洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 4スタンス理論1 | トップページ | 4スタンス理論3 »

2014年5月30日 (金)

4スタンス理論2

 ジュニアの指導者になってから、いまだに悩んでいることがあります。それは、テークバック時のラケットを持っていない手の使い方についてです。

 右利きの場合、テークバックの姿勢は、「左手は飛んでくるボールをつかみに行くように、左腕を伸ばす。」(左手の甲が上になる、左肩が入る形)

 を理想だと思い、以前は指導してきました。子供達の中には、このような形で上手に打つ子もいますが、何度指導しても、できない子が大勢いました。左手を下げたまま打つ子もたくさんいます。

 また、ある有名な先生の講習会では、

「左肩を入れて、前衛をけん制するようなフォームだと、逆にストレートにボールは打てなくなるよ。左が邪魔をして、回転の妨げになる。」

 と教えられたこともあります。

「左手を左のポケットに入れて打ってみなさい。その方が回転しやすいから・・・。」

 と教えられ、練習したこともあります。

 その指導に、膝を打って納得された方も多かったですが、私は、納得できませんでした。なぜなら、左肩を入れたフォームから、私は違和感なくストレート方向にボールが打てるからです。逆に、ポケットに左手を入れたフォームでは、私には違和感があり、打ちにくいのです。

 この疑問も、『4スタンス理論』を知ってからは、ずいぶん解消されつつあります。まだ、完全に立証できていませんが、なんとなく、こうなんじゃないかという仮説はできています。

 今日、初めて公開しますが、専門家の方がもし読まれたら、アドバイスなど、メール等でいただけたら嬉しいです。

★テークバックの姿勢「左手の使い方」

4スタンス理論による4つのタイプ別に、テークバックの姿勢を考察してみました。

1.A1タイプ

 A1タイプは、上腕部(肘から上)が内旋するため、自然と肩が入る姿勢となるが、前腕部(肘から下)は、反転し外旋するため、左手のひらは上に向けると楽かもしれない。


2.A2タイプ

 A2タイプは、上腕部(肘から上)が外旋するため、少し肩が開く姿勢となるが、前腕部(肘から下)は、反転し内旋するため、左手のひらは下か、ボールの飛来方向に向ける?


3.B1タイプ

 B1タイプは、上腕部(肘から上)と前腕部(肘から下)が、いっしょに内旋するから、肩が入る姿勢になる。しかし、Bタイプの人は、腕を下げた方が身体の回転がしやすいので、左手を高く上げない。


4.B2タイプ

 B2タイプは、上腕部(肘から上)と前腕部(肘から下)が、いっしょに外旋するから、肩はやや開く姿勢になる。また、Bタイプの人は、腕を下げた方が身体の回転がしやすいので、左手を高く上げない。

★考察

上腕部を外旋させる姿勢が自然なA2タイプの人や、B2タイプの人が、しっかり肩を入れるフォームを作ると、非常にスイングしにくくなると思います。また、Bタイプ(B1,B2)の人は、腕を高く上げると回転しにくくなりますから、この場合も、左手をしっかり出したフォームでは、打ちにくくなるのではないかと推測しています。Bタイプの人なら、ポケットに手を入れるとスムーズにスイングできるのではないでしょうか。

★クロスタイプとパラレルタイプ

 4スタンス理論では、A1とB2を「クロスタイプ」、A2とB1を「パラレルタイプ」と分類しています。

 クロスタイプは、体幹を斜めにねじる、グリップを斜めに握る、先端が遅れて動き出す下半身主導・・・などの特徴があります。

 パラレルタイプは、体幹をまっすぐ使う、グリップをまっすぐ握る、先端と身体が同時に動く上半身主導・・・などの特徴があります。

Cimg8856_r
↑クロスタイプは、テークバックの時にあまりコックせず、ラケットヘッドが遅れて動く傾向にあるようです。

Cimg8858_r
↑パラレルタイプは、ラケットの引きが早く、コックして待ち構えている傾向にあるようです。


 このように、それぞれ生まれ持った身体動作の特徴があります。すべての子どもに、同じタイミング、同じフォームでの指導というのは、やはり間違っているように思います。

 ラケットを引くタイミングに関しても、「早く引いて、手首をコックして、ボールを待っている方が打ちやすいパラレルタイプの子」もいれば、「下半身主導で身体を動かし、最後にラケットヘッドが遅れて出てくるクロスタイプの子」では、おのずとタイミングが違うはずです。

 最近の多くの指導は、早くラケットを引いて、コックして待つ打ち方が主流のように感じますし、多くの子供が、そんなフォームで打っています。それって、クロスタイプの子にとっては、迷惑な指導なんじゃないでしょうか。

 また、発見があれば書きますね。お付き合いいただき、ありがとうございました。ジュニアの子ども達にとっては、ちんぷんかんぷんな記事になってしまいました。ごめんね。

« 4スタンス理論1 | トップページ | 4スタンス理論3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4スタンス理論2:

« 4スタンス理論1 | トップページ | 4スタンス理論3 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック