洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2018年6月15日 (金)

ベストを尽くせ!

Cimg1763

 じめじめした梅雨ですが、幸いにもあまり雨も降らず、屋外での練習ができています。

 この時期、ジュニアの試合も続いていますが、OB,OGの皆さんもずいぶん頑張っているようです。

★中学生

 先日、神戸新聞の記事で結果を知ったのですが、南あわじ市の中学総体では、女子個人戦で、いろは先輩(三原中3年)が、優勝されていました。おめでとうございます。
 団体戦も、男女共に三原中のアベック優勝だったようです。

 明日は、洲本市の中学総体がありますね。男子も女子も、たくさんOB,OGが出場すると思います。残念なことに、応援に行けないのですが、皆さんの活躍を、高知県から祈ってますので、大暴れしてください。

 淡路市の中学総体については、情報を持っていないのですが、どうなっているでしょう。とにかく、頑張ってくださいね。

 それが終われば、全淡大会、県総体へと進んでいきます。都合がつけば、応援に行きたいと思っていますので、しっかり頑張ってください。


★高校生

 高校で頑張っている先輩達は、すでに県総体が終わりました。3年生の皆さんは、淡路地区予選や県総体をもって、現役引退されたと思います。いろんな思い出ができた部活道だったことでしょう。本当によく頑張りましたね。ご苦労様でした。
 また、機会があれば、洲本ジュニアの練習にも顔を出してください。待ってますよ。

 さて、OB,OGの中には、島外、県外へ進学して、ソフトテニスを頑張っている先輩達がいるので、ご紹介しておきます。

◇兵庫県 神戸星城高校 Y先輩(高2)

 県総体では、団体3位に入賞。近畿総体へと駒を進めました。

 ソフトテニスマガジン兵庫県予選の記事へ

◇香川県 尽誠学園 A先輩(高2)

 県総体では、14年連続37回目の団体優勝。尽誠学園は、四国総体、インターハイに出場します。

 ソフトテニスマガジン香川県予選の記事へ

◇徳島県 脇町高校 M先輩(高2)

 県総体では、12年連続17回目の団体優勝。脇町高校は、四国総体、インターハイに出場します。

 ソフトテニスマガジンの徳島県予選の記事へ


 私は、明日6/16~6/17に高知市で開催される四国地区高校総体の応援に行ってきます。個人戦には、A先輩と、M先輩が出場するので、一生懸命応援したいと思っています。ドキドキしますね。

 洲本ジュニアの皆さんは、伊丹ジュニア研修試合とゆずるは荘での練習に分かれてしまいますが、担当コーチの指示を聞いて、頑張ってください。保護者の皆さん、監督不在となりますが、ご協力よろしくお願いします。

2018年6月 1日 (金)

団体戦12連覇おめでとう

Cimg1645_3


 徳島県高校総体の応援に行ってきました。今日は、団体戦です。
 県高校総体では、現在、11連覇中(11年連続優勝)とのことで、今年は、12連覇を掛けて、選手達は、大きなプレッシャーの中、この日を迎えたようです。

 1回戦から、決勝まで、少しミスが続いた場面もありましたが、ほぼ安心して観ていられました。全試合、ストレート勝ちでの12連覇達成です。


 チームの中心になっていたのは、全日本女子選抜大会で、社会人ペアを倒し、ベスト16に入ったキャプテンペアです。他にも、中学生の時に全日本U-14選抜に選ばれた選手などもいて、楽しみなチームに成長しつつあります。

 インターハイ出場が決まったので、全国大会での活躍を期待したいと思います。

 また、大会前日には、四国放送のフォーカス徳島という番組で、特集番組が放送されました。洲本では、四国放送が視聴できませんので、友人から録画したDVDをいただきました。

Cimg1648

Cimg1649

Cimg1650

 日曜日には、個人戦があります。1ペアでも多くの子が、インターハイに出場できるよう応援したいと思います。

 一方、兵庫県でも県総体が開催されています。団体戦初日を勝ち抜いたという連絡も、先輩から入ってきました。インターハイに出場できるのは、1校だけです。明日も、頑張ってくださいね。

 また、惜しくも敗れてしまったOB,OGの皆さん、今まで、本当にご苦労様でした。引退しても、ソフトテニスは、続けてくださいね。

2018年5月28日 (月)

ワダスポーツ網干本店は凄かった!

Wadaspo
↑噂の網干本店(本画像のみ、ワダスポーツさんHPより拝借)

 姫路初級者大会の閉会式の後、ワダスポーツさんの網干本店にお邪魔してきました。姫路駅前店の方は、たまに利用させてもらっていたのですが、本店の方は、まだ一度も行ったことがありませんでした。昨年、移転し、大きくて綺麗なお店だと聞いていたので、楽しみでした。

 姫路広畑コートから、カーナビを設定し、出発。約15分くらいで網干本店に到着しました。

 とっても田舎な風景の中、すごくおしゃれなデッカいお店が目に入ってきました。やはり、噂通りのお店でした。

 お店に入ると、そこはソフトテニス愛好者にとっては、”夢の国”です。

 ワクワクする商品が、所狭しとディスプレイされておりました。

4018

4015

4016

4017

 このワダスポーツを愛するお客さんから、どれほど沢山のチャンピオンが誕生したことでしょうか。ソフトテニスショップとしての規模、情熱、スタッフ・・・、まさに日本でもトップレベルではないかと、感動しました。

 なんか、ここで買ったものを身につければ、勝てるんじゃないだろうか?(笑)

 そんな気持ちで、あるものを少しだけですが、買って帰りました。

 ここは、きっと福を呼ぶ”和田神社”!!

 勝ってくれたら、嬉しいな~♪

 私としては、姫路駅前店の方が利用しやすいので、網干本店にお邪魔する機会は少ないかもしれませんが、今度お邪魔したときも、どうぞよろしくお願いします。

ワダスポーツの詳細は、こちらのHPをご覧ください!

2018年5月26日 (土)

身体のケアは何よりも大事です!

3992
↑親の愛情たっぷりで施術中♪

 今日は、カイロプラクティック院の仕事を一段落終えてから、娘のいる徳島へと行ってきました。

 何をしに行ったかというと、心と身体のケアをするためです。親元を離れての寮生活、日々のハードな部活ですから、疲れが溜まっていないはずはありません。

 日頃、私の整体院には、部活を頑張っている教え子達も良く来てくれます。腰が痛い、膝が痛い、肩が痛い、疲れすぎて動きが悪いなど・・・、いろいろな理由です。

 自分の娘の場合も、いっしょに住んでいた頃は、まめに施術をしてやって、痛みが出る前に対処していたんですが、今は、寮生活しているので、そういうわけにもいきません。

 1週間後の県総体では、体調万全で頑張ってもらいたいと思い、出張施術に行ってきたというわけなんです。あそこが痛い、ここが痛いと言い出してからでは、ちょっと遅いんですよね。

 洲本ジュニアの子供達にもやらせているオリジナル体操なども、やっているおかげだと思いますが、娘は比較的、故障せずにテニスを続けることができています。

 しかし、一生懸命にスポーツしている子供達は、一般論ですが、怪我したり、故障したりしている子が多いですよね。

 ハードな練習をしているのですから、時々、故障するのは当たり前だと言ってる人も多いようですが、私は、その意見には反対です。怪我しないように、故障しないように、練習しないとダメなんです。最大限、その努力はするべきです。

 怪我してから、故障してから、治療に行くというのは・・・、どうなんでしょうか?今、痛くないから、大丈夫と思っている人、残念ですが、身体は大丈夫じゃないですよ。

 今回、娘の場合は、筋肉の疲労は結構あったものの、特に問題はなく、ほっとしました。試合でのパフォーマンスを上げるために、もう1回くらい、診てあげられたらベストなんですけどね・・・。骨格、筋肉のバランスを調整すると、軸がぶれなくなるし、神経伝達スピードも高まるので、反応速度も改善するし、ミスが減ります。

 インターハイを目指した戦いは、すでに始まっています。怪我して悔いが残らないように、体調万全で試合に挑めるように、選手の皆さんは、頑張ってくださいね。

2018年5月23日 (水)

応援に行かなくちゃ!

 高校生達のインターハイを目指した戦いが始まっています。兵庫県では地区大会は終わっているので、まもなく中央決勝大会(県大会)ですね。

 洲本ジュニアを巣立った子供達、第1~2期生は、高校で頑張っていますから、できることなら、応援に行ってあげたいと思っています。

 体が3つくらいあればって、本気で思いますが、それは無理。心の中で、みんなの活躍を祈っていますから、頑張ってくださいね。

 羽生ゆずる選手のファンクラブには、『ご祈祷隊』という方達がいて、神社に必勝祈願に行くそうです。淡路島の諭鶴羽神社にも、その方々がお参りに来られたというので、私も、3月に行ってみました。(以前のブログに記事があります。)

 ほんと、OB,OGの活躍は、祈るしかありません。

 インターハイを目標にしている人、近畿総体を目標にしている人、県総体を目標にしていた人、いろいろだと思います。努力してきたことが、結果に出せるように、最後の1球まで、諦めず、頑張ってください。

 皆さんからの報告を楽しみにしています。

★大会日程

兵庫県高校総体
総体ドロー表、進行表など

5/27(日) 女子個人戦(しあわせの村)
5/31(木) 男子個人戦(しあわせの村)
6/1(金) 男子団体戦(吉川総合公園)、女子団体戦(しあわせの村)
6/2(土) 男子団体戦、女子団体戦(しあわせの村)

徳島県高校総体
(ドロー表は当日発表)

6/1(金) 女子団体戦(JAバンク蔵本公園)
6/3(日) 女子個人戦(JAバンク蔵本公園)
6/4(月) 女子個人戦、順位決定戦(JAバンク蔵本公園)

香川県高校総体
総体ドロー表

6/2(土) 女子団体戦
6/3(日)~4(月) 女子個人戦(高松市亀水運動センター)


日程と場所を書いておきます。都合のつく方は、先輩達の応援に、行ってみては?


★U-14兵庫県強化練習会及び代表選手選考会

 U-14の強化選手に選ばれた中学生の先輩達は、5/19から、練習会がスタートしています。今年、洲本ジュニアOGでは、はるか先輩(安乎)、まなみ先輩、さくらこ先輩、はおと先輩、ゆま先輩(すべて青雲)が、選ばれています。そこに5名もいるのは、すごいことです。1期生の時に、男子2名、女子4名選ばれたんですが、それに続く快挙ですね。

 練習会の日程を書いておきます。誰でも見学できるので、興味があれば、ぜひ行ってみてください。(男子も女子も同じ場所でやってます。)

5/19(土)、5/26(土)、6/16(土)、6/23(土)、7/30(月)
練習時間は、9~17時。場所は、明石公園テニスコートです。

最終日の7/30は、代表選手選考会(6名選出)となっています。

ここで選ばれた選手は、”U-14近畿代表選手選考会(STEP3)”に参加できます。

★兵庫県中学総体

 まだ、詳しい日程を知らないんですが、6月に市内大会、7月に淡路地区総体、県総体があると思います。これも、非常に楽しみですね。

 みんな頑張って欲しいと願っています。

2018年5月22日 (火)

繁魂・基礎アカデミー発刊

Cimg1585

 このたび、ベースボールマガジン社より、時安繁先生の本が出版されましたので、早速購入しました。皆さんにご紹介いたします。

 『極みのソフトテニス 繁魂(はんこん)・基礎アカデミー』という題名です。

 この本は、ソフトテニスマガジン2009年2月~2015年10月(第1回~78回)まで、長期に渡り連載をされたものですが、このたび待望の書籍化となったものです。

 この本で詳しく説明されている基礎技術については、毎年、時安先生の講習会で教えて頂いているので、当クラブの子供達や、当クラブ出身の選手には、なじみの深い技術だと思います。

 ただ、子供達やコーチでも、時安先生の理論や技術について、深くは理解できていないと思うので、この本は、本当にありがたい教科書となりました。

Cimg1582
↑連載が始まった2009年2月号

Cimg1581
↑そしてこれが記念すべき第1回の記事

Cimg1583
↑そしてこれが、第78回(最終回)の記事(2015年10月号)

 2009年というと、ちょうど私が子供達にソフトテニスを指導し始めた頃です。まだ、洲本ジュニアは発足前で、三原スポーツ少年団ソフトテニス部のお手伝いを始めた頃になります。

 永くソフトテニスから離れていたので、基礎から勉強し直さなければと思い、学生時代のようにソフトテニスマガジンも毎月購読するようになりました。ちょうど、時安繁先生の連載が始まった頃だったので、第1回までさかのぼって、バックナンバーを購入したことが懐かしく思い出されます。

 時安繁先生のことを知らない方のために、ご紹介しておきますと、

「1948年3月生まれ、兵庫県洲本市出身。日本を代表する前衛プレーヤーとして活躍されました。現役時代は全日本選手権を2度優勝、全日本インドア選手権3度優勝、アジア選手権3連覇、第1回世界選手権優勝など、数々のタイトルを獲得されました。現役引退後は、男子日本代表監督も歴任され、多くのトッププレーヤーを育成されました。」

 地元では、洲本実業、津名高校、淡路三原高校で先生をされていましたので、時安先生と呼ばれております。地元では、先生の教え子の方々がたくさんソフトテニスを続けておられ、ソフトテニスの普及にも多大な貢献をされています。

 私は、徳島県出身なので、時安先生の教え子ではないのですが、今から、23年前、時安先生が指導されていた津名高校と練習試合をしたことがあります。当時、津名高校は、兵庫県代表でインターハイ出場した頃だと思います。

 場所は、香川西高校(上戸学園)でした。徳島の貞光工業(現つるぎ高校)と、兵庫の津名高校、そして、香川西高校が、合同練習をしていたんですが、そこに、全国高専総合体育大会前に合宿をしていた私の学校(国立詫間電波高専)も合流させてもらったんです。

 私は高専の5年生でしたから20歳、2~3歳年下の高校生と対戦ですから、意地でも負けたくない、負けられないと思って試合をした記憶があります。

 練習試合の後、体育館で時安先生のスマッシュ講習会を受けることになり、雑誌や本でしか見たことがなかった先生のプレーを、間近で見て、感動したことを覚えています。(しかも、先生は裸足でしたからインパクトありました。)

 また、インターハイに出場するような高校生たちでしたが、スマッシュの動きは、なんだかロボットのように硬く、なぜこんなフォームなんだろうと疑問に思いました。やはり、時安先生も、そう感じたようで、ずいぶん注意されていたようでした。一つの形に教えられすぎると個性が死んでしまい、ぎこちないフォームになってしまうのかもしれませんね。
 逆に、うちの学校の前衛たちは、専門の指導者がいたわけではないので、自由なフォームで自然にラケットを振っていたんですが、そのフォームをすごく褒めて頂き、みんな有頂天で帰ってきたのが、非常に懐かしいですね。

 時安先生の指導は、非常に理論的で、聞けば聞くほど興味が沸いてきます。従来の常識にとらわれず、先生が試行錯誤しながら発見したものだと思うので、ソフトテニスを基礎からしっかり学びたいという方には、ぜひ、手元に置いて欲しい本だと思います。



 最後に、先生は、まえがきの最後にこのように書かれています。

「ここで紹介する『極みの基礎技術』が絶対ということではありません。上達へのきっかけとしてはもちろん、指導者の意識改革にも繋がればと考えています。」

 私もカイロプラクター、整体師という職業と、ソフトテニスのジュニアの指導者という立場から、時安先生の理論から気づいたこと、発見したことが山ほどあります。

 特に、先生がこだわっておられるグリップについては、私なりにも新しい答えが出ました。

 「正しいと思われていた基本グリップを少し握り変えることによって、すべての疑問が解消されていきました。」

 と、先生が書かれている部分。言い換えれば、時安先生は、基本グリップをハンマーグリップに変えることによって、疑問が解消されたそうです。ここは、納得しました。

 4スタンス理論で分類すると、時安先生は、『A2タイプ』(つま先外側重心、パラレルタイプ)なのです。パラレルタイプの人は、グリップをななめに持つ(人差し指と中指の間を開ける)よりも、指をそろえてまっすぐ持つ(人差し指と中指の間を開けない)ハンマーグリップの方が、自然なんです。

 初心者の時に、誰しも教えられる基本グリップは、4スタンス理論でいうクロスタイプの『A1タイプ』と『B2タイプ』の人には合うけれど、パラレルタイプの『A2タイプ』と『B1タイプ』には合わないのではないか。

 ここは、時安先生の理論ではありませんので、私の独自解釈だと思ってください。

 まず、自分に一番あった握り方を知ることが一番大事、次に、それを微調整しながら、フリーグリップを覚えていくというのが、理想ではないでしょうか。

 基本グリップや、ハンマーグリップの詳細は、時安先生の本で、勉強してください。

2018年5月 4日 (金)

高校選手権大会

Cimg0504_2

 5/3(木)~4(金)は、JAバンク蔵本公園で開催された徳島県高校選手権大会の応援に行ってきました。

 2日間共、日差しが強いのに、強風で、日傘をさすことも出来ず、すっかり日焼けしてしまいました。選手達も、強風の中、ボールは大きく流れるし、大変だったことと思います。

★5月3日 団体戦★

Cimg1416
↑開会式 優勝杯返還

Cimg1421
↑決勝戦をストレート勝ちした直後

Cimg1417
↑チーム一丸となって、応援していました。

 団体戦の結果は、女子優勝が、脇町高校。男子優勝は、徳島科学技術高校。

 脇町高校は、元気の良い新入生が大活躍していました。ジュニアの時から、練習試合などで交流のあった選手もいます。これからが非常に楽しみな新入生達だと思いました。

★5月4日 個人戦

 徳島県の女子の勢力図は、脇町、徳島商業、富岡東の3強となっています。ベスト8に残ったのは、脇町4ペア、徳島商業2ペア、富岡東2ペアです。決勝戦は、脇町の同校対決となりましたが、第1シードのペアが順当にストレート勝ちし、優勝を決めました。

Cimg0497

 個人戦には、第9シードで、まさえが出場していました。3年生の先輩とのペアです。最近、前衛に転向したようで、前衛として公式戦に出場するのは、今日が初めてです。

 どんな前衛ぶりを見せてくれるのか、非常に楽しみにしていました。前衛なんて、数ヶ月でできるようになるはずもなく、大目に見てあげようと思っていたのですが、私の予想以上の出来だったので、ある意味びっくりしました。

 準々決勝で、第1シードの脇町ペアに、ストレートで敗れましたが、ベスト8に残りました。来月の総体へ向けて、良い流れを作れたのではないかと思います。まさえも、ペアの先輩も、名のあるエリート選手ではありません。雑草魂、不撓不屈の精神で、これからも頑張って欲しいと願っています。


↑3試合分編集(約9分)

 前衛に転向して、初公式戦だったので、記録映像を制作してみました。前衛としての動きが、まだまだ落ち着きがないですね。ちょろちょろというか、バタバタというか(笑)、でも、まだ経験不足なので、大目に見てやってください。

 洲本ジュニアでも、前衛練習を始めたばかりの子が3名います。この子達も、まさえと同じように、今は必死で練習しているところです。新米前衛まさえの動画は、少し参考になるところもあると思いますから、後輩諸君は、何度も見て勉強してくださいね。

 あっ、それから、久保コーチを始め、歴代まさえがお世話になったコーチや、先生方、気づいた点があったら、まさえに伝えますので、アドバイスなど、遠慮なくよろしくお願いします。

2018年4月28日 (土)

淡路中学校選手権(個人戦)

Cimg1348
↑男子会場 安乎中テニスコート(あつや選手)

Cimg1389
↑女子会場 一宮中テニスコート(いろは選手)

 先週の団体戦に引き続き、今日は、個人戦が行われていました。私とゆかコーチが応援に行ったのは、午後からだったので、OB,OG達の試合は一部しか観ることが出来ませんでした。

 まず、男子会場に立ち寄ると、じんや(2年)の奮闘ぶりと、あつや(3年)の元気一杯の試合を観戦することができました。秋に優勝しているあつやが第一シードになっていて、調子も良さそうに見えました。決勝戦まで応援できたら良かったんですが、女子会場も気になっていたので、途中で失礼させてもらいました。

 女子会場に到着すると、いろは(3年)、まなみ・さくらこ(2年)、はるか(2年)が、ベスト8に残っていて、準々決勝が始まるところでした。

 女子の優勝、準優勝は、一宮中ペアとなったのですが、3位に”まなみ・さくらこ”ペアと、”はるか”のペアが入賞しました。2年生達が、大躍進をした大会となりましたね。

 男子は、岩屋中ペアが優勝、あつやが準優勝となったようです。決勝戦は、ファイナルゲーム、大接戦だったと聞きました。

 夏の総体に向け、皆さん、課題は見つかったと思います。また、応援に行きたいと思いますから、頑張ってくださいね。

 個々にアドバイスしたいことは、たくさんありますが、また、ゆっくり話できる機会にお伝えします。

 最後に、今日の試合ぶり、動画でお届けします。自分のフォームを見て、上達の助けになればと思います。後輩の皆さんは、ぜひ、先輩の頑張りぶりを観て、参考にしてください。


登場選手:あつや、じんや、まなみ、さくらこ、はるか、いろは

選手の皆さん、そして、応援されていた保護者の皆さん、大変ご苦労様でした。

5月連休中は、ジュニアもたくさん強化練習しています。ぜひ、都合がつけば、お手伝いよろしくお願いします。

2018年4月21日 (土)

淡路中学校選手権(団体の部)

3104
↑途中経過

 今日は、お昼過ぎに仕事を切り上げ、淡路中学校選手権大会(女子団体の部)が行われている安乎中学校へ観戦に行ってきました。

 夕方から、徳島(脇町)で新入生歓迎会があるので、1時間程度しか観戦することができませんでしたが、中学生の皆さんの元気一杯のテニスを観ることができて良かったと思います。

 洲本ジュニア出身の先輩達も、たくさん頑張っていましたし、私やゆかコーチを見つけたOG達からは、挨拶されたり、近況報告もしてもらえました。春から、顧問の先生が交代した学校もあるようで、これから、また戦力図が書き換えられるのではと、ワクワクしています。

 予選リーグ敗退の学校は、観戦できなかったのですが、来週の個人戦での活躍を期待しています。皆さん、頑張ってください。

 直接、試合している姿を観れたのは、いろは先輩(三原)や、はるか先輩(安乎)だけでしたが、二人とも、一段と上達していてびっくりしました。”はるか”は、前衛になっていたし、”いろは”は、結局、団体優勝したようですね。
3202
↑過去の記録(懐かしい名選手の名前が並んでいます)

 後から、聞いた話によると、女子の団体優勝は、いろは先輩の三原中学。男子の団体優勝は、あつや先輩の青雲中学だったそうです。

※4/25付神戸新聞によると、この結果だったようです。
男子:1位 青雲 2位 津名 3位 岩屋
女子:1位 三原 2位 一宮 3位 岩屋

 上位入賞された中学校の皆さん、おめでとうございました。

 さて、来週4/28は、個人戦が行われますね。男子も女子も、混戦が予想されると思います。私も、上手くいけば、午後から2時間くらい応援に行けると思っていますが、選手の皆さん、しっかり頑張ってください。


★番外編

 試合観戦の後、脇町のうだつアリーナまで、ひとっ走り、そう、先日、練習試合をさせてもらったコートです。久しぶりに娘が練習しているところを少しだけ見学できました。最近、前衛に転向したと聞いていたので、早く見てみたかったんですが、ようやくこの目で見ることが出来ました。最終的には、オールラウンドプレーヤーを目指すのでしょうか?
 ボレーやスマッシュについて、ある程度、基本的なことは出来ていると思いますが、これからは実戦での動きを覚えていくことが重要だと感じました。洲本ジュニアの新米ネットプレーヤー達とまったく同じですね。お互いに頑張りましょう。

 練習の後は、新入生の歓迎会。保護者も集まって、歓迎会が開催されました。コートでの練習ぶりを観ていて感じたんですが、3年生や2年生達は、優秀な1年生達が入部してきて、顔つきがまったく違っていました。これぞ、競争原理ってやつですね。

 新入生のスピーチを聞いていても、「日本一を目指す」とか、「全国大会で活躍する」なんて言葉が出てきました。頼もしい子ばかりです。

 夏の総体では、団体14連覇がかかっているようですので、レギュラー選手も、控えの選手も、チーム一丸となって、がんばって欲しいと思います。
20180421

2018年4月16日 (月)

ガットとか、ラケットとか・・・

Cimg1336
↑MSフォース ドライブ(ゴーセン製)

 先日、ひろと君のラケット購入の相談を受け、ヨネックスとスリクソン(ダンロップ)のラケットからお薦めのものを提案したんですが、結局、スリクソンの新製品V500Sを購入されました。

スリクソンV500S(後衛向け)
www.srixon-tennis.com/soft/srx_v500s.html


スリクソン展示会(ソフトテニスオンラインBLOG)

 以前から、スリクソン(ダンロップ)のラケットは、ジュニア層に評判がよく、洲本ジュニアでは、たくさんの子供達がスリクソンのラケットを愛用しています。

 この新製品、本日、ひろと君に借りて、試打してみましたが、予想どおりに打ちやすく、彼にもぴったりのラケットだと感じました。もともと、このラケットの前モデルは、X300Sで、まさし君が使っています。デザインが変更され、品番も変更されたのですが、中身は同じラケットだそうです。新製品になって、メーカー希望小売価格が3,000円も値引されたので、めっちゃお得なラケットなんですよね。

 さらには、X300Sの前モデルは、ジュニア層や中学生に人気のあったダイアクラスター300Sで、このラケットも、うちでは、よしとも君や、なおき君が愛用してくれました。また、中学生チャンプのまなみ先輩も、このラケットでしたね。

 ひろと君は、まだ身体も小さく、手も小さいので、重さは”UXL”、グリップサイズは”0”を選びましたが、正解だったと思います。この周辺の大手スポーツ量販店や小売店では、グリップサイズ”0”を在庫している店は、まずありません。小学生がラケットを買いに来ることが、まずないということと、お店の認識では、0は細すぎるという考えだからでしょう。(初心者用の1万円以下のラケットは、0サイズのものを在庫しているようですが・・・)

 4スタンス理論で考えると、Aタイプの指先重心だと、細めのグリップの方がしっくりきますし、子供の手ですから、0でちょうど良いと私は考えています。また、0のグリップに、オーバーグリップテープを巻くわけですから、そうなると、0のグリップが1のサイズになってしまいます。そういう理由から、私は、手の小さい小学生で、特にAタイプの子には、グリップサイズ”0”を選んでいるのです。

 それから、ひろと君の希望は、ガットは黒にしてほしいというので、今回、ゴーセン製のMSフォース ドライブを選んでみました。このガットは、球持ちもよく、ドライブやスライスもかけやすいというので、選んでみました。

Cimg1336_2
↑ラケットは私のDC-400です。V500Sではありません。

MSフォース ドライブ(ゴーセン製)
http://www.gosen-sp.jp/msforcedrive/

 実は、私もこのガットを試してみたくて、いっしょに張り替えてみたんですが、たしかにドライブやスライスがかけやすく、打った感触も悪くありませんでした。耐久性など、これから試してみたいと思います。現在のソフトテニスは、スライスなど、回転をコントロールするショットを使いこなさなければなりませんから、こういうタイプのガットは、すごい武器になるのではと考えています。

Cimg1335
↑MSフォース(ゴーセン製)

 ゴーセンが、昨年くらいからスタンダードガットとして、売り出しているのが、『MSフォース』というガットです。

MSフォース(ゴーセン製)
www.gosen-sp.jp/msforce/index.html


MSフォース詳細


 前衛も後衛も使えて、良く飛ぶということなんで、私も昨年から使ってきましたし、子供達にも選んできました。ただ、カタログ上、適正テンション30~35lbsとなっているので、子供達にはどうなんだろうなと、少し気になっていました。メーカーに質問してみたところ、適正テンションより低く張っても、性能低下はないとのことなので、安心しました。(ちなみに、うちの子供達には、24~27ポンドくらいで張っています。力のある子や、中学生男子とかは、もっと強く張ってます。)

 MSフォース ドライブだと、適正テンション25~35lbsとなっていたので、MSフォースドライズも良いのかなと思っています。まあ、子供達にはわからないレベルの話かもしれないですが・・・。

Cimg1337
↑サイバー・ナチュラル・スラッシュ(ヨネックス製)

 ヨネックスのサイバーナチュラルスラッシュというガットも、断面形状を5角形にしたことで、ドライブ性能やスライス性能を向上させたガットです。2014年に発売されたガットで、私も娘も、2~3年使ってきたように思います。以前は、サイバーナチュラルシャープを愛用していたんですが、スラッシュに乗り換えましたね。

サイバーナチュラルスラッシュ
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2014/06/1406131600.html


 私が学生時代には、贅沢な”鯨筋ガット”ばかり使っていたんですが、時代も変わり、今は優れたナイロン製ガットが主流です。というか、鯨筋ガットなんて、もうありません。(笑)


 いろんなガットが、各メーカーから発売されているので、本当に選ぶのが大変ですよね。専門家に教えてもらいながら、私も知識を高めていきたいと思います。

より以前の記事一覧

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック