洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

« 全国大会(白子)予選会 | トップページ | 4スタンス理論の特別講習会 »

2022年11月26日 (土)

楽しい団体戦!三田クラブ対抗戦

Pxl_20221126_000459871

 三田ジュニアさんが主催のクラブ対抗戦に参加させていただきました。

 この大会には、近畿、中四国、東海、遠くは、東京や福岡からも、参加チームがありました。そのためか、感染対策も、『これぞ日本』という様々な対応がとられていて、準備されたスタッフの皆さんのご苦労が、大変よく伝わってきました。

 本当にありがとうございました。

 サッカーのワールドカップなど、世界の状況を知ると、早く日本も、新型コロナ騒動が始まる前の状況に戻してもいいのにと、個人的には考えていますが、しばらく我慢するしかないのでしょうね。あの注射によって、接種者がうつしあっているのが、真実であると、京大の某名誉教授がおっしゃっていましたが、海外のように接種事業をやめない限り、収束することはないのかもわかりません。

★チャンピオンズカップ

 上中級者は、チャンピオンズカップに出場しました。うちは、ベストメンバー6名で挑みたかったのですが、一人都合がつかず、やむを得ず、4年のりょうくんを助っ人にして、戦いました。

 予選リーグ戦の初戦で、強豪”龍野B”さんと対戦し、2対1で快勝したものの、2戦目で、優勝候補”朝日STC(田原STCとの混合)”さんに、1対2で敗退し、予選リーグを抜け出すことができませんでした。

 うちにとっては、天敵といえる龍野さんに勝てたのは、大変うれしかったです。Bチームでしたが、過去の洲本ジュニアだったら、Bチームにも勝てなかったと思います。

 朝日STCさんは、このまま勝ち進み、チャンピオンズカップの覇者となりました。さすがですね。

 我々としては、団体戦なんて、めったに経験できないので、子供たちには、精一杯楽しんでもらいたいと願っていました。チャンピオンズカップに出場した6名は、ムードメーカーのりょうくんがノリノリで応援してくれたおかげもあり、とっても元気に楽しそうに試合や応援をしてくれました。

 予選リーグ突破という夢は、惜しくも敗れましたが、3ペアともに、良い試合をしてくれました。まあ、今日のところは、良しとしましょう。(^_-)-☆

 6名ともに、県大会よりも、出来が良かったように思いました。

Pxl_20221126_042731154 
↑チャンピオンズカップに出場した6名の勇者たち


★チャレンジカップ

 チャンピオンズカップにエントリーできなかったメンバーで、チームを作りました。7名の予定だったのですが、怪我人が出てしまい、6名ちょうどのエントリーとなりました。1人多めにエントリーしておいてよかったです。

Pxl_20221126_060611102
↑チャレンジカップの選手たち


 予選リーグは、初戦が優勝候補筆頭の姫路さん、2戦目が御津さんでした。

 姫路さんには、手も足も出ないかも?と予想していましたが、のえる・まなみペアが先勝し、あとのペアに望みを繋ぎましたが、そこからは姫路さんも実力を発揮され、2連敗でした。やっぱり強いです。姫路さんは、今回もチャレンジカップの覇者となりました。

 御津さんには、何とか勝ちたいと思ったのですが、1勝1敗で迎えた3番勝負で、かなり競り合ったのですが、敗退してしまいました。チャンピオンズカップのメンバーのような元気が、チャレンジカップのメンバー達にも欲しかったですね。残念でした。

 のえる・まなみペアは、本日、なんと2勝!!

 県大会でも箱抜けしたように、確実に上達しているようです。

 他の4人も、技術的には上達が見えました。団体戦なんだから、もっと元気よくやろうってアドバイスしましたが、今後の課題ですね。

Pxl_20221126_012800477
↑団体戦なので、後ろで保護者も必死で応援してくれました。ベンチの選手以外は、声出しちゃいけないルールだったので、拍手だけでしたけど・・・。

« 全国大会(白子)予選会 | トップページ | 4スタンス理論の特別講習会 »

大会の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国大会(白子)予選会 | トップページ | 4スタンス理論の特別講習会 »