洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月29日 (月)

2020年7~8月の練習予定

Dsc_0870

 新入会員を募集しています。ソフトテニスがやってみたいという年長~小学4年生の男の子、女の子を持つ保護者様、お気軽にお問合せください。

洲本ジュニアソフトテニスクラブの紹介(クリック!)


★合同練習 

7月5日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

7月12日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

7月19日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

7月26日(日):9~12時 国立淡路青少年交流の家 テニスコート3面

8月2日(日):9~12時 会場検討中(監督不在です)

8月9日(日):9~17時 洲本ジュニア杯 夏の陣(国立淡路青少年交流の家)

8月10日(月・祝):9~17時 練習試合、OB,OG交流戦(国立淡路青少年交流の家)

8月16日(日):9~12時 会場検討中

8月23日(日):9~12時 会場検討中

8月30日(日):9~12時 会場検討中


★練習試合

8月10日(日):練習試合計画中 国立淡路青少年交流の家


★試合の予定

2020年

1/13(月・祝) 伊丹ジュニア杯
2/16(日) 伊丹ジュニア研修試合(伊丹西中)
3/7(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園) 3/28、29へ延期
3/15(日) 洲本ジュニア杯 春の陣(国立淡路青少年交流の家) 延期
3/21(土) 姫路初級者大会(広畑コート他) 中止
3/22(日) 洲本ジュニア杯 春の陣(ゆずるは荘)
3/28(土) 県小学生春季大会(和田山、上郡) 中止
3/29(日) 県小学生春季大会(上郡) 中止

3/29~31 全国大会(千葉県白子町) 中止
4/19(日) 姫路招待(姫路市) コロナ対策のため不参加
4/29(水) 徳島カップ(大神子)中止
5/9(土) 県小学生選手権大会(明石公園) 中止

8/9(日) 洲本ジュニア杯 夏の陣(国立淡路青少年交流の家)予備日8/10

8/29(土) 県小学生夏季大会(吉川総合公園)予備日9/5 中止
11/8(日) 県小学生秋季大会(赤穂海浜コート)予備日11/28
12/5(土)6(日)近畿インドア大会(滋賀県長浜市民コート)

2021年

3/6(土) 県小学生春季大会(吉川総合公園)予備日3/13

★体験入部

希望される方は、必ず事前に監督まで連絡ください。

ただし、監督不在の日は、体験入部できません。

当クラブでは、正式入会前に、体験入部、仮入部期間を設けています。いきなり正式入会はできません。

連絡先:0799-22-5650(監督:田上まで)

2020年6月28日 (日)

やっぱり楽しいねソフトテニス!

 6月になり、テニスコートで練習できるようになっての合同練習、今日で4回目となりました。自主的に練習している子もたくさんいるようなので、練習ぶりをみていると、かなり身体が動いているように感じました。上級者クラスは、みるみる上達しているようです。中級者クラスも、上達が見えますね。洲本ジュニア杯が楽しみになってきました。

Dsc_2422
↑松田コーチ、まさえコーチによる上げボール

Dsc_2430
↑バックハンドのお手本を見せているところでしょうか?

Dsc_2424
↑中級者達がショート乱打をしています。

 初級者クラスは、毎回、体験入部の子を迎え、活気がありますね。人数が増えてきたので、ソーシャルディスタンスに気をつけながら、練習をしています。

 体験入部初参加は、年長さんの男の子が1人、2回目参加は、小学4年生が2人でした。

 今回の夏の陣では、初級者クラス全員に試合をしてもらうつもりです。ペアを作って、ゲーム練習も開始したのですが、サーブがなかなか入らないので悪戦苦闘していますが、みんな楽しそうにソフトテニスを楽しんでくれています。あと1ヶ月でどこまでできるようになるかな?楽しみです。

Dsc_2420

Dsc_2425

Dsc_2427
↑マーカーを並べて、ソーシャルディスタンスを確保するようにしてみました。(^o^)


 まだまだコロナは心配ですが、そろそろ実戦練習を増やしたいですね。上級者、中級者たちには、練習試合をさせてあげたいと思っています。非常に悩むところではあるのですが・・・。

 他チームに、お声がけを、始めました。どこも躊躇しているように思いますが、いっしょに練習していただけるチームがございましたら、ご連絡お待ちしております。m(_ _)m

2020年6月27日 (土)

UV対策も重要ですね

Dsc_2418
↑たくさん購入しました。第一弾入荷、まだ後から届きますよ。


 先週の日曜の練習で、天気を甘く見て、UV対策ノーガードで練習に参加しました。だんだん天気が回復して、2時間くらいはカンカン照り、私の腕や足は、あっという間に真っ赤に日焼けしてしまいました。これは、日焼けというよりヤケドですよね。日焼けした後は、疲れも倍増してしまうので、やっぱり日焼けはしない方がいいです。

 私が子供の頃や若い頃は、日焼けなんて、まったく気にしていなかったです。元々は色白ですが、テニスに熱中していた頃の写真を見ると、真っ黒です。昔はそれでも良かったのかもわかりませんが、最近は違うようです。紫外線の強さも比較にならないくらい強くなっているように感じます。

 テニス選手が、UV対策のアンダーウェアを着るようになって来ましたが、私も数年前から着用するようになって、その効果を実感しています。疲れが全然違うんですよね。紫外線はガンの原因にもなりますから、やっぱりUV対策はかかせません。

 数年前までは、公式戦で長袖アンダーウェア、アンダーパンツの着用が許可されてなかったので、日光アレルギーの選手は、いちいち大会主催者に許可をもらわなければいけなかったですね。でも、今は、公式ルールが変わって、アンダーウェアの着用が認められました。ジュニア大会もOKなので、私は着用することに賛成の意見です。

 まさえコーチも、高校生になってからは、アンダーウェアを着用するようになりました。特に強豪校の選手達から、着用する習慣が広がっていったように思います。大学生は、もっと着用率高いと思いますが、中学生も小学生も、どんどん普及するといいですね。

 洲本ジュニアでは、アンダーウェア着用は自由としますので、各自で判断してください。お任せします。


 テニス用のアンダーウェアは、ジュニアサイズの販売はほとんどありません。私の知るところ、ミズノにジュニアサイズの長袖シャツがあったくらいかな。小学生高学年になったら、大人用の小さいサイズが着られるようになると思います。
 あるいは、スポーツ用品量販店のゼビオやデポに行くと、ジュニア用のアンダーシャツは販売されていますので、小さい子は、それがおすすめです。(2,000~3,000円くらい?)

★ヨネックス アンダーウェア フィットネスモデル

ヨネックスには、着圧の強いプロモデルやアスリートモデルのアンダーウェアがありますが、トッププレーヤーとか、体力が落ちたプレーヤーじゃなければ、フィットネスモデルで充分かもしれませんね。

★ミズノ アンダーウェア バイオギア

 ジュニアシャツ

ミズノには、様々なタイプのバイオギアがあります。

★ゴーセン コンプレッションウェア

ゴーセンには、ユニサイズとレディースサイズのコンフィットLSシャツと10分丈レギンスがあります。


 今回、ゴーセンのウェアが、びっくりするほど激安で入手できたので、クラブ員へ紹介したところ、予想以上の数を注文することになりました。今回のような金額で購入できるチャンスは、めったにありませんから、本当にラッキーだったと思います。皆さん、どうぞご活用ください。

Fr1903
↑レディース用 コンフィットLSシャツ
Fr1901
↑レディース用 10分丈レギンス
Fr1900
↑ユニサイズ コンフィットLSシャツ

2020年6月21日 (日)

活気のある練習でした

Dsc_2398
↑初級者クラス、体験入部もあって、にぎやかでした。


 今日の練習は、欠席者なし、コーチもたくさん出席でした。中学生のたいき、すずね、ごろうも来てくれましたし、生子コーチも指導を手伝ってくれました。

 体験入部が3名(市小2名、榎列小1名)、それに、今日から新しく入会してくれたりょう君(市小2)とかのんちゃん(大野年長)。とってもにぎやかな活気のある練習ができたと思います。

 8月には洲本ジュニア杯夏の陣を開催しますから、その大会準備もコツコツ進めています。子供達にも、ペアを決めて、初心者クラスもゲームができるように指導していきたいと思っています。

 上級者クラスは、かなり打てるようになってきたようです。合同練習以外にも、それぞれが自主的な練習をしているようなので、ずいぶん上達がわかります。地道に努力している子は、見たらわかりますね。ただ、ちょっとだけ心配しているのは、子供のやる気以上に練習をさせたらいけないということです。いやになるほど、練習させることは、絶対に逆効果になりますから、それだけは、親御さんお気をつけくださいね。たぶん、まだまだ大丈夫だと思うのですが、私も経験したことなので、ちょっと気になります。

 やる気が満々の子供達には、私も、もっと上達してもらいたいですから、いろいろな経験を積むためのサポートを一生懸命考えていきますね。やれる範囲で、練習試合とか、優れた指導者をお招きして講習会をするとか、もっともっとソフトテニスが楽しいと思える企画を立てていきたいと思っています。なかなか遠征などができない状況なのですが、要望などあれば、監督までお伝えください。

Dsc_2397
↑上級者クラス

 先輩が相手してくれたので、良い練習ができたと思います。みんな上手になってきましたね。今日の指導担当は、松田コーチ、長瀬コーチ、まさえコーチでした。

Dsc_2390
Dsc_2391

Dsc_2393
↑中級者クラス

 今日は、生子コーチ、増井コーチ、岡本コーチに教えていただきました。上手に指導してもらったので、みんな真剣な表情で頑張っていました。

Dsc_2399

Dsc_2401
↑初級者クラス

 惣田コーチ、森本コーチ、中川コーチに教えていただきました。新入会員が増えましたから、にぎやかでしたね。

Dsc_2396
↑体験入部

 今日から体験入部に来てくれた3名です。楽しそうにテニスしてくれました。また、来週、来てくださいね。

Dsc_2404
先輩達、今日はありがとう。また、来てね。

Dsc_2400
あれっ、Nコーチ、イメチェンですか?最初、遠くから見て、誰だかわかりませんでしたよ。(^0^)


 今日も、皆さん、よく頑張りました。みんなに元気をもらいました。そうそう、そういえば、父の日でしたね。私は、娘たちからプレゼントをもらって、嬉しいことがありました。テニスをやらせてくれるお父さんやお母さんに、いつも感謝の気持ちを忘れないようにね。

 また来週、元気に集まってくださいね。

2020年6月17日 (水)

OB,OGたちへ、夏のイベントの件で・・・(要連絡)

洲本ジュニアOB,OGの皆さんへ

 このブログを読んでくれている先輩達は、意外と多いみたいです。いつも気にかけてくれてありがとう。

 さてさて、今年はコロナでいろんなイベントがめちゃめちゃになってしまいましたね。皆さんも、学校や部活で辛い日々を過ごしていることと思います。好きなテニスもあまりできなくなってしまいましたね。今日は、2つのお知らせがあります。

1.洲本ジュニア杯 夏の陣

 なんとか、緊急事態宣言も解除になって、テニスコートでの練習もできるようになりました。毎年恒例の洲本ジュニア杯夏の陣についても、予定が決まり、開催する方向で進んでいます。

 OB,OGの皆さんにも、たくさん参加してもらって、楽しくやりたいと思っているのですが、現在、部員数はそれほど多くないので、3面は大会用に使い、1面は、OB,OG交流戦に使おうと考えています。

日時:8月9日(日)9~16時半 国立淡路青少年交流の家

Aコート:上級者の部
Bコート:初級者の部
Cコート:チャレンジの部
Dコート:OB,OG交流戦

 先輩達には、大会のスタッフとしてサポートもしていただきながら、中学生、高校生、大学生、社会人の交流試合を時間の許す限り、楽しんでもらいたいと思っているのですが、皆さん、いかがでしょうか?

 どれくらい参加できるか、こちらも準備や計画が必要なので、出欠を、できるだけ早めにお知らせください。申込みが遅いと、交流戦に出られないかもわかりません。

2.淡路島ソフトテニス祭(仮称)

 今年は、大事な大会が次々と中止になり、ジュニアも同様ですが、中学生、高校生には、辛い一年になってしまいました。練習すら、満足にできていないことでしょう。

 そういう中高生達のために、たくさん試合をさせてあげられないだろうか、そんなことを考えています。

 日程案:8月10日(月・祝) 淡路島内のコート

 洲本ジュニアのOB,OGを中心に集めますが、洲本ジュニア出身でない子をペアにしてくれてもいいです。他校の友達とペアを組んでくれてもいいです。

 皆さんが、日頃、試合できないような強豪校の選手なども招待したら、面白いのではと考えたりもしています。勉強になりますしね。

 今年、社会人になった高松君やまさえ達の年代や、それより上の先輩も声をかけてみたいと思ったり・・・。

 この企画に関しては、まだ、まったく動いていないですが、要望が強ければ、実現したいですね。もう、あまり時間もありません。OB,OGの皆さんの意見をお聞かせください。このブログのコメント欄に、気軽に書き込んでください。お待ちしています。

8/9や8/10は、部活お休みなのかな?

※6/13追記
 8月の上旬に、中学3年生が出場できる市内大会(あるいは市総体)を開催する計画があるようです。まだ未確定情報ですが、島内3市ともに計画があるみたいです。本当なら、嬉しいニュースですね。そういう大会がないままに引退してしまうのは可哀想だと思い、私も何かイベントを開こうと思ったのが、この企画でした。
 南あわじ市の中学総体は、8/8~10に開催されるみたいなので、日程が被ってしまいそうです。

 というわけで、高校生の皆さんも含め、この企画について、ご意見をどしどしください。人数が集まったら、開催しようと思いますので。南あわじ市の中学生は、参加できそうにありませんが、その他の地区の方、なにか要望があれば、連絡を待ってます。

※6/17追記
 OB,OGの皆さんからの反応があまりないので、とりあえず、現時点では、次の予定で考えておきます。中学生は、市内大会等が開催されそうで忙しいみたいですね。社会人、大学生、高校生は、都合がついたら参加したいという人もいますが、コート4面使うほどは、必要なさそうな気がします。

ということで、8/10(月)の計画は、次のとおりとします。

8/9(日)の洲本ジュニア杯が、天候不良などで延期になった場合は、8/10(月)に順延とします。コート1面は、OB,OG交流戦に使用します。

8/9の洲本ジュニア杯が、無事に開催できた場合、8/10(月)は、OB/OG交流戦と、ジュニアの練習試合を計画したいと思います。練習試合は、上級、中級クラスのメンバーに参加してもらいます。先輩達に胸を借りたり、島内クラブや、交流のある友好クラブをお誘いしようと思います。OB/OGの参加数が多ければ、練習試合にお誘いする人数を減らさなければいけないので、8/10(月)に参加したいOB/OGは、確定でなくても良いので、できるだけ早く、連絡をください。よろしくお願いします。 

2020年6月14日 (日)

日焼けで痛い!!

 今日の天気予報は、午前中、曇りの予報でした。しかも、朝まで降り続いた雨でコートは使えないかもと予想していました。体育館練習になるかなと思い、簡易ネットも準備万端で、会場へと向かいました。

 朝9時の時点では、少し水たまりもありましたが、なんとか使えると判断し、屋外での練習をスタートしました。いつの間にやら、晴天になって、強い紫外線が、私の白い肌に降り注ぎます。まさか、そんな天気になるとは予想しておらず、UV対策のアンダーウェアを着てこなかったので、無防備でした。(涙)練習から帰ってきたら、腕も足も真っ赤っか、肌がピリピリして痛いです。皆さんもお気をつけくださいね。

 さて、今日の練習ですが、前半は、4スタンスのタイプ別にわけて、運動の基礎や、軸の意識の仕方などを指導しました。前足軸で歩くAタイプ、後ろ足軸で歩くBタイプの話や、ダッシュするときの軸足の話、また、エアーなわとびを全員にしてもらって、なわの回し方の違いなども確認しました。

Dsc_2359
↑手前の3列は、後ろ足軸にするBタイプ、奥の2列は、前足軸にするAタイプです。

Dsc_2360
↑Aタイプは前足軸を作ってジャンプ、Bタイプは後ろ足軸を作ってジャンプをする練習をしています。

 エアーなわとびは、初めてやってみたんですが、Aタイプ、Bタイプの特徴が出ていて、なるほどなって思いました。まだ、身体をうまく使えていない子も多かったんですが、こういう基本的な動作(立つ、歩く、走る、跳ぶ)を指導するのも、大きく育てるためには必要なことだと確信しました。

 Aタイプは、脇を締めて、肘を支点にして、手首を柔らかく動かしながらなわを回すのですが、Bタイプは、脇を少し開けて、肩を支点にして、肘を回しながらなわを回します。こういった違いも、テニスのフォームに直結してくるので、本当に面白いと思いました。

★勘の良い子と勘の悪い子の違い

 運動神経は、勘が良い子なのか、あまり良くない子なのかを判断できるものでもあります。動きのイメージが沸きやすい子なのか、そうでない子なのかと言い換えることもできます。

 勘の良い子、センスのある子というのは、自分がどう動けば良いかと簡単にイメージできる子なのです。

 例えば、フォアストロークを打ってみようというとき、ラケットを持ってこう振ってボールを飛ばすという動きが頭の中で完成しています。ラケットの面にボールを当てて身体をくるっと回転すればいいのだと単純にイメージができているのです。指導者の動作をすぐに真似できるわけです。

 でも勘の悪い子の場合は、その動作をややこしく解析して変換してしまうようです。一連の動作の流れではなく、余計な動きを付け加えてしまったりして、頭が混乱してしまうので、スムーズに打てるはずがありません。第三者的な感覚を持てない子は、スポーツや運動が上達しないのです。

 我々指導者の役割というのは、指導する動作を、できるだけ簡単に伝えるということが重要なのです。これがとても難しいんです。教える側は、簡単なことだと思って教えても、子供達はできないわけですから。どうすれば、わかってもらえるのかな~って。

★勘の良い子ばかりではない

 うちのクラブでテニスを楽しんでいる子達は、勘の良い子よりも、どちらかというと勘の悪い子が多いです。勘の良い子なら、いちいちあれこれ教えなくても、自分に合ったベストなフォームを自然に見つけて、打てるようになってしまいます。そんな子も、少数いますが、まれですね。自分の身体の個性、例えば、右きき、左ききなんていうのは、教えられたモノではなく、赤ちゃんの時から、自然に自分で利き手を選び、生活してきたはずです。

 4スタンス理論というのも、生まれつき持った身体の個性を、より活かす方法なので、自分で気づけていなかった個性を、気づかせてやる。そうすることで、より自分の身体パフォーマンスを高めてもらおうという目的で、指導の中に取り入れているわけです。

 もっとボールを打たせて欲しいと、感じているかもしれないのですが、このジュニアの成長期だからこそ、自分の個性を深く知り、それをもっと高めていくトレーニングには、価値があると思っています。

 先月から、今月にかけて、3~4回の練習は、大変貴重なトレーニングになったはずです。きっと、この知識とトレーニングが、役に立てる日がくるはずなので、家でも何度も復習しておいてください。何度か、練習欠席だった子は、本当に残念だと思いました。貴重な週1回の練習のなかで、これほど時間を割いて4スタンス理論を指導できる機会もそうありませんから、もっと詳しく指導して欲しいという場合、個別にご相談ください。私の整体院では、子供向けの個別レッスンも行なっております。


 基本ストローク練習では、4スタンスのタイプ別にリズムの取り方、打点の位置なども、再指導しました。最近、取り組みを強化した練習なので、もう少し、続けてみようと考えています。

 そして、洲本ジュニア杯夏の陣に向けて、4ペアずつ、3つのグループに分けて、指導しました。上中級者グループ、初級者グループ、超初級者グループという分類です。

 私は、初級者グループを惣田コーチといっしょに指導し、一人一人の個別指導に力を入れました。ここのグループは、それぞれ結構上手になっているのですが、それぞれに悪い癖がありますから、そこを重点的に修正すべく頑張ってもらいました。かなり修正できたと思うので、あとは、個々の反復練習ですね。早く上級者達のグループに入ってもらいたいです。

 超初級者グループには、岡本コーチ、森本コーチに加え、まさえコーチにも入ってもらいました。一番大切で難しいのは初心者指導ですから、苦労の多い指導になります。声が小さい、ボール拾いにがて・・・など、指導者のストレスも半端じゃないと思うのですが、コーチの皆さん、いつも頑張っていただいております。「勘の良くない子」が一番多いグループでもあるので、とにかく根気強く、指導していくしかありません。この子達が、元気に楽しくテニスできるよう、そして、上のグループに上がれるよう、これからもよろしくお願いします。でも、そろそろ自分達で試合ができそうなくらい上達してきたので、洲本ジュニア杯では、子供達のペアを作って試合をしてもらおうと思っています。

 上級者、中級者グループは、松田コーチ、中川コーチ、長瀬コーチ、平岡コーチに指導してもらいました。熱の入った良い練習ができていたと思います。最後の30分は、私が、前衛練習の指導も行ないました。現在、前衛練習しているのは2名です。もっと、時間をかけて指導しなければいけないですが、センスのある2人なので、この調子で頑張っていきましょう。


Cimg9629 Cimg9628 Cimg9627 Cimg9626 Cimg9625

 皆さん、大変日差しの強い中、今日もご苦労様でした。汗びっしょりになって、子供達もコーチも、頑張ってくれました。また、来週、元気に集まってください。

2020年6月13日 (土)

ギャラクシード300とジェットストーム500

300
500_20200613023101

 ダンロップさんから、昨年発売されたギャラクシード300S/300Vと、新製品ジェットストーム500S/500Vを、試打用にお借りすることが出来ました。3月末の話です。(ギャラクシード100S/Vと、ジェットストーム200S/Vは、小学生向きじゃないので借りていません。)

 4月にいっぱい打たせてもらおうと思っていたら、すぐに新型コロナで練習ができなくなり、やむを得ず、せっかくお借りしたラケットを返却しました。私やまさえコーチは、いくらか打ちましたし、子供達も数名は、試打することもできました。今回の試打用ラケットは、小学生向けに、重さは軽いUXL、グリップも細めを要望していたので、もっと子供達に打たせてやりたかったと思います。

 ゆうと君は、すでにギャラクシード300を購入して使っていましたし、いちのすけ君は、今回の試打で気に入って、ジェットストーム500Sを、お父さんにおねだりし、買ってもらいました。(^o^) ジュニア用の短いラケットを使っていたので、そろそろ買い替えはちょうど良かったと思います。

 時間をかけて、このラケット達を比較してみたかったのですが、返却してしまったので、簡単に記録を残しておきます。

Cimg0004
↑上から、ジェットストーム500V、500S、ギャラクシード300V、300S 

 全長は、ジェトストーム500Sとギャラクシード300Sが、700mm。
 ジェットストーム500Vとギャラクシード300Vが、690mm。

 重さの軽いUXL(223g)を選ぶと、グリップサイズは、
 ギャラクシード300Sと300Vは、0と1から選べます。
 ジェットストーム500Sも、0と1から選べます。
 ジェットストーム500Vは、1と2。0が選べないので、手の小さい子にはおすすめできません。
 グリップサイズについては、小柄な小学生なら、0が良いと思います。ちなみにまさえコーチも、手が小さいので、0を選んでいます。普通は、オーバーグリップテープを巻くので、0のグリップも、1くらいの太さになりますから。

Cimg0005 
↑左から、ギャラクシード300S、300V、ジェットストーム500S、500V

 ギャラクシード300は、私の好きな柔らかい打球感です。しなり、くいつき感があり、振り抜きやすいラケットでした。まさえコーチは、ヨネックスのネクシーガ70V(トップヘビーにカスタムしたもの)を使っているためか、ギャラクシード300Vの打球感が気に入ったそうです。

 ジェットストーム500は、弾きの良いラケットでした。ギャラクシードよりフレームの剛性が高いので、弾きや反発性に優れています。私は硬めのラケットだと、正直、「痛っ!」という感触で、手首も痛くなって、好みじゃないのですが、ジェットストーム500S/Vは、そこまでの硬さはなく、小学生でも中級者以上なら、充分使いこなせる弾き系ラケットだと思いました。小3のいち君が気に入ったくらいですから、ガットを弱めに張れば、大丈夫だと思いますね。ただ、500Vには、グリップサイズ”0”がないので、そこだけ注意してくださいね。

Tenohira_a Tenohira_b

 このブログでは、何度も書いていますが、4スタンス理論で言うと、指先をメインで使う人(A1、A2タイプ)と、手のひらをメインで使う人(B1、B2タイプ)に分類されます。

 ボールを指先側で当てに行くタイプと、手のひら側で当てに行くタイプがいるということです。

 手のひらの延長がラケットだと、私は考えているのですが、指先で当てに行くA1、A2タイプの人は、ラケットのヘッド寄りで打つ傾向がありますし、手のひらで当てに行くB1、B2タイプの人は、ラケットのグリップ寄りで打つ傾向があります。おそらく、ガットの横糸1本~2本の違いです。

 ヘッドヘビー(先重)のラケットは、スィートスポットがヘッド寄りにありますし、ヘッドライト(先軽)のラケットは、スィートスポットがグリップ寄りにあります。

 ストローク向けと言われるギャラクシード300Sやジェットストーム500Sは、バランスがヘッドヘビーなので、スィートスポットがヘッド寄りにあります。

 ネットプレイヤー向けと言われるギャラクシード300Vやジェットストーム500Vは、バランスがヘッドライトなので、スィートスポットがグリップ寄りにあります。

 手のひら感覚=ラケットの特性であることが、ベストだと思いますから、私は、次のように考えています。

★A1、A2タイプのストロークプレイヤーは?

 ギャラクシード300Sやジェットストーム500Sを、お薦めします。

★A1、A2タイプのネットプレイヤーは?

 ギャラクシード300Vやジェットストーム500Vで、ガットをヨネックスのS張りし、スィートスポットをヘッド寄りにしたもの。(鉛テープを貼り付けて、バランスを少しヘッドヘビーにするのも良いと思う。)

 ギャラクシード300Sやジェットストーム500Sでも、このタイプの人は、ネットプレイヤーができます。(ただし、重さは軽めにする。)

★B1、B2タイプのストロークプレイヤーは?

 ギャラクシード300Sやジェットストーム500Sで、ガットをヨネックスのV張りにし、スィートスポットをグリップ寄りにしたもの。

 ギャラクシード300Vやジェットストーム500Vは、バランスが合っているので、そのままでOKかも。力があるなら、USL(238g) も選択できます。

★B1、B2タイプのネットプレイヤーは?

 ギャラクシード300Vやジェットストーム500Vを、お薦めします。

注)A1,A2,B1,B2タイプというのは、4スタンス理論で分類したタイプのことです。わからない方は、4スタンス理論を勉強してください。


 これらは、メーカーやテニス専門店の意見ではなく、私の経験に基づく個人の見解ですから、信じるかどうかは、お任せします。(^o^)

 ダンロップさんだけじゃなく、ヨネックスさんも、ミズノさんも、後衛さんは、Sモデル、前衛さんは、Vモデルを選ぶようにと言っています。ヨネックスさんでは、後衛さんにはガットの張り方で、S張りを推奨。前衛さんには、V張りを推奨しています。

 ところが、実際どうですか?後衛でもV張りの方が合う、前衛でもS張りの方が合うというケースが、多々あるようですね。ラケットのSモデルとVモデルも同様。後衛でVモデルを好んで使っている人もいますね。

 それらの疑問、4スタンス理論で考えると、妙に納得できたりするもんです。(^o^)


 最後に、私も体力の衰えに合わせ、上級者向けより、中級者向けラケットが使いやすいと考え、ギャラクシード300S 重さUSL(238g) グリップ1を購入しました。せっかく買ったのに、テニスコートで打つことなく、2ヶ月我慢していましたが、ようやくコートで初打ちできました。

 私好みの柔らかい打球感、ばっちりだったとご報告しておきます。



2020年6月 8日 (月)

有名選手タイプ診断第4弾(4スタンス)

2

 つい先日、ソフテニトークLIVE「雁行陣とダブルフォア-ド」というのを視聴しました。最近、Zoomを使ったこのようなYouTubeライブ配信が増えてきたようです。

 有名選手の生の声なんて、なかなか聞くことが出来ないので、ありがたいことだと思います。いろんな裏話が聞けて、とても面白かったです。

 また、YouTuberのまさとさんがライブ配信された番組も視聴しました。

4

 これもまた、私が応援している(というか単なるファンです)ワタキューの石井友梨選手や、ダンロップの大槻麗選手が出ておられて、とても面白かったです。

 世界最小最強の前衛と言われる石井選手の握力が、20kgfしかないというのは衝撃的でした。これくらいの握力でも、上手に力を入れれば、すごいボレーができるということです。

 また、石井選手が早稲田大学在学中に、練習は誰よりも遅くまで残って練習していた話や、後輩だった大槻麗選手は、石井先輩が帰らないから、先に帰るわけにはいかないと思って、居残り練習を頑張っていた話など、今だからこそ聞ける話が盛りだくさんでした。


 どちらの番組も、内容が素晴らしかったのですが、マニアである私は、これを見ながら、各選手の4スタンスのタイプチェックをしていました。何気ない無意識の動作から、タイプが診断できるからです。

 第3弾でA2と診断したNTT西日本広島の丸中選手は、間違いなくパラレルタイプ(A2かB1)であることがわかりました。無意識に拍手している時、両手のひらをまっすぐ合わせているんですよ。これは間違いないですね。

 それと、日本体育大学の篠原監督さんですが、実は、私は以前から、B2タイプじゃないだろうかと推測していたんです。自信はなかったんですが、このLIVEでの篠原さんのしぐさから、B2タイプの予想は、かなり確信に変わりました。(^o^)  間違ってたらすみません。

6

 次に第3弾でB2と診断した船水勇太プロですが、上画像のように、無意識に拍手するとき、両手のひらを斜めに叩いていました。しかも、手のひらどおしが深く当たるような拍手です。これは、たぶんB2タイプで間違いないでしょう。

5

 石井友梨選手は、手のひらをまっすぐに合わせて拍手されていました。これは、パラレルタイプ(A2かB1タイプ)で間違いなさそうです。途中で、水分補給する姿も拝見したのですが、その時は、脇を締めたまま、飲まれていました。このことから、石井選手は、A2タイプじゃないかと診断しました。

2020年6月 7日 (日)

いよいよ練習再開!

Cimg9619
↑体験入部2名を加え、初級者メンバー練習中


 今日から、合同練習をテニスコートで再開することができました。まだまだコロナは油断できない状況ですが、元気な子供達に会えて、嬉しかったです。本当に練習して良いのかという不安な気持ちもあります。子供達の安全はもちろんですが、我々、大人達も、もし感染してしまったら・・・とか。とにかく、お互いに注意して、練習が続けられるように頑張りましょう。皆さんのご協力をお願いいたします。

Cimg9618

 では、まず明るいニュースから。今日から、強力な助っ人コーチが来てくれました。詳細は、部内連絡LINEでお知らせしたとおりです。都合がつく時は、練習に参加してくれることになりました。いっしょにたくさん打ってくれると思いますから、皆さん、いろんなことを先生から教えてもらいましょう。

Dsc_2349

 早速、乱打の相手やゲーム練習にも参加していただき、アドバイスもいただきました。先生、今後とも、よろしくお願いします。

Cimg9616

 上級者達は、2ヶ月ぶりの練習だったのに、結構打てていました。自宅練習や親子練習など、頑張っていたことが良くわかりました。

Cimg9615

 少し気になったのは、ボール拾いのダラダラ感かな。上級生達には、お手本になるような動きが欲しいところですね。コーチのカゴのボールが、何度も空になって、ボールの催促をされていたところが気になりましたよ。がんばれ!上級生たち!

Dsc_2341

 Bコートは、主に惣田コーチが指導してくれました。着実に上達しているようです。

Dsc_2336
↑良い構えですね。(B1タイプのりこちゃん)

 Bコートのメンバーでは、りこちゃんと、ことちゃんを、マンツーマンで指導しました。素振りの動画を送ってもらって、指導しておきたいことがいくつかあったからです。すぐにはできるようになりませんが、今日のアドバイスを忘れないように、繰り返し練習して欲しいと思います。

Cimg9620

 2ヶ月前にも体験入部に来てくれた年長さんです。もう、結構打ててます!(^o^)
 ゆめちゃんの弟君も体験入部に来てくれて、かなりの腕前でした。楽しみな2人です。

★4スタンスのタイプ診断

 以前から、部員のタイプ診断を実施してきましたが、ほぼ終了しました。今日欠席だったゆいのちゃんは、後日、実施予定。

 A1タイプ(つま先・内側重心、クロスタイプ):4名
 A2タイプ(つま先・外側重心、パラレルタイプ):6名
 B1タイプ(かかと・内側重心、パラレルタイプ):9名
 B2タイプ(かかと・外側重心、クロスタイプ):4名


 上級者コートの8名には、タイプ別に速く走る為のアドバイスと前足軸、後ろ足軸を意識する練習をやってもらいました。つまり、前重心になるAタイプの子には、前足に重心を乗せて蹴る練習を。後ろ重心になるBタイプの子には、後ろ足に重心を乗せて蹴る練習をやりました。

 この指導は、もう少し発展させて、狭いコートの中で素早くダッシュできるように鍛えていきたい考えています。次は、全員でやらせたいですね。

 ちなみにコーチのタイプは、次のとおり。

A1タイプ:監督、岡本コーチ、まさえコーチ、ゆかコーチ
A2タイプ:惣田コーチ、平岡コーチ
B1タイプ:松田コーチ、長瀬コーチ、中川コーチ
B2タイプ:増井コーチ、森本コーチ

2020年6月 3日 (水)

2ヶ月ぶりのテニスコートだ!

 いよいよ6/7(日)から、テニスコートでの練習を再開することになりました。

 そこで、私も試運転しておきたいと思い、今日は、テニスコートで練習してきました。仕事の都合もあり、夕方のたった1時間しか練習できなかったんですが、2ヶ月ぶりのテニスは、とても楽しかったです。久しぶりすぎて、最初は、ボールが安定しなかったんですが、だんだん調子が良くなってきて、いい感じの試運転となりました。

 練習パートナーは、まさえコーチ。仕事が終わった後で、付き合ってもらいました。彼女も2ヶ月ぶりのテニスだったので、最初はミスりまくりでしたね。(^0^) 練習していないと、こんなにひどくなってしまうのかと、コツコツ努力することの大切さを思い知りました。




 自分のストロークとか、サーブとか、久しぶりに動画で撮影してみました。日頃から、自分が動いてテニスしていないので、人様にお見せできるものではないのですが、55歳の現在を動画で残しておこうと思います。

 特に、サーブについてですが、肩関節や肩甲骨の可動域が年齢と共に硬くなってきて、動画で見ると、情けない限りです。私はA1タイプなので、関節は硬いですが、それなりに柔らかいフォームにも見えますが、肩関節と肩甲骨の動きが悪すぎますね。もっとラケットヘッドが背中の下まで落ちてくれたら良いのですが、これではお手本にはなりませんね。すみません。

 トスアップした後のカラダのひねりは、悪くありません。また、ジャンプの姿勢も年齢にしては、いい感じかも・・・。

Snapshot_65 Snapshot_57
↑しっかりひねることで、パワーをためています!

Snapshot_59 Snapshot_58
↑もっとラケットヘッドが背中の下まで落ちると良い。(肩や肩甲骨の可動域が小さい!)

Snapshot_64 Snapshot_56
↑しっかりジャンプして、高い打点でインパクトしている。




 良い所と悪い所が混在したサーブですが、参考にしてください。55歳の油ぎれサーブです。(^0^)


2020年6月 2日 (火)

有名選手タイプ診断第3弾(4スタンス)

4stance
 
 皆さん、毎度です!

 昨日、テレビのニュースを見ていたら、大阪の夜の街、ミナミのバーなどを経営している方達の会議が話題になっていました。コロナ対策として、”ミナミモデル”を作って日本中に発信していこうという話でした。

 それによるとですね。

 ”感染しやすい50歳以上は、入店お断りにしよう!!”

 とか、案になっていました。

「まじか!55歳の私は入店できないじゃないか?(笑)」

 まあ、健全な生活を送っているので、ずいぶん長い間、ミナミで飲んだことはありません。今後も、たぶん、都会で飲み歩くことはないと思うので、関係ないでしょうね。田舎のおっちゃんですから。( ´∀` )

 しかしながら、コロナに感染して、いつ死んでしまうかわからないので、この洲本ジュニアのブログには、いろんなことを書き残しておきたいと考えるようになりました。いろんなことを書きますが、間違っていることもあると思いますから、参考程度に読んでいただければ幸いです。もし、話題にしたご本人様の目に触れることがございましたら、正解を連絡いただければ、嬉しく思います。

★丸中大明選手と、船水雄太選手の4スタンス診断

 まさとさんのYouTubuチャンネル「まさとのセカチャン2nd」で、お2人のグリップの握り方を説明していました。

丸中選手と船水雄太選手にグリップの握り方について聞いてみた 
https://youtu.be/B7QIA_BwGK4

 この説明から判断すると、丸中選手は、パラレルタイプ(A2タイプかB1タイプ)の可能性が高いかも、船水雄太選手は、クロスタイプ(A1タイプかB2タイプ)の可能性が高いかもと推測しました。

 ハンマーグリップを使う選手は、パラレルタイプが多いという理由です。クロスタイプの人は、まずハンマーグリップで持ちませんね。違和感ありすぎだからです。

 じゃあ、ストロークとかじっくり見させていただきますね。

丸中選手と船水雄太選手の逆クロス乱打(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/0kM4IaPgAas

丸中選手と船水雄太選手のクロス乱打(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/CEMVL5Wqb_M

NTT西日本広島 丸中選手の乱打(76msさんのチャンネルより)
https://youtu.be/CW7McCAvr3c


船水選手直伝!フォアハンドの体重移動のポイント・・・(まさとさんのチャンネルより)
https://youtu.be/hJjnJbzlErY


NTT西日本 船水雄太選手の乱打(76msさんのチャンネルより)
https://youtu.be/KEWo2W6SqGc


2017年全日本シングルス 船水雄太VS丸中大明(naoyeah323さんのチャンネルより)
https://youtu.be/bDqQz7qwRp0



 フォームだけを見て、4スタンスのタイプ分析をするのは、なかなか難しいものはありますが、次のように診断させてもらいました。

丸中大明選手 ⇒ A2タイプ (パラレルタイプは間違いないと思うが、もしかすると、B1)

 体幹をひねらずに打つところや、脇を締めて伸びあがりながら、コンパクトなスイングをするところ、また、左手でのボールの持ち方(まっすぐ指先で持っている)など、A2タイプ(つま先、外側重心)だろうと思います。

船水雄太選手 ⇒ B2タイプ (クロスタイプは間違いないと思うが、もしかすると、A1)

 しっかり、重心を後ろ足に乗せて体幹をひねってテイクバックするところや、低い姿勢で、あまり伸び上がらずにスイングするところ、また、左手でのボールの持ち方(手のひらでななめに持っている)など、B2タイプ(かかと、外側重心)だろうと思います。
 弟さんである船水颯人プロもB2タイプですが、兄雄太さんの方が、フォアの時、軸を倒しすぎているようにも感じます。


 もし、ご本人がご覧になったら、ぜひ、何タイプか正解をご連絡ください。私たちが指導している子供たちには、同じタイプの上手な選手の真似をするように教えたいので、正解が知りたいです。よろしくお願いします。

 また、このブログをご覧になった方で、4スタンス診断をして欲しい選手がいれば、気軽にコメント欄に書き込んでください。お待ちしております。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック