洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2019年9月15日 (日)

練習態度に変化が・・・

Dsc_1165

 昨日の明石大会の疲れもあったと思いますが、元気一杯に、ゆずるは荘テニスコートに集まってくれました。

 最近少しずつ変化を感じていたんですが、今日は確信しました。大会へ出場しているメンバー達の態度がずいぶん変わってきました。

 話を聞く姿勢(立ち姿)、態度、返事、集中力などなど、ずいぶん良くなっているのです。これは喜ばしいことですね。熱心に指導してくれているコーチの皆さんのおかげだと思います。昨日のブログでターニングポイントと書きましたが、今まで以上に強くなっていきそうな予感がします。強いチームには、そういう雰囲気があります。うちも、そういう雰囲気を出し始めている、それは間違いないようです。

 さて、今日の練習ですが、昨日の試合の反省をふまえ、スプリットステップのタイミングの取り方、回り込みストロークのフットワーク、フォアハンドの時の左手の使い方などを繰り返し練習させました。特に、スプリットステップについては、OBが3名(ゆうた、りょうすけ、ごろう)参加してくれたので、手本を見せてもらいながら、練習をしました。

 タイミングの取り方について、少し指導の仕方を改善したので、以前よりは、わかりやすくなったかなと思います。この練習の時は、ほぼできるようになってきたと思ったのですが、サーブレシーブの時や、ゲームになると、うまくできなくなっていました。反復練習が必要ですね。

Dsc_1163

Dsc_1162
↑練習中の声出しも、やればできるのです。頑張ってもらいたいですね。

 それから、今日は、賀集小の3年生が1名体験入部してくれました。できることなら、小学1~3年くらいから、ソフトテニスを始めて欲しいと思っていますので、ちょうど良いタイミングだと思います。小1~3年くらいで基礎を覚えて、小4くらいからは、試合にもたくさん出てもらいたいです。子供さんにソフトテニスをやらせてみたいと考えておられる親御さんは、小さいうちに、連れてきてください。お待ちしています。

Dsc_1161
↑体験に来てくれた女の子です。とても上手でした。

Dsc_1160
↑9月入部のゆめちゃんも、今日からユニフォーム姿です。

Dsc_1164
↑この子は、最年少部員。まだ年長さんなんですよ。

初級者クラスも、少しずつメンバーが増えてきました。楽しみですね。

★午後から強化練習でした!

Dsc_1166

 午後からは、希望者だけが集まって、大会出場者向けの強化練習がありました。コーチも少し厳しくしているためか、子供達も午前中よりも真剣さが伝わってきます。

 目標は、それぞれ違って当然です。全国大会や近畿大会を目指している人、県大会予選突破を目指している人、試合で勝つと言うより、単にテニスを楽しみたい人、いろいろな目的や目標をもって、クラブにはいろんな子が所属しています。

 勝ちたいと思っている子には、もっと勝てるような練習や指導を、テニスを楽しみたい子には、もっと楽しくなる練習を、計画していきますね。

2019年9月 8日 (日)

次の目標に向かって

Dsc_1127

 県夏季大会の翌日は、ゆずるは荘テニスコートで合同練習を行いました。

Dsc_1133

Dsc_1129

 コーチの説明を聞く子供達。小さい子達は、まだまだ集中力がないので、よそ見したり、隣の子とお話したり、いろいろですが、入会した当初よりは、ずいぶん成長したようですね。

Dsc_1132

 初級者クラスのメンバーは、岡本コーチと増井コーチの指導の元、しっかり基礎練習をしていました。11月のうずしおフェスティバルにも、何人か参加してもらおうと思っているので、頑張ってくださいね。




 今日は、子供達のストロークをスマホの動画で撮影してみました。途中でスマホの温度上昇のため温度センサーが動作して、撮影できなくなってしまったので、全員の動画はありません。また、ちょうど球拾いをしていた子供達の動画もありません。

 ぜひ、自分のストロークしている動画を見てもらいたいと思います。私やコーチ達が、練習中に指導していたことができているでしょうか?

 声を出して打つこと、フットワーク(スプリットステップや回り込みのステップワークなど)、左手(ラケットを持たない手)の使い方など、いろいろとアドバイスをしたと思います。

 声を出して打てている子は、数名しかいませんね。フットワークは、まだまだですし、左手が上手に使えている子も少ないです。もちろん、上手にできていることもたくさんあります。長所は更に伸ばし、悪いところは直していきましょう。

 皆さんは、まず基本からしっかりとマスターしてもらいたいと思います。特に、元気よく声を出すということ、ここが始まりですからね。同じ注意を何度も受けないように、皆さん、努力してください。

Dsc_1154

 最後に、今日は、丹羽君のお父さんのお友達が、スペインからたくさん見学に来てくれました。スペインが発祥というチュッパチャップスをお土産にいただきましたし、スペイン語での挨拶も教えてもらいました。

2019年9月 1日 (日)

ソフトテニス大好きな子供達

Dsc_1085

Dsc_1084

 ゆずるは荘テニスコートで、午前中、合同練習を行いました。

 9/7に県夏季大会を控えているため、上級者達は、各自の目標に向けて、必死の努力を続けています。今日は、いつもと練習メニューを変えてみました。

 朝一番から、ゲームをさせるという練習です。大会では、朝一番から試合をします。特に兵庫県小学生大会では、出場チームが多いため、時間短縮の目的で、朝からボールを使った練習ができません。通常のルールで認められている試合前の1分間の乱打すら禁止なのです。

 大会というのは、基本トーナメント戦ですから、初戦で負けたら後がないのです。いかに朝一番の試合に実力が出せるかが重要になるわけです。

 そういう訳で、今日の練習では、県大会出場ペアには、朝9時から試合をさせました。準備運動は、各自でやっておくように指示をしておきました。実戦を想定した練習というのは、大事だと私は考えています。

 大変意味のある予行演習になったのではないかと思います。来週の夏季大会でも、しっかり頑張って、各自の目標を達成してもらいたいと願っています。

 大昔の話になります。私が香川県の国立詫間電波高専という学校の軟式庭球部でキャプテンをしていたときの話です。この学校は、どちらかというと勉強をする学校でしたから、テニス部といっても、歴代弱小チームでしたが、私はソフトテニス(当時は軟式庭球、軟式テニス)が大好きで、部活が大好きという少年でした。

 優勝なんて、考えられない学校だったのですが、2つ先輩には中学時代に丸亀西中出身で全国3位になった人もいましたし、2つ後輩には、岡山県で3位の子がペアでいましたし、愛媛県松山市で優勝した実績の子もいました。私は、キャプテンとして、このメンバーなら、全国大会出場も夢ではないと真剣に考えていました。

 高専生の大会というのがあったのですが、その全国大会に出場するためには、まずは四国大会で優勝しなければ行けません。私の母校は、優勝の経験など、過去一度もなかったのですが、秘かに優勝するという夢を持っていました。高専(工業高等専門学校)というのは、5年制ですから、高校生+短大生がいっしょに部活をしていて、なかなかユニークです。中学出たての少年と、二十歳になった大人(留年してる人もたくさんいたので、23歳のおっさん)もいました。

 さすがに球拾いばかりやらされていた1年生の時は、試合に出してもらえませんでしたが、たしか母校は、四国高専大会団体4位くらいだったと思います。2年生の時、団体戦のレギュラーに選ばれ、5年生とペアを組ませていただき、団体2位になりました。

 3年生になって、キャプテンに選ばれました。3年がキャプテン、5年が部長というシステムになっていました。5年生までいましたが、実力は、ほぼ1番手になりました。香川県の高校生大会に出場したら、上位が尽誠学園で占められる中、ベスト8には残れるようになっていました。テニス中心の生活をしている強豪校の中に、高専生が食い込むというのは、香川県ではたぶん前例のないことだったと記憶しています。

 当時、キャプテンとして常に考えていたことは、実力のある先輩達(4年、5年)をどうすれば、もっと強くできるのか、そして、後輩達をもっともっと強くしなくちゃいけないということでした。顧問の先生が、テニスの素人でしたから、練習メニューなどはすべて私が考えて、練習していました。

 優勝を目指していた高専四国大会で、勝つために考えたのが、本番を想定した練習でした。当時、優勝候補は阿南高専で、飛び抜けた実力を持っていた戸井・青木ペアが4年生にいました。このペアは、当時、徳島県の社会人大会でも上位におられて、徳島県の国体代表にもなるほどの実力者でした。(現在、戸井さんは高校教師でソフトテニスの監督、青木さんはシニアで現役選手としても活躍されています。脇町高校の特別コーチもしてくれて、まさえは、青木さんにボレーを教わったそうです。)

 その優勝候補と団体戦で対戦するのは、試合の進行で、朝9時~ということが、発表されました。朝一の試合が事実上の決勝戦ということになります。この試合を勝たないことには、優勝することができないわけですから、私が考えたのは、チームのコンディションを朝一番にピークに持って行くということでした。

 平日は、休まず朝練をするということ。そして、土日の練習では、朝9時からチームを2つに分けて、団体戦の予行演習をするという練習メニューを1ヶ月続けました。この練習を始めた頃は、先輩達から、朝一からいきなり試合はやめろよ、身体が動かないだろっ?とクレームをもらいましたが、だんだん練習の意図を理解してくれて、本番では、見事優勝候補を倒し、母校初の団体優勝を成し遂げ、目標としていた全国大会への初出場を決めました。

 そういう経験もあり、今日は、朝から試合をさせてやろうと思ったんですね。来週は、朝から実力を出し切って、しっかり勝ちきるテニスをしてもらいたいものです。

 コーチも保護者も、必死で頑張ってくれています。もちろん、子供達も大好きなソフトテニスを頑張っています。きっとテニスの神様は、味方についてくれるはずです。来週は、楽しく頑張りましょう。

★前日の自主練習、強化練習

 昨日、B&Gテニスコートで、午前中は自主練習、午後は県大会出場メンバーの強化練習が行われました。私も午後から、仕事の合間をぬって、強化練習に顔を出しました。

Dsc_1083

 朝から夕方まで、ずっと小雨が降っているという天候でしたが、参加したメンバー達は、すごく頑張っていました。こんな子供達を見ていると、なんとかして勝たせてやりたいと思います。

 県内の他チームは、もっと練習しているのでしょうけど、洲本ジュニアの意地を見せて、夏季大会では、大暴れしてやりましょう。

2019年8月25日 (日)

夏季大会まであと少しなのに・・・

 昨日のたつの市長杯の疲れが残っていたと思いますが、子供達は元気に練習をしていました。お父さん、お母さんも、コーチの皆さんも大変お疲れだったと思うのですが、本当にご苦労様です。

 私も遠征から帰って、やり残していた仕事が溜まってて、ちょっと大変でした。洲本ジュニア杯の賞状作成(名前印刷)も残っていたので、眠い目をこすりながら、頑張りました。上位入賞者だけに賞状を渡せば簡単なんですが、ちょっと考えがあり、できるだけ全員に賞状を渡すようにしています。記念になると思いますからね。

Dsc_1077 

Dsc_1078

 午前中、ゆずるは荘での合同練習には、少し欠席者が目立ちましたが、上級者は県大会に向けての練習、初級者は基礎練習をしっかりやりました。

 私も、松田コーチも惣田コーチも、声を出すように何度も指導しているのですが、上級者でも声が出ていませんね。合格者は、ほんとに数名だけです。合格レベルではないけど、努力しようとしている子はたくさんいますので、もっともっと頑張っていきましょう。

 声が出せないっていう問題は、私の指導に問題があるのかなって、いつも落ち込んでしまいます。

 過去、たくさんの先輩たちを送り出しましたが、ジュニア時代は、声出し全然ダメで、中学生になってから、見違えるほど声が出せるようになった子もたくさんいました。こういうのは、自分で何か気づかなければダメなんでしょうね。口をすっぱく言い続けていくことにします。

 ただ、私達からのアドバイスを無視しててもテニスはできますよね。(笑)
 言うことを聞かない頑固な子がいてもいいとは思っています。それは仕方がないです。

 アドバイスを素直に聞いて、やろうと努力している子と、まったくやろうとしない子には、当然ですが、差をつけていこうとは思ってますので、保護者の皆さんも、その点は覚悟と理解をしておいてくださいね。

 素直にアドバイスを聞いて、頑張ってくれる子とのテニスは、私達も楽しいですが、その逆はストレスにしかなりません。

 それから、練習中の態度や、球拾い、後片付け、などなど、コーチたちからも、たくさん注意されていますので、その点も、頑張ってもらわないとダメですね。

 最初はできなくて当然、でも、いつまでもできないのは困ります。高学年になってきたら、目配りや気配りも、できる子になってくれたら嬉しいですね。

 悪いことばかり書きましたが、成長している点もたくさんありますので、これからも根気強く指導していきましょう。

Dsc_1080
↑午後~の強化練習風景

 昼は、南あわじ市中学生(男子)の新人戦が行われていたので、三原中へ応援に行きました。午後からは、団体戦で、ほんとは個人戦が観たかったです。あと、15分早く到着できたら、ごろうと、ゆうた・りょうすけ達の決勝戦が観戦できたのに・・・。無念。

 さて、午後~の強化練習には、午前中欠席だった子も、来てくれて、大変にぎやかに、県大会に向けての練習ができました。惣田コーチも、1日指導していただき、ありがとうございました。

 今日の強化練習を観てて感じたことは、やはり、もう少し高いレベルのゲーム練習をどんどんやらせないといけないってことです。昨日のたつのレベルの試合を、もっとたくさんこなす必要がありますね。

 秋季大会までには、たくさん経験を積む機会がありますが、夏季大会までは、あと少し・・・、ちょっとあと一踏ん張り、動いてみます。

2019年8月18日 (日)

夏季大会に向けて

Dsc_1067

 洲本ジュニア杯も終わり、次は、県夏季大会に向けての練習です。県夏季大会というのは、西日本小学生大会の予選大会です。

 西日本大会に出場するには、ベスト4に残らなければいけませんから、当クラブにはまだまだ高い目標なんですが、予選リーグ突破や、1勝というのが、当面の目標となります。夏季大会で、ポイントを稼いで、秋季大会で勝負したいですね。目指せ!近畿大会!です。

Dsc_1066

 今回の夏季大会から県大会に出場する子もいるので、審判練習にも重点をおいていますが、まだまだ不安な審判ぶりです。初出場以外の子も、ジャッジペーパーの書き間違いがありますし、コールする声がとにかく小さいと感じます。ソフトテニスの審判は、観客視点でいうと、わかりにくいと思うので、正審が大きな声でコールするというのは、重要です。

 コーチからも、審判の声が小さいと注意されていると思いますから、頑張って改善してもらいたいと思います。練習の時から、声が出せていない子は、審判しても声が小さいと思います。とにかく、大きな声でコールしてくださいね。

 今日は、夏季大会のドロー会議があったので、私は、10時過ぎにはテニスコートを離れ、姫路教育会館に向かいました。夏季大会の組み合わせも決まりましたから、あとは練習あるのみです。子供達の頑張りに期待しています。 

2019年8月 4日 (日)

猛暑の中、練習です!

Dsc_0977

 南淡B&G海洋センターで行った練習には、インハイ帰りのまさえ先輩と、先日、県中学総体を終え、引退したばかりのたかひろ先輩が、参加してくれました。

 今日も、なかなかの猛暑でしたが、みんな大変元気よく、頑張ってくれました。

 それと、今日から、年長のやちるちゃんが、正式に入会してくれました。紹介するのを忘れててすみません。

Dsc_0981

 来週が、洲本ジュニア杯なので、たくさんゲーム練習もやりました。

Dsc_0978

 はるき・いちのすけペア、初級者の部でどこまで結果を出せるでしょうか。楽しみです。

Dsc_0988s

 今日のまさえは、またもマイラケットを忘れてくるという大失態。ラケットを預かった私が忘れたのが理由とされています。(笑)
 いやいや、自分のラケットを自分で持ってくるのは、当たり前ですよね?親のせいにしないでね!これは、ジュニアの皆さんもいっしょですよ。(笑)

Dsc_0993
↑みんな早く先輩を追い越しましょう!

Dsc_0976

 このたび、ダンロップ様から新発売になったギャラクシード4種類。インターハイ会場で、試打用にお借りすることが出来ました。
洲本ジュニア杯まで、借りていますので、皆さん、どうぞ試し打ちして、感想を教えてください。

 よろしくお願いします。

2019年7月28日 (日)

いよいよ夏本番の暑さです

 梅雨も明けて、本格的な暑さがやってきました。今日は、ゆずるは荘での練習です。

Dsc_0903

 洲本ジュニア杯、たつの市長杯、県夏季大会、明石市近隣大会など、次々と大会が続いていきますので、どんどんレベルアップしていかなければなりません。選手やコーチの皆さんは、日曜日の合同練習以外にも、自主的な練習を実施してくれています。自主練習は、主に土曜日なんですが、せっかくのお休みを、子ども達の練習のために使ってくれるコーチ達には、感謝しています。私もいっしょにやれたら良いのですが、私は土曜日が休みではないので、大会等の行事以外は、なかなか休むことができません。それだけに、コーチの皆さんには、大変助けられています。

 保護者の皆さんも、いろいろとサポートをしてくださって、洲本ジュニアは、みんなのご協力で成り立っています。これからも、皆さん、子ども達のために、頑張りましょう。

Dsc_0908

Dsc_0910

 今日は、ごろう先輩とゆうた先輩が、参加してくれました。後輩達の相手をしてくれて、ありがとうございました。

Dsc_0899

Dsc_0905

 初心者メンバーも、今日から、ユニフォームを着ての練習が始まりました。なんとなく、上手に見えましたし、嬉しそうに見えました。洲本ジュニア杯では、スーパー初級者の部に出場してもらいますから、しっかり、練習しておいてくださいね。

 監督とゆかコーチは、明日7/29~8/2まで、インターハイの応援のため、宮崎市まで行ってきます。こんなに仕事を休んで、旅行に行くのは、新婚旅行以来だと思います。気をつけて、行ってきます。

2019年7月21日 (日)

ジュニアも中学生も頑張った!

Dsc_0870
↑newボール

Dsc_0871

 今週の練習は、南淡B&G海洋センターで行いました。コート代が安いのは、嬉しいですね。(笑)

 数名欠席者がいましたが、たくさん集まってくれて、元気に練習が出来たと思います。まだ、本格的な夏ではありませんが、蒸し暑いですね。まもなく、梅雨明けして、本格的な夏がやってきますが、皆さん、本当に気をつけましょうね。私も、まもなくインターハイ応援のために、灼熱の宮崎へ行くので、ちょっと怖いです。・・・とくにゆかコーチが、危ない・・・倒れたら大変だ。うん、優しくしよう♪

Dsc_0874

 上級者達は、だんだん力強いストロークを打てるようになってきましたね。夏季大会に向けて、頑張りましょう。

Dsc_0875

Dsc_0876

Dsc_0873

 体験入部は、市小のゆめちゃんが初参加です。年長のやちるちゃんは、来月から正式に入部してくれることになりました。

 皆さん、よろしくお願いします。

Dsc_0872

 初心者組の練習は、長瀬コーチが手伝ってくれました。

 初心者チームも、洲本ジュニア杯では、スーパー初級者の部で頑張ってもらいます。今日は、その予行演習もしてみました。賞品も準備しておきますから、みんな頑張ってくださいね。


 そして、今日は、淡路中学総体の個人戦が行われました。すべての結果が届いていませんが、先輩達、力一杯戦ったようです。

 男子では、たかひろ先輩、ぎんが先輩、女子では、はるか先輩、まなみ先輩、さくらこ先輩、はおと先輩が、県総体へと勝ち進んだそうです。惜しくも敗れてしまった先輩もたくさんいるのですが、みんな頑張った結果だと思います。

 今日引退になってしまった中3の先輩達には、また、気持ちを切り替えて、受験勉強をしっかり頑張り、できれば、高校でもソフトテニスを続けてもらいたいなって、思っています。

 県総体に出場できる先輩達は、負けたみんなの分まで、頑張って来てください。目指せ!近畿総体!目指せ!全中出場だ!


 淡路総体が昨日なら、少し応援に行けたのに、今日に延びたため、行けなくて残念でした。
 私は、午後から、娘の進路相談で三者面談があり、徳島へと向かいました。いよいよ、インターハイも始まるし、保護者としても、超多忙になっています。

 洲本ジュニア杯の準備も大詰めになっていますし、皆さんも、ご協力よろしくお願いしますね。

2019年7月14日 (日)

またまた体育館練習

Cimg8450

 今日は梅雨らしいじめじめした天気で、ずっと小雨が降っていました。無理したら、屋外でも練習できたのかもわかりませんが、3日前にサンライズ体育館を予約していたので、屋外はあきらめました。

 そして、今日は、高校生のしょうた先輩とあつや先輩、中学生のはおと先輩が参加してくれて、練習を手伝ってくれたので、本当に助かりました。

Cimg8441

 初心者メンバーは、惣田コーチと増井コーチ、中川コーチの指導で、基礎練習を中心に、元気よく頑張ってくれました。洲本ジュニア杯に向けて、ペアも決まりつつあります。

Cimg8445

 中・上級者メンバーは、ローボレー、ランニングボレーなど、ネットプレーの練習にたくさん時間をかけて練習しました。私と松田コーチの指導で行いましたが、少しずつですが、フォームができてきたかなと思います。この調子で、攻めのプレーができる選手を作っていきたいと思っています。

 最後に、少し時間をとって、しょうた先輩とあつや先輩のスピーチと、質問コーナーを作ってみました。中学、高校時代の思い出を話してくれて、小学生達は、熱心に聞いていました。

 また、先輩が来てくれたら、楽しい話をたくさんしてもらおうかと思っています。他の先輩達も、顔出してくださいね。楽しみに待ってます。

 最後に、洲本ジュニアのOB/OGグループLINEを作っています。ぜひ、登録してくださいね。(監督か、登録済のメンバーに聞いてください。)

2019年6月30日 (日)

体育館練習をしました

Dsc_0807
今日は、汗びっしょりでした♪

 天気予報が思いっきり雨だったので、ゆずるは荘をキャンセルして、サンライズ淡路体育館での練習を行いました。
 湿度が高かったので、今日の練習は、暑かったですね。

 それと、私が参加できる練習日が、今月も来月も少ないので、今日は、13時まで延長した練習にしました。体力に自信がない子は、12時で解散してもらおうと思っていたのですが、みんなやる気満々で、ほとんど全員が、13時まで練習頑張ってくれました。

Dsc_0804

Dsc_0805

Dsc_0806

 今日の練習では、ノーバウンドでボールを打つ技術に時間をかけてやってみました。特に、ボレーです。

 全員でフォアボレーの基本を時間をかけて教えました。その後、選手を分けて、練習を行いました。

 そろそろネットプレーヤーを育てていきたいので、5名選んで、ボレーの特訓もやりました。

Dsc_0808
↑いちと君、ボレーが上手でしたよ

Dsc_0809
↑必殺!あっち向いてホイ・ボレー!

Dsc_0810
↑これも、あっち向いてホイ・ボレー

 ボレーは、基本から少し応用まで、たくさん練習してもらいました。今日、ボレー練習に選んだのは、ここか、いちと、ゆうご、ゆな、あやか、の5名でしたが、なかなか上手にボレーをやってくれました。この子達、前衛にしてもいけそうですね。

 それから、最後にやらせたのは、遠くのボールを引っ張り方向に打つバックボレーでした。この技術は、5年くらい前に、時安先生の講習会で学んだ技術です。別名、あっち向いてホイ・ボレーと私は呼んでいます。

 バックボレーで、ボールがラケットに当たる瞬間、顔を後ろに向けることで、ボールを引っ張り方向に飛ばすことができるんですね。このようなバックボレーのやり方は、おそらくどんなソフトテニス本にも載っていませんから、時安先生流といえるんじゃないでしょうかね。

 まさえが、小学5年生の秋に時安先生から、マンツーマンで、このバックボレーを教わったときの動画が残っていましたので、参考までに紹介しておきます。今日、練習した5名は、特に勉強しておいてくださいね。

遠くのボールを引っ張り方向に打つバックボレー(あっち向いてホイ・ボレー)



まさえ先輩が、小学5年生の時の映像です。ちょうど、ゆな、ももか、あやかと同じですね。

 ヒットするまで、ボールを見ないといけないという既成概念が、このときの時安先生からの指導で、ぶっ飛んでしまいました。
すごい衝撃を受けたのを鮮明に覚えています。

より以前の記事一覧

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック