洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2018年8月18日 (土)

南あわじ市中学新人戦

Cimg2894
↑たくと君とたかひろ君の対戦(団体戦)

 今日は、南あわじ市の中学新人戦(男子)を観戦に行ってきました。仕事の合間に行ったので、三原中のテニスコートに到着したのは、1時半頃、すでに個人戦は午前中に終了し、午後の団体戦が始まっていました。

 私を見つけてくれた教え子達が、次々と報告に来てくれて、個人戦の結果がわかりました。

★個人戦

2年生の部

Cimg2895

1位:たくと
3位:たかひろ

この2人は準決勝で対決したそうです。観戦できずに残念でした。
先日の洲本ジュニア杯で模範試合を見せてくれた2人が上位入賞してくれたのは、嬉しかったです。

1年生の部

Cimg2865

1位:よしとも・たいきペア(三原中)

ジュニアからテニスをしているので、ここでは勝つのが当たり前かと思います。もっともっと精進して、次のタイトルを目指してください。

 個人戦の結果は、このように先輩達が大活躍でした。おめでとうございます。


★団体戦

三原、南淡、西淡の3校が、1勝1敗で並ぶという結果になりましたが、得失差で、三原中が1位、南淡中が2位という結果でした。

1年のよしとも・たいきペアも、団体戦の3番手として起用され、頑張っていました。見ていてひやひやする試合ばかりでしたので、次回は、もっと安心して見させてください。(笑)

たくと君とたかひろ君が、団体戦でも対戦しました。個人戦では、たくと君が勝って、団体戦では、たかひろ君が勝ちました。2人は良きライバル関係です。この調子で、お互いに競い合って、全淡大会でも、勝てるように頑張ってくださいね。




↑たかひろ君のスーパーサーブ

2018年8月11日 (土)

高校夏季選手権2位!

Cimg2675
↑表彰式の後に記念写真。脇町高校が2位、3位。

Cimg2670

Cimg2640

 今日は、徳島県高校ソフトテニス夏季選手権大会の応援に行ってきました。

 3年生がインターハイで引退し、新チームとなって迎えた初めての県大会です。まさえは、今回から1年生の後衛とペアを組んで出場していました。

 昨日まで、3日間、京都に遠征していたので、ちょっと体力が心配だったんですが、元気一杯に試合をしてくれました。

 1回戦から3回戦まで、3試合連続G4-0のストレート勝ち。

 準々決勝では、先日のインターハイで3回戦まで勝ち進んだ強豪選手と対戦し、シーソーゲーム、一時はマッチポイントを握られ絶対絶命のピンチになりましたが、そこから、奇跡の大逆転勝利を見せてくれました。

 準決勝では、同じ脇町高校のチームメート(同級生)と対戦。校内試合では、勝ったり負けたりしている相手です。今日は、運良く勝たせてもらって、決勝へと駒を進めることが出来ました。まさえにとっては、徳島県で初めての決勝戦です。

 内容的には悪くなかったんですが、前衛としての経験不足、技量不足で、どんぴしゃのタイミングのポーチや、チャンスボールのボレーを何度かミスってしまいました。これが、響いて、無念の敗退となってしまいました。

 学校としては、何年かぶりに優勝を逃すという失態となり、なんともいえない、後味の悪い結果となってしまいました。秋の大会では、きっとリベンジしてくれると思うので、期待したいと思います。

 優勝は逃したものの、まさえにとって2位は初めてですから、よく頑張ったと思います。お疲れ様でした。

 さて、いよいよ明日は、洲本ジュニア杯夏の陣を開催します。

 まさえに負けない熱戦を期待しています。皆さん、熱中症にだけは気をつけて、楽しく、元気に頑張りましょう。

2018年8月10日 (金)

お天気大丈夫でしょうか?

 毎日夜なべをして準備をしている洲本ジュニア杯ですが、なんかお天気が心配になってきました。

 少し涼しくなってくれたらありがたいですね。どうか、晴れますように!

 ところで、今年の洲本ジュニア杯のテーマは、「熱中症対策」です。本当に危ない暑さですからね。

 子供達の身体のことを考えて、試合時間は、できるだけ短くするようにします。いつもは5ゲームマッチでやってますが、今年は、3ゲームマッチで進めます。しかもデュースなしでやりますよ。

 灼熱地獄のテニス大会なんて、やってられませんから。

 1試合はできるだけ短くして、子供達には日陰で休憩させます。

 たぶん、例年よりも時間が余ると思うので、OB/OGの皆さんも参加してもらえるゲームというか競技というか、楽しいことを企画しています。

 それと、今年は、OB/OGの皆さんのエキシビションマッチを計画しています。後輩達も先輩達の試合が観たいでしょ?私も、教え子達の成長ぶりが観てみたいです。

 次の予定で計画しましたから、皆さん、楽しみにしていてください。

エキシビションマッチ1(男子対決)
あつや(中3)・たかひろ(中2) VS じんや(中2)・ゆうき(高2)

エキシビションマッチ2(女子対決)
みく(高2)・はるか(中2) VS まなみ(中2)・まさえ(高2)

エキシビションマッチ3(女子対男子)
のぞみ(高1)・まさえ(高2) VS あつや(中3)・ゆうき(高2)

エキシビションマッチ4(女子対男子)
まなみ(中2)・さくらこ(中2) VS たくと(中2)・たかひろ(中2)


 松岡修造坊主っていうてるてる坊主を、数年前に作ったのを思い出しました。どうか、土日ともに晴れますように。大会ができますように。

2018年8月 2日 (木)

インハイ3日目

Cimg2566

 インハイ3日目は、団体戦でした。

 脇町高校は、初戦で1-2で破れ、惜しくも2回戦への進出ができませんでした。

 この試合、1番目の対戦で、ファイナルゲームのデュースまで競ったんですが、次の1本
で、ベースライン上に落ちたボールを、明らかなジャッジミス。最初は、インの判定だったのに、相手監督の質問により、正審がまさかのアウト判定。相手選手も、アウトのジェスチャーはしていなかったため、インと認識していたに違いない。

 こちらのアドバンテージになったはずのものが、判定が逆転し、相手のアドバンテージ、マッチポイントになってしまいました。

 ここで、相手の流れになってしまい敗戦。非常に悔しい1点でした。

 2試合目の対戦も、相手が獲り、3番目の対戦へ。

 3試合目も良い勝負,意地でこちらが勝ちました。1試合目に勝っていたら・・・と、非常に悔いが残る1回戦となりました。
 今日も、負けてしまったので、気分転換のため、メーカーブースを見て回りました。

 写真は、団体戦が盛り上がっている最中ですから、お客さんは少なく写っていますが、メーカーブースは、毎日、大変な盛り上がりようでした。

Cimg2573

Cimg2574

Cimg2575

Cimg2578

Cimg2595
↑まさえの同級生達です。3日間お疲れ様でした。

2018年8月 1日 (水)

インハイ2日目

Cimg2543
↑女子個人戦決勝 センターコート

 女子インターハイ2日目は、個人戦の4回戦からが行われます。大変残念なことに、娘の学校は、全員が初日で敗退してしまったため、2日目の試合はありませんでした。

 そこで、私とゆかコーチは、朝から、伊勢神宮(外宮)を参拝してきました。ちょうど、今日は、一日(ついたち)ですから、神様が願いを聞いてくださる日です。

Cimg2533

 伊勢神宮(外宮)を参拝していると、インハイ関係者と思われる服装の家族連れが、たくさんいました。この方達も、昨日、負けたのかな~なんて想像しながら、参拝してきました。

 今年は元旦にも、伊勢神宮(外宮、内宮)に参拝していたので、外宮は今年2回目でした。必勝祈願ですから、今回は、内宮には行かず、豊受大御神様が祀られている外宮のみとしました。

 明日、団体戦を戦う脇町高校の活躍と、これからの娘の活躍、そして、洲本ジュニアの活躍を祈願してきました。

Cimg2549

Cimg2550
↑優勝した文大杉並高校側の応援席、応援も素晴らしかったです。

 伊勢神宮の参拝を終え、鈴鹿のインハイ会場まで、戻りました。

 せっかくなので、個人戦決勝を観戦しようと思ったからです。

 女子個人戦の決勝戦は、東京都 文大杉並高 小林・原島ペアと、岡山県 山陽女子高 長谷川・立花ペアの対戦でした。

 灼熱地獄のセンターコートで、試合も熱戦でしたが、観戦するのも命懸けでした。ほんと、このような酷暑で試合をしてもよいのでしょうか。選手達の健康面も心配になりました。

 選手達は、いくら鍛えていると言っても、正直危険を感じる暑さだと思いましたね。野球の甲子園大会もそうですが、ソフトテニスの真夏の大会、やめても良いのではないでしょうか。

 せめて、屋根付きのコートで実施すべきです。屋根付きコートを、各地に増やしていく活動でも始めようかなあ。(笑)

 すみません。これは、余談でした。


 さて、肝心の決勝戦。予想どおり、文大杉並高校の小林・原島ペアが、貫禄の圧勝でした。中学校から活躍していた山陽女子高の長谷川・立花ペアも、素晴らしかったですが、小林・原島ペアは、圧勝でした。

 それに、文大杉並高は、応援団も日本一かもしれません。素晴らしかったです。

 とにかく、これでインハイ2日目が終わりました。

2018年7月31日 (火)

インターハイ

Cimg2525

 今日から3日間、インターハイの応援に、三重県鈴鹿市まで、やってきました。インターハイの応援に来たのは、今年が初めてです。

Cimg2524

 とんでもない暑さのインターハイで、見てるだけで汗びっしょりですが、親も楽しみたいと思います。

Cimg2527

 初日は、個人戦。3回戦まで実施されました。


Cimg2528


 最後まで、誰も倒れずに、インターハイを乗り切れますように。

2018年7月30日 (月)

U-14Step3選考会で、OGが選ばれました!

Cimg2515_2
↑選考会の様子

 以前のブログに、今年はU-14Step3選考会に、OGが4名も選ばれ、参加していると書きました。

 本日7/30は、選考会の最終日でした。今年は、もしかしたら選ばれるかも知らないという噂が聞こえてきたので、午後から、最終選考会を観に行ってきました。

 兵庫県内の14歳以下のソフトテニスが上手なメンバー約30名くらいが集められ、練習や試合をして、兵庫県代表のメンバーが6名選ばれます。

 今日は、気になって仕方がないので、昼から、明石公園会場に行って、OG達の頑張りぶりをこの目で確かめてきました。

 この日は、OGの3名が参加していましたが、この子達が、兵庫県を代表する30名に選ばれ、この舞台で競い合っている姿を見て、胸が熱くなりました。3人とも、本当に上手になったと思いました。

 これは、本人達の努力もありますが、中学校で熱心に指導していただいている先生のおかげだと思います。ここまで育ててくれて、本当にありがとうございました。

 最終選考会ですので、このメンバーから、更に6名に絞られ、U-14近畿ブロックでの選考会へとステップアップすることになります。

 なんと、最後に名前を呼ばれたメンバーの中に、ゼッケン67番がありました。

Cimg2514_2


 名前を呼ばれた6名のうち、前衛プレーヤーは、彼女だけだと思います。ジュニアの時から、全国大会で活躍してきた兵庫県メンバー達です。そのメンバーを代表する6名の一員に選ばれました。洲本ジュニアから育ったOGですから、本当に嬉しいです。おめでとうございます。

 次は、近畿ブロックでの選考会があります。兵庫県の代表として、しっかり頑張ってきてくださいね。

2018年7月25日 (水)

県中学総体だー!みんな頑張れ!

 さて、いよいよ明日7/26と7/27は、県中学総体です。

 淡路代表の選手の皆さん、日頃の練習の成果を発揮して、大暴れしてくださいね。目指せ、近畿大会、全国大会!

 洲本ジュニア出身のOB、OGの皆さん、吉報をお待ちしています。悔いを残さず、笑顔で戦ってきてください。

洲本ジュニア 監督より

30402

2018年7月23日 (月)

AED使用方法と熱中症の講習会

37716459_1062514510571238_104999316

 洲本市体育協会主催の少年少女スポーツ指導者講習会に参加してきました。

 年3回実施される講習会のうち、今日は、今年度の第1回講習会でした。

 テーマは、『AEDの使用方法と熱中症について』。

 私は、毎年出席しているんですが、今年はコーチにも声を掛けたところ、惣田コーチが都合がついたため、一緒に参加し、勉強してきました。

 できれば、こういう事態に遭遇したくないですが、もしものために、何度も練習しておきたい大事な講習会ですね。

 第2回のテーマは、まだわかりませんが、コーチの皆さんにも案内しますので、ぜひ、都合をつけて、出席をお願いします。

高校野球観戦で想うこと

30411
↑生光学園VS脇町高校のベスト4を賭けた対戦

 娘がお世話になっている徳島県立脇町高校が、高校野球地方大会で、ベスト8に残ってて、学校は大盛り上がりだそうです。進学校の脇町が、ベスト8に残ったのは初めてじゃないのか・・・とか噂が聞こえてきます。

 今日は、昼に、生光学園とベスト4を賭けて戦うというし、鳴門のオロナミンC球場だし、すぐに行けるところなんで、昼休みを利用して、応援に行ってきました。

 私とゆかコーチが到着した4回裏には、0-1でしたが、5回に4点、8回に1点獲られ、コールド負けという結果でした。

 ここまで、よく頑張りました。しかも、脇町の立木投手、凄かったですよ。
 140kmオーバーの速球を投げ込んでいました。高校野球としては、凄いピッチャーですよね。これからの彼の活躍にも、期待したいと思います。

30412_2

 ところで、野球を観戦してて、ソフトテニスとの大きな違いに愕然としました。

 それは何かというと、野球は、誰が見てもどっちが勝っているのか、ひと目でわかるということです。得点、アウトカウント、ボールカウント、すべて、ひと目でわかります。

 ソフトテニスはというと、どっちが勝っているのか、さっぱりわかりませんよね。兵庫県小学生大会の場合は、副審がカウンターを首からぶら下げて、試合しているので、よくわかるんですが、これは兵庫県小学生大会だけのローカルルールです。大きな大会は、得点ボードがあるので、いいですが、普通の地方大会だと、正審のコール以外に得点を知るすべはありません。

 ソフトテニスは、なんて観客に不親切なスポーツなんだと、あらためて実感しました。

 兵庫県小学生ルールを、正式ルールに採用すべきじゃないですか。審判を一人も増やさず、現行ルールのまま、カウンターを使うことができます。絶対におすすめです。

 とにかく、ソフトテニスを観客にわかりやすいように改善すること、急務です!

より以前の記事一覧

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック