洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 今日は、中3生の引退試合! | トップページ | 第9回洲本ジュニア杯夏の陣 »

2020年8月 9日 (日)

たいき、よしとも、ぎんが君お疲れ様でした!

 今日の私は、姫路市で開催された兵庫県小学生ソフトテニス連盟の会計監査と役員会に出席していたので、中学3年生達の最後の勇姿を観ることができませんでした。

 今年の中3は、洲本ジュニアを巣立った3名が、各市単位で行われた総合体育大会(引退試合)へと出場しました。

 保護者からの連絡や、観戦されていた一宮ジュニア監督さんから連絡によると、たいきくん(三原中3年)と、ぎんが君(岩屋中3年)が、力を出し切って、南あわじ市と淡路市で、個人戦準優勝をされたようです。おめでとうございます。

 たいき君は、洲本ジュニア出身の2年生まさし君とのペアでした。まさし君、よくぞ先輩を盛り立てて、準優勝してくれましたね。南あわじ市の準決勝戦では、ファイナルゲームの接戦を制して勝ち上がったようです。準々決勝では、南淡中2年のごろう君(洲本ジュニア出身)と対戦し、これもファイナルゲームの接戦で勝ち上がりました。まさしく、3年生の意地というか、キャプテンの意地というか、りっぱだと感動しました。

 逆のゾーンでは、洲本ジュニア出身の2年生、りょうすけ君・ゆうた君ペア(三原中)が、準決勝戦で、西淡中の3年生ペアにファイナルゲームで負けてしまいました。願わくば、決勝戦で、たいきキャプテンと対戦して欲しかったですね。

 こうして結果を見てみると、南あわじ市は、洲本ジュニアから育った子達が、大活躍しているようで、本当に嬉しく思います。団体戦も、たいき、まさし、りょうすけ、ゆうた達がいる三原中が優勝したと聞きました。去年の三原中は、たかひろキャプテン(洲本ジュニア出身)が頑張って県大会に出場しました。今年もたいきキャプテンが頑張ってくれました。全淡大会も県大会もない年になってしまいましたが、この悔しさは、きっと後輩達が晴らしてくれるでしょう。

 私が大好きなよしとも君の結果が、残念なことになっていましたが、それも彼らしいかもわかりません。ソフトテニスは、生涯スポーツです。よしとも君、できれば高校でもソフトテニスを楽しく続けてくださいね。それから、洲本ジュニアの練習にも顔を出してください。すっかり衰えた私の乱打相手でもしてください。どうか、よろしくお願いします。とにかく、今日で引退だと思うので、よしとも君、ひとまずは大変お疲れ様でした。

 ぎんが君の情報は、まったくわかりませんが、結果だけ、観戦した方から聞きました。最後は優勝して欲しかったですが、あなたは最高のパワーボールが打てる人ですから、高校生になっても、ソフトテニスを続けて、高松ゆうや先輩を越えるような選手になってください。これからも、応援しています。

 中学2年生達は、淡路市、洲本市、南あわじ市で、たくさんソフトテニスを続けています。ほとんど情報が届いていませんが、2年生や1年生は、まだまだこれからですね。皆さんのご活躍が、私やコーチ達のモチベーションになっています。

 良い結果でも、悪い結果でもかまいませんから、気軽に監督まで、連絡してくださいね。LINEでもメールでも、電話でもハガキでもいいですよ。1回戦で負けたっていいんです。ソフトテニスを続けているって聞くだけで、私は嬉しいです。


 そうそう、私は、8/1~2にかけて、田舎の徳島県阿南市に帰省してきました。目的の1つは、40年ぶりに会う中学時代の軟式庭球部の仲間達に逢うことでした。ライバルだった隣の中学校の子とも再会することができました。

 中学時代のライバルには、市内大会でいつも準決勝で負けていたのです。私は、中学時代、いつも市内大会3位でした。県大会では5位になったこともありましたが、いつも負けてしまうライバルが市内にいました。

 私は中学時代、人の2倍くらい練習していたと自負していますが、40年ぶりにライバルと会って、その時の話を聞いたのですが、彼らは人の3倍くらい練習をしていたということがわかりました。上には上がいたんですね。能力の違いもありましたが、練習量も違うのですから、負けて当然ですよね。

 うちの中学は、徳島の県南では一番大きなマンモス校で、当時、女子は軟式庭球部が強くて、全国3位になったりしていました。男子はというと、顧問の先生が毎年交代するというクラブで、コートで顧問の先生を見ることはなく、ほったらかしの男子軟式庭球部でした。

 私は、ライバル校は、きっと熱心な顧問の先生がいたのだろうと、今まで思っていましたが、そうでもなかったみたいです。うちの中学校よりは、ずいぶんましだったみたいですが、想像するほどではなかったみたいです。彼らのやる気と努力で、素晴らしい結果を残したと言うことが、40年も経って、知りました。私は、高校から香川県に進学したので、その後は公式戦での交流がなかったですが、ライバルだった彼らは、地元の進学校に進学して、軟式庭球も頑張って、結局、徳島県高校総体個人戦で優勝し、インターハイへと出場することになったのです。

 洲本ジュニアを巣立った子達に言いたいのは、中学で部活で活躍できるか否かは、たしかに顧問の先生の実力によるところが大きい。誰に指導してもらうかは、はっきり言って運です。でも、顧問がやる気なかったとしても、頑張るのは自分達です。今の時代は、ソフトテニスを勉強する方法がたくさんありますから、頑張れば、必ず上手になれますし、活躍することもできると思います。

 自分が納得できる結果を残すことが、一番の目標だと思います。与えられた環境で、精一杯頑張れば、きっと満足するような結果が出せるはずです。まずはソフトテニスを楽しむこと、もっと楽しむ為には、一生懸命、練習することですね。

 勝ったか負けたかも気になりますが、どれだけ楽しめるかが一番大事だと思いますよ。中学、高校と、生涯の友を作ってください。一生の宝となりますから。

« 今日は、中3生の引退試合! | トップページ | 第9回洲本ジュニア杯夏の陣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は、中3生の引退試合! | トップページ | 第9回洲本ジュニア杯夏の陣 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック