洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 盛り上がってきました! | トップページ | 第29回高松アゼリアカップ高校選抜 »

2016年2月12日 (金)

ゴールデンエイジ

Sm1
↑スキャモンの発育曲線


 上の図は、アメリカの学者、スキャモン先生が発表した”スキャモンの発育曲線”という理論です。

 この理論は、いろんなスポーツ指導で使われていて、洲本市体育協会の指導者講習会でも、何度も説明を受けました。

 この理論は、20歳で身体が完成することを想定して作られています。ここで特に注目されるべきことは、神経系(青色)の発育についてです。

 

 神経系は、出生直後から急激に発育し、5歳頃までには80%の成長を遂げ、12歳でほぼ100%に達していることがわかります。素早い身のこなしや反射神経といった能力が、10歳頃までに完成するということを意味しているのです。このことから、9歳から12歳ごろを「ゴールデン・エイジ」と呼び、スポーツ選手としての基礎を築くためにとても重要な時期だといわれています。

 一方、一般型(身長・体重や肝臓、腎臓など胸腹部臓器の発育)は、12歳では50%くらいしか発育していません。つまり、小学生の時には、骨や筋肉も未発達で、まだまだ体はできていないということになります。ですから、この時期には、筋トレをやらせる必要はないのです。

 成長期にあるゴールデンエイジのスポーツ選手は、敏しょう性のトレーニングを実施するには最適な時期であり、トレーニングによる刺激を加えれば加えるほど、その伸びも大きくなるそうです。洲本ジュニアでも時々やらせていますが、「ラダートレーニング」などは、もっともよいトレーニングといえそうです。

 また、コーディネーション能力を高めるようなトレーニングを、もっともっと取り入れていけば、子供達が将来、何かしらのスポーツを行うときの上達率にすごく影響があると思います。

 テニスを上達する技術だけじゃなく、いろいろなことを練習の中に取り入れていきたいですね。



 

 

スピードラダー

 

アジリティクロス

« 盛り上がってきました! | トップページ | 第29回高松アゼリアカップ高校選抜 »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンエイジ:

« 盛り上がってきました! | トップページ | 第29回高松アゼリアカップ高校選抜 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック