洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 姫路招待と地元で練習 | トップページ | うずしおフェスティバル準優勝 »

2019年11月 9日 (土)

神戸しあわせの村で県秋季大会

Line_1573257655612

 今日は、神戸しあわせの村で県小学生秋季大会があり、男子4ペア、女子3ペアが参加しました。洲本ジュニアが参加するようになってから、この会場で県大会が開催されたのは、初めてでした。

 7ペアの選手達は、この日に向けて、練習に練習を重ね、たくさん練習試合や研修大会などをこなしてきましたから、すごく嬉しいことが起きるんじゃないかと期待をして、この日を迎えました。

 近畿大会出場を目指していたペア、予選リーグ突破を目指していたペア、県大会での初勝利を目指していたペアなど、目標はそれぞれでしたが、本当に今までよく頑張ってきたと思います。

 結果は、7ペア全ペアが、予選リーグで1勝1敗。近畿大会出場や、予選リーグ突破はできませんでしたが、県大会で念願の初勝利を目標にしていたA.ゆうと・いちとペア、ゆうや・ゆうごペアは、見事に目標達成してくれました。ここか・きょうかペア、ももか・ゆずきペアも、きっちり1勝することができました。この4ペアは、強いシードのいる予選リーグにいましたから、まずは1勝し、次の大会へ繋げることが大切だと考えていました。県大会での1勝がいかに大変なことか、何度も挑戦してようやく勝てましたね。特に、6年生が1勝できて、嬉しかったです。

 なおき・はるとペア、げんと・しゅうがペアは、実力的に予選リーグを抜けられる力があると思っていますが、今までも、惜しいところで涙を飲んでいました。今大会も、決して楽な予選リーグではなかったのですが、頑張りました。1勝した後の2戦目、もうちょっと何とかしたかったですね。特に、なおき・はるとペアは、4ゲーム目のポイント3-0とリードしたところから、デュースにされ、何度もアドバンテージを繰り返した末に敗退してしまいました。ここが、本当に惜しかったです。悔しい、悔しい試合となりました。

 あやか・ゆなペアは、5月と9月の県大会で、連続して予選リーグを抜けていたので、県ランキング15位(同点15位が2ペアいた)のところにいました。もっとも近畿大会(ベスト12)に近いペアだったのですが、今回は、予選リーグを抜けることができませんでした。練習量も増やし、順調にレベルアップしていただけに、本当に悔しい結果だったと思います。相手が、それ以上に上手だったと思うしかありませんね。
 今年度はドロー会議のルールが変更され、ランキング12位以内だと、予選リーグでは格下ペアとしか当たらないようなドローの決め方になっているのですが、13位以下となると、予選リーグで実力の近い相手とも当たる可能性が高くなります。例えば、13位、14位、15位が同じ予選リーグで対戦するということもあるわけです。そのリスクはあるものの、その厳しい予選リーグを抜けることが出来たら、次の対戦は、1~8位とは当たらないので、ベスト12に入る可能性は高くなるというメリットもあります。

 当初の作戦では、ドロー会議で勝負する場所(予選は厳しいがベスト12を狙える所)を獲りに行く計画だったのですが、私の日程勘違いのために、ドロー会議を欠席するというミスを犯してしまいました。これは、すべて私の責任で、申し訳ないことをしたと猛省しています。

 ただ、結果論ですが、この秋季大会では、ランキング13~16位のペアは、全ペアが予選リーグで敗退してしまいました。これは、勝負できる場所を獲ったために、ランキングの近い強敵が、同じ予選リーグに入ってきてつぶされてしまったのです。あやか・ゆなペアが、予定どおりの場所を獲っていたら、一つ間違えたら予選リーグで2敗していたかもしれないと思うと、ぞっとします。

 今回、あやか・ゆなペアが戦った予選リーグには格上ペアはいなかったので、2人の力を出し切れていたら、1位で抜けられたように思いました。2戦目で負けた相手は、ランキングこそかなり格下でしたが、かなり強い相手だったので、こちらのミスが多すぎたため、足元をすくわれてしまいました。2大会連続で倒した強豪ジュニアから、しっかりリベンジされちゃったのかもしれませんね。

 たら~れば~の話をしても仕方がないですが、近畿大会出場にはまだまだ力が足りなかったとしても、あやか・ゆなペアが今回も予選リーグを1位で抜けていたとしたら、次回の3月の春季大会では、6年生が抜けるので、2人は、なんとランキング8位となっているところでした。いやー本当に残念ですが、春季大会では、また厳しい勝負をすることになります。今度こそ、勝ち抜いて、5月の選手権大会で笑えるように頑張りましょう。

Cimg9472
↑やる気満々だった男子ペアです!勝負はこれからやで!
(HP掲載頼まれたので・・・、しっかり載せましたよ~)


 今回こそはと頑張って来たけど、県大会の壁は厚かったですね。第一期生のあやか・まさえペア、ゆい・ほのかペアも予選は抜けたけど、その上には行けなかった。今や、兵庫を代表するような高校選手になったゆうやも、ジュニア時代は、勝てなかった。中学では大活躍したまなみ・はるかも、あんなに上手だったけど、ジュニア時代は予選リーグすら抜けられなかった。中学で近畿大会出場したあつやも、ぎんがも、ジュニア時代は、勝てなかった。

 負けても、負けても、努力し続けたものだけが、勝てるようになるのだと思います。かの有名なプロテニスプレイヤー”伊達公子”さんも、著書に書かれていました。
「子どもの頃から初めたテニス、初めて優勝できたのは17歳。それまでは負けてばかり、泣いてばかりいた。でも、いつか勝てるときが来ると信じて頑張って来た。」


 洲本ジュニアのみんなも、OB/OGの皆さんも、初心を忘れずに、これからも頑張ってくださいね。

« 姫路招待と地元で練習 | トップページ | うずしおフェスティバル準優勝 »

大会の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 姫路招待と地元で練習 | トップページ | うずしおフェスティバル準優勝 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック