洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月28日 (月)

ワダスポーツ網干本店は凄かった!

Wadaspo
↑噂の網干本店(本画像のみ、ワダスポーツさんHPより拝借)

 姫路初級者大会の閉会式の後、ワダスポーツさんの網干本店にお邪魔してきました。姫路駅前店の方は、たまに利用させてもらっていたのですが、本店の方は、まだ一度も行ったことがありませんでした。昨年、移転し、大きくて綺麗なお店だと聞いていたので、楽しみでした。

 姫路広畑コートから、カーナビを設定し、出発。約15分くらいで網干本店に到着しました。

 とっても田舎な風景の中、すごくおしゃれなデッカいお店が目に入ってきました。やはり、噂通りのお店でした。

 お店に入ると、そこはソフトテニス愛好者にとっては、”夢の国”です。

 ワクワクする商品が、所狭しとディスプレイされておりました。

4018

4015

4016

4017

 このワダスポーツを愛するお客さんから、どれほど沢山のチャンピオンが誕生したことでしょうか。ソフトテニスショップとしての規模、情熱、スタッフ・・・、まさに日本でもトップレベルではないかと、感動しました。

 なんか、ここで買ったものを身につければ、勝てるんじゃないだろうか?(笑)

 そんな気持ちで、あるものを少しだけですが、買って帰りました。

 ここは、きっと福を呼ぶ”和田神社”!!

 勝ってくれたら、嬉しいな~♪

 私としては、姫路駅前店の方が利用しやすいので、網干本店にお邪魔する機会は少ないかもしれませんが、今度お邪魔したときも、どうぞよろしくお願いします。

ワダスポーツの詳細は、こちらのHPをご覧ください!

2018年5月27日 (日)

姫路初級者大会

Cimg1628

 姫路ジュニアさんが主催の”姫路初級者大会”に参加させてもらいました。この大会は、前回、雨天のため中止になってしまったので、久しぶりの開催でした。

 この大会は、すずねは、一宮ジュニアさんとの混合ペア、なおきは、伊丹ジュニアさんとの混合ペアで、参加させてもらいました。以前から、子供達の成長に繋がる交流であれば、ぜひやらせてみたいと思っていたことなので、実現して良かったです。今回、どちらのケースも、一宮ジュニアさんと伊丹ジュニアさんから、お話をいただき、本人と保護者の意向も聞いた上で、決まった話です。

 これを機会に、ますます他チームとの交流も深めて行けたらと考えています。一宮ジュニアさん、伊丹ジュニアさん、これからもよろしくお願いします。

 さて、本日の大会には、混合ペア2ペアと洲本ジュニア7ペアで、参加しました。試合に出なかったメンバーは、地元ゆずるは荘で練習を頑張ってくれました。

 昨日が、小学校の運動会だったこともあり、子供達も保護者も大変お疲れだったと思うのですが、試合の方は、全員がよく頑張っていたように感じました。

 くじ運というかドローによって、予選リーグの結果だけでは判断できないんですが、初級者メンバー達の上達は、目に見えて出てきていると私は感じました。

 この調子で、頑張ってもらいたいと思います。

★1位決勝トーナメント進出者

すずね・(一宮Jr.)ペア:ベスト16

りょう・いちとペア:1回戦敗退

★2位決勝トーナメント進出者

まお・いちかペア:1回戦敗退

げんと・ゆなペア:1回戦敗退

★3位決勝トーナメント進出者

なおき・(伊丹Jr.)ペア:2位入賞!

ひろと・まさしペア:3位

ももか・ななみペア:ベスト8

はると・ゆうやペア:2回戦敗退

あやか・ゆずきペア:2回戦敗退

 今日は、ファイナルゲームまで粘って負けた試合がたくさんありました。そこをしっかり勝ち抜けることができたら・・・。

 しっかり練習して、次は、その上に行けるように頑張りましょう。

 最後に、反省点を一つ。洲本ジュニアの応援態度が悪すぎました。仲間が試合をしているのに、こんな態度ではダメです。私の指導不足だと、恥ずかしくなりました。

 もっともっと楽しく、盛り上がって応援できるように、改善していきます。皆さんも、そのつもりで頑張ってください。

 それから、暑い中、一日中お世話になった姫路ジュニアの宮下監督を始め、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

2018年5月26日 (土)

身体のケアは何よりも大事です!

3992
↑親の愛情たっぷりで施術中♪

 今日は、カイロプラクティック院の仕事を一段落終えてから、娘のいる徳島へと行ってきました。

 何をしに行ったかというと、心と身体のケアをするためです。親元を離れての寮生活、日々のハードな部活ですから、疲れが溜まっていないはずはありません。

 日頃、私の整体院には、部活を頑張っている教え子達も良く来てくれます。腰が痛い、膝が痛い、肩が痛い、疲れすぎて動きが悪いなど・・・、いろいろな理由です。

 自分の娘の場合も、いっしょに住んでいた頃は、まめに施術をしてやって、痛みが出る前に対処していたんですが、今は、寮生活しているので、そういうわけにもいきません。

 1週間後の県総体では、体調万全で頑張ってもらいたいと思い、出張施術に行ってきたというわけなんです。あそこが痛い、ここが痛いと言い出してからでは、ちょっと遅いんですよね。

 洲本ジュニアの子供達にもやらせているオリジナル体操なども、やっているおかげだと思いますが、娘は比較的、故障せずにテニスを続けることができています。

 しかし、一生懸命にスポーツしている子供達は、一般論ですが、怪我したり、故障したりしている子が多いですよね。

 ハードな練習をしているのですから、時々、故障するのは当たり前だと言ってる人も多いようですが、私は、その意見には反対です。怪我しないように、故障しないように、練習しないとダメなんです。最大限、その努力はするべきです。

 怪我してから、故障してから、治療に行くというのは・・・、どうなんでしょうか?今、痛くないから、大丈夫と思っている人、残念ですが、身体は大丈夫じゃないですよ。

 今回、娘の場合は、筋肉の疲労は結構あったものの、特に問題はなく、ほっとしました。試合でのパフォーマンスを上げるために、もう1回くらい、診てあげられたらベストなんですけどね・・・。骨格、筋肉のバランスを調整すると、軸がぶれなくなるし、神経伝達スピードも高まるので、反応速度も改善するし、ミスが減ります。

 インターハイを目指した戦いは、すでに始まっています。怪我して悔いが残らないように、体調万全で試合に挑めるように、選手の皆さんは、頑張ってくださいね。

2018年5月23日 (水)

応援に行かなくちゃ!

 高校生達のインターハイを目指した戦いが始まっています。兵庫県では地区大会は終わっているので、まもなく中央決勝大会(県大会)ですね。

 洲本ジュニアを巣立った子供達、第1~2期生は、高校で頑張っていますから、できることなら、応援に行ってあげたいと思っています。

 体が3つくらいあればって、本気で思いますが、それは無理。心の中で、みんなの活躍を祈っていますから、頑張ってくださいね。

 羽生ゆずる選手のファンクラブには、『ご祈祷隊』という方達がいて、神社に必勝祈願に行くそうです。淡路島の諭鶴羽神社にも、その方々がお参りに来られたというので、私も、3月に行ってみました。(以前のブログに記事があります。)

 ほんと、OB,OGの活躍は、祈るしかありません。

 インターハイを目標にしている人、近畿総体を目標にしている人、県総体を目標にしていた人、いろいろだと思います。努力してきたことが、結果に出せるように、最後の1球まで、諦めず、頑張ってください。

 皆さんからの報告を楽しみにしています。

★大会日程

兵庫県高校総体
総体ドロー表、進行表など

5/27(日) 女子個人戦(しあわせの村)
5/31(木) 男子個人戦(しあわせの村)
6/1(金) 男子団体戦(吉川総合公園)、女子団体戦(しあわせの村)
6/2(土) 男子団体戦、女子団体戦(しあわせの村)

徳島県高校総体
(ドロー表は当日発表)

6/1(金) 女子団体戦(JAバンク蔵本公園)
6/3(日) 女子個人戦(JAバンク蔵本公園)
6/4(月) 女子個人戦、順位決定戦(JAバンク蔵本公園)

香川県高校総体
総体ドロー表

6/2(土) 女子団体戦
6/3(日)~4(月) 女子個人戦(高松市亀水運動センター)


日程と場所を書いておきます。都合のつく方は、先輩達の応援に、行ってみては?


★U-14兵庫県強化練習会及び代表選手選考会

 U-14の強化選手に選ばれた中学生の先輩達は、5/19から、練習会がスタートしています。今年、洲本ジュニアOGでは、はるか先輩(安乎)、まなみ先輩、さくらこ先輩、はおと先輩、ゆま先輩(すべて青雲)が、選ばれています。そこに5名もいるのは、すごいことです。1期生の時に、男子2名、女子4名選ばれたんですが、それに続く快挙ですね。

 練習会の日程を書いておきます。誰でも見学できるので、興味があれば、ぜひ行ってみてください。(男子も女子も同じ場所でやってます。)

5/19(土)、5/26(土)、6/16(土)、6/23(土)、7/30(月)
練習時間は、9~17時。場所は、明石公園テニスコートです。

最終日の7/30は、代表選手選考会(6名選出)となっています。

ここで選ばれた選手は、”U-14近畿代表選手選考会(STEP3)”に参加できます。

★兵庫県中学総体

 まだ、詳しい日程を知らないんですが、6月に市内大会、7月に淡路地区総体、県総体があると思います。これも、非常に楽しみですね。

 みんな頑張って欲しいと願っています。

2018年5月22日 (火)

繁魂・基礎アカデミー発刊

Cimg1585

 このたび、ベースボールマガジン社より、時安繁先生の本が出版されましたので、早速購入しました。皆さんにご紹介いたします。

 『極みのソフトテニス 繁魂(はんこん)・基礎アカデミー』という題名です。

 この本は、ソフトテニスマガジン2009年2月~2015年10月(第1回~78回)まで、長期に渡り連載をされたものですが、このたび待望の書籍化となったものです。

 この本で詳しく説明されている基礎技術については、毎年、時安先生の講習会で教えて頂いているので、当クラブの子供達や、当クラブ出身の選手には、なじみの深い技術だと思います。

 ただ、子供達やコーチでも、時安先生の理論や技術について、深くは理解できていないと思うので、この本は、本当にありがたい教科書となりました。

Cimg1582
↑連載が始まった2009年2月号

Cimg1581
↑そしてこれが記念すべき第1回の記事

Cimg1583
↑そしてこれが、第78回(最終回)の記事(2015年10月号)

 2009年というと、ちょうど私が子供達にソフトテニスを指導し始めた頃です。まだ、洲本ジュニアは発足前で、三原スポーツ少年団ソフトテニス部のお手伝いを始めた頃になります。

 永くソフトテニスから離れていたので、基礎から勉強し直さなければと思い、学生時代のようにソフトテニスマガジンも毎月購読するようになりました。ちょうど、時安繁先生の連載が始まった頃だったので、第1回までさかのぼって、バックナンバーを購入したことが懐かしく思い出されます。

 時安繁先生のことを知らない方のために、ご紹介しておきますと、

「1948年3月生まれ、兵庫県洲本市出身。日本を代表する前衛プレーヤーとして活躍されました。現役時代は全日本選手権を2度優勝、全日本インドア選手権3度優勝、アジア選手権3連覇、第1回世界選手権優勝など、数々のタイトルを獲得されました。現役引退後は、男子日本代表監督も歴任され、多くのトッププレーヤーを育成されました。」

 地元では、洲本実業、津名高校、淡路三原高校で先生をされていましたので、時安先生と呼ばれております。地元では、先生の教え子の方々がたくさんソフトテニスを続けておられ、ソフトテニスの普及にも多大な貢献をされています。

 私は、徳島県出身なので、時安先生の教え子ではないのですが、今から、23年前、時安先生が指導されていた津名高校と練習試合をしたことがあります。当時、津名高校は、兵庫県代表でインターハイ出場した頃だと思います。

 場所は、香川西高校(上戸学園)でした。徳島の貞光工業(現つるぎ高校)と、兵庫の津名高校、そして、香川西高校が、合同練習をしていたんですが、そこに、全国高専総合体育大会前に合宿をしていた私の学校(国立詫間電波高専)も合流させてもらったんです。

 私は高専の5年生でしたから20歳、2~3歳年下の高校生と対戦ですから、意地でも負けたくない、負けられないと思って試合をした記憶があります。

 練習試合の後、体育館で時安先生のスマッシュ講習会を受けることになり、雑誌や本でしか見たことがなかった先生のプレーを、間近で見て、感動したことを覚えています。(しかも、先生は裸足でしたからインパクトありました。)

 また、インターハイに出場するような高校生たちでしたが、スマッシュの動きは、なんだかロボットのように硬く、なぜこんなフォームなんだろうと疑問に思いました。やはり、時安先生も、そう感じたようで、ずいぶん注意されていたようでした。一つの形に教えられすぎると個性が死んでしまい、ぎこちないフォームになってしまうのかもしれませんね。
 逆に、うちの学校の前衛たちは、専門の指導者がいたわけではないので、自由なフォームで自然にラケットを振っていたんですが、そのフォームをすごく褒めて頂き、みんな有頂天で帰ってきたのが、非常に懐かしいですね。

 時安先生の指導は、非常に理論的で、聞けば聞くほど興味が沸いてきます。従来の常識にとらわれず、先生が試行錯誤しながら発見したものだと思うので、ソフトテニスを基礎からしっかり学びたいという方には、ぜひ、手元に置いて欲しい本だと思います。



 最後に、先生は、まえがきの最後にこのように書かれています。

「ここで紹介する『極みの基礎技術』が絶対ということではありません。上達へのきっかけとしてはもちろん、指導者の意識改革にも繋がればと考えています。」

 私もカイロプラクター、整体師という職業と、ソフトテニスのジュニアの指導者という立場から、時安先生の理論から気づいたこと、発見したことが山ほどあります。

 特に、先生がこだわっておられるグリップについては、私なりにも新しい答えが出ました。

 「正しいと思われていた基本グリップを少し握り変えることによって、すべての疑問が解消されていきました。」

 と、先生が書かれている部分。言い換えれば、時安先生は、基本グリップをハンマーグリップに変えることによって、疑問が解消されたそうです。ここは、納得しました。

 4スタンス理論で分類すると、時安先生は、『A2タイプ』(つま先外側重心、パラレルタイプ)なのです。パラレルタイプの人は、グリップをななめに持つ(人差し指と中指の間を開ける)よりも、指をそろえてまっすぐ持つ(人差し指と中指の間を開けない)ハンマーグリップの方が、自然なんです。

 初心者の時に、誰しも教えられる基本グリップは、4スタンス理論でいうクロスタイプの『A1タイプ』と『B2タイプ』の人には合うけれど、パラレルタイプの『A2タイプ』と『B1タイプ』には合わないのではないか。

 ここは、時安先生の理論ではありませんので、私の独自解釈だと思ってください。

 まず、自分に一番あった握り方を知ることが一番大事、次に、それを微調整しながら、フリーグリップを覚えていくというのが、理想ではないでしょうか。

 基本グリップや、ハンマーグリップの詳細は、時安先生の本で、勉強してください。

2018年5月20日 (日)

ゲーム&審判練習

Cimg1566
→ジャッジペーパーも練習中
 先週は、審判講習会を実施したので、今週の練習では、実際にゲームをしながら、審判練習をしてもらいました。ソフトテニスでは、例え幼稚園児でも、大会に出場するなら、自分で審判ができなければなりません。通常は、正審と副審があって、正審はジャッジペーパーを書きながら、試合を進行させます。副審は、位置を移動しながら、判定を行います。

 慣れないうちは、ボールの動きに目がついていかず、アウトかインか判定できないという場面もよくあります。正審と副審には、担当する判定区分が決められていて、それを間違えてしまうと、ノーカウントとなってしまいます。中学生の大会なんかでも、間違っている審判が多いと思います。この子達は、小学生ですから、本当に審判は難しいと思いますが、練習していくと、ずいぶん上手にやれるようになっていきます。

 まだまだ自信をもって審判を任せられる子は少ないんですが、みんな集中して、審判練習してくださいね。

Cimg1564
↑副審、結構難しいんですよね。

Cimg1567
↑使用している得点板は、兵庫県小学生連盟で標準仕様となっています。

 ソフトテニスの試合では、得点坂は使用しないのが普通です。そのため、正審のコールが聞こえないと、カウントがさっぱりわかりません。ここは、ソフトテニスで一番改善して欲しいところだと私は考えています。

 しかし、兵庫県小学生連盟では、独自に得点板を使用する方法を考案し、実際に採用しています。(考案者は、姫路ジュニアさんだと聞いていますが、詳しいところはわかりません。)

 副審が得点板を首からかけて、使用する方法なんですが、これが、すごく便利なんです。
 観客からも、得点がよくわかりますし、ベンチコーチをしていても、本当にわかりやすいんです。

 ちょうど、娘が徳島県でソフトテニスをしているので、徳島県の高校の試合もよく観戦しているんですが、徳島では得点板は使用ません。そのため、試合を観戦していても、どっちが勝っているのか、さっぱりわかりません。正審のコールが大きければ、なんとかわかるんですが、ほとんどの場合は、声が小さすぎて、聞こえません。

 この兵庫県小学生連盟の方式、是非とも、ソフトテニスの標準ルールにしてもらいたいです。

Cimg1580

 今日は、ジャッジペーパーも書いてもらいました。初級者たちも、少し書けるようになってきたかなと思います。大会に出場するメンバーは、何度も練習して、早く正確に書けるようになってください。

Cimg1570

 今日からペア替えした子も多かったんで、ちょっと新鮮でした。ペア替えできるほど、メンバーがたくさんいることも幸せですね。

 ペア替えとなって、大丈夫だろうかと、少し心配してたんですが、みんなとっても楽しそうに試合をしていたので、まずは安心しました。誰とペアを組んでも、自分ができることをしっかりやることが大事だと思います。今のベストをつくすことですね。

Cimg1562
↑上手な子は、構えが良いですね!

Cimg1565
↑あやか(右)も、良い構えです。

Cimg1561

Cimg1568

Cimg1579
↑初級者の課題は、まずサーブを入れること!

Cimg1578
↑「わーたしピンクのサウスポー♪」って歌、知ってます?

Cimg1576
↑小さな子も必死です。期待のちびっ子達。

Cimg1575

Cimg1571
↑小さな巨人は、かなりの腕前です!(監督談)

 来週の練習は、姫路初級者大会に出場するメンバーと、残って練習するメンバーに分かれますが、どちらもしっかり頑張ってください。

 昨日は、湊小や松帆小、辰美小などが運動会。今日は、榎列小が運動会。来週も、たくさんの学校が運動会です。怪我しないように、楽しい運動会になることを願ってます。皆さん、頑張ってください。

2018年5月14日 (月)

審判勉強会など

Cimg1555
↑ゆずるは荘会議室にて講習会

 今日は、初級者向けに審判の講習会を計画していました。練習コートが2面しか確保できなかったという事情もあったんですが、天候も悪くなったため、結局、屋外練習は不可能となりました。

 中級者、上級者たちには、ジュニア審判試験を受けてもらい、その後、体育館での練習を行いました。

 初級者メンバーは、保護者の方といっしょに、審判の講習会を受けてもらいました。特に、正審として、ジャッジペーパーの書き方や、コールの仕方を勉強しました。

 これから、いろんな初級者大会へデビューしてもらおうかと計画していますので、審判ができるようになることは、非常に重要です。これをクリアーしてもらわないと、試合には出せないですからね。みんな、頑張ってくださいよ。

 練習の最後に、昨日の県選手権大会で良い成績を出したゆうた君とりょうすけ君に、スピーチをしてもらいました。彼らが、なぜ予選突破できたか、どんなことをしてきたのか、試合中どんなことを考えていたのか・・・、教えてもらいました。

Cimg1556_2

 突然の指名にもかかわらず、2人とも、素晴らしいスピーチでした。

 ゆうた君は、試合中に意識していたことや、ペアへの声かけのことなど、みんなが参考になる話をしてくれました。

 りょうすけ君は、大会までに対戦相手を研究してきたことや、試合中に自分がミスした時の対応(ペアにどういうことを言うか)など、マル秘情報を教えてくれました。

 この子達は、何かが違うと感じていたんですが、予選を勝ち抜けた理由がきちんとあったんだと確信しました。みんなも参考になる話だったと思います。

 テニスを通じて、いろいろしっかりしてきたというか、成長してきましたね。これからも、大きく飛躍してくれたらと期待しています。まわりのみんなも、良いことは真似して、自分たちも成長できるように努力しましょう。

 練習が終わってから、コーチの皆さんに残ってもらい、5~6月の3大会の出場メンバーを相談しました。結局、6時半頃まで時間がかかりましたが、ペアが決まりました。

 今回、定番のペアも結構変更があります。監督の考えもありますが、コーチの皆さんからの提案も、たくさん採用しました。その結果が、今回のペアになりました。

 家に帰ってからも、個別に調整の電話やメールをしたり、他チームの監督さんと連絡を取り合ったり・・・。締め切りが近づいている3大会の申込み書をパソコンで作成していたら、いつの間にか時間は過ぎて、もう深夜の1時30分・・・。(笑)

 出場ペアが多くなったり、今回のように、他のクラブと混成ペアを作る場合は、調整が大変になります。でも、その反面、子供達の活躍も楽しみで仕方ありませんが・・・。

Cimg1558

 監督って、いろいろ雑用もしてるってことだけ、知っておいてくださいね。好きなことじゃなければ、こんなに頑張れません。よっぽど、ソフトテニスが、洲本ジュニアが好きなんだなあ。

 これからも、頑張ります!

2018年5月12日 (土)

県選手権大会予選リーグ突破!

Cimg1523
↑開会式

 今日は、明石公園で開催された第35回兵庫県小学生選手権ソフトテニス大会に出場しました。男子は、64ペア、女子は、66ペアが参加しています。

 さて、洲本ジュニアからは、男子3ペア、女子2ペアで挑戦したこの大会。目標は、近畿大会に滑り込む(ベスト12)ことだったんですが、予選リーグ突破を2~3ペア出したいということが、具体的な目標でした。

 その結果ですが、予選リーグを突破できたのは、ゆうた・りょうすけペアの1ペアのみとなりました。りょうすけは、県大会初出場でした。ゆうたは、春季大会でも、ごろうとのペアで予選リーグ突破しているので、それだけの実力がついてきた結果でしょう。

 今大会から、雁行陣を男子3ペア作って挑戦しましたので、なかなか苦労したんですが、各ペアともに、今後につながる戦いだったと評価しています。勝負は、これからです。

20180512
 最後に、強化練習に来てくれたOB,OG、コーチの皆さんへ、お礼を言いたいと思います。皆さんが後輩達の相手をしてくれたおかげで、ずいぶんストロークも向上し、全体的にレベルアップすることができたと感謝しています。皆さん達の時、県大会で予選突破が大きな壁でしたね。それは今でも同様ですが、春季大会に続き、連続でその壁を破ることができました。本当に協力いただき、ありがとうございました。また、これからも、よろしくお願いします。

2018年5月 6日 (日)

一宮ジュニアさんと練習試合

Cimg1519

 来週の県選手権大会を目前に控え、午後からは、一宮中テニスコートで、練習試合を行いました。

 途中から、雨が降ってきたんですが、せっかくの機会なので、夕方4時半まで、たくさん試合をさせてもらいました。

 洲本ジュニアからは、県大会出場メンバー以外にも、数名希望者を連れて行きました。一宮中にはたくさんコートがありますから、良い経験を積むことができたと思います。

Cimg1515

Cimg1516
↑高校生達にも参加してもらいました。

 また、中学生の”はおと”先輩も、途中から駆けつけてくれたので、試合に出てもらいました。ありがとうございました。

Cimg1517

Cimg1520
↑しょうた先輩とゆうき先輩、ありがとうございました!

Cimg1518

 普段は土のコートで練習していないので、コート整備のやり方も、普段と違います。
 一宮ジュニアの皆さんには、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、次回は、きちんとできるように注意します。

 本日は、一宮ジュニアの上谷代表、石田監督を始め、保護者の皆さん、選手の皆さん、大変お世話になりました。また、いっしょに練習しましょう。

 来たる5/12、県選手権大会では、お互いに頑張りましょう。

連休最終日の合同練習

Cimg1503

 本日は、5月連休の最終日。2週間ぶりの合同練習をゆずるは荘で行いました。

 技術レベルでコート4面に分けての練習を行いましたが、それぞれのコートで、各コーチが熱心に指導をしてくれました。

Cimg1504

Cimg1505

 最近、強化メンバーにやらせているメディシンボール投げですが、効果が感じられるので、今日は、先輩達を相手に、全員でやらせてみました。後輩達のフォームと、先輩達のフォームはまったく違いました。一目瞭然です。やはり、こういう基礎トレーニングも重要ですね。ラケットで強いボールを打つためには、下半身を安定させることが大事だと思いました。

 この練習は、これからも続けたいと思います。

Cimg1509
↑松田コーチと惣田コーチ

Cimg1510

Cimg1512
↑Dコートでは、増井コーチが熱心に指導してくれました。

Cimg1508
↑ゆうき先輩が、ボレーの指導をしてくれました。

Cimg1514
↑洲本高校のしょうた先輩、ゆうき先輩が、指導をしてくれました。

 この2人の先輩達も、ジュニアの時は、小さかったのになって、不思議な気持ちで、指導ぶりを感心して見ていました。

 本当にありがたい指導をしてくれました。

 洲本ジュニア杯夏の陣の時には、他のメンバーにも声をかけて、みんなで集まれるといいですね。何か、考えたいと思います。

2018年5月 5日 (土)

強化練習2日目

Cimg1493

 今日も、県大会出場メンバーを集め、ゆずるは荘で、強化練習を行いました。

 午前の部(9~12時)、午後の部(13~16時)と、6時間の練習となりました。

 午前の部には、OBのたいき先輩・よしとも先輩(三原中)が、来てくれました。午後の部にも、OBのあつや先輩・ゆうま先輩(青雲中)、こうや先輩(津名中)、たくと先輩(南淡中)が来てくれました。

 強化練習には、忙しい先輩たちも、都合をつけて手伝いに来てくれるので、私は本当に嬉しく思っています。

Cimg1495

 今日もメディシンボール投げは、しっかり行いました。

Cimg1494

 背面キャッチなんかも、やってみました。これは、東北高校の練習方法の真似です。(笑)

Cimg1496

 強化メンバー達は、ずいぶんどっしりとしたフォームで投げるようになってきましたよ。

Cimg1498

Cimg1499
↑たくと先輩も、最近、良く来てくれます。感謝!

Cimg1501
↑あつや先輩

Cimg1502
↑こうや先輩、前衛は、あつや先輩

 午後の練習からは、ゲーム形式でたくさん練習をしました。中学生の先輩達のおかげで、大変良い練習になったと感謝しています。

 皆さん、お疲れ様でした。また、来てくださいね。

★号外★

 強化練習でコートを2面確保していたんですが、その隣のコートでは、初級者メンバーが、自主練習をしていました。

Cimg1492

Cimg1497

 たくさんの子が、自主練に参加していたので、とても嬉しくなりました。コーチの皆さんも、ありがとうございました。

2018年5月 4日 (金)

高校選手権大会

Cimg0504_2

 5/3(木)~4(金)は、JAバンク蔵本公園で開催された徳島県高校選手権大会の応援に行ってきました。

 2日間共、日差しが強いのに、強風で、日傘をさすことも出来ず、すっかり日焼けしてしまいました。選手達も、強風の中、ボールは大きく流れるし、大変だったことと思います。

★5月3日 団体戦★

Cimg1416
↑開会式 優勝杯返還

Cimg1421
↑決勝戦をストレート勝ちした直後

Cimg1417
↑チーム一丸となって、応援していました。

 団体戦の結果は、女子優勝が、脇町高校。男子優勝は、徳島科学技術高校。

 脇町高校は、元気の良い新入生が大活躍していました。ジュニアの時から、練習試合などで交流のあった選手もいます。これからが非常に楽しみな新入生達だと思いました。

★5月4日 個人戦

 徳島県の女子の勢力図は、脇町、徳島商業、富岡東の3強となっています。ベスト8に残ったのは、脇町4ペア、徳島商業2ペア、富岡東2ペアです。決勝戦は、脇町の同校対決となりましたが、第1シードのペアが順当にストレート勝ちし、優勝を決めました。

Cimg0497

 個人戦には、第9シードで、まさえが出場していました。3年生の先輩とのペアです。最近、前衛に転向したようで、前衛として公式戦に出場するのは、今日が初めてです。

 どんな前衛ぶりを見せてくれるのか、非常に楽しみにしていました。前衛なんて、数ヶ月でできるようになるはずもなく、大目に見てあげようと思っていたのですが、私の予想以上の出来だったので、ある意味びっくりしました。

 準々決勝で、第1シードの脇町ペアに、ストレートで敗れましたが、ベスト8に残りました。来月の総体へ向けて、良い流れを作れたのではないかと思います。まさえも、ペアの先輩も、名のあるエリート選手ではありません。雑草魂、不撓不屈の精神で、これからも頑張って欲しいと願っています。


↑3試合分編集(約9分)

 前衛に転向して、初公式戦だったので、記録映像を制作してみました。前衛としての動きが、まだまだ落ち着きがないですね。ちょろちょろというか、バタバタというか(笑)、でも、まだ経験不足なので、大目に見てやってください。

 洲本ジュニアでも、前衛練習を始めたばかりの子が3名います。この子達も、まさえと同じように、今は必死で練習しているところです。新米前衛まさえの動画は、少し参考になるところもあると思いますから、後輩諸君は、何度も見て勉強してくださいね。

 あっ、それから、久保コーチを始め、歴代まさえがお世話になったコーチや、先生方、気づいた点があったら、まさえに伝えますので、アドバイスなど、遠慮なくよろしくお願いします。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック