洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 挨拶と返事は基本です! | トップページ | 逆足オープンストローク »

2020年9月13日 (日)

ナチュラルスピンサーブ

 今朝の全米オープンで、大坂なおみ選手が、2年ぶりの優勝を果たしました。グランドスラムの優勝としては、全米2回、全豪1回ですね。

 夕べからワクワクしてあまり寝られず、早朝からTV観戦していたので、今日は超がつくほどの寝不足でしたが、素晴らしい試合を観させていただきました。

 準優勝だったアザレンカ選手は、1セット目のファーストサーブの確率は、なんと95%!ストロークも完璧で、大坂なおみ選手は右に左に走らされ、G1-6でアザレンカ選手に獲られてしまいました。手も足も出なかった1セット目でしたね。今日は、勝てないだろうと思わせる出だしでした。

 2セット目から少しずつ流れが変わってきて、大坂なおみ選手は攻めに転じていきます。1セット目のファーストサーブの確率は悪かったのに、2セット目になると77%まで調子を上げてきて、ストロークでも攻勢に転じていきました。よくぞ、持ち直したと思いましたね。

 流れに乗って、3セット目は常に先行し、大坂なおみ選手らしいテニスで、見事な優勝を勝ち獲ってくれました。

 優勝セレモニーで、大きな日の丸の旗が出ているというのは、日本人として嬉しく、目頭が熱くなりました。

 やっぱり、テニスはサーブが大事だなと実感したので、今日の練習でも、オーバーハンドサーブの指導をすることにしました。

 トップスライスサーブと指導しておりますが、私の指導するトップスライスサーブというのは、先日もご紹介した堀内昌一先生が提唱している”ナチュラルスピンサービス”がベースになっています。

 先日もご紹介した本にも詳しく説明がありますが、今日のところは、基本的な部分を中級者以上の子に指導してみました。

Cimg9865
↑クリックすると拡大します!詳しくは、堀内先生の著書を買って勉強してください。


 体の向きと、ラケットを振る方向は、ボールを打ち込む方向ではありません。右斜め上方向に仮想コートをイメージしてみましょう。

Cimg9866

 正しい腕の角度や腕の動かし方について、この本のやり方で、指導してみました。

Cimg9867

 今日の練習では、指導し忘れましたが、右斜め上に向かってボールを投げる練習をします。
 最後にラケットをかなり短く持って、ボールにナチュラルスピンを掛けるための動きを練習しました。

 ほとんどの子は、スライスサーブのコツが理解できていなかったのですが、今日の練習で、コツをつかみかけている子が増えたように思います。ただラケットを振るだけじゃなく、理論、理屈も理解してくれたら、もっと上達が早くなると思います。頑張ってくださいね。

Cimg9856
↑初級者クラスも、コーチが丁寧に教えてくれました。

Cimg9857
↑大坂なおみ選手の優勝の原因は、フットワークの向上にあったそうです。
軸がぶれないように素早く動けるように練習を繰り返したそうです。

 我々も、こうしたトレーニングは、大事にしていきたいですね。

Cimg9858_20200914034101
↑初級者クラスにバックハンドストロークを指導してくれています。

Cimg9859
↑セカンドサーブを想定し、深くレシーブする練習をしています。

Cimg9861
↑セカンドサーブを深くレシーブし、自らネットにあがり、相手のレシーブをボレーやスマッシュして、自ら決めるという練習をたくさんやりました。
Cimg9863
↑初級者クラスも、上達が早く、びっくりしました。

 新しいメンバーも増え、競争意識が芽生えてきたようです。(^o^)

 大変良いことだと思います。監督やコーチのアドバイスを忘れないように、しっかり練習してください。

 皆さん、今日も1日、ご苦労様でした。




    

« 挨拶と返事は基本です! | トップページ | 逆足オープンストローク »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 挨拶と返事は基本です! | トップページ | 逆足オープンストローク »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック