洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« グループ分け | トップページ | 暖かくてテニス日和 »

2014年1月31日 (金)

ストレッチについて

 以前から、洲本ジュニアでは、練習前後にストレッチをやらせていません。ストレッチにも、静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)と動的ストレッチがあるのですが、特に、静的ストレッチは、まったくやりません。動的ストレッチに関しても、筋肉などを伸ばす意識を持たせながらの動的ストレッチは、やらせていません。(今日の内容は、小学生のみんなには、難しい内容になります。ごめんね。)

 こういうことを時々ブログなどに書いていると、整体院でのお客さんからも、よく質問をされたりします。

 難しい説明は、ここではしませんが、『ストレッチで筋肉を伸ばしすぎると、弾力性、収縮性を失ってしまう。』『弾力性のある柔軟な筋肉ではなく、弱々しい筋肉になってしまう。』『関節を守らなければならない筋肉が、ストレッチで伸ばされた状態で運動をすると、関節を守れなくなり、じん帯などに負担がかかってしまう。』、特に静的ストレッチには、デメリットの方が多いと思っているからです。

 体育大学などの専門機関で、ストレッチに関する研究はいろいろ行われていますが、短距離走の前に静的ストレッチをさせると遅くなるとか、静的ストレッチをさせるとジャンプ力が低下するなど、学術的にも「静的ストレッチの弊害」は、証明されているそうですよ。

 先日受講した指導者講習会でも、講師に質問をしたところ、

「運動前の静的ストレッチはやらせず、動的ストレッチをやらせるようにしています。」

という回答をいただきました。しかしながら、動的ストレッチにおいても、『筋肉をしっかり伸ばして・・・!』と、指導されるのが普通だと思うので、その点において、私は違う意見をもっています。

 ウォーミングアップや、柔軟体操の時に、意識しなければいけないのは、『伸ばされている部位』ではなく、『縮めている部位(力を入れている部位)』なのです。あらゆる関節は、筋肉が縮むことによって動かされています。運動の準備をするということは、筋肉や筋膜や腱やじん帯を連動させ、スムーズに動かせるようにしておくことなのです。

 これから、こんな動きをしますよと、ゆっくりその動きを繰り返す、その時に、伸ばす意識ではなく、筋肉を縮める意識(筋肉を膨らませる意識)、筋膜を膨らませる意識で、行うことが重要になります。そうすると、筋肉が熱を持ち、ウォームアップになるのです。

 一つの例をあげますが、開脚の柔軟性を高めるための方法として、ほとんどの方は、開脚のストレッチをイメージするのではないでしょうか。太ももの内側の筋肉を、じわーっと伸ばすような意識でストレッチをしませんか?実は、それが問題なんです。

 開脚するときに使う筋肉って何でしょうか。太ももの外側の筋肉が収縮することによって、開脚ができるのです。太ももの外側の筋肉が収縮しますから、その筋肉に拮抗している太ももの内側の筋肉は、脳からの命令で、自然にゆるもうとするわけです。内側の筋肉が自発的に伸びるわけではなく、ゆるむということが重要なんです。ですから、より開脚して、可動域を増やしたいと思ったら、太ももの外側の筋肉を意識して、動かすトレーニングをすることが必要なんです。そうすることで、内側の筋肉は、勝手にゆるむわけで、内側の筋肉を必要以上に伸ばそうとするストレッチは、筋肉に対して過剰な刺激なんです。切れそうになるくらい伸ばされると、防衛反応で、筋肉は硬くなりますから、逆効果にもなりますね。

 ここで、イチロー選手のトレーニングを動画で見ていただきたいと思います。ユーチューブで見つけました。イチロー選手が、使用している専用マシーンでのトレーニングは、初動負荷トレーニングというそうです。ここで、注目してほしいのは、彼がやっている運動は、すべて『筋肉を縮める意識』で動かしているということです。途中で、開脚のトレーニングが出てきますが、私が説明したとおり、太ももの外側の筋肉を使う(縮める)トレーニングとなっていますね。それを繰り返すことによって、柔軟な股関節を作っているのです。


http://youtu.be/H8KdXTBLjAg
(1:06~)


http://youtu.be/vOiNMLE6y14
(0:43~開脚トレーニング)

 肩甲骨を動かすトレーニングも、軽い負荷をかけて、肩甲骨の内側の筋肉を縮めるような動きを繰り返していますね。そうすることによって、柔軟な肩甲骨の動きを作っているんです。

 洲本ジュニアで教えているウォームアップの体操は、イチロー選手の初動負荷トレーニングとは違いますが、考え方において、良く似ているところもあります。イチロー選手は、これらのマシーンでウォームアップした後は、球場に出て、1球目から全力で遠投することができるそうです。つまり、正しいウォームアップとは、そういうことなんですよ。

 実は、先週から高校のバスケットボール部の男子が、膝痛で来院されているんですが、洲本ジュニアでもやらせている足のMUT体操を指導したところ、今週はずいぶん改善して、明日の県大会に出場できるまでになりました。(ストレッチをやめさせて、MUT体操に切り替えてもらいました。)

« グループ分け | トップページ | 暖かくてテニス日和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレッチについて:

« グループ分け | トップページ | 暖かくてテニス日和 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック