洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

ふれあい大会

 今日は、神戸総合運動公園で、ふれあい小学生ソフトテニス大会が開催されました。
 コロナ禍でもあり、今年に限り、6年生大会となったため、出場者は大変少なく、当クラブからは、男子2ペア、女子1ペアが出場しました。

 6年生はもっといるのですが、いろんな事情で参加したくてもできなかった子がいたのは、可哀想だったです。その子達の分まで、出場した3ペアは頑張ってくれました。

 ただ、やはり6年生大会ですから、上手な選手が多く、簡単には勝たせてもらえませんでした。ゆな・あやかペアと、げんと・しゅうがペアは、予選リーグで1勝1敗。ゆうと・ゆうやペアは、予選リーグで2敗。全ペア、予選突破はできなかったのですが、来週の県秋季大会に向けての課題がわかったことが収穫でした。

 あと1週間しかないので、逆にやることは決まりました。しっかり調整して、本番を迎えたいですね。

Dsc_0292 
↑男子の部 表彰式

 ここに、うちの選手はいませんが、いつかはここに残れる選手を育てたいものです。


 今日の大会は、昼過ぎから、コートが空いてきたので、練習用にコートが開放されました。これは、幸いってことで、うちのチームは、センターコート(1コート)を貸し切り状態で、練習をすることができました。


Dsc_0287
Dsc_0288
Dsc_0291

 長瀬コーチ、まさえコーチを相手に、実戦を想定した練習を繰り返しおこないました。

 コーチの方が、ふらふらになっていたと思いますね。お疲れ様でした。

2020年10月26日 (月)

必勝祈願シリーズ第3弾♪

 徳島に進学したOBの活躍を先日ブログに書きましたが、兵庫県のジュニア、中学校、高校の県大会は、今週末と来週末に開催されます。

 どの世代のOB,OGも、コロナ禍で充分な練習ができなかったと思いますが、自主練習などを必死でおこなって来たようで、しっかりと上達しているようです。淡路地区の中学新人戦、高校新人戦では、OB,OG達の大活躍で喜ばせてもらいましたから、県大会での更なる活躍を期待しているところです。本当に楽しみですね。

 ジュニア達の県大会での活躍と、OB,OG達の県大会での活躍を願い、今日は、諭鶴羽神社へ必勝祈願に行ってきました!!(^o^)

 いざなぎ神宮、おのころ神社に続き、必勝祈願シリーズ第三弾となります。

 諭鶴羽神社というのは、ゆずるは山の山頂付近にありますから、気軽にいける神社ではありません。洲本ジュニアは、10年間、ゆずるはダムのテニスコートがホームコートでしたから、諭鶴羽神社の神様は、うちの子供達の成長を山頂からずっと見守ってくれていたに違いありません。

 この諭鶴羽神社は、フィギュアスケートの羽生結弦さんが、複数回お参りに来られている神社でもありますから、きっと強い力で子供達の勝利に力をお貸しいただけるもの信じております。

Cimg9912
↑1月以来の参拝です。いつ来ても、道のりは険しく、対向車が来たらどうしようとドキドキしながら登ります。

Cimg9914_20201027122701

Cimg9921_20201027122701
↑山頂は、やはり寒かったです。

Dsc_0276

Dsc_0277

↑洲本ジュニアの必勝と、OB,OGの必勝を、2枚の絵馬に書いて、祈願しました。

Dsc_0278
↑護摩木にも書いて、祈願してきました。

 

 あとは、選手の皆さんの頑張りに期待しています。大会までの時間の使い方が大事になってきますね。残りの練習、いっしょに頑張りましょう!!OB,OGの皆さんも、健闘をお祈りしています!!


★OB,OGの皆さんへ

 11月1日(日)に都合がつく先輩はいませんか。OB,OGのLINEでも連絡していますが、ジュニアの県大会1週間前の強化練習を青少年交流の家で予定しています。
 午前中は、合同練習(4面)ですが、午後は、強化練習(2面)を実施します。

 高校生達は、試合のない日じゃなかったかな。中学生達も、日曜に試合がない子もいると思います。土曜日の試合でお疲れかもしれませんが、都合がつきそうな方は、11/1(日)の昼からでも良いので、実戦練習の相手になってやってください。
 どうか、よろしくお願いします。m(_ _)m

2020年10月25日 (日)

多忙な1日

 今日は、午前中は青少年交流の家での合同練習、午後は、一宮中での練習試合(初級者、中級者のみ)、私は、姫路で県秋季大会のドロー会議があり、超多忙な1日となりました。

1.青少年交流の家での合同練習

 ふれあい大会や、県小学生秋季大会を目前に控え、いよいよ最後の追い込み期間となっています。コロナのため、参加するメンバーは非常に少なく5ペアのみが、県大会に出場する予定です。

Dsc_0272
↑朝のラダートレーニングをしています。

Dsc_0271
↑初心者メンバーは、まだまだラダーが難しそうです。

 ラダートレーニングが終わったところで、私は、姫路へと出発しました。後の練習は、コーチの皆さんにお任せしました。

 今日は、すずね先輩が参加してくれたので、まさえコーチとペアを組んだりして、上級者たちの相手をしてくれたようです。

 また、今日は、淡路陸上大会があったので、数名欠席していました。運動の得意な子は、テニスも上手いけど、足も速く、学校代表で陸上大会に出場したりすることも多いですね。第一期生の時も、陸上大会のリレーの部で、近畿大会3位になった先輩もいました。いろんな競技を経験することは、運動能力を伸ばすためには良いことだと思います。

 しかし、まさえコーチや高松先輩、あやか先輩、ゆい先輩達は、いつからか、何よりもソフトテニス中心になってしまって、テニスの試合や練習がある時は、陸上大会や地域のクリスマス会、子供会、地域のお祭りには参加しなくなっていました。(^0^)

 本当のソフトテニスの虫になっていたんですね。

 私も、あの当時は、地域の行事、法事、同窓会、結婚式、学校行事があっても、洲本ジュニアの練習を休まなかったし、家族旅行にも行けませんでしたね。よく頑張っていたと思います。

2.一宮中での練習試合

 一宮ジュニアさんからお誘いがあり、初級者、中級者は、午後から会場を移動しての練習試合となりました。私はドロー会議出席のために、参加できなかったのですが、惣田コーチ、岡本コーチ、森本コーチが、引率してくれました。

 中級者は、そこそこ経験があるので、心配はしていなかったですが、初級者メンバーは、初めての練習試合でしたから、ちょっと心配していました。まだまだ審判もできない子達ですから、相手チームにもご迷惑をお掛けしたことと思います。

 でも、非常に楽しく練習試合ができたという報告がありましたから、今日は、参加させてもらって、本当に良かったと思います。

S__12369937

S__12369929

S__12369928

S__12369923

 参加した皆さん、そして、コーチ、保護者の皆さん、大変お疲れ様でした。初級者は、うずしおフェスティバルが、デビュー戦となる子達なので、今日は、良い経験をさせてもらいました。

3.ドロー会議

 今年度、初めてのドロー会議となりました。小学生の県大会は、3月の春季大会が中止、5月の選手権大会も中止、8月の夏季大会も中止でしたから、ちょうど1年ぶりの大会開催(秋季大会)となりますね。

Cimg9922_20201027030201
↑ドロー会議の資料です。

Cimg9923_20201027030201
↑このような資料が配られます。

 Cimg9924
↑ドロー会議の末、今回の組み合わせは決まりました。

 今回のドロー会議は、かなり手応えを感じる組み合わせとなりました。過去最高の手応えかも?

 各ペア毎に、目標は違いますけど、予選での1勝が目標の子、予選リーグ突破が目標の子、近畿大会出場が目標の子など、いろいろな選手がいるので、それぞれのレベルにあった練習メニューを考えていかなければなりませんね。

 ふれあい大会と県小学生秋季大会、いよいよ目前に迫ってきました、皆さん、しっかり頑張りましょう。洲本ジュニアを発足させて10年目ですし、今年こそ、悲願の目標を達成させましょう!

 心願成就!きっと、やればできるよ!

 

やったね!脇町・つるぎが団体優勝!

 今日の練習の準備やら、練習試合の準備やら、姫路出張(県秋季大会の番組会議)の準備をしていたらこんな時間になってしまいました。

 番組会議(ドロー会議)というのは、県大会の前に、県内ジュニアチームの監督が集まって、試合の組み合わせを決める会議のことです。今回は、勝負がかかっているので、例年に増して気合いが入っています。
昨夜も、資料とにらめっこして、いろんなことを考えていました。

Dsc_0266

 今週末、来週末と、小学生、中学生、高校生の県大会が開催されます。どの世代の教え子達も、勝負がかかっているので、私も結果が気になって仕方がありません。自分が試合をするわけじゃないので、必勝を祈るしかないのですが、とにかく頑張っていただきたいと念じています。

 つい数日前にも、いざなぎ神宮やおのころ神社で必勝祈願をしてきました。洲本ジュニアの悲願達成と、中学生、高校生達の活躍を祈願してきました。絵馬も書いて、お願いしてきました。

 まさえコーチが現役の時、中学時代、高校時代は、必勝祈願は私の恒例行事だったんです。本人といっしょには、ほとんど行けなかったですが、いろんなところに行きましたね。淡路島内では、いざなぎ神宮、おのころ神社、洲本八幡神社、諭鶴羽神社。中学校の試合は、一宮中学が多かったので、試合当日とか、いざなぎ神宮へのお参りはかかさなかったと思います。

 徳島県の脇町高校へ進学してからは、鳴門の阿波の國の一の宮神社である大麻比古神社へは、大会の都度、必勝祈願に行ってました。ちなみにお賽銭をチャリンと入れるチャリンコ詣りではないです。社務所で祈願料を納めた正式参拝を極力してましたね。必勝と健康を、祈願していました。親元を離れ、徳島に進学した娘です。脇町高校では、大会の応援に行っても、子供との接触は禁じられていましたから、親ができることって、こんなことくらいしかなかったのです。

 四国大会とか、全国大会とか、応援に行ったときも、その地域の勝負の神様が祀られている神社へお参りに行ってました。ここまで来ると、神社参りは、趣味の域になってましたね。(^0^)

 昨夜、徳島県の高校新人大会(団体)兼全国高校選抜大会1次予選の結果が、飛び込んできました。女子は、脇町高校の優勝、これは予想通りというか、順当。驚いたのは男子の結果です。

 うちのOBのじんや君とたかひろ君が、進学したつるぎ高校が、優勝。個人戦では、徳島科技高校が優勢だったので、心配していたのですが、名門つるぎ高校のプライドで、見事優勝してくれました。

 まさか・・・と思ったのは、団体戦のメンバーに、1年生のたかひろ君が選ばれていたことです!!

 準々決勝では、エースの先輩鈴木選手とペアを組み勝利、決勝戦でも、先輩園木選手とペアを組み、3番手にエントリーされていました。決勝戦では、2連勝したので、たかひろ君の出番はなかったのですが、本当に嬉しく思いました。

 夏季選手権(個人)や、先日の新人戦(個人)では、たかひろ君が、力を出せていなかったので、まさか、団体戦に起用されるとは思っていなかったので、メンバーに選んでくださった監督さんに感謝です。個人戦では、じんや君の方が良い成績だったので、今後は、2人とも活躍する日がきっと来ると信じています。

 まあ、ライバルがたくさんいるつるぎ高校ですから、今日は、たかひろ君にとって、夢のような1日だったかも知れませんね。勝っておごらず、負けて腐らず、これからも、淡路島魂で、頑張ってください。洲本ジュニア関係者一同で、2人を応援しています!

徳島県高校新人戦(団体)の結果
http://www.soft-tennis.com/tokushima/2017new/tsta164.htm

 2020年一次予選の結果に、たかひろ君が団体戦の集合写真に写っていますので、見てあげてください。2018年と2017年の結果(脇町優勝)には、まさえコーチも写っています。

 いやー、ほんとに嬉しいです。中学生のOB,OGも、兵庫県で戦う高校生のOB,OGも、しっかり頑張ってくださいね。今度は、諭鶴羽神社へもお参り行ってきます。(^0^)

2020年10月20日 (火)

朝日奈央のキラめきスポーツ~キラスポ~

 朝日奈央が初めてMCに挑戦するというスポーツ番組『朝日奈央のキラめきスポーツ~キラスポ~』という番組が、始まったのですが、なんと、第1回目の放送は、ソフトテニスがテーマでした。私も見逃したのですが、どのくらいの方がご覧になられたでしょうか?

 放送後、1週間は、TVerで無料配信されているので、まだご覧になっていない方は、大至急、子供達といっしょに、視聴ください!!

Ldlwan02
↓こちらをクリックして、TVerをご覧ください!
https://t.co/ZBLwvuNISN?amp=1 

プロソフトテニスプレーヤーの船水颯人さんや、林田リコさんなど、有名選手がたくさん出演しています。


 この番組の中で、林田リコ選手がインタビューで話した言葉に、私がすごく共感したところがありました。
皆さんにも、参考にして欲しいので、紹介しておきますね。

★「リコちゃんが、プレーでこだわっていることは何ですか?」

「見ている人が応援したいと思ってもらえるような態度でやることを大事にしています!」

 この言葉は、高校時代の恩師 故野口先生から、教えられたことだと思うのですが、素晴らしいと思いました。

Dsc_0263 Dsc_0264

 洲本ジュニアの子供達も、そんな気持ちでソフトテニスを頑張って欲しいと思います。

 見ている人が応援したいと思ってもらえるような態度ってどんな態度でしょうね?(^o^)

 今度、子供達に聞いてみようと思います。作文に書いて提出してもらおうかな?なんて・・・

 これは、本当に大事なことですよ。


 すでに、これができている子供もいますよ。そんな子のベンチコーチには入りたいと思います。勝ってても、負けてても楽しいですから。

 でも、そうじゃない子には、残念ですが、アドバイスもしたくなくなります。この差は大きいと思います。

 みんな、リコちゃんのように、応援したいと思ってもらえる選手になれるよう努力しましょうね。

 

教え子の頼みなら協力します!

 洲本ジュニアを作ってから、10年目になります。あと5ヶ月すると、丸10年になりますね。

 その間、たくさんの子が巣立っていきましたが、みんな自分の息子や娘のように可愛く思っています。先日、地元の高校に進学をした教え子やその保護者さんから、同じ悩みを聞きました。男子からも、女子からも・・・。まったく同じ悩みでした。

 その悩みというのは、『練習試合をしたいけど、その機会がまったくない、ほとんどない!』というものでした。

 その悩みは、私も中学、高校(高専)時代に持っていたことなので、良く理解できます。私の場合ですが、中学時代は、毎年顧問の先生が交代し、どの先生も部活には熱心ではなく、テニスコートでお会いした記憶がほとんどありませんでした。当然のように、練習試合を企画してくれたことなどなかったと記憶しています。テニスの経験者でもなかった先生なので、教わった記憶もありませんでした。

 高専時代は、人間的には魅力のある先生でしたが、テニス経験者ではなかったので、技術的なことを教えてもらうことがありません。練習試合に関しては、年に数回、計画してくれましたが、満足できるものではありませんでした。

 今回だけじゃなく、いつも高校生達に私がアドバイスしているのは、高校生なんだから、すべて先生任せじゃなくて、自分達でも動いてみたらどうですか?ってことです。練習試合してもらえそうな学校に、自分で連絡して、交渉してみたらいいんじゃないか?相手してもらえそうだったら、顧問の先生に入ってもらって、最後はまとめてもらったらいいんじゃないか?自分の夢は自分で努力して叶えていかないとね。

 私は、中学も高専時代も、キャプテンだったので、先生任せじゃ、夢は実現しないと思い、近隣の学校に自分から交渉して、練習試合を実現させていました。中学校の時は、隣の中学校まで自転車で走っていって、練習試合の交渉をしていました。

 高校生なら、なおさらのこと、何も動かずに後悔するより、自分達で交渉するということも覚えたら良いと思うのです。そんな経験は、社会に出てから役に立ちますよ。

 今回、いつも洲本ジュニアのことを気に掛けてくれている教え子や、その保護者さんからの相談だったので、練習試合の実現に協力することにしました。1人の要望ではなく、クラブ全体の意見をまとめてもらい、また、保護者さん達も送迎なら協力してくれるという話でした。学校のクラブとして動くのであれば、顧問の先生を無視してはいけないので、先生にも保護者から説明してもらい、承諾をもらった上で、交渉をすることになりました。

 ちょうど、兵庫県大会が近いので、あまり先の計画では意味がないと思い、慌てて動きました。取り急ぎ、私のご縁がある徳島県の高校から当たってみたところ、最適な練習相手が見つかり、先週の土曜日に、練習試合が実現しました。しかも、グッドタイミングで、香川県の高校もいっしょにやらせてもらえることとなり、徳島県、香川県、兵庫県の3校で、練習試合をしてきました。さすがに、脇町高校が相手では荷が重すぎるので、それは、今後の楽しみに残しておくことにしましたが・・・。(^o^)

Dsc_0250
↑某公園のテニスコートにて

 教え子が数名在籍している某高校の女子ソフトテニス部は、私が想像していたよりもはるかに強く、3校での練習試合では、ほとんど負けていなかったと思います。洲本ジュニア出身じゃない選手も、中学校からの経験者ばかりで、しかも、各中学校では活躍していた選手が多いです。

 しっかり鍛えたら、このチームは、兵庫県でも活躍できると感じました。他にも、淡路地区にはライバル校がありますから、切磋琢磨しながら、近畿大会、全国大会を目指して、頑張ってもらいたいですね。今後とも、応援していきたいと思いました。



 今回、このようなことが実現しましたが、他の教え子たちにも言っておきます。私が協力できることであれば、相談にのりますから、気軽に相談してくださいね。例えば、練習試合の相談なら、私だけでなく、もう大人になったOB,OG達も、協力してくれると思います。洲本ジュニアには、いろんな人脈があるのですから、協力しあえば、いろんなことができますよ。

Miti

 この『道』という詩は、アントニオ猪木さんが、引退セレモニーで披露され有名になりましたが、座右の銘にしている言葉だそうです。元は、一休禅師が残した名言だと言われていますが、それは定かではありません。

 ただ、迷ったとき、勇気を持って行動することが大事だってことだと思います。道というものは、最初からあるものでなく、自分が歩いたところに道ができるのだと・・・。

 「人は、歩みを止めたときに、挑戦を諦めたときに、年老いていくのだ思う!」と猪木さんは言いました。

 私も、洲本ジュニアを作り、挑戦を初めて10年目になりましたが、まだまだ気持ちと体が続く限り、頑張っていきたいと思っています。

2020年10月18日 (日)

初級者は別会場で練習!

 上級者と中級者は、4面使用して交流試合をすることになったので、初級者クラスのメンバーは、コロナ対策もあり、会場を南淡B&Gにしての練習を行いました。

 私は、交流試合の主催者だったので、まったく顔を出すことができませんでしたが、惣田コーチ、森本コーチ、奈良さんの指導の元、初級者クラスの練習を午前中3時間頑張ってもらいました。

 初級者メンバーも、11月のうずしおフェスティバルのデビュー戦を目指して、頑張ってくれています。ソフトテニスの楽しさもわかってきたようで、もっともっと練習したいという子供が増えているようです。

 いやーーーー、楽しみだな!

 冬のユニフォームも買ってもらって、ますますテニス選手っぽくなってきたように見えますね。これからも、頑張ってください。

切磋琢磨、交流試合

S__44105734

 『切磋琢磨』とは、友人同士が互いに励まし合い、競争し合って共に向上することをいいます。

 まさに、そういう交流試合が実現しました。徳島(1)と淡路島(2)のチームが3チーム集まり、本当に有意義な交流試合となりました。

 8月から毎月のように計画、交渉はしていましたが、コロナのために、3チーム集まることはできませんでした。9月に、市場ジュニアさんと2チームでの練習試合を実施して、手応えを感じ、今月は、3チームに増やしてみました。たった3チーム、されど3チームです。選手にしたら22ペアですが、保護者など関係者を含めると、かなりの大勢になってしまいます。

 朝から、検温、コロナのチェックシートの記入など行い、マスク着用、手指消毒をまめに行いながらの交流試合となりました。各ペア、6試合から8試合くらいできたのではないでしょうか。実力の近いものを3グループに分けて、試合をしてもらいましたので、デュースやファイナルゲームの多い試合が続きました。来週の四国大会へ出場される徳島のトップ選手、近畿大会を目指す淡路島のトップ選手たち、どっちが勝つのかわからないシーソーゲームの連続で、お互いに大変勉強になったことと思います。

Dsc_0253
Dsc_0255
↑女子のルーキーペアです。

Dsc_0261
↑試合結果

各コート共に18、19試合まで進行することができました。


 1ヶ月前の練習試合と比べると、たくさん進歩したところがありましたね。

この調子で、本番まで追い込んでいきたいと思います。

みんな、頑張るよっ!!

Dsc_0259

2020年10月12日 (月)

ここからが勝負です

Dsc_0243
↑コーチの指示を聞く上級者、中級者


 今日は、小学校、保育所の運動会や、いろいろな用事で、選手もコーチも、欠席が多かったのですが、練習の中身は充実していたと思います。

 県秋季大会(近畿大会予選)まで、1ヶ月を切りましたし、目標を持って頑張っている選手達は、目の色が変わってきたように思います。もちろん、コーチ陣の気合いの入り方もすごいです。保護者の皆さんからも、すごい雰囲気が伝わってきます。今年こそ、悲願の目標を達成したいですね。

Dsc_0244
↑某コーチは、髪型で気合いを表現されていました。キャップを脱いだら、どうなっているのか、そこは謎でしたが・・・。

 そういえば、私が高専4年生の時、四国大会で優勝できなかったら、責任をとって坊主にすると自分で決めていたのですが、夏の暑さに負けてしまって、大会前なのに、ついついスポーツ刈りにしてしまいました。そのせいかどうかはわかりませんが、決勝戦で、敗退し2位。その年は全国大会に行くことができませんでした。(^0^)

 翌年は、リベンジして、無事に全国大会へ行くことができましたが、もうスポーツ刈りはやめました。(^o^)

Dsc_0242

 上級者、中級者クラスは、コート2面を使って、フットワークが良くなるように練習を繰り返していました。左右のフットワーク、見違えるように上手になってきました。

 後半は、コーチを交えて、ゲーム練習をしていましたが、はっきりいって、上級者の子達は、強くなりましたね。まさえコーチが打ち負ける場面も、何度か見ました。中級者の子達も、ずいぶん上達してきましたから、これからが、本当に楽しみですね。

Dsc_0240

 初心者クラスは、担当コーチが全員欠席だったので、私(監督)が担当しました。

 まだ、ショート乱打はできない子達なので、1本打ちで、ショート乱打もどきをやらせてみました。私が予想した以上に、上手に練習してくれました。

Dsc_0248
↑初級者クラスも、ゲーム練習と審判練習をやらせてみました。

Dsc_0249
↑副審の練習をみんなでやっています。難しいですね。

Dsc_0247
↑こちらも副審の練習です。得点板の練習をさせています。

 初心者クラスで、5ペア作り、3試合やってもらいましたが、全試合がファイナルゲームでした。やっぱり、トスで、レシーブを獲った方が、強いみたいですね。

 みんな一生懸命なので、観戦している保護者の皆さんも、楽しそうにしていました。初級者クラスのメンバーは、うずしおフェスティバルが、デビュー戦になりそうなので、今のうちに、サーブが入るようにしっかり練習しておいてください。

2020年10月 7日 (水)

淡路島中学・高校新人大会の結果

 淡路島では、9月末より、中学校や高校のソフトテニス新人大会が、次々と開催されています。

 今日の神戸新聞にも中学校の新人大会の結果が掲載されていましたね。洲本ジュニアを巣立ったOB,OG達が、いろんな学校で活躍しているのを聞くと、本当に嬉しいものです。今年の新人戦は、無観客での大会ばかりで、保護者の皆さんも残念だったでしょうね。お子さんの勇姿を見せてあげたかったです。私も、応援に行きたかったな~~♪

 選手の皆さんは、コロナ禍で練習も充分でなかったと思いますが、また、県大会や次の大会に向けて、精進してください。

★淡路島中学新人戦の結果

男子
《団体戦》

1位 三原中(ゆうた、りょうすけ、まさし、ひろと、ゆうきが所属)

2位 一宮中

3位 安乎中

4位 青雲中(せいと、りょう、いちと、ゆうと、はるとが所属)

上位2チームが県大会へ出場します。

《個人戦》

1位 一宮中ペア

2位 三原中 まさし・(   )ペア

3位 三原中 りょうすけ・ゆうたペア、安乎中ペア

 個人戦ベスト12以上は、県大会へ出場します。みつき(津名)、ごろう(南淡)、せいと(青雲)も、県大会出場を決めてくれました。

女子
《団体戦》

1位 一宮中(すずねが所属)

2位 西淡中(まお、いちか、さは、ここかが所属)

3位 安乎中

4位 三原中(ななみが所属)

上位2チームが県大会へ出場します。

《個人戦》

1位 一宮中 すずね・(   )ペア

2位 西淡中 まお・いちかペア

3位 安乎中ペア、一宮中ペア

 個人戦ベスト12以上は、県大会に出場します。ななみ(三原)、さは(西淡)も、県大会出場を決めてくれました。

 


★淡路地区高校新人戦の結果

 高校の結果については、詳細わかりかねますが、先輩保護者さんからの情報によると、次の通りでした。

男子

情報ありません。(個人戦ダブルスは、津名高と洲本実業高校が上位を占めたらしい。)

女子
《団体戦》

1位 洲本高校(まなみ、はるか、さくらこが所属)

2位 洲本実業高校(はおとが所属)

上位2校が県大会へ出場します。

《個人戦ダブルス》

1位 洲本高校ペア

2位 洲本高校 まなみ・はるかペア

3位 洲本実業 はおと・(  )ペア

上位4ペアが県大会へ出場します。

《個人戦シングルス》

今週末に開催かな?



 OB、OGの皆さん、ソフトテニスに熱中できる青春時代は、本当に短いです。チームワークを大切にして、しっかりエンジョイしてくださいね。

 私なども、あれから30年、40年も経ってからも、テニス仲間と良い縁が続いています。本当に幸せに感じます!!

2020年10月 4日 (日)

良い雰囲気です♪

Dsc_0209

 今日は、南淡B&Gでの練習で、お天気も良く、気候も涼しくなって、練習には最適な1日でした。

 準備運動、ラダートレーニングを終えた後、上級・中級と初級クラスで分かれました。上級・中級クラスは、9月から取り組んでいるサービスの練習、そして、ペアでショート乱打、ノーバンストローク、ボレーVSフォロー、ロブ乱打、ロブVSトップ打ち、を行った後、フォア・バックの振り回し。最後は、ゲーム練習を繰り返し行いました。

 これからいろんな大会があるのですが、新型コロナの影響で、参加希望者がかなり減ってしまい、大会毎にペアが替わる選手が出ています。ちょっと、ゲーム練習がしにくくなっているのですが、試合に出たくても、親の仕事の都合(島外への移動自粛)などで、行けない子もいますから、出場させてもらえる子は、親に感謝しなければいけないですね。

 県大会への出場者がかなり減ってしまったことで、来年に向けての育成計画がかなり狂ってしまったのですが、コロナ禍ですから、仕方がないと諦めるしかありません。大会会場が、赤穂ということも、保護者が躊躇してしまった原因かもしれないですね。私も、県大会のために、前泊で計画していますが、県大会のために前泊して乗り込むのは、初めてです。早朝出発しても、充分間に合うのですが、いつも寝不足で出発するので、そんな計画を立てています。(^o^)

 今回、出場する選手達が全力を出せるように、最後までサポートしていきますから、皆さん、頑張りましょう。

Dsc_0214
↑初ペアを組む2人です。

Dsc_0213
↑女子も、初ペアで県大会に挑みます。

Dsc_0216

 今日は、ごろう先輩が練習に参加してくれました。後輩達のために、ありがとうございました。

Dsc_0210
 突き指してしまったため、ラケットが握れなかったそうです。でも、練習には休まず参加してくれたので、サーブのフォームを指導したり、前衛の基本練習をしたり、前衛のポジションを教えたり、普段できないことがたくさんできました。

 ケガしても、球拾いなど、やれることはあると思って、来てくれたそうです。本当にりっぱな心がけでした。

Dsc_0211

 初級者クラスも、デビュー戦に向けて、楽しそうに練習をしていました。ある程度、乱打ができるようにならないと中級者クラスには上がれませんから、今は、テニスを楽しみながら、しっかり基本を習得してくださいね。


 それから、今日は、新人メンバー達の冬用ユニフォームの試着会を行いました。子供達って、あっという間に大きくなってしまうので、来年、再来年を予測しながら、サイズを決めていきます。これは、本当に難しいです。また、ジュニアサイズとかSSサイズは、元々生産数が少なく、メーカー在庫が少ないので、数量確保も苦労しています。うちのクラブでは、全国でも最安値くらいで購入していますが、それでも、ユニフォームは安い買い物ではありません。ラケットなどの道具もいっしょですが、子供達には大切に使って欲しいですね。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック