洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2017年8月 5日 (土)

淡路島まつり

Cimg9788_r

 2017淡路島まつりの踊り大会に参加しました。実は、私は『スポーツクラブ21大野連』という地元地域で発足した阿波踊り連の指導もしています。徳島県出身ということもあり、そこそこ踊れるんですよ。30歳後半くらいまでは、阿波踊りもプロ的な活動をしていましたが、今は、年に一度、淡路島まつりで踊る程度です。

Cimg9794_r

Cimg9796_r


↑動画をいただきましたので、アップします。ありがとうございました。


 洲本ジュニアの部員からも、数名が阿波踊りに参加してくれました。初めて阿波踊りを踊った子供達も、楽しそうに踊ってくれました。

 私も今日は、最後まで倒れずに踊れたので、良しとします。むしろ、昨年よりは、動ける身体になったかもしれないです。

 沿道で声をかけてくれた皆さん、どうもありがとうございました。

 さあ、明日は洲本ジュニアの練習日です。しっかり頑張りましょう。

2017年7月27日 (木)

負け知らず!

Daruma


 『負け知らず』という言葉がありますが、洲本ジュニアができて、1年目、2年目などは、『勝ち知らず!』でした。(笑)

 いろんな大会に参加させてもらうようになったものの、とにかく勝てませんでした。負けても、負けても、くじけずに、いろんな大会へ参加させてもらっていました。

 まさに、『七転び八起き』の精神で、くじけずに、頑張って努力を続けていたと思います。

 その頃にいっしょに頑張っていた子供達が、高校生になり、3名も福島インターハイへ遠征しています。みんなまだ補欠なので、試合には出られませんが、きっと、来年はレギュラーになっているのではないでしょうか。あの頃を考えると、夢のようです。

 また、今日から兵庫県中学総体も始まりました。OB,OGが、何人か県大会へ出場していますが、女子では、みうちゃんとりこちゃんが、個人戦でベスト16まで勝ち上がったという連絡が入りました。あと一つ勝っていたら、近畿大会出場だったのですが、2人にとっては、過去の県大会で一番良い成績だったと思います。最後の総体で実力を出し切ったのではないでしょうか。他の3年生の皆さんも、これが中学校最後の大会になりましたね。今まで、本当にお疲れ様でした。

 1年、2年で、県総体に出場できたOB,OGの皆さんは、来年は、もっと良い結果が出せるように、そして、近畿、全国大会を目指して、新たなスタートを切ってください。

 これからも、みんなを応援していますよ。

2017年7月17日 (月)

初、穴吹川BBQ

 今日は、『海の日』でしたね。

 洲本ジュニアの記事でなくて申し訳ないのですが、今日は、娘の寮の近くの穴吹川で、BBQをしてきました。

 吉野川水系穴吹川は、剣山を源流として美馬市木屋平~穴吹町を流れ吉野川にそそぐ一級河川で、夏になると徳島県内有数の川レジャースポットとしてにぎわうそうです。「日本一の清流」とも呼ばれている?そうですよ。

 私は初めてだったんですが、本当に驚くほどきれいな水質で、感動しました。

 ここには、いつか洲本ジュニアの遠足として、みんなを連れて行ってあげたいと思いました。テニス合宿するのも、いいかもしれませんね。

Cimg9763_r

Cimg9746_r

Cimg9762_r

Cimg9744_r

2017年7月16日 (日)

淡路中学総体大活躍

 午前中の練習の後、淡路中学総体女子個人戦の応援に行って来ました。場所は、一宮中学校です。

 今年もたくさんの洲本ジュニアOG達が、頑張っていました。もう少しで、県大会進出という残念な子もいたんですが、結局、優勝、3位、3位、ベスト8という素晴らしい結果を残してくれました。

 中学校でご指導をいただいた先生や、チームメートのおかげだと、感謝しています。たくましく成長した子供達から、たくさんの感動をいただきました。ありがとう。

 県大会へ出場する皆さんは、淡路の代表として、大暴れしてきてください。

 また、県大会出場を目標に頑張ってきて、あと1歩及ばなかった選手には、この悔しさを、ぜひ、高校生になってから晴らしてほしいと願っています。あなたたちのソフトテニス人生は、まだまだ続きますよ~。

 応援には行けなかったけど、男子のOB達、どんな結果だったんでしょうか。連絡、待ってるよ~。

2017年7月15日 (土)

中学淡路総体だー!

今日と明日は、中学校の淡路総体が行われています。

今日は、団体戦、明日は個人戦です。

仕事の都合がつかず、団体戦の応援に行くことができませんでした。OB,OG達が、活躍しているところを、この目で観たかったんですが、行けませんでした。

夜に施術を受けに来てくれたOGから、女子の団体戦の結果は、少し聞きましたが、聞いてるだけでみんなの頑張りが伝わってきて、嬉しかったです。

自分の結果に満足した人、悔しかった人、いろいろだったと思いますが、明日の個人戦では、とにかく悔いを残さない戦いをしてください。

明日もジュニアの練習があって、午後からしか観戦することができません。私が到着したときに、たくさん勝ち残っていることを、祈っています。

3年生にとっては、これが最後の大会になる人も多いですね。

みんな、今までよく頑張ってきました。洲本ジュニアでソフトテニスと出逢い、私たちコーチと出逢い、中学校でもソフトテニスを続けてくれました。本当にありがとう。

明日は、思いっきり力を出し切れ!そして、楽しんで来い!応援してるぞ!

2017年7月 2日 (日)

キャリー

 クラブのOGから、こんな話を聞きました。

 高校のソフトテニス部で、2級審判員講習会があり、県内の高校一年生が一同に集められた時の話です。

 講師から、ルール説明を受けていた時、偶然、講師と目があって、指名をされたそうです。

「インプレー中に、ラケットのイチョウ部分にボールが挟まってしまいました。これは、失ポイントになりますが、これを何というでしょうか?」

 この先輩は、間髪入れず、

「キャリーです!」

と、答えることができたそうです。

「おっ、良く知ってたな。どこの学校の生徒?」

「はい、○○高校です。」

「ほー、さすがやな。」

と、褒められたそうなんですが、周りの友達は、”キャリー”を知らなかったみたいです。

意外と知らない子は多いんじゃないでしょうか?

しかし、洲本ジュニアの創生期のOB,OGは、審判の講習会をまめにやったので、キャリーを知らない子は、たぶんいなかったんじゃないでしょうか。

 その話を聞いて、教えておいて良かった~と、ホッとしました。

 高校生になると、2級審判員の講習会を、全員が受講することになると思います。その際、2級審判員の登録費が、普通は2,000円必要になります。

 ここで、覚えておいてほしいのは、ジュニア審判員の資格を持っている子は、2級審判員の登録費が割引され、1,000円で良いということです。

 うちのOB,OGの中で、ジュニア審判員資格を取得して卒団した人は、高校生になり、2級審判員の登録をする際、2,000円支払う必要はありませんよ。知らずに損をしている子が多いと思うので、気を付けてくださいね。

2017年6月10日 (土)

土曜チャレンジ教室

Cimg6617_r

 今日は、松帆地区公民館で開催された『土曜チャレンジ教室(ちびっこテニス教室)』の講師をしてきました。

 このイベントは、放課後子ども教室でボランティアをされている方から、依頼をされたものです。最初は、阿波踊り体験の講師をと頼まれたのですが、阿波踊りよりも、ソフトテニスの方が子供達は喜ぶんじゃないでしょうかってことで話が決まりました。

 その後、南あわじ市教育委員会 体育青少年課の担当の方と、打ち合わせをさせていただいたんですが、6月、7月は、私もスケジュールがびっしり・・・。お断りしようかと、正直思ったんですが、せっかくソフトテニスを子供達に体験してもらえるチャンスです。

 仕事を半日休んででも、協力させてもらうことにしました。

Cimg6621_r

 対象は、放課後子ども教室開設校(辰美小、湊小、西淡志知小、三原志知小)の子供達ってことでしたが、申込者が、30名にもふくれあがってしまいました。最初のお話では、20名までにしますってことでしたが、これには本当にびっくりしましたが、せっかく申し込んでくれたので、全員OKってことにしました。

 そこで、とても私とゆかコーチだけでは、指導できる人数ではないので、松田コーチと久保さん(ゲンちゃんパパ)にも手伝っていただきました。

 お手本のモデルも必要なので、地元のまおちゃんと、さはちゃん、それに、ゆなちゃんと、ゲンちゃんにも、手伝ってもらいました。

 まったくテニス初体験の子供達ばかりでしたから、お手伝いメンバーが来てくれて、本当に助かりました。みんなありがとうございました。

Cimg6618_r

Cimg6620_r

 3時間という時間の中で、ちびっこ達に運動の楽しさ、ソフトテニスの楽しさを、少しでも感じてもらおうと、いろいろ工夫して、練習をしてもらいました。

 ほとんどの子は、休憩中でもラケットとボールをもって遊んでいましたから、きっとテニスが楽しかったんだろうと思います。

 近い将来、またソフトテニスをする機会があるといいですね。中学生になったら、ぜひ、ソフトテニス部に入部してください。

 もし、小学生のうちから、ソフトテニスをやりたいという子がいたら、ぜひ、洲本ジュニアに遊びに来てくださいね。待ってマース!

 明日の夜から、毎年恒例の阿波踊りの練習も始まります。そっちのボランティア講師もやり続けて、はや12年くらいになります。自分の身体のメンテナンスも、しなくちゃいけないですね。

2017年5月22日 (月)

テニスの教え方、教えます

00011


 とても興味深いテニスの本を見つけて、早速購入しました。見ての通り、ソフトテニスの本ではありませんが、大変勉強になりました。

 なかでも、技術編ではなく、『第6章 テニスの教え方、教えます』ってところに、共感しました。

 少しだけ紹介すると・・・

★7歳から9歳の教え方、教えます!

 9歳までは、試合の勝ち負けを重要視しない。大切なのは、エネルギーがあるスイングをすること。幹となる大きなスイングができるように育てる。また、テニス用のフットワークを作ることが重要。

 何よりもこの年代はテニスを楽しみ気持ちが一番。練習の日が待ち遠しくてたまらないという心が芽生えてくれば次の成長が待っている。

★10歳から12歳の教え方、教えます!

 小手先の技で目先の勝ち負けにこだわるようには教えない。この年代では試合に勝つのは、野球の1番、2番バッターのように、器用にボールをコントロールできる子供ですが、それを目指さず、4番バッターを目指す。どうすれば試合に勝てるかが重要なのではない。

9歳までにマスターした幹のスイングをさらにスケールアップさせることが重要。10歳から12歳になると、スイングスピードをアップさせることを考えさせる。どんなボールが来ても、4番打者のように振り切るスイングを要求するので、試合になるとアウトばかり。相手より動きもスイングも良いのに、試合では負けてしまう。(笑)

 試合に勝ちたいが故に、「かわすテニス」をした場合は、きっちり叱る。そんなことをしていたら将来につながらないから。

★13歳から15歳の教え方、教えます!

 試合も多くなってきますが、目先の勝利よりも、1年後、2年後に勝てるテニスを身に着けさせる。13歳から15歳は、まだまだ発展途上、ここがゴールではない。
 「ボールは入らないけど、打つボールはすごい。」と言われる子供でいて欲しい。

 ベースがしっかりしていれば、いつかテクニックと身体がジャストフィットするときが来る。成長の速度は人それぞれ。やるべきことを日々行うことが大切である。


 というようなことが書かれていました。すごく共感しました。


 うちのチームでも、ジュニア時代は、豪快なスイングでアウトばっかりしていた子が、やがて中学校では活躍し始め、高校では、ついに目標としていた近畿大会に出場するほど成長したという事例もあります。

 スポーツの世界では、ジュニア時代に日本一になるほど活躍した選手が、大人になるにつれ活躍できなくなっていったという事例は、たくさんあります。

『子供達を、大きく育てるために、今、我々は何を教えてやればいいか?』

いろいろ考えさせてくれた名著だと思いました。

2017年4月 8日 (土)

別れ、旅立ち、入学、成長

 中学校の入学式が、金曜日にあったようです。洲本ジュニアを今年卒団した13名の皆さん、保護者の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 いままで、私たちコーチ陣が、手塩にかけて育ててきた子供達です。中学校でも、ソフトテニスに限らず、いろんな分野で、良い指導者と出逢い、大きく成長してもらいたいと、願っております。

 特に、ソフトテニス部でお世話になります先生方、授業やクラス運営でお忙しい中、部活の指導は大変だと思いますが、どうか、この子達のこと、よろしくお願いいたします。

 それから、今年、高校進学をするOB,OGからも、いろいろ報告が届いています。みんな、それぞれの高校で、スタートを切ったみたいです。ソフトテニス部に入った先輩達は、すでに春休みから本格的に動き出し、頑張っているようです。県外組、島外組、島内組と行先は様々ですが、勉強もソフトテニスも頑張ってください。

Cimg5733_r
↑うだつアリーナでの練習風景

20170405
↑この寮でこれから生活をします!(こっそり公開)


 私も、明日4/9に、誕生日を迎えます。たくさんの子供達が、洲本ジュニアでソフトテニスを続けてくれる限り、コーチの皆さんと協力をしながら、頑張っていきます。
 

2017年4月 1日 (土)

ラダートレーニングのお手本

 洲本ジュニアでは、子供達の運動神経を刺激し、運動能力を向上させるために、ラダートレーニングを時々行っています。今年は、もっと積極的に取り入れていくつもりですが、まず、動きをしっかり覚えてもらわなければなりません。

 現在、18種類のラダートレーニングを行っているのですが、低学年の子供達や、少し運動の苦手な子供達には、なかなか難しいようです。そこで、自宅でも自主練習ができるように、今回、お手本動画を制作してみました。

 自宅でも練習して、18種類の動きを、全部覚えるようにしてくださいね。

★洲本ジュニア ラダートレーニング 18種類


https://youtu.be/p4MseKrGbvk

★スローで説明した動画

ラダートレーニング①~⑥の説明


https://youtu.be/Cm0LLwYvqUw

ラダートレーニング⑦~⑫の説明


https://youtu.be/RvK91HqVjfo

ラダートレーニング⑬~⑱


https://youtu.be/b66tt6JQKEU


★ラダートレーニングの応用練習

 ソフトテニスには持久力が必要ですが、そのトレーニングとして、長距離走というのは、あまり効果があるといえません。なぜなら、ソフトテニスは、短いダッシュを繰り返すスポーツだからです。

 短距離ダッシュを繰り返し行うことによって、養われる持久力こそ、ソフトテニスに必要な持久力だと考えています。

 そのため、ラダートレーニングと短距離走を組み合わせた練習は、大変有効なのではないでしょうか。

 今春から高校でソフトテニスを続ける選手に、いろいろやらせてみたのですが、とても良い練習だと感じました。


https://youtu.be/j49KUEjx5y4


★洲本ジュニアが練習で使用しているラダーは、こちらで購入できます。

自宅練習にラダーが必要な方は、こちらのサイトで注文するか、監督に申し込んでください。お父さん、お母さんの運動不足解消にも、いいですよ。

↓クリック
スピードラダー

より以前の記事一覧