洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« ナチュラルスピンサーブ | トップページ | 有名選手タイプ別診断第5弾(4スタンス) »

2020年9月15日 (火)

逆足オープンストローク

 先々週の練習で、ショートボールを走り込みながら、逆足オープンストロークで打つという練習をしました。覚えているでしょうか。

 日曜日の朝、全米オープン決勝での大坂なおみ選手が、何度もこのストロークで打ち込んでいたので、TV画面を撮影してみました。このように、ツイストなどで攻められた短い球を、走り込みながら打ち返すことができたら、ピンチをチャンスに変えることができますね。

 右ききの選手で説明すると、右足を前にして捻りを作りテイクバック、勢いを止めずに、そのまま捻り戻しながらラケットを振ります。膝より低いボールだと、ラケットの縦面を使って下から上にコンパクトに振り抜くと綺麗にスピンがかかって、ベースライン深くに打ち込むことができます。

 この動画を参考にして、皆さんも、繰り返し練習をしてください。



 2014年9月17日のブログでも、同様の話題を書いていました。このときも全米オープンで、セリーナ・ウィリアムズ選手が優勝した時の動画を紹介していました。ここにも、再度、掲載しておきますから、参考にしてください。



 『止まって打ちなさい!』という指導も、良く聞かれますが、『動きながら打つ!動きながら打てる!』ということも、非常に大事なことなのです。

Dsc_01441
2020年全米オープンで2年ぶり2回目の優勝を果たした大坂なおみ選手と、準優勝のアザレンカ選手。

« ナチュラルスピンサーブ | トップページ | 有名選手タイプ別診断第5弾(4スタンス) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させていただいております。50半ばの中二男子(前衛)の父です。息子がソフトテニス部に入部してから部活以外での指導をしています。(テニスコーチとして10年活動してました。基本フォアハンドとサービス中心の指導です。その他はソフトテニス指導者に指導してもらってます。)息子は、身長は高いのですが、体重もあるためフットワークが悪く普段のストロークから逆足オープン、セミオープンで指導しました。私がコーチをしていた25年前からある技術で当たり前のように教えていたのですが、ソフトテニスでは、否定の技術のようで外部の練習会では常に直すように言われてしまいます。私自身かなり悩んでいます。息子は納得して続けていてくれるので助かるのですが、、、軸移行するクローズやスクエアではベースラインから2メートル下がって打つことが基本となるので前衛を中心とするプレーヤーにはこちらの方がかなりネットに近づく動作しやすいと感じます。ライジングもクローズやスクエアより打ちやすいですし、、、実際ストロークでも速くドライブのきいたボールが打てています。小中学生でもシングルスやオールラウンドプレーをする機会が増えると思うので早くこの技術がソフトテニスの世界に広まる様に願うばかりです。尾上胡桃選手などはかなり近いフォームで打っていますので選手の方から指導者に広めてほしいと思います。私はソフトテニス否定派ではありません。こういった技術を硬式の技術と片付けずに取り入れて指導してほしいのです。日本発祥のソフトテニスですから日本の選手が全ての種目でトップに君臨してしいと願うばかりです。これからも良い技術は取り入れていただけるように発信してください。よろしくお願いいたします。

ラッピー様
当ブログをいつも観ていただきありがとうございます。
ソフトテニスの指導は、私の道楽というか、ボランティアで続けています。多くの素晴らしい先人の知恵を借りながら、下手なりに一生懸命教えているのですが、現時点で、これはいいなと思ったことは、積極的に取り入れているつもりです。

硬式の技術は、参考になることが非常に多く、これからも勉強していきたいと思っております。

ソフトテニス界にも、新しい技術がどんどん導入されてきているので、ますます進化していくのではないでしょうか。

息子さんの指導をしながら、親子で楽しくソフトテニスを続けてください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナチュラルスピンサーブ | トップページ | 有名選手タイプ別診断第5弾(4スタンス) »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック