洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 取材を受けました | トップページ | フットフォールト »

2021年9月 5日 (日)

自分の身は自分で守るべし

 緊急事態宣言もこの調子だと延長になりそうですね。

 国の対策が、残念ですが間違っていると思いますので、正直なところ、自分や家族の安全は、国任せじゃなく、自分で守るしかないと考えている今日この頃です。最近の日本の状況では、毎月、8,000~10,000人が、ワクチン接種後に死亡しているようです。このままでは、今年のうちに、日本で10万人は亡くなってしまいそうです。高齢者がかなり亡くなってしまいましたが、これからは、若い世代にも死亡者が増えていくことは、間違いないと思われます。真実が報道されない状況に、恐怖しかありません。皆さん、本当にお気をつけください。

 デルタ・ウイルスは、従来のウイルスより弱毒化し、死亡者は減ってきています。感染力は増しているものの、予防薬で防げますし、もし感染したとしても早期治療すれば、数日で治ってしまうようです。今までは、自宅療養ではなく、”自宅でほったらかし”されたので、重症化したり、死亡したりする方がいたのです。いまだに、予防薬や治療薬を準備されていない方は、”自宅ほったらかし”になってしまうことが想像できます。もしもの備えは、万全にしておきましょう。今のワクチンは、感染予防にならないですよ。重症化予防になっていると言われていますが、たぶん、そのうちウソはバレます。ワクチン先進国での現状のデータを見れば、日本の未来も予測できます。(あくまでも、私の個人的見解です。信じるか信じないかは、皆さんの勝手です。)

 愚痴ばっかり書いてしまってすみません。

 それでは、今日の練習の記事を書きますね。

 今日は、緊急事態宣言のため、選手2名とコーチ2名が欠席でしたが、想像していたよりは、たくさんの方が、元気に練習へ参加してくれました。

 今日の練習では、準備運動、ラダートレーニングの後、いつもやらない練習をいくつかやらせてみました。

1.遠くへ飛ばす練習。フェンスを越えてホームランを打たせます。

 身体全体を使って、遠くへ飛ばす練習をさせました。手打ちでは、遠くへ飛びませんから、強いボールを打てるようにするためには、このような練習も大事です。選手をこぢんまり育てるのではなく、大きく育てたいと考えていますから、ダイナミックなフォームで、強いボールを遠くへ飛ばすこと!大事な練習ですね。

2.早いタイミングでボール出しして、テンポ良く打たせます。

 次々と出されるボールに対して、構え⇒テークバック⇒スイング⇒繰り返します。足を固定ぜずに、小刻みに早く動かしながら、テンポ良く打ちます。

 コンパクトに無駄なく、リズム良く、スイングすることが大切です。

 練習というのは、コーチ側も難しいということを実感します。選手の技術レベルに合わせて、球出しのテンポ、強さ、難易度を変えてやることが必要になります。上級者と中級者、初級者では、球出しのやり方は変えないと行けません。もっと言えば、個々のレベルで変えてやらないといけないのです。コーチ陣も、この子をなんとかして上手にしたいと頑張っています。我々、指導者も創意工夫をしながら、経験を積んで、上達していきましょう。

 例えば、振り回しをするとしたら、その選手が、ぎりぎり取れるようなボールを出してやることが重要です。簡単すぎるボールも意味がなく、まったく取れないボールも意味がないのです。

 目新しい練習だったためか、みんな楽しそうにやってましたね。前半の練習は、みんなで同じ事をやらせましたが、後半は、各コートに分かれ、指導しました。

Pxl_20210905_002947875
↑先輩が後輩に教えてくれていますね。自分のことだけじゃなく、後輩のことまで、気にしてくれる子は、必ず上達します。

Pxl_20210905_004729781
↑遠くへ飛ばす練習ですね。

「ライナー性のボールを打ってみて!」と私が指示したのですが、後から聞いた話では、「ライナー」の意味が、子ども達には伝わらなかったようです。ゴメンね~!

ライナーとは?

空中を低く、直線的に飛ぶ打球のことです。野球では、よく使う表現ですね。
保護者の皆さん、お手数ですが、家で説明しておいてください。

Pxl_20210905_004735384
↑これも、遠くへ飛ばす練習かな。

Pxl_20210905_010233172
↑更に強いボールが打てるようになれば、レベルアップ間違いなし。

Pxl_20210905_014228692

Pxl_20210905_011313376
↑良い構えですね。自宅での特訓の成果かな?上手くなってきました。

Pxl_20210905_023050737
↑Cコートは、りゅうしん君の声だけ聞こえますよ。
女子達、もっと元気に声を出してください。

Pxl_20210905_021843094
↑フットワークを使いながらのストローク練習

Pxl_20210905_021901343
↑最近、コーチのおかげで盛り上がってきた初級者組

★紫外線対策のサングラスモニター中です!

Pxl_20210905_011227715
山本光学(SWANS)製
フレーム:SPRINGBOK フォレストブルー
レンズ:クリア

Pxl_20210905_033929405
山本光学(SWANS)製
フレーム:Lion sin Compact ダークメタリックブルー
レンズ:ULTRA ライトアイスブルー

↑前回、SPRINGBOKを試してもらいましたが、サイズ的には、こっちの方がぴったりみたいですね。

Pxl_20210905_010225209
山本光学(SWANS)製
フレーム:SPRINGBOK ブラック×レッド
レンズ:シルバーミラー×ULTRAアイスブルー
をご購入されました。

アイスブルーレンズは、コートの白線が見やすいと絶賛されていました。

 

 山本光学(株)様から、お借りしているサングラスは、しばらくありますので、試してみたい選手、保護者の方がいれば、遠慮なくお申し出ください。ご意見や感想も、メーカーにフィードバックしますので、よろしくお願いします。また、注文も受付中です。

« 取材を受けました | トップページ | フットフォールト »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 取材を受けました | トップページ | フットフォールト »

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック