洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« サーブは硬式に学ぶべし | トップページ | 4年以下の強化練習 »

2021年7月 5日 (月)

自分のフォームをチェックしなさい

 先日、保護者LINEで子ども達全員のフォームを撮影した動画を配信していました。目的は、自分のフォームを確認してもらうためです。

 指導していただいているコーチから、毎週、何度も同じアドバイスをしているのに、なかなか上達しませんという相談を受けたからです。アドバイスしているのに、そのとおりにやろうとしないのか、それとも、自分ではやれていると勘違いしているのか?

 あるコーチからは、何度言ってもやらない子には、もっと強く叱っても良いのでしょうか?でも、急に強く叱ったら、保護者からクレームが来るかもしれないので、なかなか強くは叱ることが出来ません。という内容の相談も受けました。

 洲本ジュニアとしては、テニスを楽しく覚えてもらいたいので、初心者のうちは、ある程度優しく、楽しく、教えていきたいと考え、指導してきました。強く叱るのは、もっと上達して、勝ちを意識して練習をするようになってからで良いと思っています。もちろん、叱らなくても良いなら、それに越したことはありません。

 ただ、返事もしない、挨拶もしない、何度注意してもやろうとしない、指導したことに対して、本気で頑張ろうともしない場合は、初心者であろうと、上級者であろうと、容赦せずに叱って良いと考えています。(当然ですが、指導中に、叩いたりすることはしません。)

 今日は、コーチから相談があったので、とにかくまず、自分のフォームをみてもらって、いつも注意されていることが、できているのかどうか、自分で確認するところから練習をスタートしました。保護者には、動画を見せて、子ども達に考えて貰うように指示していたのですが、6~7割くらいは、見せてなかったようですね。かなり、がっかりしました。できている子なら、別に見せなくてもいいんです。残念ですが、多くの子が出来ていない、指導してくださっているコーチが、嫌になるくらい同じ注意をしているんですね。大変なんですよ、コーチの皆さんも。

 というわけで、まず、自分がどのようにできていないのかを理解してもらうことからスタートしました。できていないことがわかったんだから、できるだけ早くそれを改善しようじゃありませんか。我々コーチは、一生懸命教えていることが、できるようになってくれたら、嬉しいんです。うちのクラブの横断幕に、「もう1回の心」と書いていますよね。これは、子ども達が、「もう1回お願いします。もう1球お願いします。」と、食らいついてきて欲しいという意味もありますが、我々指導者が、「もう1回チャンスをあげるから、もう1回頑張って見なさい。もう1回、もう1回、まだできないか、よおし、じゃあ、もう1回やってみなさい。」という意味なのです。

 なかなか上手になってくれない子どもには、正直、コーチは嫌になってしまう、教えるのが嫌になってしまうことだってあるのです。しかし、下手であっても、必死で「もう1回お願いします!」という気持ちの伝わってくる子であれば、何度でも教えてやろうという気持ちになるものです。

 今日は、何とかして、1日でも早く、上達させたい、そんな気持ちから、一生懸命、眠い目をこすりながら、夜中の3時頃、子ども達の動画を編集した私の気持ちが、もう少し伝わってくれても良かったですね。

 私の考えに賛同し、洲本ジュニアの指導をこんなにたくさんのコーチがボランティアで協力してくださっていることに感謝しています。私も10年続けてきて、指導の大変さは、一番わかっているつもりです。コーチの皆さんが、より気持ちよく、より楽しく、活動していただきたいと思っています。そのために、保護者の皆さんも、子ども達も、協力していただけたら嬉しいです。

 何をすればよいのかわからないですか?簡単なことです。コーチの言うことを、もっと真剣に聞くことです。そして、それができるように集中して練習することです。わからなければ、何度でも質問することです。夢中になって、頑張れば、あっという間に上達しますからね。

 子ども達にはより楽しく頑張ってもらい、そして、保護者の皆さんにも、サポートいただき、コーチの皆さんが更に楽しく続けていただけるように、みんなで盛り上げていきましょう。(^O^)

 ちょっと、愚痴だらけになってしまったのですが、今日の練習では、A,B,C,Dコートの子ども達には、基本的には、たくさん褒めました。私がびっくりするくらい上達してきたからです。この調子で、頑張っていきましょう。

Pxl_20210704_032438385

Pxl_20210704_032235322

Pxl_20210704_032211965

Pxl_20210704_032311127

Pxl_20210704_032159702

★体験入会

 今日も体験入会は、3名(5年、3年、1年)参加してくれました。3名ともに、楽しくテニスしてくれていますから、正式入部も近いのかなと、楽しみにしています。

 洲本市では、まもなくすべての学校に、全スポーツクラブの募集案内が配布されるようなので、洲本市の小学生も、増えてくれると嬉しいですね。

 気軽に体験しに来てください。待ってま~す。

★近畿大会直前の特訓

 上級者メンバー全員に協力してもらって、近畿大会出場のしゅうが・ゆうやの特訓を行いました。

 私も、普段の2~3倍くらい厳しい監督を演じさせて貰いました。先日、新聞にも掲載されたし、先生や友達から褒められたりして、ちょっと浮かれているというか、自分は上手だなんて、調子に乗ってるかもしれません。気持ちを引き締めるためと、気合いを入れるために、あえてキツく、厳しく練習させました。今日が調子のピークじゃダメなのです。

 明日からは、肉体的にも、メンタル的にも、調子を上げていって、大会当日を迎えることができたら、ベストだと思います。

 出だしは、かなり厳しい指導でスタートでしたが、今日の4時間の練習の中で、だんだん相手のレベルを下げることで自信を持たせていき、最後の試合は、まさえコーチ・ゆうごペアで締めくくり。2ゲームあっさりリードされ、このままあっさり負けてしまうのかと心配しましたが、そこから、良いプレーがでてきて、ファイナルゲームまで巻き返します。二人の良いプレーがファイナルでも続き、最後、デュース、アドバンテージまで粘り、コーチペアが勝ったのですが、3ゲーム目からの粘りは、大変良かったと思います。

 こんな感じで、個人戦のしょっぱなも、自分達の良さを出してもらえれば、簡単に負けることはないと信じています。

 洲本に残る皆さんも、ぜひ、心で二人の活躍を願っていてくださいね。

« サーブは硬式に学ぶべし | トップページ | 4年以下の強化練習 »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サーブは硬式に学ぶべし | トップページ | 4年以下の強化練習 »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック