洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

兵庫県のじぎくカップ中央大会

 今日は、洲本ジュニアのOB,OGがたくさん出場するのじぎくカップ中央大会の応援に行ってきました。

 兵庫県各地区から勝ち上ってきた選手達が、集まって戦う県大会です。中学1年生だけの大会ですので、経験という点では、どうしても小学生からソフトテニスをやっているジュニア育ちの選手が有利になります。

 さて、洲本ジュニアの先輩達や、淡路勢の活躍ぶりについてですが・・・。

★男子

三原中ペアが、ベスト16に残った以外は、残念ながら、敗退してしまいました。
OBのしょうたは、1回戦でファイナルゲームまで粘り、しかもリードしていたんですが、惜しくも逆転負けしてしまいました。しかし、しょうたの上達ぶりは、しっかりこの眼に焼き付けてきました。
また、ゆうきも出場する予定でしたが、負傷のため、欠場でした。

★女子

すばらしい大活躍をみせてくれました。

Cimg0214_r
↑右から、1位(龍野東)、2位(青雲)、3位(青雲)、3位(広畑)

2位 青雲中 まさえ・あやかペア
3位 青雲中 ゆい・ほのかペア
5位 一宮中ペア
ベスト16 青雲中 ねね・(  )ペア
ベスト16 三原中ペア

決勝戦も前半リードしていたんですが、G2-1ポイント3-1から4ゲーム目をとりきれず、G2-2となって、一進一退の攻防、G3-3ファイナルゲームとなってしまい、逃げきられてしまいました。

もう少しで優勝を逃してしまい、悔しかったですが、中学生になってから、着実に上達しているようです。

決勝戦で、OG対決を観ることが、ひとつの夢でしたが、今日は、大変楽しませてもらいました。

OB,OGの諸君、これからも頑張ってください。ありがとう!!

※補足

男子のゆうや達は、どうなったんだと心配している方がいるので、補足しておきます。
秋の地区大会(2年生もいっしょに戦う大会)において活躍し、県大会へと出場した1年生は、こののじぎくカップには出場できません。
ゆうや達は、1年生ながら淡路地区で優勝し、県大会へ出場してしまったので、今日は、出場できなかったのです。

2015年2月22日 (日)

体育館練習とドロー会議

 今日は、3月の大会に向けて、コーチ達もやる気満々でした。予定では、コーチ達とゲーム練習をたくさんやろうと思っていたのに、あいにくの雨模様。コートも水浸しでしたので、体育館練習に切り替えました。

Sany0001_r

 基礎クラスには、ゆなちゃんの友達という体験入部の姉妹が参加してくれました。またの参加をお待ちしています。

Sany0002_r

Sany0003_r

 それから、基礎クラスのメンバーにも、4スタンス理論の重心タイプのチェックを行ってみました。全員にはできなくて、残念でしたが、今日わかったのは、次の通りです。

A2タイプ

ゆうま、すずね

B1タイプ

こうし

B2タイプ

きょうか、しょうき、りょうた


 なんか打ち方を見ていたら、なるほどなって感じでした。

 また、時間を作って、A2、B1、B2の説明ページを作りますので、楽しみにお待ちください。


 今日は、県大会のドロー会議(姫路)に出席するため、私は、10時の時点で、体育館を離れ、姫路へと向かいました。今回の県大会(春季大会)には、洲本ジュニアから6ペアが出場します。ドロー会議は、たくさん選手を出しているチームの監督さんにとっては、重労働ですが、うちは6ペアなので、まあのんびりしたものでした。せめて、6ペアのうち、1ペアでもいいので、予選リーグを突破してくれたら嬉しいですね。

 出場する選手の皆さんは、全力を出し切って頑張ってください。

 そうそう、今日のドロー会議で、相生Jr.の監督さんに、ホームページを褒めていただきました。ありがとうございました。今度、訪問いただいたときは、ぜひ、コメントを残してください。よろしくお願いします。

2015年2月15日 (日)

バレンタインデー

 昨日がバレンタインデーだったので、今日の練習では、子供達からたくさんチョコをいただきました。監督は、現在、ダイエット中なので、家族の協力をもらって、美味しくいただきたいと思っています。

 チョコをくれた皆さん、本当にありがとう。

Cimg0192_r

A1タイプのストローク

 先週の練習では、4スタンス理論で、コーチや選手のタイプを診断しました。

 そこで、今日の選手クラスの練習では、各タイプ別のカラダの特徴に合わせたスイングを指導し、打たせてみました。初めてやらせたので、少しぎこちない感じもしましたが、しっくりした子もいたようです。しばらく、いろいろ試してみたいと思います。他の競技では、ずいぶん4スタンス理論が研究され、導入されているところもありますが、ソフトテニス界では、聞いたことがありませんので、試行錯誤しながらになりますが、やっていきます。

 現在、指導している子達で、どうもスイングがおかしい、ぎこちないという子は、その子自身が生まれ持った体の動かし方とは違う動きをしているように思えてなりません。つまり、現在のスイング動作がその子に合っていないのではないかと思えるのです。スムーズなスイングができるよう、個々のタイプに合ったフォームに調整してあげることが、上達への近道なのかもしれません。


◆カラダの動きの特徴◆

◆Aタイプ(つま先でバランスをとっている)

・みぞおちと膝、足底を結んだ線上に運動軸をつくる。

・みぞおちを頂点とした肋骨下辺部の曲線に沿うように体幹部(胴体部分)が動く。
 (振り子のような曲線をイメージしながら動かす)

・カラダを上昇させながらのスイングが強いインパクトを生む。

・打球方向に対して、前サイドに軸を作るため、前側の手がメインとなってスイングをコントロールする。

・グリップを指先からホールドするように握る。

◆Bタイプ(かかとでバランスをとっている)

・首の付け根と股関節、足底を結んだ線上に運動軸をつくる。

・地面に対して水平に体幹部(胴体部分)が動く。

・カラダを下降させながらのスイングが強いインパクトを生む。

・打球方法に対して、後ろサイドに軸をつくるため、後ろ側の手がメインとなってスイングをコントロールする。

・グリップを手のひらでホールドするように握る。

◆クロスタイプ(A1、B2タイプ)

・カラダの動きを腹筋群で主導し、運動軸を左右方向(横方向)にシフトすることでスムーズな動きを引き出す。

◆パラレルタイプ(A2、B1タイプ)

・カラダの動きを背筋群で主導し、運動軸を前後にスピン(入れ替え)することでスムーズな動きを引き出す。



 では、今日は、A1タイプ(両手足の先と両手足の内側でバランスをとっているタイプ)のフォアハンドにおける特徴をまとめてみましたので、参考にしてください。



↑動画http://youtu.be/h8vrqaviVEM


★A1タイプの動きのイメージ

A1タイプの人は、しなやかに、身体を動かします。
とても伸びやかで、美しい動きになります。

体幹が主導して回転し、ラケットヘッドが遅れてくるというイメージになると思います。
しなやかにムチのようにしなったスイングをイメージすれば良いのではないでしょうか。

フォアの時は、肘を引きつけ
(脇を締め)、回転半径の小さいスイングになるようです。

2015年2月 8日 (日)

こりずに4スタンス理論

1423383034199

 今日は、雨が降っていたので、念のため、体育館練習に変更する連絡を入れたのですが、ゆずるは荘へ集合してみると、雨も上がり、最後まで、屋外コートでの練習ができました。

 とてもラッキーでした。これも、日頃の行いが良いおかげかもしれませんね。(笑)

 さて、今日は、参加していたコーチ全員と、主に選手クラスの子ども達について、4スタンス理論に基ずくチェックをしてみました。4スタンス理論の詳しいところについては、これからも少しずつ説明していきますが、なかなか興味深い結果がでました。今後の指導において、この結果を参考にして、それぞれの身体のタイプに合わせてアドバイスしていきたいと思います。コーチの皆さんにも、いっしょに勉強していただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

★A1タイプ
(両手足の先と両手足の内側を中心にカラダのバランスをとるタイプ)

 監督、S子コーチ、まさえ、ゆうや、のぞみ、まなみ、りり、みく、りん、さくらこ、せいあ

 ジョコビッチ選手(テニス)、イチロー選手(野球)、ダルビッシュ選手(野球)、


★A2タイプ
(両手足の先と両手足の外側を中心にカラダのバランスをとるタイプ)

 K保コーチ、

 錦織圭選手(テニス)、ナダル選手(テニス)、王貞冶さん(野球)、


★B1タイプ
(両手のひらやカカト部分、両手足の内側を中心にバランスをとるタイプ)

 M田コーチ、S内コーチ、K野コーチ、T田コーチ、K﨑コーチ、みう、じんや

 長嶋茂雄さん(野球)、福原愛選手(卓球)、

 

★B2タイプ
(両手のひらやカカト部分、両手足の外側を中心にバランスをとるタイプ)

 りこ、あつや、ゆうき、はるか

 フェデラー選手(テニス)、松井秀喜さん(野球)、



 有名なソフトテニス選手を、タイプ別に分けてみたいところですが、プレーぶりなどから推測するしかないので、間違ってしまう可能性もあります。後日、チャレンジしてみたいと思いますので、お楽しみに。

 最後に、今日は3月の大会出場メンバーを決めるため、たくさんゲームをしてもらいました。県大会と上郡大会のメンバーが決まりましたので、早速、申込みをしておきますね。

2015年2月 1日 (日)

楽しい一日でした!

 私と娘は、今年で4年連続、洲本ジュニアとしては3年連続の全日本インドア選手権観戦になります。

 『一流のプレーを見ることは、一日の練習よりも価値がある!』

 そう考えて、子供達を大阪インドアへ連れてきています。毎年のように名選手の引退セレモニーに遭遇するのですが、今年は、NTT西日本広島の佐々木選手と大庭選手の最後の試合を観戦することができました。準決勝戦で惜しくも敗れ、昨年の皇后杯優勝、先週の東京インドア優勝に続く、大阪での優勝は叶いませんでしたが、素晴らしい試合を私達に見せてくれました。佐々木さん、大庭さん、ありがとうございました。

Sany0025_r
↑佐々木・大庭ペア

 男子の方は、優勝候補筆頭だった小林選手の欠場により、篠原選手が急遽、花田選手(京都市役所)とのペアで出場されたのですが、予選リーグで敗退してしまいました。

 大熱戦の末、優勝されたのは、

男子 水澤・長江ペア(NTT西日本広島)

女子 森田・山下ペア(ヨネックス)

森田・山下ペアは、大逆転での勝利。とても見ごたえのある好試合でした。

Cimg0142_r
↑男子決勝戦 水澤・長江 VS 増田・柴田

Cimg0156_r_2
↑女子決勝は、ヨネックス対決でした!

Cimg0163_r

閉会式の後、恒例のサインボール投げ込みがあり、今年も、我が軍団は、2個のサインボールを見事にキャッチしました。

Cimg0158_r
↑金崎コーチが、1個

Cimg0159_r
↑どなたのサインボールでしょうか?

Cimg0161_r
↑はるかも1個!早稲田大学の杉脇選手のサインです。


 今日、全日本インドア選手権大会を観戦した洲本ジュニアの子供達、コーチの皆さんは、どのような感想を持たれたでしょうか?

 どのようなスポーツでも、生で観戦する迫力というのは、テレビや雑誌では得ることができない感動があります。

 ましてや、自分のやっているソフトテニスのトッププレーヤーの試合ですから、なおさらですよね。

 たくさんの感動、刺激、気づきを得ることができたと思います。いつかは、洲本ジュニア出身の選手が、この大会で活躍する日がきっと来る!そう願って、来週からの練習を頑張って行こうと心に誓った監督でありました。

 皆さん、来年は、もっと大勢で観戦に行きましょう。

全日本インドア選手権大会

今年も観戦に来ています。
男子の小林選手がインフルエンザで欠場です。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »