洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

2018年9-10月の練習予定

 新入会員を募集しています。ソフトテニスがやってみたいという年長~小学4年生の男の子、女の子を持つ保護者様、お気軽にお問合せください。

★合同練習

9月30日(日):台風のため、練習中止!new

10月7日(日):9~12時 ゆずるは荘テニスコート(2面/4面)

10月14日(日):13~17時 サンライズ淡路テニスコート(2面/4面)・・・低学年は16時で解散するかも?

10月21日(日):9~12時 ゆずるは荘テニスコート(2面)
          東兵庫大会のため、試合に出ない子だけ練習します。

10月28日(日):9~12時 ゆずるは荘テニスコート(2面/4面)

★試合の予定

5/27(日) 姫路初級者大会(広畑コート他)
6/17(日) 伊丹ジュニア研修試合(伊丹西中)
6/24(日) 淡路ジュニア杯(淡路青少年交流の家)
7/21、7/22 徳島遠征・・・中止!

8/12(日) 洲本ジュニア杯夏の陣(淡路青少年交流の家)
8/25(土) たつの市長杯(中川原コート他)
9/8(土) 明石市近隣大会(明石海浜公園)
9/9(日) 県小学生夏季大会【西日本予選】(太子公園)
9/22(土) 淡路市大会(佐野運動公園)
10/6(土) 伊丹ジュニア杯
10/21(日) 東兵庫ジュニア大会(西宮市浜甲子園運動公園)new
11/3(土) 姫路招待(広畑コート他)・・・上級者のみ参加可
11/10(土) ふれあいの祭典(神戸総合運動公園)
11/10(土) うずしおフェスティバル(淡路青少年交流の家)new
11/11(日) 姫路初級者大会(広畑コート他)
11/17(土) ミズノ杯女子(ウエルネスパーク五色)new
11/18(日) ミズノ杯男子(ウエルネスパーク五色)new
11/23(金) 三田ジュニア主催ソフトテニス教室(吉川総合公園)new
11/24(土) 三田ジュニアクラブ対抗戦(吉川総合公園)new
12/1(土) 県小学生秋季大会(神戸総合運動公園)
12/16(日) 全国大会予選 6年シングルス(上郡町)
12/16(日) ソフトテニス講習会(淡路青少年交流の家)new

3/2(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園)
3/21(木) 姫路初級者大会(広畑コート他)

★体験入部

希望される方は、必ず事前に監督まで連絡ください。

ただし、監督不在の日は、体験入部できません。

当クラブでは、正式入会前に、体験入部、仮入部期間を設けています。いきなり正式入会はできません。

連絡先:0799-22-5650(監督:田上まで)

2018年9月26日 (水)

ライバル

 洲本ジュニアで頑張っている子供達の中で、お互いに競い合っているライバルといっても良い関係の子達がいます。

 スポーツでも勉強でも、いっしょに頑張る仲間やライバルといえる仲間がいてこそ上達が見込めます。

 柔道で国民栄誉賞をもらった山下泰裕さんも、このようにおっしゃいました。

「柔道において、相手は敵じゃない。相手がいるからこそ、自分を磨き高めることができる!!」

 ソフトテニスでもいっしょだと思います。相手は敵じゃないと・・・。

 また、私が小学生の時に、よく読んでいた梶原一騎先生の漫画で、『柔道讃歌』というのがあったんですが、その漫画に良く出てきた言葉にこんなのもありました。

「男を成長させるものは、なまじの味方との平和よりも、すぐれた敵との激闘の嵐である!!」

 今でも、この言葉はすごく印象に残っていて、思い出します。

 クラブ内の試合でも、勝ったり負けたり、しのぎを削って頑張ってくれていますが、お互いに高め合える仲間がいるということに感謝しなければいけませんね。

 今年の6年生といっしょにソフトテニスができるのも、あと半年となってしまいました。

 私の教え子の中で、誰が一番テニスが大好きな子か?と聞かれたら、迷わず、”たかまつゆうや”と答えますが、今年の6年生には、そのゆうや先輩に負けず劣らず、テニスが大好きという子が、数名おります。

 テニスのセンスも、ゆうや先輩に負けていません。せめて近畿大会くらい、出場させてやりたいですね。

 たかまつゆうやが数名いる!(笑)
 今年のメンバーは、ほんとに凄いんですよね。なんとか、良い成績で卒団させてやりたいです。

2018年9月23日 (日)

一日練習!

Cimg3198
 国立淡路青少年交流の家テニスコート4面を、1日お借りしての練習を行いました。

 昨日は大会のため、試合を経験させてもらいましたが、昨日試合をしていないメンバーが10名います。そのうち8名は初級者なので、まだまだ試合経験はなく、審判も不安というメンバーです。今日の1日練習は、とにかく、ゲームをさせて、審判も覚えてもらおうという目的がありました。

 家の都合で、午前中だけで帰った子もいましたが、たくさん審判練習ができて、初級者の子達もずいぶん審判ができるようになったと思います。ジャッジペーパーも交代で書いてもらいましたから、来週は、もっと上手に審判ができると思います。

33513

 今日の練習には、一宮ジュニアさんからも5名が参加してくれました。昨日の大会でも対戦した相手でしたが、子供達は、楽しそうにゲームをしていました。また、いっしょに練習させてもらいたいと思っています。

33510

 午後からの練習には、たかひろ先輩とよしとも先輩が、参加してくれました。先輩相手の試合は、やはり盛り上がりますね。

 他の先輩達も、都合がつくときは、ぜひ後輩達の練習相手になってやってください。お願いします。

 皆さん、今日も1日、お疲れ様でした。

2018年9月22日 (土)

淡路市民体育祭ソフトテニス大会

P1000346

 津名テニス場(佐野運動公園)で開催された淡路市民体育祭ソフトテニス大会ジュニアの部に参加させていただきました。

 今日は、小学校の行事があり、参加できなかった子がいるのですが、洲本ジュニアからは、15ペアが出場しました。対外試合は初めてという子もたくさんいたので、審判がきちんとできるだろうかと心配しながらの参加でした。しかし、初めての子も、しっかり声を出して審判ができていたようで、りっぱだなと感心しました。細かな点で、間違いもあったようですが、それはまたこれからの練習で直していきたいと思っています。
Cimg3166
↑開会式の様子 約半数が洲本ジュニアの選手でした。

 大会の内容ですが、申込みの段階では、中級者の部と初級者の部で分けられていたのですが、主催者の判断で、すべていっしょに戦う形式に変更されていました。

 まず、予選リーグを戦い、その結果から、1位トーナメント、2位トーナメント、3位トーナメントへと振り分けられました。

 出場者の半数が、洲本ジュニアの選手でしたので、あちこちで熾烈な同門対決となってしまいました。

★1位トーナメント

Cimg3193

 ベスト4掛けで、ごろう・ゆうたペアとまさし・りょうすけペアの対決となってしまったのが残念でしたね。

 1位トーナメントに進めたのは、5ペア。みんなよく頑張っていました。

 決勝戦には、ごろう・ゆうたペアが勝ち進みましたが、予選リーグでファイナルゲームまで競って負けた同じ相手に、決勝では、ストレート負けという結果でした。意識しすぎて、まったくラリーが続けられなかったことが敗因だと思います。

Cimg3192
↑決勝戦

 なんとも言えない体格差ではありますね。(笑)
 よく頑張ったと思います。今回だけ、ダブル後衛のペアにしましたので、もっとラリーが続けられていたら、勝機は十分にあったと思います。
 ただ、たつの大会では、圧倒された淡路ジュニアさんのエースペアには、予選リーグと準決勝で、2回勝てたのは、幸いだったと思います。

P1000347_2

★2位トーナメント

Cimg3194_2


 2位トーナメントへは、7ペアが進んだのですが、そのうち6ペアが、同門対決となってしまいました。

 決勝まで勝ち進んだのは、げんと・ゆなペア。元気一杯のテニスをして、見事に1位となりました。

P1000349

 私の目にとまったのは、あやか・ゆずきペアとしゅうが・ゆうやペアの対戦。なかなか見応えのある良い試合だったと思います。

 ななみ・さはペアも、良く声が出ていて、初級者ですが6年生らしい試合だったと思います。
Cimg3186


★3位トーナメント
Cimg3195_3

 3位トーナメントへは、3ペアが出場しました。対外試合は、初めての子達ですから、今回は、たくさん試合を経験させてもらっただけで十分だと思います。

 今日は、朝早くから、コーチの皆さん、保護者の皆さん、ご苦労様でした。

 最後になりましたが、主催者の淡路市ソフトテニス協会様、大会運営スタッフの皆様、大変お世話になり、本当にありがとうございました。

2018年9月16日 (日)

3連休ですが

Img_20180916_234151
↑これは誰でしょう? 答えは、最後に・・・。

 今日は、コートの予約の都合で、午後3時~6時の練習になりました。夏は、予約が取りにくくなっていますね。テニス合宿とか、多いみたいです。

 さて、今日の練習ですが、準備運動、基本練習の後、コート4面を使用して、ゲーム練習を行いました。初心者の子供達も、審判を覚えてもらわないといけませんし、今月の練習は、来週も、再来週も、テーマは、ゲーム練習と審判練習としたいと思います。

Img_20180916_233918

 先週注意した準備運動、まだまだ声が出てない人も多いですが、先週よりは、ずいぶん良くなったと思います。まだ、声出していない人は、来週に期待していますよ。

Img_20180916_234107_2

 ゲームをすると、まず大事なのは、サーブですね。これが入るようにならないと、話になりません。

 今日は、アップダウン形式でゲームをしてもらったので、ずっと負けてた子は、何が悪かったか、考えてくださいね。ダブルフォールト連発で、負けるなんて言うのは、悲しすぎます。

 まずは、サーブ!しっかり意識して、練習に取り組みましょう。

 上級者組は、真剣に試合をしていました。上手になっていると思います。2人で相談しながら、試合をしている姿は、先輩達でもあまりできていた子は少なかったと思いますから、りっぱなものです。

 上級者の男子2ペアは、別メニューで練習してもらいましたが、その他のメンバーは、アップダウンで試合をしてもらいました。最後まで、負けなしだったペアは、すずね・まおペア、げんと・ゆなペア、しゅうが・ゆうやペアの3ペアでした。

 最後に、練習試合帰りのよしとも先輩が、顔を出してくれたので、相手をしてもらいました。こういうのって、ほんと助かります。来週は、一日練習やってますから、OB,OGの皆さん、都合がつく方は、ぜひ参加してください。

 さあ、土曜日の淡路市大会、みんなの活躍を、楽しみにしています。頑張りましょう。

2018年9月14日 (金)

4スタンス理論でラケットを選ぶと・・・

4stance

 私は、ジュニアクラブの監督ですが、本業がカイロプラクターということもあってか、『4スタンス理論』に興味を持ち、ソフトテニスの現場でも、いろいろ研究を続けています。

 人間のからだの動かし方には、大きく分けると4つのタイプがあり、それぞれにからだの使い方のコツがあります。これを4スタンス理論というのですが、今では、様々なスポーツの世界で、注目され、数々の成果があげられている新しい理論です。

 ただ、テニス界やソフトテニス界では、まだまだ研究が進んでいないように思うんですが、他のスポーツと同じように、4スタンス理論を実戦し、能力を高めることは十分可能です。

★ラケットのバランスとスィートスポット

 ラケット(フレーム)を選ぶ時の要素はいろいろありますが、最初に購入するモデルを決めたとして、次に、重量、グリップサイズを選びます。重量や、グリップサイズもすごく大事なんですが、私が重視している一つポイントとして、”バランス”があります。(フレームの硬さ、軟らかさ、面のサイズ、等はもちろんのことです。)

 バランスというのは、”ヘッドヘビー”(ラケットヘッド側が重い)と、”ヘッドライト”(ラケットヘッド側が軽い)ものがあります。もちろん、その中間くらいのバランスのものもあります。

 ヘッドヘビーのものは、スィートスポットが、ややヘッド側にあり、ヘッドライトのものは、スィートスポットが、ややグリップ側にあります。

X200s_a
↑ヘッドヘビーのラケット(スィートスポットがややヘッド寄り)

Zagg200v_b
↑ヘッドライトのラケット(スィートスポットがややグリップ寄り)

 例にあげたラケットは、どちらもスリクソンですが、上が後衛向け、下が前衛向けのラケットとして販売されたものです。

 このメーカーに限らず、今までは、どこのメーカーさんも、後衛向けはヘッドヘビー、前衛向けはヘッドライトに設計しています。これは、ストローカーは、先を重くすることで、遠心力で強いボールを打つため。ネットプレーヤーは、先を軽くすることで、ボレーなどの操作性を向上させることが目的だと思います。

 ソフトテニスラケットが、後衛向け、前衛向けと区別して販売されるようになったのが、いつ頃かは知りませんが、一環してそのような考え方なのでしょう。

Photo
↑2本のラケットは、横糸1本分くらい、スィートスポットに差があります。

 私も、数年前まで、後衛向け、前衛向けという区別に、まったく疑問を持っていなかったのですが、4スタンス理論を研究するうちに、一つ疑問が沸いてきました。

 4スタンス理論で分類すると、つま先重心の人は、”指先派”、かかと重心の人は、”手の平派”となります。

指先派(つま先重心):A1タイプとA2タイプ
手の平派(かかと重心):B1タイプとB2タイプ

 例えば、ボールをつかむ時に、指先でつかむ人と、手の平でつかむ人がいるということですね。

 この感覚というのは、生まれ持ったもののようで、何かつかむ動作、物を持つ動作、何かに触れる動作などにも、自然に現れます。サービスでトスを上げる時のボールの持ち方にもはっきり出やすいですから、面白いですよ。

↑これは昔のブログで紹介した動画です。
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/2014/05/43-6268.html

 人間は、指先派と手の平派のタイプがいるわけです。

Tenohira_a
↑指先派

Tenohira_b
↑手の平派

 ボールが飛んできて、それをつかもうとした時に、指先派の人と、手の平派
の人では、当てに行くポイントがおのずと違ってくるということですね。

 ラケットは、手に持って操作するわけですが、よく言われるように、『ラケットは手の延長である!』ということです。

 ラケットでボールを打つ時も、指先派の人(A1,A2タイプ)は、ラケット面のヘッド寄りでボールを捕らえるのではないか?

 手の平派の人(B1,B2タイプ)は、ラケット面のグリップ寄りでボールを捕らえるのではないか?

 そのように推論を持ち、指導している子供達のプレーを見てきましたが、どうやら間違いではなさそうです。

 ヘッドヘビーのラケットと、ヘッドライトのラケットを、子供達に打ち比べさせて、どちらが打ちやすいかテストしたりもします。新しいラケットを購入するときの参考にするためです。

 すると、つま先重心(指先派)の子は、ヘッドヘビーが打ちやすいと言いますし、かかと重心(手の平派)の子は、ヘッドライトが打ちやすいと
言いました。これは、何十人というデータを正確に取ったわけではないのですが、今までの経験値です。

 今までの教え子で、後衛なのに、あえて前衛向けラケット(ヘッドライト)を選んで、使わせていたりしたのは、実は、こういう理由があったのです。

 からだのバランス(手の感覚)と、ラケットのバランスが合っている方が、しっくりとくるわけですね。

★実例を紹介

 ある高校生の選手の実例をご紹介します。(といっても、我が娘の話で、恐縮です。)

 彼女は、ジュニア~中学~高校1年までは、主に後衛、ストロークプレーヤーでしたから、ラケットは、後衛向けのものを主に使っていました。4スタンス理論で分類すると、A1タイプ(つま先、内側重心)です。つまり、指先派ですね。

 後衛向けのラケットは、ほとんどがヘッドヘビーですから、バランス的にも、ちょうど良かったと思います。

 高1の終わり頃から、前衛への転向を命じられたのですが、今まで通り、後衛もしたり、あるときは前衛だったり・・・、なかなか忙しくなってきました。6月、7月と、ネットプレーヤーとしての出番が増えてきたようでした。

 プレーを見ていると、ボレーで振り遅れているシーンをちょくちょく見かけるので、ラケットも見直した方が良いのではと思うようになりました。

 それまで使用していたラケットは、『ヨネックス ネクシーガ70S』(その前は、スリクソンX200S)、重さUL、グリップサイズ0です。グリップサイズが、0というのは、細すぎないかと思う方もいるかもしれませんが、手の小さい彼女にはちょうど良いサイズです。Aタイプ(指先派)には、細めのグリップが良いという別の理由もありますしね。(グリップサイズ0に、オーバーグリップテープも巻きますから、”0”というより、実質”1”のサイズになってます。)

 さて、ここで困ったことになりました。今よりも、ボレーでの操作性を向上させるため、1センチ短い『ネクシーガ70V』(ネットプレーヤー向け)を選ぼうと思ったのですが、バランス的にはヘッドライト過ぎることが不安でした。また、グリップサイズも、『2,1』しかありません。『0』がないのです。

 今まで、一度も利用したことがなかったのですが、ヨネックスには、『カスタムフィット』というこだわりの注文方法があるということを思い出しました。

 カスタムフィットなら、重量、バランス、グリップサイズ・形状を、好みに合わせて指定することができます。

カスタムフィット
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/custom-fit/

 別注料金が発生してしまうのですが、彼女の高校現役生活も後一年だと思い、予備ラケットも必要なので、2本注文しました。

 スペックは、重量:マル秘、バランス:ヘッドヘビー、グリップサイズ:0 です。グリップ形状は、プレーシフトグリップと、八角形グリップが選べるんですが、プレーシフトのままで良いというので、八角形にはしませんでした。

Cimg2854_2

Cimg2855

 新しいラケット届き、ネットプレーにも磨きがかかり、以前より、動きが良くなったように思います。新しい相棒との相性は、ばっちりのようです。

↑最近の前衛ぶりです

 このようにラケット選びも、非常に重要だと思いますので、うちのチームの皆さんも、買い換え前には、監督に一声掛けていただければと思います。

 量販店や地元ショップには、小さい体格の子が使うラケットは、ほとんどないと思ってください。中学生や高校生をターゲットにしたラケットばかりですから、カタログには、細いグリップが掲載されてても、この近辺のショップにはまず並んでいません。カスタムフィットにしなくても、既製品でグリップ”0”のラケットもたくさんありますが、ショップが仕入れていないだけ、なぜなら、小学生のお客さんは、ほとんどいないですからね。

 とにかく、ラケットは、知識のない店員から、買わないことです。ご注意ください。

★指先派?、それとも、手の平派?

 せっかくなので、いろんな事例を、ご紹介しておきます。皆さんは、どんな持ち方をされますか?

●クーラーボックスを持つとき・・・

A001
↑指先で引っかける指先派(Aタイプ)

B001
↑がっしりつかむ手の平派(Bタイプ)

●買い物袋を下げるとき・・・

A002
↑第一関節で引っかけて持つ指先派(Aタイプ)

B002
↑第二関節で引っかけて持つ手の平派(Bタイプ)

●ボールの持つとき(トスを上げる時)

A101
↑A1タイプ 指先で浅くななめに持つ

A201
↑A2タイプ 指先で浅くまっすぐ持つ

B101
↑B1タイプ 手の平の上にまっすぐ持つ

B201
↑B2タイプ 手の平の上でななめに持つ

●スマホを持つとき・・・

A102
↑A1タイプ ななめに指先で浅く持つ

A202
↑A2タイプ まっすぐ指先で浅く持つ

B102
↑B1タイプ まっすぐ深く持つ

B202
B2タイプ ななめに深く持つ

●ペットボトルを持つとき・・・

A103
↑A1タイプ ななめに指先で浅くつかむ

A203
↑A2タイプ まっすぐ指先で浅くつかむ

B103
↑B1タイプ まっすぐ深くつかむ(手の平がつくように)

B203
↑B2タイプ ななめに深くつかむ(手の平がつくように)

2018年9月 9日 (日)

体育館練習

Cimg3134
↑サンライズ淡路体育館

 太子総合公園での夏季大会が、昼前に豪雨で中断、延期となりました。その時点で、洲本ジュニアは、予選リーグ1勝1敗での敗退が決まっていたため、私は、淡路へ戻り、練習に参加することにしました。

 今日は、午後2時から体育館練習を予定していたため、それが幸いしました。大雨警報が、兵庫県各地に出ていたため、練習中止にする判断も選択肢としてあったんですが、参加不参加は、自己判断してもらうということにしました。

 私が練習に合流したのは、午後2時半頃だったと思いますが、欠席者はほぼなくて、たくさん練習に参加してくれていました。また、今日も、はおと先輩が手伝いに来てくれていて、大変助かりました。

Cimg3132

Cimg3133

Cimg3135

Cimg3136


 今日の練習を指導していて感じるのは、やはり元気が足りないってことです。

 こんな静かなスポーツクラブって、あり得ません。(笑)

 40名も部員がいるのに、どうしたものでしょうか。もともと大人しい子供が多いというのは、わかっていますが、なんとかこの子達に、声を出してもらって、活気のある練習にしたいと思うのです。

 叱るだけでは、ダメですよね。

 声が出せている子も、もちろんいます。しかし、圧倒的に声を出さない子が多いので、それにつられて、声が出なくなってしまいます。悪循環ですよね。

 今日は、兵庫県を代表するメンバーが集まった夏季大会に行っていたからでしょうか、午前中の試合と、午後からの洲本ジュニアの練習では、ギャップがありすぎて辛かったです。

 それと、今日の練習の最後に、淡路市大会の出場メンバーを発表しました。参加希望のあった子は、全員エントリーしています。明るく、楽しく、元気よく、頑張りましょう!!

県夏季大会初出場

Cimg3128
↑太子総合公園

 昨年から始まった県小学生夏季大会、西日本大会の予選として行われる大会ですが、県ランキングの上位24ペアだけに参加資格があります。

 第2回大会となる今年は、ゆうた・りょうすけペアが、ランキング16位だったため、出場することができました。

 本日は、あいにくの雨模様、通常なら延期となるべき天候、コンディションだと思いましたが、延期できない諸事情があったようで、強行開催となりました。

 ゆうた・りょうすけペアは、第1シード(姫路ジュニアさん)のブロックに入り、予選リーグを戦いました。

 第1試合は、強豪上郡ジュニアさんの4年生ペアと対戦しました。1ゲーム目は、慎重過ぎる入り方が災いし、不覚にもミスを連発し、落としてしまいましたが、2ゲーム目からは、しっかり立ち直り、3ゲーム連取することができました。ゲームカウント3-1での順調な勝利となりました。

 第2試合は、第1シード、全国レベルのスター選手と対戦しました。正直、ストレート負けは覚悟していたんですが、1ゲーム目に攻めていったことが幸いし、相手のミスを誘い、1ゲーム獲ることに成功しました。2ゲーム目からは、相手もしっかり立て直してきて、ゆうたが走らされる展開になりました。もう少し粘れたような気もしましたが、こちらのストロークミスや、相手の変幻自在の攻撃に圧倒され、ゲームカウント1-3で敗退してしまいました。

 負けはしたものの、雨の中の試合も体験しましたし、ある程度は勝負ができたということで、自信にも繋がったと思います。
 遠路応援に来てくれた保護者の皆さんにも、喜んでもらえたのではないでしょうか。


 今日は、太子まで来たので、龍野北高校の高松先生に連絡を取ってみました。実は、りょうすけのお母さんが、高校時代、高松先生の教え子だったんです。20年以上ぶりという恩師と感動の再会になったようです。

 鬼のように厳しかった恩師との思い出も、今となっては、すべて良き思い出となっているのではないでしょうか。

 ちなみに惣田コーチも、高校時代は、高松先生の乱打相手を務めていたそうなので、次は、惣田コーチとの再会を企画したいと思います。

Cimg31311

↑高松先生ありがとうございました。m(_ _)m

2018年9月 8日 (土)

明石市近隣大会中止 (T_T)

 本日予定されていた明石市近隣大会が、天候不良のために中止になりました。

 やる気満々で準備していた子供達には残念なことになってしまいましたが、仕方がありません。

 大会準備をしてくださった主催者の皆さんには、なんと言って良いのかわかりませんが、また、次回もよろしくお願いいたします。

 明日の夏季大会(西日本予選)も、どうなるのでしょうか。

 今日は、体育祭という学校も多かったと思いますが、中止(延期)なんでしょうね。うちの娘の高校も体育祭の予定です。徳島の方が天気悪いと思うので、やはり延期かな?明日に延期でも、無理そうだから、結局、体育祭は中止かな?可哀想です。

 それでは、皆さん、有意義な一日にしましょうね。(私は、錦織圭選手の応援かな。)

大坂なおみ半端ないって

 ソフトテニスの話題ではないですが、硬式テニスでは、錦織選手と、大坂選手が、大活躍しています。

 ソフトテニスも、先日、アジア大会で日本選手が大活躍だったんですが・・・、テニスは、注目度が違いすぎますね。

 とにかく、錦織君、なおみちゃん、頑張ってください。

https://youtu.be/rAQvrhvPiKk

2018年9月 2日 (日)

ちょっと気温が下がったかな

 今日は、コートの都合で、午後の練習(サンライズ淡路)になりました。私の方は、今治市スポーツパーク(愛媛県)で開催された高校の大会があったので、練習は欠席させてもらいました。コーチの皆さん、お世話になりました。

 来週の明石大会や、西日本予選(夏季大会)を控え、選手はゲーム練習をたくさん行うようにコーチにお願いしていました。そのゲーム練習の結果を松田コーチから見せてもらったのですが、特に、初級者組では、しゅうが・ゆうやペアが全勝だったのが印象に残りました。夏休みに、しゅうがは自主練したそうで、その結果が出てきたようですね。

 それと、今日は、はおと先輩とよしとも先輩が、練習に来てくれたそうです。西日本予選を控えたゆうた・りょうすけペアには、ありがたい練習になったのではないかと思います。先輩達、ありがとうございました。

Cimg3078

Cimg3084

 今日のまさえは、先日の夏季大会とは違うペア。なんと、那賀川ジュニア出身の1年後輩の子がペアだったんです。新人戦に向けて、先生もいろいろと試しているのでしょうね。

 ジュニア時代、練習試合を時々させてもらっていましたが、まさか、高校生になってペアを組むことになるとは、想像もつきませんでした。ジュニア時代のことをいろいろと思い出しながら、試合観戦を楽しませてもらいました。

 今日の大会は、近県の強豪高校ばかりがたくさん参加していました。兵庫県からは、姫路商業が参加していたので、これまた懐かしい対戦をたくさん見せてもらいました。

 脇町高校と姫路商業(高松先生時代)は、ちょくちょく練習試合をしている関係だったようです。今日、見せてもらった印象ですが、やはり、姫商の選手は、テニスが上手いですね。

 それから、まったく話は変わりますが、今治のB級グルメ『焼き豚玉子飯』も、食べてきました。

 なんだかんだで、充実した一日になりました。(支離滅裂なブログですみません。)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »