洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月31日 (土)

8/8洲本ジュニア杯の手伝い募集

 8/8の洲本ジュニア杯夏の陣ですが、OB,OGの方で、手伝ってくれる人がいたら、ぜひ、お願いします。

 すでに5名くらいは集まっているので、なんとかなりそうですが、もし、私も行けますよって人がいたら、連絡お願いします。

 事前に連絡してもらえないと、弁当の用意や、審判の担当など役割分担が決められないので、8/2までにお願いしますね。

 多少は、先輩達での練習や交流試合もできると思います。あくまで、メインはジュニアのお手伝いということで、よろしくお願いいたします。

 自分達がジュニアの時には、たくさんのOB,OGに助けて貰ったから、今度は、自分達がやらなければと思って、手伝いに来てくれる皆さんに、感謝します。本当にありがとう。

2021年7月28日 (水)

県中学総体、よく頑張った!

 兵庫県中学総体の結果です。初日の結果は、昨日書きましたが、今日は、2日目の結果です。

★男子個人戦

 淡路地区1位のりょうすけ・ゆうたペア(三原)
は、第6シード。実力を出し切れたら、間違いなく、近畿大会出場はできると予想していました。

 予想通り、見事にベスト8に残ってくれました。念願の近畿総体への切符を手に入れました。次の目標は、全国大会ですね。近畿大会では、思いっきり楽しんできてください。

 他のメンバーも中学最後の夏をしっかり頑張ったと思います。まさし(三原)、せいと(青雲)は、ベスト32。みつき(津名)は、1回戦を勝ち上がり、2回戦で敗退しました。

★女子団体戦

 淡路地区からは、西淡中と三原中が、県大会に出場しました。淡路地区1位の西淡中は、初戦を勝ち上がり、ベスト8に残りましたが、西播代表の那波中に敗れました。三原中は、初戦で中播代表の神河中に、1-2で惜しくも敗退しました。

 

 男子も女子も、淡路地区代表として、りっぱに戦ってくれたと思います。今日で引退となった3年生は、本当にお疲れ様でした。できれば、高校でもソフトテニスを続けてくださいね。

 2日間、応援に行かれていた保護者の皆さん、今まで、大変ご苦労様でした。次は、進学に向けて、親の心配は続くことと思います。これからも頑張ってください。

2021年7月27日 (火)

諭鶴羽登山と諭鶴羽神社

 今日から赤穂海浜公園で県中学総体が始まることに気づき、さすがに応援に行くことはできないので、せめて必勝祈願をしてこようと思いました。

 羽生結弦選手も2回参拝に来られたという諭鶴羽神社が良いだろうと、早起きして、気合いを入れて出発しました。前回、2/11に裏参道からの初登山をしたのですが、その時に、ジュニアの初近畿大会出場、OB,OG達の活躍を祈願しておりました。

 洲本ジュニアは、悲願の近畿大会出場も果たしましたし、高校生達も、男子1名、女子3名が、近畿大会に出場しました。その御礼参りもしなくてはと考えていたので、ちょうど良い機会だったと思います。

 2月に登った時は、9時スタートでしたが、今日は、7時スタートです。今日の真夏の登山は、私の体力では、結構、厳しいものでしたが、何とか無事に完遂することができ、ほっとしています。

 2/11は、祝日だったので、たくさん登山されていましたが、今日は、登山時に1名、下山時に2名しか、出会いませんでした。さすがにこの暑さだし、夏休みとはいえ平日ですから、参拝される方も少ないのは納得できますね。

Pxl_20210726_215620143
↑ここから登山スタートです。

Pxl_20210726_225658096
↑山頂に到達、今日は、見晴らしが良かったです。

Pxl_20210726_232615376
↑諭鶴羽神社

Pxl_20210726_232723571

Pxl_20210726_232747589
↑こちらに、羽生選手が書いた絵馬や写真が掲示されています。
撮影禁止なので、内容がわからないように、遠くから撮影しました。

Pxl_20210726_233118836
↑沼島が綺麗に見えています。

Pxl_20210726_235924980
↑山頂からは、鳴門海峡大橋も綺麗に見えました。

 

 8月9日の10周年記念大会に向け、私も多少は体力作りをしておきたいと思っています。今日の登山は、良い訓練になりました。一番の目的は、必勝祈願!諭鶴羽神社から、送った必勝の念が、赤穂まで届くと信じています。

 第一日目は、男子は団体戦、女子は個人戦があったそうです。

 団体戦では、みつき君の津名中が、2回戦を突破しベスト8進出、準々決勝で、大津中に負けました。大津中は優勝したそうです。

 個人戦では、すずね・ななペア(一宮)が、第3シード(上郡)を倒す大金星、あと1つ勝てたら近畿大会出場だったのですが、ベスト16というりっぱな成績でした。ゆな・あやかペア(三原)、まお・いちかペア(西淡)が、ベスト32、ななみ(三原)は初戦を抜けることができなかったようです。非常にレベルの高い兵庫県総体に出場できたことが、素晴らしいことですから、私はみんなのこと自慢に思っています。

 女子(西淡、三原)は、明日の団体戦でも最高のチームワークで、頑張ってください。

 明日の個人戦には、いよいよ期待の男子メンバーがたくさん出場します。大暴れしてくれることと期待しています。

 近くで応援できないのが、残念ですが、オリンピックの日本チームに負けないくらい、盛り上がって来てください。

 ファイトー!

いよいよ兵庫県中学総体ですね

 今日と明日は、兵庫県中学総体(ソフトテニス)が、開催されます。

 洲本ジュニアとしては、自慢のOB,OG達が、たくさん出場し、県内の有名選手、強豪選手に挑戦します。今まで、やってきたことを思い出し、力の限り戦って貰いたいと願っています。

 結果も大事ではありますが、今までやってきた努力の過程の方が、10倍大事です。どれだけ、納得した試合ができるかですね。

 勝負には時の運もあります。まさか、勝てるはずがないと思っていた相手にも、勝てることだってあるのです。私も学生の時、そんな経験が数回ありました。

 もっと早くに連絡していれば良かったのですが、私の経験から、少しだけアドバイスしておきましょう。保護者の方は、特に参考にしてください。松田コーチには、先日、来院された折に、少しだけですが、お伝えしました。

 

 夏の総体は、技術以上に、熱中症対策が重要になります!勝ち抜くためには、体力の温存が重要事項です!

1.試合の合間に、日陰で休むこと。身体を冷却することが重要です。

Pxl_20210726_160920525

氷嚢(アイシングバッグ)を、持たせてください。

Pxl_20210726_161030882

氷嚢の代わりに、アイスパックでも代用ができます。


チェンジサイズの1分間や、ファイナルゲームの前には

、氷嚢で首筋や頭を冷却しましょう。

試合の合間も、日陰で休み、氷嚢を使ったりして、身体を冷却してください。


2.水分補給と栄養補給を、計画的にしましょう

Pxl_20210726_161223189

 水分補給は、スポーツドリンクだけじゃなく、OS-1(経口補水液)も活用しましょう。OS-1は、がぶ飲みせずに、試合の前から、ちびちび飲ませてください。熱中症対策としては、かなり効果があります。

 まさえコーチの時は、栄養補給として、日頃からユーグレナ(みどりむし)というサプリメントを、飲ませていました。(今でも家族で飲んでいます。)ユーグレナには、野菜、肉、魚の栄養がすべて摂れるだけじゃなく、疲労回復には最適なアミノ酸が豊富に含まれているため、理想的な栄養補給をすることができます。脇町高校時代は、アミノ酸やクエン酸が摂れるアミノバイタルのようなゼリードリンク(サプリメント)も、試合の合間に飲んでいたようです。

 このような水分補給と、栄養補給をすることで、夏場に起りがちな足の痙攣を防ぐこともできますね。

 今だったら、アミノ酸5-ALAも飲ませたいと思います。持久力アップ、疲労回復、そして、新型コロナ対策(予防薬)になります。

3.試合前には、しっかり疲れを取っておくこと

 身体のケアをしておいてください。うちのような整体院などで、身体のケアをしておくことで、疲労を取り、筋肉のパフォーマンスを最大限発揮することが出来ます。

4.タイムの有効活用

 試合中に、足の痙攣を起こしたり、起こしそうになった場合は、遠慮なく、タイムをとって、できる限り回復できるように努力してください。

 以前、県総体で、試合中に足がつったのに、タイムを取らず、我慢して試合をしてしまった選手がいました。当然ですが、負けてしまいました。動けるはずありませんから。

 あの時、タイムを取って、足のケアをしていたら、勝敗は変わっていたと思います。タイムはルールで認められている行為ですから、遠慮なく、タイムを取りましょう。我慢なんてしなくても良いのです。

 

 今日は、早起きをして、諭鶴羽山に登り、必勝祈願をしようと思います!君たちなら、絶対に勝てます!頑張って来てください。

 8/9の洲本ジュニア10周年記念交流試合(団体戦)で逢えることを、楽しみにしています。

2021年7月26日 (月)

挨拶のできる子が増えてきました!

 子ども達は、どんどん成長しています。

 嬉しいことがたくさんありました。たくさんというか、内容的には、特に挨拶についてですが、練習日の朝、私にしっかり挨拶をできる子が、どんどん増えてきました。

 ちょっと前までは、挨拶できなかった子が、きちんと挨拶をしてくれるようになってきたんです。些細なことなんですが、私は、この活動を始めてから、一貫して挨拶ができる子を育てたいと思ってやってきましたから、本当に嬉しいですね。


 自主練に参加するようになって、明らかに成長を見せてきた子ども達も増えていますから、おそらく、自主練を指導しているコーチの皆さんのおかげもあるし、もちろん、保護者も含めて、気持ちの良い挨拶をしてくれるようになりましたから、家庭での指導も大きいのだろうと思います。

 挨拶は、私だけにじゃなく、もちろん他のコーチへも、しっかりするようにしてくださいね。朝の挨拶で、コーチの皆さんも、テンションが上がると思います。

 大変古いブログの記事ですが、挨拶の話を書いていました。紹介しておきます。

⇒あいさつのできる子(2013年10月3日の記事)

 

 まさえコーチが、中学生の時、こんなことがありました。

 家族で、ある飲食店で食事をしていたんですが、まさえが、急に立ち上がり、

 「こんにちは!」

 と、会釈をしました。

 えっ、何?と、私はびっくりしたのですが、まさえの視線の先には、某中学校のソフトテニス部の副顧問がおられました。先生が、偶然、入店してこられたようです。

 それにしても、自分の通う学校の先生でもなく、他所の中学校の、それも副顧問の先生だったことに、私は驚いたと同時に、きちんと挨拶ができたことに嬉しく思いました。おそらく、洲本ジュニアで学んだことだろうと思います。

 

 現部員では、時々、下校中のキャプテンを見かけることがあるのですが、必ず、キャプテンの方が、先に私に気づいて、大きなジェスチャー付きで、挨拶をしてくれます。本当にりっぱだなって、いつも感心しています。

 勉強ができて、成績が良いということよりも、きちんと挨拶ができる人の方が、私は100倍りっぱだと思います。もちろん、勉強もしましょうね。(^O^)

2021年7月25日 (日)

ゲーム練習

 今日は、諸事情でコーチと選手が、数名お休みだったのですが、大会前なので、全員でゲーム練習を計画してみました。体験入部の子も、いっしょに試合をしてもらいましたから、難しかったと思うのですが、感想を聞くと、楽しかったそうです。

 やはり、ソフトテニスはスポーツなので、ゲームをするときが、一番楽しいですよね。私も、久しぶりにゲームに入って、身体を動かしました。いきなり上級者相手だと、こっちも身体が心配なので、今日の所は中級者の子と3試合。中級者の子達は、もう少しできると思っていたら、とにかくラリーが続かない、私はゆるいボールしか打っていないのに、子ども達は、ネットしたり、アウトしたり、自滅してしまいます。このあたりが、まだまだ課題なのかなと、よくわかりました。本番では、もっと粘り強い試合をしてもらいたいと思いました。

Pxl_20210725_005523761

 それと今日の目玉は、男子1番手、2番手のペア替えをしたことです。洲本ジュニア杯だけのペア変更のつもりです。より強くなってもらうために、いろんなことをペア替えにより気づいて貰いたい、良い化学反応が起きることを期待しています。

 試合ぶりをじっくりは観ていませんが、ゆうご君が、ナイスボレーを連発していたり、ゆうや君が、いつもよりは声を出して、笑顔を見せていたように感じました。夏季大会、秋季大会まで、計画的に強化していきたいと考えています。

 女子の上位ペアは、それなりに声も出せているのですが、声に強さというか、迫力が足りません。そこを強豪クラブにも負けないようになってもらいたいと思っています。早く練習試合を計画し、実戦経験を積ませたいですね。

 9月頃からは、練習試合も組めると思うので、楽しみにしていてください。それまでに、しっかりレベルアップしておくことですね。

Pxl_20210725_003014234

Pxl_20210725_034315591

Pxl_20210725_034319562

 初級者も、3試合ずつくらい試合をしてもらいました。審判の練習も、多少はできたのではないかと思います。

 毎年、8月の炎天下でおこなっている洲本ジュニア杯夏の陣。とにかく、熱中症とコロナには気をつけて、無事に開催できるよう準備していきます。皆さん、ご協力お願いいたします。

 洲本ジュニアを設立して10年、その設立の準備期間が2年ありましたから、ソフトテニスのジュニア指導を始めてから12年になりますね。洲本ジュニアに縁あってご入会いただき、いっしょに活動をしてくださっている皆様と、12年やってきた私やゆかコーチとは、かなりの温度差があるのかもしれませんが、10周年という節目ですから、私にはすごく意味深いものなんです。今まで試練はたくさんありましたが、無理して続けてきて、本当に良かったなって思っています。

2021年7月24日 (土)

感染症対策の洲本ジュニアモデル

 8/8(日)と8/9(月)に、洲本ジュニアの設立10周年イベントを開催するに当たり、まだまだ治まりを見せない新型コロナウイルス感染症の対策をどのようにするか、私のかかりつけ医や、知人の医科大学の教授などに相談しながら、検討しています。

 かかりつけ医からは、「熱中症対策として、試合中のマスクは外す。」「観戦者はマスク着用する。」「3密を避ける。」など、ごく当たり前のアドバイスしかありませんでした。私からの提案として、もっと積極的な感染症対策として、「アミノ酸5-ALA(5-アミノレブリン酸)」を、少なくともイベント日には、選手も観戦者にも飲んでもらうという案を出してみたところ、大変賛同していただくことができました。

 真夏のイベントですし、マスクをし続けるにも限界があります。例え観戦するだけであっても、マスクは苦しく苦痛です。極力、観戦者にはマスク着用をお願いするにしても、昼食時は外しますし、子ども達は、マスクを外したら近づくなと言っても、おそらく守れないでしょう。

 現時点で、イベント開催において、心配されることは次のとおりです。

1.新型コロナウイルスに感染すること。(選手、コーチ、観戦者)

2.感染者が紛れていた場合、感染を広げること。クラスターが発生する。

3.シェディングによる健康被害が起きること。(選手、コーチ、観戦者)

4.熱中症で、ダウンすること。(選手、コーチ、観戦者)


 感染症対策として、マスク着用、健康チェックシートの記入、朝の検温、手指の消毒など、日頃実施している対策はおこなうにしても、今問題になっている変異ウイルス対策や、シェディング対策としては、十分ではないと考えます。

 そこで、洲本ジュニアでは、コーチや一部の保護者などで、コロナ対策として飲んでいるアミノ酸5-ALAを、イベント日には、全員に配布し、飲んでいただく作戦を考えました。5-ALAサプリを飲むと、12時間くらい血中の5-ALA濃度が高くなり、対策効果が高まるようです。

 現時点で、新型コロナ対策(変異株対策も含め)としては、かなり効果が期待できそうですし、コストもさほどかかりません。また、アミノ酸ですから、疲労回復効果も期待できますし、スポーツ選手には最適だと考えます。持久力も向上し、ある意味では、熱中症対策とまではいきませんが、何らかの効果は期待できると考えます。

 それと、これはまだ確信がもてる情報ではないですが、ワクチン接種者も増えてきましたので、シェディング対策にも効果があると言われる5-ALAは、ワクチン接種者にも、未接種者にも恩知があると言われています。

 アミノ酸5-ALAサプリを、少なくともイベント当日に、関係者が全員飲み、感染症対策を強化するということを”洲本ジュニアモデル”にしたいなと、私は考えています。

 実は、兵庫県の強豪高校でインターハイ出場する選手や、クラブのOB,OGでも、5-ALAを、感染症対策と疲労回復、スポーツのパフォーマンス向上のために飲んでくれている子がいます。飲んでいる感想を聞くと、毎日飲んでいると疲れ方が全然違うと言っていました。オリンピック選手などにも、この5-ALAの凄さを知っていただきたいと思っていますが、まずは、身近なところから、定着させていきたいと思っています。皆さん、どうか、ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

 そうそう、8/8の夜の10周年祝賀懇親会(屋外BBQ)でも、食事前には5-ALAサプリを全員に飲んで貰うつもりです。洲本ジュニアのイベントでは、クラスターは、絶対に出しません。BBQの参加人数は、想像したより、ずいぶん少ないので、ちょっと寂しい感じですが、コロナ禍なので、仕方がないのかもしれません。(今からでも、参加者、歓迎ですよ。)

2021年7月18日 (日)

猛暑です!

 近畿大会も終わり、通常練習モードに入りました。朝の挨拶では、近畿大会の報告とお礼をしました。

 2人が近畿大会に出場し、頑張ることが出来たのは、仲間の協力、多くの先輩達の指導、コーチ、保護者の皆さん達のバックアップがあってこそです。ご支援、ご協力をいただきました皆さんに、あらためてお礼を申し上げます。

 さて、今日の練習には、OGの幸田さんが、参加してくれました。なんと、先週に引き続き、2週連続です。ありがとうございました。8/9に10周年記念大会で、OB,OGの団体戦を行うため、それに向けた練習も兼ねての参加だそうです。社会人・大学生チーム、2チームくらい作れたらいいですね。今のところ、みどりさん、あかねさん、あやかさん、まさえコーチ、ゆうやさんは、確定だと思います。私、久保コーチは、このチームに入る予定です。

 高校生チーム、中学生チームも、各2チームずつくらいは作りたいですね。皆さん、ご協力よろしくお願いします。

Pxl_20210718_031829624
↑幸田みどりさん、ありがとうございました!

 今日は、県夏季大会に出場する選手の選考会を行いました。出場希望選手のうち、初出場となる子については、審判がどれくらいできるかを確認させてもらいました。8名の初出場の希望者がおりましたが、2名は、残念ながら審判ができるレベルには達してなかったので、次回を目指して貰うことになりました。6名(3ペア)は、審判合格レベルではなかったですが、あと少し練習すれば、県大会には間に合いそうということで、条件付き合格としています。(男子4ペア、女子5ペアが出場決定)

 洲本ジュニア杯もありますので、しっかり実戦練習を積み、県大会で迷惑をかけないように、審判練習に励んでください。

Pxl_20210718_031752576
↑ぐんぐん上達中の2人です

Pxl_20210718_014637367
↑Dコートはレベルが上がってます。

 ゆうなは、コーチによく怒られていますが、今日は、ワイパースイングがかなりできるようになっていました。

 体験入会の3名も、すっかりソフトテニスが好きになっているようです。楽しみですね。

Pxl_20210718_031718997
↑みどり・まさえペアに挑むいさき・こはるペア

Pxl_20210718_031643764
↑Bコートも、よい雰囲気だと思います。

Pxl_20210718_014742226
↑Cコートでは、審判テスト中!

 Cコートのメンバーは、まだフォームが硬いのですが、ラリーも続くようになり、楽しそうにゲームをしています。審判は、まだまだ未熟ですが、県大会に出場するレベルには達しつつありますね。

 審判って、大人でも難しいんです。ソフトテニスは、子ども達に審判をやらせますから、いろんな失敗があります。あって当然なんですが、審判ミスはできるだけ減らしたいですね。1回のジャッジミスが原因で、負けることも多いからです。

 今日の練習中に、先週開催された中学総体で起きた審判の事例について、保護者の方から、まさえコーチに質問があったそうです。私はその現場にいないので、詳しいことはわかりませんが、内容を聞く限り、おかしな判断になっていましたね。

 その件についてではなく、一般的なことを書きます。

 ほとんどの中学生は、ジュニア審判の資格を持っていませんし、たぶん、審判の指導をきちんと受けたことはないと思います。逆に言えば、しっかりルールを知っている子は、正しく判断することができるので、得することも多いですね。

 正審が間違っている時は、タイミングよく質問にいったり、審判が無茶苦茶だったら、タイムをとって、大会本部のレフェリー(審判委員長、審判副委員長)に”提訴”し、正しい判定を促すこともできるのです。ルールを知らない新入生が審判をして、とんでもないジャッジミスを多発している試合も、中学生の大会にはあります。選手にしてみたら、たまったものではありません。そんな時は、提訴して、審判を交替させてもらうべきではないでしょうか。

【提訴】
アンパイヤー(正審、副審、線審の総称)の判定に対し、競技規則及び審判規則の適用に疑義を持ち、レフェリーに判定を求めることをいう。レフェリー(審判委員長、審判副委員長)の判定は最終のもので、アンパイヤーもプレーヤーも従わなければならない。

2021年7月14日 (水)

2021淡路地区中学総体

 私が近畿小学生選手権大会に行っていた7/10、11の2日間で、淡路地区中学総体が行われました。今年は、なんと会場が、国立淡路青少年交流の家と、ウェルネスパーク五色で開催されました。淡路地区大会としては、初のオムニコートでの総体開催になりましたね。

 今年もOB,OGの皆さんが、男女共に大活躍してくれたようです。活躍ぶりを観ることができず、残念でしたが、皆さん、本当にお疲れ様でした。

 上位に残れなかった3年生もいましたが、一生懸命戦ったと思います。ここで引退になってしまった3年生には、心からご苦労様という言葉を贈ります。また、いっしょにテニス出来る日を楽しみにしています。気軽にジュニアの練習にも顔を出してください。待ってます。

★個人戦 男子の部

1626188537695
(画像提供:Sさん)

1位 りょうすけ・ゆうたペア(三原)

3位 まさし・(   )ペア(三原)

5位 みつき・(   )ペア(津名)

ベスト12 せいと・(   )ペア(青雲)

以上 OB5名(すべて3年)が県総体へ出場します。

★個人戦 女子の部

1625989047708
(画像提供:Mコーチ)

1位 あやか・ゆなペア(三原)・・・1年ペア!

2位 ななみ・(みつかちゃんの姉)ペア(三原)

3位 いちか・まおペア(西淡)

3位 すずね・(   )ペア(一宮)

以上 OG6名(3年4名、1年2名)が県総体へ出場します。

 

★団体戦

男子

1位 津名(みつき所属)

2位 一宮

3位 青雲(せいと所属)、安乎

女子

1位 西淡(いちか、まお、さは、所属)

2位 三原(ななみ、あやか、ゆな、所属)

3位 南淡、津名

※団体戦は、上位2校が、県総体へ出場します。

【感想】

 個人戦では、3年生で、もっと勝ち残って欲しかった子も数名います。本人達は無念だったことと思いますが、これからもソフトテニスを楽しむ機会はたくさんあります。永く続けていたら、もっと楽しいこともたくさんあります。できれば、高校でも続けてくれたら嬉しいです。

 さて、個人戦では、OB,OGのアベック優勝となりました。やはり、ジュニアの時からいっしょにやっていたので、中学校になってからの活躍ぶりはさすがです。りょうすけ・ゆうたは、最後にようやく淡路チャンピオンになれましたね。

 あやか・ゆなは、まさかの1年生優勝です。これは、淡路島の最年少優勝記録ではないかと思います。初代キャプテンのゆうや・ゆうたペア(青雲)も、1年の全淡大会で優勝しましたが、秋の新人戦でしたから、3年生は引退していました。あやか・ゆなペアは、3年生の最後の総体で、優勝候補のいちか・まお、すずね、ななみ達がいる大会での優勝ですから、すごい大記録を作ってしまいました。これからのプレッシャーは、半端ないと思いますが、この調子で近畿、全国を目指し、頑張ってください。

 淡路地区大会では、不覚をとってしまったとはいえ、十分な実力がある3年生メンバーは、県大会で勝ち上がり、ぜひ、近畿大会出場を果たしてください。

 個人戦5位だったみつき君は、団体戦では見事に優勝したようですね。男子団体は、三原か、一宮、青雲と予想していたので、びっくりしました。おめでとうございます。その勢いで、県大会でも大暴れしてください。

 三原は団体の予選リーグで、一宮に勝っていましたが、決勝トーナメントでは、一宮に不覚をとってしまいました。予選リーグの対戦相手が、決勝トーナメントの1回戦で再度当たるという組み合わせは、なんかおかしいようにも思えます。まさえコーチの時代には、こんな組み方はしてなかったんじゃないですか。

 

 愚痴を言っても始まりませんね。見事に県総体への切符を獲得した皆さん、おめでとうございます。県大会までに、しっかり調整して、素晴らしい結果を出してください。頑張ってください。

★補足

 今朝の神戸新聞淡路欄に結果が掲載されていました。私が10年前に設立した洲本ジュニアだけじゃなく、今では、淡路ジュニアさん、一宮ジュニアさんを入れると3つの県小学生連盟に加盟したジュニアクラブが活動しています。それ以外にも、安乎クラブ、松帆クラブ、その他のクラブも小学生にソフトテニスを普及してくれています。
 上位入賞しているメンバーは、ほぼ小学生からソフトテニスをやってるメンバーですね。

Pxl_20210714_033907260

 子どもが減って、中学のクラブ活動は弱体する一方ではありますが、ソフトテニスに関しては、淡路のレベルアップに貢献できているのかなと、我々、各ジュニアチームの活動を自分なりに評価しています。

 皆さん、これからも協力し合いながら、そして、切磋琢磨しながら、ソフトテニスの楽しさを子ども達に伝えていきましょう。

 最後に、子ども達や保護者にお願いがあります。このスポーツは1人ではできません。ジュニアチームで上手になっても、中学校でひとりぼっちになったら、楽しくありません。同じ地区の友達を誘って、いっしょに練習しておくことが、中学校になってからもより楽しめる最良の方法になります。できたら、友達は一人じゃなく、たくさん誘って、いっしょにやりましょう。

 今年の結果を見ても、いっしょに同じ中学校に進学できた子は、しっかり成績を残せています。上手だったのに、中学校で良いペアと巡り会えなかった子は、本当に可哀想でした。

 1期生の時は、男子3名、女子5名が、青雲中に入学し、連戦連勝の大活躍を見せてくれましたが、やはり、仲間は大切ですよね。

 中学校でも活躍したいと思ったら、人任せにせず、自分でパートナーを探してきましょう!それが一番確実な方法です!

2021年7月13日 (火)

近畿小学生選手権大会 団体戦

  7/11(日)に行われた団体戦の記事です。帰ってからブログを書こうと思っていたのですが、疲れすぎて、パソコンを触る元気がありませんでした。まさえコーチも、お疲れだったようで、月曜日は有給休暇を取っていたので、昼前まで爆睡していました。私達は、試合を観ていただけなのに、こんなに疲れるものなんですね。特に、私やゆかコーチは、体力ありませんね。ぐったりです。誰か私に整体してください。(笑)

Pxl_20210711_054724396_3

 さて、2日目は団体戦です。しゅうが・ゆうやペアは、兵庫県Bチーム(県大会で5位~8位になったペアで結成)での参加になります。Bチームの監督は、県大会5位のチームから選ばれるので、上郡ジュニアの北見コーチが担当でした。県大会では、しゅうが・ゆうやペアは、5位の上郡ペアとファイナルゲームまで競っての敗退だったため、5位になってたかもしれません。もし、5位だったら、私がBチームの監督になっていました。(^O^)

 いきなり兵庫県チームの監督というのは、荷が重すぎますから、正直なところ、監督に選ばれなくて、ホッとしましたね。

 でも、もし監督になっていたら、自分ならどんな強化練習をさせて、どんなペアを作って、どんな戦い方をしたのだろうかと、いろいろ頭の中で考えながら、団体戦の応援をしていました。

Pxl_20210710_223745501

 2日目の朝一番の様子です。左端のゆうやとしゅうがは、やや緊張していて、硬いですね。まだ、チームに馴染めていないかなと思いました。仕方ないですね。

Pxl_20210711_014727092

 初戦の相手は、和歌山Bチームです。3回実施された強化練習では、負けっ放しだったしゅうが・ゆうやペアだったし、8位でギリギリ入ったメンバーだったので、団体戦のレギュラーで使ってもらえないと思っていました。他の6名は、強化練習の時から、ペア替えしながら試されていたのに、しゅうが・ゆうやペアは、ペア替えもされずでしたから、北見監督の考えは、まず戦力外だったのかなと諦めていました。強化練習で、負けっ放し、一番元気のないペアだったので、無理もありません。(後から聞いた話によると、しゅうが・ゆうやペアは、コンビプレーが多いので、ペア替えさせない方が良いという判断だったようです。そこを評価してくれてたんですね。)

 しかしながら、1日目の個人戦では、和歌山8位ペアをストレートで破りましたし、大阪1位ペア(近畿3位)にも、負けはしましたが、一方的な負け方ではなく、かなり善戦した戦いでした。ここをしっかり観てくれたようで、団体戦へのレギュラー昇格が決まったようです。

 4ペアいるので、予選リーグでは、交替しながら全員使うけど、もし、勝ち抜いて、決勝トーナメントになったら、しゅうが・ゆうやペアを起用することになっていたようです。

Pxl_20210711_012008080

 初戦の相手は和歌山Bチーム。しゅうが・ゆうやペアは、第3試合に起用されました。

 これには、私も、長瀬コーチ、中川コーチ、ゆかコーチ、まさえコーチも、焦りましたね。1勝1敗で、しゅうが・ゆうやに廻ってきたら、どうするんや!兵庫の看板背負わせるには、荷が重すぎるでしょ!

 できたら、第1試合に出して欲しかったなー。(^O^)

 2勝して、勝敗に関係なく、順番が来ることを祈ってましたが、1勝1敗で、出番が来てしまいました。

 まさえコーチが、私に言いました。

「まじか、めっちゃドキドキするやん。兵庫を背負って大丈夫なんか。」

私「昨日の調子なら、何とかなるやろ。緊張せずに、とにかく元気にやってくれたらなあ。今までお前も、さんざんドキドキさせてくれたよ。親の気持ちがわかるやろ?」

「いや、私は徳島代表だったけど、兵庫代表の方が、よっぽど看板が重いと思うけど。」

Pxl_20210711_035403376
↑しゅうがの副審 なかなか良いフォームで審判していますね。

 先週の練習では、徹底的に厳しくゆうやを指導しました。この本番では、できるだけニコニコして、声を掛けるように意識したのですが、長瀬コーチ、中川コーチの調整が上手くいったみたいで、過去最高のプレーを見せてくれたと思います。

 大きな自滅をせず、2ゲームを先取、3ゲーム目は、不運なジャッジミスもあり、相手に獲られました。4ゲーム目に、P3-2でマッチポイントを握ったのですが、しゅうがが、決めに行ったツイストの配球が甘く、決まりません。結局、4ゲーム目を落としてしまい、ファイナルゲームに突入してしまいました。

 嫌なムードが漂うなか、ファイナルゲームの1ポイント目、しゅうがのアンダーカットサーブが入り、練習してきたゆうやのボレーで1点を先取します。そこから、波にのって4点連取。1点獲られ、P4-1。そこから、一気に攻めて、3点連取。見事に兵庫Bチームに勝利をもたらしてくれました。和歌山Bチームに対し、2-1での勝利です。

 本当に素晴らしい仕事をしてくれたと思います。

 予選リーグでは、『京都A、和歌山B、兵庫B』の戦いだったのですが、2試合目に京都Aと和歌山Bの対戦があり、和歌山Bが2-1で勝ってしまいます。俄然、兵庫Bが有利という展開になってきました。兵庫陣営は、予選1位で抜けられると、誰しもが予測したのではないでしょうか。

 3試合目の京都Aとの対戦では、もともとしゅうが・ゆうやペアの出場は予定されていなかったので、他の3ペアの頑張りに期待するしかありませんでした。絶対勝ってくれると信じていましたが、1勝2敗でのまさかの敗退。京都A、和歌山B、兵庫Bは、1勝1敗で並んでしまうと言うまさかの展開になりました。

 得失ゲーム差による判定の結果、京都Aが1位で抜けることになりました。めちゃめちゃ悔しい結果です。

 ここを抜けることが出来たら、近畿大会ベスト4。団体戦の賞状を持って帰ることができたと思いますから、残念でしたね。勝負とは、こういうものなのかも知れません。

 和歌山Bの試合が終わった後、京都Aとの試合までの時間の過ごし方が、悪かったと北見監督がおっしゃってました。緊張の糸が切れて、男子の選手は、遊び回っていたそうです。監督自身も、「これで勝てる?」という気の緩みがあったと反省されていました。

 団体戦というのは、難しいですね。大変良い勉強になりました。

 しゅうが・ゆうやにとっては、本当に良い経験ができたと思います。団体戦でも1勝できたことは、大きな経験と自信に繋がったかと思います。ただし、団体戦のメンバーなら、もっと元気にテニスをしてもらいたい。それは、いつも指導していることですが、まだまだ出来ていません。それができるようにならないと、うちのエースとしては認めませんから、ますます頑張って頂きたいですね。大きな期待をして、これからもみんなで育てていきます!

Pxl_20210711_055914007

 試合が終わった後は、Bチームのメンバーとすごく仲良くなっていました。良いことですね。また、次の近畿大会で、いっしょに戦えるよう、頑張って貰いたいものです。

★近畿小学生選手権大会 団体戦の結果

男子:兵庫A 4位、兵庫B 予選敗退

女子:兵庫A 1位、兵庫B 予選敗退

Hyogoa
↑兵庫女子Aチーム 優勝おめでとう!

2021年7月10日 (土)

近畿小学生選手権大会初出場

Cimg38701ss

 悲願の近畿大会出場を果たすことが出来ました。

 レベルの高い兵庫県で、しかも練習時間もそう多くない当クラブが、この舞台に立っていること事態、奇跡だと思います。

 選手も、コーチも、本当によく頑張ってくれました。

 更に、奇跡が起きましたよ。予選リーグ戦では、まず和歌山県8位のペアと対戦したのですが、緊張の中、2人とも日頃の練習の成果をしっかりと出して、ゲームカウント3-0のストレート勝ち。本当に誇らしく思いました。

 次の相手は、第1シード、大阪府1位のペアでしたが、私の予想は、一方的にやられることはないと思っていました。予想通り、なかなかの善戦をしてくれて、ゲームカウント1-3で負けたものの、手応えを感じた試合ではありました。やりようによっては、勝てたと思っています。結局、この相手は、3位になったので、やはり強かったと思いますが、うちの子達も、良い勝負できたじゃないかと感心した試合でした。

 この舞台に上がれるように指導してくれたコーチの皆さん、多大な協力をいただいた保護者や、OB,OGの皆さんに、あらためて感謝を申し上げます。

 冬の近畿大会には、もっとたくさんのメンバーで出場できるように頑張りましょう。

★今日の兵庫県チームの個人戦成績

男子 2位、5位

女子 ベスト8に6ペア入賞、ベスト4を独占しました。近畿大会が、県大会みたいでした。

めちゃめちゃ強かったです!

 

Pxl_20210710_045448346s

 それから、今日のサプライズゲスト。久保コーチがわざわざ応援に来てくださいました。まさえコーチ達にとったら、久保コーチは、今の長瀬コーチのような存在だったと思います。

 コーチが来てくれた試合って、今までも、勝率が良いみたいなんです。これからも、どうぞよろしくお願いします。

 

 かなり、眠くなりました。明日は、団体戦です。兵庫県チームの必勝を願って、良い夢を見たいと思います。おやすみなさい。

2021年7月 9日 (金)

堺市に来てます

 明日、明後日と開催される近畿小学生選手権大会のために、堺市に入りました。

 試合するのは、しゅうがとゆうやですが、我々、監督、コーチも、なんかドキドキワクワクしています。

 今まで、たくさん泣いてきた二人ですが、きっと、良い試合をしてくれるはずだと確信しています。洲本ジュニアとして、初の近畿大会ですから、どんな結果になろうとも、笑って受け入れる覚悟です。

 近畿大会は、夏は8位まで、冬は12位まで出場できますから、私の予想では、まずは冬の近畿大会だろうと思っていましたが、なんと8位での夏の近畿大会出場は、正直なところびっくりしました。本当に、コーチも選手もすごい頑張ってくれたと感謝しています。

 コロナじゃなければ、大阪在住のOB,OG達や、縁のある方々に集合をかけるのですが、人数制限もあり、できませんでした。明日、明後日は、監督、コーチ2名、保護者兼コーチ2名の5名の体制で、頑張って来ます。

 皆さん、遠くから、必勝の念を送って頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

★淡路地区中学総体

 明日から、淡路地区の中学総体も開催されますね。
 中学生のOB,OG達も、しっかり頑張ってくださいね。神社で必勝祈願もしていますから、きっと、皆さんも大活躍してくれることだと楽しみにしています。

 結果より、今まで、どれくらい頑張って来たか、そして、どれくらいその成果を出せるかが重要です。特に3年生の皆さんは、悔いを残さない戦いをしてくださいね。

 勝っても負けても、8/8~9の洲本ジュニア杯10周年行事に集まってください。8/9は、OB、OG、コーチの交流戦(団体戦)をしますから、なんとか都合つけて、一人でも多くの皆さんの参加を待ってます。

 

それでは、小学生も中学生も、明日からの健闘を祈っています!

2021年7月 5日 (月)

4年以下の強化練習

 7/3(土)は、兵庫県4年生以下の強化練習(2回目)があったので、岡本コーチといっしょに参加してきました。うちのクラブから、参加資格があるのは、いちのすけ君だけです。

Pxl_20210703_002454406
↑寂しそうに一人で並んでいるのが、いちのすけ君です。(^O^) 今度は、ペアで呼ばれたいね。

 男子は16人くらい招集されていましたね。女子も同じくらいだったと思います。

 他のクラブ(強豪クラブ)は、だいたい同じチームから2~4名くらい選ばれているので、緊張もないと思うのですが、うちは、いちのすけ君だけだったので、さぞ、不安だっただろうと思いますね。でも、良い経験をさせてもらいました。

 いちのすけ君を、丸一日観察することができたので、彼の修正ポイントも見つかりました。私にとっては、それが一番良かった点ですね。

Pxl_20210703_043156157
↑神戸星城高校男子

 ちょうど、神戸星城の選手達が、40名くらい集まっていて、吉川総合公園で、練習をしておりました。ゆうや先輩の母校になります。

Pxl_20210703_043133109
↑強化メンバー達との試合も、たくさんやらせてもらいました。

 いちのすけ君にとっては、最高の練習になったんじゃないでしょうか。この経験を、洲本ジュニアの練習に活かしていきたいと思います。

 この強化練習というのは、兵庫県で開催される全国小学生大会に向けての特訓でありますが、一番大事な練習は、地元に帰ってからの日頃の練習です。今日のような緊張感のある練習を、洲本ジュニアの練習でもやっていかないと、全国大会に出場できるような選手にはなれないでしょう。

 いちのすけ君が学んできたものを、ぜひ、仲間に伝えてもらって、ますますレベルアップする洲本ジュニアになれるように、努力していきたいものです。

 兵庫県のライバル達と、切磋琢磨しながら、令和5年の全国大会での優勝に貢献できる選手になりましょうね。いちのすけ君!

自分のフォームをチェックしなさい

 先日、保護者LINEで子ども達全員のフォームを撮影した動画を配信していました。目的は、自分のフォームを確認してもらうためです。

 指導していただいているコーチから、毎週、何度も同じアドバイスをしているのに、なかなか上達しませんという相談を受けたからです。アドバイスしているのに、そのとおりにやろうとしないのか、それとも、自分ではやれていると勘違いしているのか?

 あるコーチからは、何度言ってもやらない子には、もっと強く叱っても良いのでしょうか?でも、急に強く叱ったら、保護者からクレームが来るかもしれないので、なかなか強くは叱ることが出来ません。という内容の相談も受けました。

 洲本ジュニアとしては、テニスを楽しく覚えてもらいたいので、初心者のうちは、ある程度優しく、楽しく、教えていきたいと考え、指導してきました。強く叱るのは、もっと上達して、勝ちを意識して練習をするようになってからで良いと思っています。もちろん、叱らなくても良いなら、それに越したことはありません。

 ただ、返事もしない、挨拶もしない、何度注意してもやろうとしない、指導したことに対して、本気で頑張ろうともしない場合は、初心者であろうと、上級者であろうと、容赦せずに叱って良いと考えています。(当然ですが、指導中に、叩いたりすることはしません。)

 今日は、コーチから相談があったので、とにかくまず、自分のフォームをみてもらって、いつも注意されていることが、できているのかどうか、自分で確認するところから練習をスタートしました。保護者には、動画を見せて、子ども達に考えて貰うように指示していたのですが、6~7割くらいは、見せてなかったようですね。かなり、がっかりしました。できている子なら、別に見せなくてもいいんです。残念ですが、多くの子が出来ていない、指導してくださっているコーチが、嫌になるくらい同じ注意をしているんですね。大変なんですよ、コーチの皆さんも。

 というわけで、まず、自分がどのようにできていないのかを理解してもらうことからスタートしました。できていないことがわかったんだから、できるだけ早くそれを改善しようじゃありませんか。我々コーチは、一生懸命教えていることが、できるようになってくれたら、嬉しいんです。うちのクラブの横断幕に、「もう1回の心」と書いていますよね。これは、子ども達が、「もう1回お願いします。もう1球お願いします。」と、食らいついてきて欲しいという意味もありますが、我々指導者が、「もう1回チャンスをあげるから、もう1回頑張って見なさい。もう1回、もう1回、まだできないか、よおし、じゃあ、もう1回やってみなさい。」という意味なのです。

 なかなか上手になってくれない子どもには、正直、コーチは嫌になってしまう、教えるのが嫌になってしまうことだってあるのです。しかし、下手であっても、必死で「もう1回お願いします!」という気持ちの伝わってくる子であれば、何度でも教えてやろうという気持ちになるものです。

 今日は、何とかして、1日でも早く、上達させたい、そんな気持ちから、一生懸命、眠い目をこすりながら、夜中の3時頃、子ども達の動画を編集した私の気持ちが、もう少し伝わってくれても良かったですね。

 私の考えに賛同し、洲本ジュニアの指導をこんなにたくさんのコーチがボランティアで協力してくださっていることに感謝しています。私も10年続けてきて、指導の大変さは、一番わかっているつもりです。コーチの皆さんが、より気持ちよく、より楽しく、活動していただきたいと思っています。そのために、保護者の皆さんも、子ども達も、協力していただけたら嬉しいです。

 何をすればよいのかわからないですか?簡単なことです。コーチの言うことを、もっと真剣に聞くことです。そして、それができるように集中して練習することです。わからなければ、何度でも質問することです。夢中になって、頑張れば、あっという間に上達しますからね。

 子ども達にはより楽しく頑張ってもらい、そして、保護者の皆さんにも、サポートいただき、コーチの皆さんが更に楽しく続けていただけるように、みんなで盛り上げていきましょう。(^O^)

 ちょっと、愚痴だらけになってしまったのですが、今日の練習では、A,B,C,Dコートの子ども達には、基本的には、たくさん褒めました。私がびっくりするくらい上達してきたからです。この調子で、頑張っていきましょう。

Pxl_20210704_032438385

Pxl_20210704_032235322

Pxl_20210704_032211965

Pxl_20210704_032311127

Pxl_20210704_032159702

★体験入会

 今日も体験入会は、3名(5年、3年、1年)参加してくれました。3名ともに、楽しくテニスしてくれていますから、正式入部も近いのかなと、楽しみにしています。

 洲本市では、まもなくすべての学校に、全スポーツクラブの募集案内が配布されるようなので、洲本市の小学生も、増えてくれると嬉しいですね。

 気軽に体験しに来てください。待ってま~す。

★近畿大会直前の特訓

 上級者メンバー全員に協力してもらって、近畿大会出場のしゅうが・ゆうやの特訓を行いました。

 私も、普段の2~3倍くらい厳しい監督を演じさせて貰いました。先日、新聞にも掲載されたし、先生や友達から褒められたりして、ちょっと浮かれているというか、自分は上手だなんて、調子に乗ってるかもしれません。気持ちを引き締めるためと、気合いを入れるために、あえてキツく、厳しく練習させました。今日が調子のピークじゃダメなのです。

 明日からは、肉体的にも、メンタル的にも、調子を上げていって、大会当日を迎えることができたら、ベストだと思います。

 出だしは、かなり厳しい指導でスタートでしたが、今日の4時間の練習の中で、だんだん相手のレベルを下げることで自信を持たせていき、最後の試合は、まさえコーチ・ゆうごペアで締めくくり。2ゲームあっさりリードされ、このままあっさり負けてしまうのかと心配しましたが、そこから、良いプレーがでてきて、ファイナルゲームまで巻き返します。二人の良いプレーがファイナルでも続き、最後、デュース、アドバンテージまで粘り、コーチペアが勝ったのですが、3ゲーム目からの粘りは、大変良かったと思います。

 こんな感じで、個人戦のしょっぱなも、自分達の良さを出してもらえれば、簡単に負けることはないと信じています。

 洲本に残る皆さんも、ぜひ、心で二人の活躍を願っていてくださいね。

2021年7月 2日 (金)

サーブは硬式に学ぶべし

 ソフトテニスでオーバーハンドサービスを打つ場合、初心者は、ウエスタングリップで正面に向いたまま打っています。だんだん上達するにつれて、グリップもセミイースタン⇒イースタン⇒コンチネンタルというように、変化していって、硬式テニスとほぼ同じフォームに近づいていきます。男子の場合は、イースタングリップへのチェンジが比較的早いのですが、女子は、ウエスタングリップから脱却できない選手が多いように思います。

 女子は、男子と筋力も違うし、なかなかできないのだと言われますが、硬式テニスプレイヤーは、女子も上手にイースタングリップでサービスを打ちます。これは、やはり練習の仕方なんだろうと思います。

 硬式テニスをある程度経験された方は、サービスが上手です。うちのクラブの森本コーチは、ジュニア、中学とソフトテニスを経験(全国上位レベル)し、高校で硬式テニスを経験されていた方です。オーバーハンドサービスが、とっても上手で、勉強になりますので、ご紹介させていただきます。

 

 森本コーチのサービスの良いところは、たくさんあるのですが、皆さんに参考にしてもらいたいのは、まず、トスの高さ。ソフトテニスの選手は、無駄にトスが高い人が多いと思います。風で流されるので、トスが高すぎるサーブは改善した方が良いでしょう。

 次に、トスアップする方向です。以前に、私が動画で説明をしたことがあるのですが、再度、動画を掲載しておきます。森本コーチは、まさに私が推奨する方法でトスアップをされています。

 

 最近、プロテニスプレイヤーの羽生沢哲朗さんのYouTubeチャンネルをよく見ています。硬式テニスのプロですが、ソフトテニスのコーチもされているそうです。

 『はぶさわ soft tennis channel』というのですが、非常にレベルの高い内容を、わかりやすく説明してくれるので、ぜひ勉強させてもらってください。特に、上位を目指す選手には、必見の内容ばかりです。ただ、4スタンス理論の理屈でいうと、100%そのとおりにすれば良いかというと、ちょっと違うかも?というところもあるのですが、素晴らしい動画ばかりですので、時間をかけて、じっくり勉強されてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑4スタンス理論でいうA2タイプとB1タイプ、つまり、パラレルタイプ(背筋主導)の人は、どうしても背屈しやすいかもしれないですね。森本コーチはB2タイプ、私は、A1タイプです。クロスタイプ(腹筋主導)だと、自然と掌屈するのかな。

 

 

↑A1、B2タイプの人は、グリップを斜め持ち(ガングリップ?)しやすいのですが、はぶさわさんのおっしゃるとおり、ハンマーグリップの方が、プロネーションはしやすくなります。なので、A1、B2タイプの人は、完全なハンマーグリップじゃなく、少し斜めにもったハンマーグリップが、最適なのかもしれません。

 

 

 

 

↑サーブは身体を廻しすぎたらダメ。重要なポイントです。

 

 

 

 
↑はぶさわさんは、B2タイプだそうです。森本コーチ(B2タイプ)のフォームも似てますね?

 いかがでしたか?はぶさわさんのチャンネルに行くと、まだまだたくさんの動画があります。

 どれもこれも大変参考になる動画ばかりなので、ぜひ、皆さんも参考にされてはいかがでしょうか?

2021年7月 1日 (木)

必勝祈願

Pxl_20210701_065229321

Pxl_20210701_065225250

 今日は、1日なので、ふと思い立って、洲本八幡神社といざなぎ神宮へお詣りに行ってきました。

 来週7/10、11に開催される近畿小学生大会に出場するしゅうが・ゆうやペアのこと、兵庫県チームのこと、そして、同じ日に開催される淡路地区中学総体に出場するたくさんのOB,OGたちのこと、また、7/18に近畿高校総体に出場する洲本高校で頑張っているOGたちの活躍を祈願してきました。

 気持ちを込めて、大神様の前で、私なりに祝詞を奏上してきました。必勝祈願の折は、いつも絵馬も書くようにしています。

 どうか、みんなが悔いを残さないように、ケガなく当日を迎えられますように、そして、精一杯の力を出し切ることができますように。

 私は、こんなことしかできませんが、離れたところからでも、みんなの活躍をお祈りしています。頑張って来てくださいね。

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック