題にしたご本人様の目に触れることがございましたら、正解を連絡いただければ、嬉しく思います。

★丸中大明選手と、船水優太選手の4スタンス診断

 まさとさんのYouTubuチャンネル「まさとのセカチャン2nd」で、お2人のグリップの握り方を説明していました。

丸中選手と船水雄太選手にグリップの握り方について聞いてみた 
https://youtu.be/B7QIA_BwGK4

 この説明から判断すると、丸中選手は、パラレルタイプ(A2タイプかB1タイプ)の可能性が高いかも、船水雄太選手は、クロスタイプ(A1タイプかB2タイプ)の可能性が高いかもと推測しました。

 ハンマーグリップを使う選手は、パラレルタイプが多いという理由です。クロスタイプの人は、まずハンマーグリップで持ちませんね。違和感ありすぎだからです。

 じゃあ、ストロークとかじっくり見させていただきますね。

丸中選手と船水雄太選手の逆クロス乱打(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/0kM4IaPgAas

丸中選手と船水雄太選手のクロス乱打(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/CEMVL5Wqb_M

NTT西日本広島 丸中選手の乱打(76msさんのチャンネルより)
https://youtu.be/CW7McCAvr3c


船水選手直伝!フォアハンドの体重移動のポイント・・・(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/hJjnJbzlErY


NTT西日本 船水雄太選手の乱打(76msさんのチャンネルより)
https://youtu.be/KEWo2W6SqGc


2017年全日本シングルス 船水雄太VS丸中大明(naoyeah323さんのチャンネルより)
https://youtu.be/bDqQz7qwRp0



 フォームだけを見て、4スタンスのタイプ分析をするのは、なかなか難しいものはありますが、次のように診断させてもらいました。

丸中大明選手 ⇒ A2タイプ (パラレルタイプは間違いないと思うが、もしかすると、B1)

 体幹をひねらずに打つところや、脇を締めて伸びあがりながら、コンパクトなスイングをするところ、また、左手でのボールの持ち方(まっすぐ指先で持っている)など、A2タイプ(つま先、外側重心)だろうと思います。

船水雄太選手 ⇒ B2タイプ (クロスタイプは間違いないと思うが、もしかすると、A1)

 しっかり、重心を後ろ足に乗せて体幹をひねってテイクバックするところや、低い姿勢で、あまり伸び上がらずにスイングするところ、また、左手でのボールの持ち方(手のひらでななめに持っている)など、B2タイプ(かかと、外側重心)だろうと思います。
 弟さんである船水颯斗プロもB2タイプですが、兄雄太さんの方が、フォアの時、軸を倒しすぎているようにも感じます。


 もし、ご本人がご覧になったら、ぜひ、何タイプか正解をご連絡ください。私たちが指導している子供たちには、同じタイプの上手な選手の真似をするように教えたいので、正解が知りたいです。よろしくお願いします。

 また、このブログをご覧になった方で、4スタンス診断をして欲しい選手がいれば、気軽にコメント欄に書き込んでください。お待ちしております。

2020年5月28日 (木)

4スタンス・ソフトテニス考察2

Dsc_2320

 最新(2020年7月号)のソフトテニスマガジンをネタに、記事を書きます。

 元天皇杯チャンピオン、元世界チャンピオンのレジェンド浅川陽介氏の新連載『ショットを極めろ!Vol.1サービス編』を拝見しました。さすがに浅川氏の説明は、大変わかりやすく、初級者だけでなく、我々指導者にも大変参考になりました。まだ、今月号を購入していない人は、書店にダッシュですよ!!(^0^)

 外出自粛なら、ネット通販の方がいいかなあ?

 まあ、それはおいといて、今回私が着目したのは、トスアップのときのボールの持ち方についてです。浅川氏の説明によると、

「ボールの持ち方で注意したいのは、人さし指・中指・薬指の指の腹部分にボールを乗せることです。そして、親指と小指でそっとボールを支えます。・・・手のひらの上にボールを載せるのはNGです。」

 と解説されています。その記事を一部、転載しておきます。

Dsc_2319

Dsc_23191
↑A2タイプの方は、5本の指先で持つ人が多いです。(B1タイプの方は、左の持ち方をする人も多いです。)


 皆さん、5/5のブログの記事には、6月号のソフトテニスマガジンで、林田和樹選手のトスアップの時のボールの持ち方を紹介しました。

 林田選手の場合は、

「5本すべての指を使うと、指がボールに引っかかってミスが出やすい。親指、人さし指、中指の3本で上げる。」

 と説明されていました。下の画像が2020年6月号の記事です。

Dsc_23211
Dsc_23212
↑A1タイプの方は、この持ち方が多いですね!

 浅川氏のやり方も、林田選手のやり方も、指先を使ってトスアップしていますが、ちょっと違いますね。

 初心者は、どっちを真似すればいいのでしょう。

 結論をいえば、やりやすいと思った方を真似すればいいということになります。また、手の平の上に乗せた方がやりやすいという人もいるので、手のひらの上に乗せる方法がダメということもありません。そこは、皆さん、ご注意ください。

 このボールの持ち方について、何年も前に、このブログで記事を書いたことがあります。

★ボールの持ち方(トスアップ)指先タイプと手のひらタイプ
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/2014/05/43-6268.html

 4スタンス理論でいうA1タイプ、A2タイプの指先派の人は、ボールを指先で持つとやりやすく、B1タイプ、B2タイプの手のひら派の人は、手のひら側で持つとやりやすくなるのです。テニスを習い始めた時に、ほとんどの指導者は、手のひらでボールを持っているとダメだししてしまい、指先を使うように矯正されてしまうようですが、それは、大きな間違いです。手のひらでトスアップした方がやりやすい人は、そのまま続けてくださいね。間違っていませんから。

 さらに分析すると、林田選手のように、親指、人さし指、中指の3本を使う人は、A1タイプだと推定されます。浅川氏のように、5本の指先を全部使って持つ人は、A2タイプだと推定されます。

 5/5のブログで林田選手は、A1タイプと診断させてもらいましたので、今回、浅川氏のタイプ診断をしてみました。タイプ診断で参考にさせてもらった動画は、こちらの動画です。

★浅川陽介氏のフォアハンド(まさとMASATOチャンネルより)
https://youtu.be/lDz0QKpsmvA

 さすがです。浅川氏のフォームは勉強になりますね。じっくり拝見しましたが、このフォームは、4スタンス理論で私なりに分類させてもらうと、まず間違いなくA2タイプだろうと思います。あくまでも私見ですが・・・。

・体幹はあまりひねらず、カラダを操作しているところ(パラレルタイプ)
・脇をしめて、コンパクトなスイングをしているところ(Aタイプ)
・背筋主導タイプのようで、力が入ると、左手がパーになるところ

正確に診断するには、お会いしてテストさせてもらわなけばいけませんが、おそらくA2タイプで間違いないでしょうね。

A2タイプの皆さんは、浅川氏のフォームを真似して、練習してくださいね。

有名選手タイプ診断第2弾(4スタンス)

 2020年5月5日の記事で、有名選手の4スタンス・タイプ診断の第1弾(林田和樹さん、水澤奈央さん)を書いたところ、結構反響があったようです。

 今日は、ソフトテニスマガジン2020年4月号より、尾上胡桃選手の4スタンス・タイプ診断をしてみたいと思います。(尾上様、お許しください。)

Dsc_2317
Dsc_2318

 この記事は、都合で参加することができなかった今年のスポーツインテリジェンス講習会の講師だった尾上選手のアドバイスです。

 私の目にとまったキーワードは、「手のひらは”ぱー”」「手のひらはずっと”ぱー”」という言葉です。尾上選手がストロークのコツとして語ってくれたようですね。

 その真意は?「人間は、元をたどれば四つ足動物。その名残で手足は連動している。手のひらを広げているのはグッと力がこもっている状態なので、こうしておくと自然にラケットを持つ手にも力が入り、力強い球を飛ばせる、という意味がこもっている。」と解説があります。でも、そうなのかな?半分くらいの方には、当てはまると思いますが・・・。

 ボールを打つ時、左手をパーにした方が良いのでしょうか?一流選手は、みんなパーにしてますか?残念ですけど、違いますね。この記事の下に写っている中本圭哉選手は、パーにはしていません。

 どういうことかを4スタンス理論で説明させてもらうと、パラレルタイプと呼ばれるA2タイプとB1タイプの人は、背筋主導でカラダを動かす人なので、力が入る時には、自然と手のひらがパーになるのです。逆にクロスタイプと呼ばれるA1タイプとB2タイプの人は、腹筋主導でカラダを動かす人なので、力が入る時には、指を曲げます。

 走る時に、手のひらをパーにした方が走りやすい人と、グーにした方が走りやすい人がいるのですが、これも同じ理由です。

 手のひらを”ぱー”というキーワードから、尾上選手は、A2タイプかB1タイプのどちらかと推定されるわけです。尾上選手のフォームを動画でも拝見させてもらいましたが、やや脇を締めて(肘を畳んで)コンパクトなスイングをしているところや、体幹をひねらないところ、打点の位置や軸の作り方などから、A2タイプであると診断させてもらいました。

★尾上胡桃選手のストローク動画(あゆタロウさんのチャンネルより)
https://youtu.be/2EiMFrbde_Q

 第1弾(5/5の記事)で診断した水澤奈央選手も、A2タイプでしたね。同様にパーになってますし、フォームもなんとなくよく似てますね。

 皆さんが良く知っている硬式テニスの錦織圭選手も、A2タイプと言われています。左手をパーにして、打っていますね。

Nishikorikei

 B1タイプの人も、背筋主導なので、手の平はパーになりやすいようですが、パーの作り方がちょっと違うんです。その解説は、また機会があればやりましょう。

 そうそう、この記事の監修は、スポーツインテリジェンス代表の川上氏がされているはずです。川上先生は、B1タイプなので、講習時の指導や解説が、どうしてもB1タイプよりの説明になってしまいます。先生本人は気づいておられないと思いますが・・・。A1タイプの私には合わない説明もたまにありますが、タイプが違うということがわかったので、納得できるようになりました。

2020年5月24日 (日)

1ヶ月半ぶりの練習でした(^o^)

Cimg9590

 兵庫県の緊急事態宣言が解除となりました。さらには、未だに洲本市や南あわじ市には感染者が0名という状態が続いておりますので、合同練習を再開することにしました。しかし、近隣テニスコートの使用はまだ解禁されておらず、5月末までは使用禁止が続くようです。

 学校も徐々に再開されていくようですし、我々も、自主練習ということにして、希望者のみ参加ということで、今日は、ならし練習でした。テニスコートは使えませんから、近所のアグリ公園が練習会場でした。この公園は、洲本ジュニア発足当時には、夏休みや春休みの朝練によく利用させてもらった会場です。軽い運動や基本練習をするくらいなら、充分に練習ができますね。

 参加者は、9名でしたから、約1/3くらいでしょうか。ならし練習にはちょうど良かったかもしれません。自粛の間、自主的に練習していた人もいたと思います。お父さんやお母さんが経験者で、コーチという場合は、結構それなりに自主練してたと思うのですが、そうじゃない場合は、なかなか練習もできなかったと思います。今日の練習は、そういう子のためのならし練習でもありました。

 今日の練習では、最初に、4スタンスのタイプ診断を再確認してから練習に入りました。時間をかけて、診断することができたので、以前、タイプ診断した結果と違ってしまった子もいました。たぶん、今日の結果の方が正しいと思います。

 次に、タイプ別に分けて、素振りの復習を行ないました。4タイプ別にフォームの特徴、リズムが違いますから、それぞれの特徴にあった素振りを指導しました。とはいっても、すごく細かくそれにはめたわけではありません。大まかな各タイプの特徴を教え、後は、それぞれの4タイプのリズム、身体の使い方を指導してみました。

 A1はラーメン、A2はタンメン、B1はタンタンメン、B2はチャーシューメンというリズムで、口に出しながら素振りをさせたり、手投げでの1本打ちをやらせてみました。この練習は、非常に良い練習だと思います。

 フォアハンドばかりの1本打ちになりましたが、回り込みのストロークも練習しました。なかなか上手にできませんが、回り込みのフットワークについてステップを丁寧に教えたつもりです。あとは、練習あるのみですね。

 今日の練習の様子を動画にまとめました。4スタンス診断と、最後のショート乱打は撮影していません。





 最後は、コーチを相手に、ショート乱打を行ない、今日の3時間が終了となりました。とても、楽しそうに練習する姿を見せてくれました。みんなソフトテニスが好きなんだなって確信しました。

 1日も早く、今までどおりの練習や試合が、テニスコートでできるようになればいいですね。まだまだ気を緩めてはいけませんが、感染予防に配慮しながら、練習計画を立てていきたいと考えています。心配していた兵庫県小学生選手権大会も中止が決まりましたので、慌てることなく、じっくり腰を据えて、練習を進めていきましょう。コーチ、保護者の皆さん、これからもよろしくお願いします。

2020年5月20日 (水)

4スタンス・ソフトテニス考察1

Cimg9259
↑脇を開けて飲むのは、Bタイプ!

Cimg9263
↑脇を閉めて飲むのは、Aタイプ!

 今日は、4スタンス理論について、過去にタイプ別の特徴をまとめた動画があったので、紹介したいと思います。

 テニスのフォームというのは、結構指導によって作られている場合があり、この打ち方は〇〇タイプというのは、わかりにくいものです。

 しかし、ペットボトルを飲むときのしぐさや、ペットボトルの持ち方や、何気ないしぐさの中に、4スタンスのタイプがあらわれています。私が、選手のタイプ分析をするとき、タイプ診断できない場合には、何気ないしぐさも参考にして、タイプ分析をしています。

★ボトルの飲み方でAかBタイプを分析する方法



 肘を支点にしてペットボトルを飲むAタイプは、ラケットを振るときも、脇をしめて、コンパクトにスイングします。

 肩を支点にしてペットボトルを飲むBタイプは、ラケットを振るときも、脇を開けて、大きなスイングをします。

★4スタンス別に選手分析

 4スタンス別の個性は、ソフトテニスをしても、フォームなどにしっかり現れてきます。以前にクラブ内で紹介しようと思い、編集していた動画ですが、B1タイプの動画がなくて、紹介できずにいました。完成度が低い動画ですが、この機会にご紹介しておきます。この動画に登場している選手の方で、掲載不可の方がおられましたら、お手数ですが、ご連絡ください。削除させていただきます。




 その他にお手本になるタイプ別の動画をご紹介しておきます。YouTubeで見つけた動画なので、勝手ながらリンク掲載させてもらいます。

A1タイプと思われる中堀選手の乱打動画
https://youtu.be/NXgjPNAGToY

中堀選手は、現在、全日本男子の監督です。姫路市の広畑中出身で、姫路ジュニアの宮下先生の教え子になります。

B1タイプと思われる東芝姫路の志牟田選手の乱打動画
https://youtu.be/a2elmKLo0Dw

志牟田選手が、姫路商業在学されていた時、我々、洲本ジュニアは、いっしょに練習させてもらったことがありますね。懐かしいです。

宿題の素振りフォアハンド編

Snapshot_44

 自粛中なので、皆さんに素振りの宿題を出してみたところ、たくさんの回答動画が届きました。

 今日は、フォアハンド編として、編集してみましたから、皆さんで確認をお願いします。個別には、アドバイスを送らせてもらうつもりですが、全体的に気づいたことを、書いておきます。

 今回の素振りの宿題では、タオルを2本使って、しっかり股関節を動かして、腰を回すことをテーマにしています。インパクトした直後に、2本のタオルがしっかり開くようになっていれば、合格です。簡単そうですが、難しい宿題だと思ってテーマにしました。ほとんどの子は、うまく出来ないだろと予想していましたが、数名の子は上手にタオルを開くことができていました。

 では、一生懸命に素振りをして、動画を送ってくれた皆さんの素振りをご覧ください。



 上手に2本のタオルが開いている子は、

1.前足(右ききなら左足側)でしっかり踏ん張って、壁を作ることが出来ています。⇒軸がぶれずにラケットヘッドが走っています。

2.股関節がしっかり動いて、腰がひねられています。(おへその方向が90度回転しています。)

3.下半身の力を使った素振りができています。

 逆に、タオルが上手く開かなかった子は、次のような原因が考えられます。

1.壁が作れていないので、軸が前方向に流れながら振っています。

2.最初から身体が開いています。あるいは、ゆっくり腰をひねっているので、タオルに遠心力が伝わっていません。

 また、前進しながら素振りしている人は、移動しながら回転しているので、うまくタオルが開かない子もいました。そういう打ち方が悪いわけではないのですが、今回の宿題では、後ろ足を前に出さず、残したまま、腰をひねって素振りをする練習なので、素振りのやり方を変えてくれたら、簡単にタオルが開くような素振りになると思います。ぜひ、試してみてください。

 下半身をもっと使ったフォームに改善することで、よりレベルアップしていきましょう。

 まずは、両足を止めたままで、しっかり素振りをして、それがマスターできてから、動きながらの素振りに発展させてみるのも良いと思います。

 最後に、壁を作るということについて、再度、説明しておきますから、次の動画を何度も見ておいてください。




★素振り全般で気になったこと

 素振りというのは、実際にボールを打つイメージで振らないと練習になりません。ただやみくもに振るだけでは、筋力トレーニングにしかなりません。

 テイクバックして構えたとき、しっかり身体をひねっているのは良いとしても、相手に背中を向けて、自分の目線は後ろを向いているという子が数名いました。乱打する時に、敵に背中を向けて、後ろを向いている人はいないでしょう。常に、相手をイメージして、ボールを見ることが基本です。

 すごいスピードでただひたすらビュン、ビュンと素振りしている子もいましたが、そんなに速いタイミングでボールは返ってきませんよ。自分はどんなボールを打ったのか、シュートかロビングか、そして、相手はどんなボールを打ち返してきたのか、そういうことを一球一球イメージしながら素振りをすることが重要なのです。

 いろんな高さのボールを打ち返しているつもりで、素振りをすると、より実戦的な練習になります。(皆さん、10回素振りしたら、全部同じフォームです。いろんな高さのボールを打てるように素振りも考えて振りましょう。)

 それと、フィニッシュの時のラケットを持っていない手(右ききなら左手)の位置が悪い子もいました。少し改善が必要ですね。細かなことはいろいろあるので、個々にアドバイスするようにします。

 しかし、こんな時こそ、フォームの見直しなど、基礎練習ができる時なのかもしれません。地味な努力が、後の大きな成長に繋がります。

 私も、学生の時、寮生活をしていましたが、夜は、いつも寮の屋上で素振りをしていた記憶があります。皆さんも、頑張ってください。


 緊急事態宣言が解除になる日が近づいています。みんなでテニスをできる日も近いかもしれませんね。

2020年5月17日 (日)

宿題動画、続々到着しております(^o^)

 今日は、日曜日ってことで、皆さん、宿題の素振り頑張ってくれたようですね。保護者の皆さんもありがとうございました。

 たくさん動画が届いています。

 すぐにアドバイスを返せていない子もたくさんいるのですが、送っていただいた動画は、スローで何度も再生したり、いろいろ分析したりしながら、アドバイスを考えています。

 できたら、正面からと側面からの動画が欲しかったんですが、片側だけの動画の方もいたので、ちょっと分析しにくい場合もあります。ラケットを振れるスペースがあれば、ラケットを振ってくれた方がいいです。お手本の私の動画は、ウォーキングに行った先で、思いついて撮影した動画なので、ラケットを持っていなかったんです。ラケットを持った素振りを私がすれば良かったですね。

 時間をかけて、動画を確認させてもらってますから、返事が遅れていない人は、もう少し待ってくださいね。上手過ぎて、アドバイスがいらない子もいますよ。(^o^)


 私は、昨夜、オンライン同窓会に誘っていただき、学生時代の軟式庭球部の先輩達と、すごく長時間お話をしました。なんと7時間もパソコンの前でお酒を呑みながら、いろんな昔話や、現在のお互いの話をしました。友達って、本当にいいものですね。全国大会を目標にして、頑張った仲間たちとの思い出話は、時間がいくらあっても足りませんでした。朝6時から仕事だという先輩もいらしたので、朝3時にお開きとなりました。みんな本当にお元気でした。

 初のZoomを使ったオンライン同窓会、本当に楽しかったです。

 私も、今日は、午後から、特別営業をしていたので、ちょっと忙しかったですが、夜、1時間くらいウォーキングと壁打ちをして、軽く汗を流し、体調を整えておきました。

 まだまだ、コロナは気を抜けませんから、皆さんも、くれぐれも体調を崩さないようお気をつけてください。

 また、みんなでテニスできる日も、きっと来ます。頑張りましょう。

2020年5月16日 (土)

4スタンス理論のタイプ診断【洲本Jr.版】

4stance

 最近、4スタンス理論のネタでたくさん記事を書いていますが、最近入会した子や保護者には、よくわからないと思いますので、今日は、簡単な説明と、タイプの診断方法を紹介しておきます。

★4スタンス理論とは?

”ヒトの適切な身体の使いかたは、タイプによって4種類存在する”という廣戸聡一氏が創案された理論です。

血液型のように、生まれ持って決まっているので、途中で変わったり、訓練によって変えたりすることはできません。そのタイプにあった身体の使い方をすることで、すべてのパフォーマンスが上がります。

子供達のそれぞれのタイプを知ることで、指導の仕方も変わり、より適切なアドバイスができます。当クラブでは、この4スタンス理論をソフトテニスに活用して、子供達の個性を伸ばす指導を行なっております。

4スタンス理論については、たくさんの書籍やDVDなども販売されていますから、深く知りたい方は、ぜひ、勉強されてください。

★タイプの説明

AタイプとBタイプ

土踏まずのつま先側に重心を持つ人は、Aタイプ。
土踏まずのかかと側に重心を持つ人は、Bタイプ。

と分類します。

足のつま先重心の人(Aタイプ)は、手では”指先をメインに使う指先派”。
足のかかと重心の人(Bタイプ)は、手では”手のひらをメインに使う手のひら派”。

となります。

例えば、しゃがんだ時に、自然にかかとが浮いてしまう(うんこ座りが苦手)人は、つま先重心のAタイプであることが多いです。べったりかかとをつけてしゃがめる人は、Bタイプだったりします。

Cimg9211s Cimg9215s
↑かかとを浮かせてしゃがむAタイプ。かかとをつけたままでは転びそうになる。

Cimg9693s
↑かかとをつけても楽々座れるBタイプ。

ただし、Aタイプの人でもうんこ座りができる人はいます。どちらかというと、どっちが楽に座れるかで判断しましょう。

Aタイプ、Bタイプの診断は、他の方法でチェックした方が、確実に診断できます。


1タイプと2タイプ

足の内側に重心を持つ人は、1タイプ。
足の外側に重心を持つ人は、2タイプ。

と分類します。

足の内側重心の人(1タイプ)は、手では”人さし指と中指をメインで使うタイプ”
足の外側重心の人(2タイプ)は、手では”薬指と中指をメインで使うタイプ”

となります。

例えば、マイクを持ったとき、無意識に小指が立ってしまう人は、1タイプの可能性が高いです。


 4スタンス理論では、Aタイプ、Bタイプと、1タイプ、2タイプを組み合わせて、A1タイプ、A2タイプ、B1タイプ、B2タイプの4種類に分類します。

クロスタイプとパラレルタイプ

身体、体幹をひねって動くのが得意なクロスタイプ。
身体、体幹をひねらず動くのが得意なパラレルタイプ。

4つのタイプの中で、A1タイプとB2タイプは、クロスタイプになります。また、A2タイプとB1タイプは、パラレルタイプになります。


 まずは、この基礎知識を覚えてください。これが、4スタンス理論の基本となります。

★4スタンス診断

 それでは、さっそく皆さんが何タイプなのか、調べてみましょう。診断方法には、いろんな方法があるのですが、このブログでは、各2種類ご紹介しておきます。

Aタイプか、Bタイプか?

 ケンケンをしてみましょう。


 左の動画(Aタイプ):左右の膝を揃えてケンケンをします。
 右の動画(Bタイプ):膝と内くるぶしを合わせてケンケンをします。

 どちらのやり方が安定してケンケンできるか、ケンケンしやすいかを比べてください。左がやりやすい人はAタイプ。右がやりやすい人はBタイプと診断されます。モデルは、Aタイプなので、右のケンケンは、グラグラ不安定で、ジャンプも低いですね。



 左の動画(Aタイプ):両腕をぐるぐる内回し(前回し)してから前屈します。
 右の動画(Bタイプ):両腕をぐるぐる外回し(後ろ回し)してから前屈します。

 どちらのやり方が前屈しやすいか比べてください。左がよく曲がる人はAタイプ。右がよく曲がる人はBタイプと診断されます。モデルは、Aタイプです。

次に1タイプか、2タイプか?





 内側重心か、外側重心かを診断しましょう。足幅を首幅(肩幅より狭くする)にして立ちます。身体前で両手を合わせてください。
 左の動画(1タイプ):両足の内側に重心をかけて立ち、ゆっくり身体を回旋させます。
 右の動画(2タイプ):両足の外側に重心をかけて立ち、ゆっくり身体を回旋させます。

 どちらのやり方が回旋しやすいか比べてください。左がやりやすい人は1タイプ。右がやりやすい人は2タイプと診断されます。モデルは、1タイプなので、左の方が、可動域が大きいですね。



 指で環を作って、腕を挙上してみましょう。

 左の動画(1タイプ):人さし指と親指で環を作り、ゆっくり挙上します。
 右の動画(2タイプ):薬指と親指で環を作り、ゆっくり挙上します。

 どちらのやり方が、可動域が大きくなるか比べてください。左のやり方で、可動域が大きい人は、1タイプ。右が大きい人は2タイプと診断されます。


最後にクロスタイプか、パラレルタイプか?

 すでにタイプ診断はできましたね。最後に確かめの意味も込めて、確認をしてみます。

 A1タイプか、B2タイプなら、クロスタイプになるはずです。

 A2タイプか、B1タイプなら、パラレルタイプになるはずですよ。もし、違っているなら、何かの判定が間違っていることになります。再度、確認してくださいね。



 右手を左足で蹴る場合と、左手を左足で蹴る場合では、どちらが蹴りやすいでしょうか。

 左の動画(クロスタイプ):右手を左足で蹴り上げます。身体をひねった動作。
 右の動画(パラレルタイプ):左手を左足で蹴り上げます。身体をひねらない動作。

どちらのやり方が蹴りやすいか比べてください。左の動画が蹴りやすい人はクロスタイプ。右の動画が蹴りやすい人はパラレルタイプに診断されます。モデルは、クロスタイプなので、左の動画の方が蹴りやすいです。(モデルは、A1タイプなので、クロスタイプで合ってますね。)


 つたない説明で申し訳ありません。もっとわかりやすくテニスコートなどで解説したいと思います。まだまだわかりにくいと思いますが、気軽に監督まで、ご質問ください。

 いかがでしたか、4スタンス理論?興味をもっていただけたら幸いです。まず、自分が何タイプなのか知ることですね。それがわかれば、その特徴がどうなのかを教えていきますからね。個々のタイプに合ったフォームとは?どうやったら速く走れるのか?速く動けるのか?つま先重心とかかと重心では、おのずと走り方も違えば、フォームも違ってきますからね。

 去年、某小学校の依頼で、「4スタンス理論を活用した事例発表、かけっこを速く走る方法」について講演をしましたが、この理論を知っているのと知らないのでは、スポーツをする上で、上達速度がずいぶん違ってきます。自分と指導者のタイプが違えば、どんでもなく不利益を被ってしまうんです。指導者の考える正しいフォームと、自分に合うフォームは違うことも多いからです。

 みんなで勉強していきましょう。

«宿題の回答、続々到着!

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック