洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2022年10月 2日 (日)

さあ、これからです!

 昨日、兵庫県全日本小学生選手権強化選考会というイベントへ、岡本コーチといちのすけ君と参加してきました。養父市にある”つるぎが丘公園テニスコート”が会場だったため、前泊しての参加となりました。

Pxl_20221001_000417634

 来年、兵庫県で開催される全日本小学生選手権大会で、地元が日本一になるために、強化選手を選び、鍛えていこうというわけです。そういうところに、招集がかかったのは、淡路島からは1人だけだったので、大変光栄でした。

 きっと、選考会では良い結果を出してくれると期待していました。前半は順調でしたが、後半で失速してしまい、まさかの結果となってしまいました。今まで、一度も負けたことがない選手に負けたり、負けるはずはないと思う選手に負け、2敗してしまいました。リーグ戦の結果は、2勝2敗のペアが3ペアいて、なんとリーグ4位です。リーグ1位のペアには勝っているし、最後の試合もG2-1でリードし、王手をかけていましたが、決めきれず、ファイナルゲームまで競り合い自滅してしまいました。もし、最後の試合を勝っていたら、リーグ1位でした。悔しかったです。

 しかしながら、一番強い相手には勝ちました。いちのすけ君の今まで鍛えてきた技術は、たくさん通用していて、しっかり手応えは感じることができました。収穫は、たくさんありました。

 なぜ後半に失速したのでしょう。その理由は、ここには書きませんが、私には答えがあります。昨日の昼に、感じたことが本当になってしまいました。いちのすけ君は、尼崎ジュニアの選手とペアを組ませてもらっているので、これから、ペアで問題を解決していかなければならないと思っています。県大会までには、必ず、改善したいと思います。

「よぉ~し、倍返しだ!」

 

 さて、昨日の選考会において、技術的なことはさておき、まず一番最初に大切なことを、いちのすけ君は、学んできたはずです。この学びを、洲本ジュニアの子供達や保護者、コーチ達に、お伝えしたいと思い、今日の練習は、ミーティングに時間をかけました。

 まず、いちのすけ君に、みんなの前でスピーチしてもらいました。スピーチが得意な子ではないですが、とてもりっぱにスピーチしてくれたと思います。私は、本当に彼の成長を、自慢に思います。ご両親の教育が、やっぱり素晴らしいのだと思いました。

 その後の練習では、全体的に少し改善は見られましたから、それぞれが、何かを感じてくれたのだと思っています。

 いちのすけ君のスピーチの後、私からも、皆さんに、お願いをしました。最後は、岡本コーチからも、スピーチしてもらいました。今日、休んでいたみつかちゃん、かのんちゃんに、伝えられなかったのが残念でしたが、ほぼ全員には話しはできました。私や岡本コーチが、話した内容、素直に聞いて、少しずつでもできるようになってくれることを、願っています。

 洲本ジュニアは、ソフトテニスの技術だけ教えているクラブではありません。子供達を人間的に成長させたいと思っています。将来の日本を担う子供達を、ソフトテニスを通じて、育てていきたいのです。「人造りによる国造り!」が、私の目的でもあり、目標なのです。

「返事や挨拶できないのは、親の責任です!」

 これは、約6年前、姉妹都市交流を開催したときに、洲本まで来てくださった北海道の静内スポーツ少年団の廣島先生(全国屈指の有名指導者)が、おっしゃっていた言葉です。

第1回姉妹都市交流大会(洲本市開催)
http://office-tagami.cocolog-nifty.com/tennis/2016/10/1-df03.html

 なんか、来年くらいに、北海道の新ひだか町静内で、第2回姉妹都市交流大会を実現しましょうかね。対象は、小学生と中学生です。賛同される方は、監督まで、ご連絡ください。洲本ジュニア関係者だけではありません。洲本ジュニア出身者と、洲本市を中心とするメンバー(淡路ジュニアさんも含みますよ)が対象になるのかな?

 2泊3日くらいで、やりたいですね。毎月、積み立て貯金、始めましょうか。(^O^)

 洲本市が交流の為の補助金をいくらか出してくれたら嬉しいですが、今の財政では無理かもね。昔、私が阿波おどりで、北海道の静内へ、姉妹都市交流のために行ったことがあるのですが、もし、実現すれば、それ以来の静内訪問になります。

 本気で計画してみたいと思います。皆さん、どうかご協力お願いしますね。

 というわけで、今日の練習開始です。

Pxl_20221002_014540683

 今日は、なんと言っても、新コーチが増えましたね。まだ見習いコーチという立場ですけど、鼈甲屋コーチ、どうぞよろしくお願いします。

Pxl_20221002_025845950

 Cコートでは、とってもなが~い期間の体験入部を経て、正会員になったわかなちゃん。(^0^)

 まだ保育園児ですけど、将来のエースに育ってくれることを願ってます。

Pxl_20221002_022056991

 Aコートは、上級者達が、岡本コーチとまさえコーチの指導の元、頑張っていました。ここから、何ペアが近畿インドア大会へと出場できるのでしょうか。全員、出場できるように、頑張っていきたいですね。

Pxl_20221002_022026661

 上級者コートには、中学生の準会員になったレツくんも参加してくれました。

 洲本ジュニアでは、これから、中学生の準会員も増やしていこうかなと検討中です。中学校から、ソフトテニスを始めたという子が対象になります。もっと上手になりたいという中学生の皆さん、やる気があれば、お問い合わせください。

Pxl_20221002_013916463

 Bコートでは、森本コーチと増井コーチが、中級者を指導してくれました。Aコートのメンバーとは、かなりの技術的な差があります。ここを、どうやって早く差を埋めるかが、来年の洲本ジュニアの課題だと思っています。

 

 明るく、楽しく、元気よく!

 みんな、よろしく頼むよ!保護者の皆さんも、フォローよろしくお願いします。

2022年9月25日 (日)

ゆずるはダム1周

 今日は、ゆずるは荘での練習となりましたが、岡本コーチの提案で、希望者は、練習前にゆずるはダムをランニングしていました。

1664197671648

 今日は、高校や中学の新人戦があったので、一部のコーチ、保護者も、応援や送迎で、忙しかったことと思います。我が子の応援は、ドキドキハラハラ、楽しいものですよね。応援ご苦労様でした。

 ジュニアの練習の方は、私、岡本コーチ、森本コーチ、奈良コーチ、まさえコーチの5名で頑張りました。

 コーチの皆さんには、練習メニューなど、基本的にお任せしているので、各自で工夫して、良い練習ができていると思います。ただ、全体的には、声が出ていないのが、まだまだ気になりますが、上級生からお手本を見せてもらって、みんなも声が出せるようになってもらいたいものです。

Pxl_20220925_004647818
↑いつものラダートレーニング

Pxl_20220925_015143338
↑今日の練習は、まずサーブからスタートしてみました。

Pxl_20220925_015829869
↑森本コーチも工夫して練習をしていました。

Pxl_20220925_024237561
↑初級者組は、保護者にも球出しを手伝っていただきました。もっとコーチの補助が多い方がいいですね。たくさん打たせたいから。保護者の皆さん、積極的にお手伝いください。

Pxl_20220925_025448976
↑みつかは、まさえコーチと、マンツーマンの前衛特訓です。

 上級者には、最後にゲームをやってもらいました。こはる・ゆめVSはるき・いちのすけの7ゲームマッチ。ファイナルゲームまで競り合った面白い試合でした。4名とも、いろんな部分で、とても上達してきたなって、嬉しくなりました。

 大きな夢の実現まで、あと少しだと思っています。この調子で、みんなで頑張っていきましょう。

2022年9月18日 (日)

台風直前の練習試合

 今日は、練習試合を計画しました。午前の部(9~13時)は、初級者が対象の練習試合。午後の部(13~17時)は、上級者の練習試合。

 と、そうなる予定だったんですが、台風が迫っていて、安全を考えて、午後の部は中止としました。無理すれば、午後からもやれたかもしれませんが・・・。楽しみにしてくれた方達、ごめんなさい。

 午前の部には、地元の3チーム(淡路、一宮、洲本)と、初参加の北播磨Jr.さんが、参加してくれました。

 当初の予定よりも、参加選手が多すぎて、どのように4面のコートで進めるか、非常に悩みました。結局、初級者メンバーを、3つのレベルに分けて、練習試合を進めることにしました。

 頭が悪いので、あーでもない、こーでもないと、いろいろ考えて、前夜より準備を進めたのですが、何度も考え直し、ペアを組み替えたりしていたら、結局、朝になっていました。(^O^)

 だって、北播磨ジュニアさんも遠路参加してくれますし、地元チームからもたくさん参加してくれます。お誘いした手前、責任を感じるじゃないですか。

 しかも、初級者の部は、午前の4時間だけ・・・。これだけ参加者が多かったら、たくさん試合はできないだろうけど、少しでも多くゲームができるようにするためには、どんな方法でやれば良いだろうか。スムーズに進行させるには、どうすれば良いだろうか。初心者には、審判のやり方を教えなければいけないけど、何か良い方法はないだろうか。この日は、コーチ不足にもなっていたので、悩みが一杯でした。いやー、結構なプレッシャーでした。だって、お誘いした以上、責任ありますからねえ。そして、台風でしょ、天気予報ともにらめっこでした。(^O^)

 もっとたくさん面数のあるテニス場が欲しいですね。北播磨さんには、参加ペア数を半分に減らしていただき、申し訳なかったです。もっと大きな会場があればなあ。そうすれば、こんなに悩まずに、ゆっくり寝られたのに。まあ、いつもイベント前は、こんなことになってしまいますねえ。(~_~;)

 しかし、一番心配していたお天気も、嵐の前の静けさというか、雨も降らず、風も吹かず、ばっちりの環境で、試合をすることができました。これは、本当に助かりました。

Pxl_20220918_004816030

Pxl_20220918_004821685

 進行席の方は、各チームから補助員を出していただき、選手の呼び出しや誘導、ジャッジペーパーの記入など、たくさん手伝っていただいたおかげで、非常にスムーズに進行させることができたと思います。皆さん、ご協力いただき、本当にありがとうございました。

 私が進行席にへばりついていたので、試合の指導は、奈良コーチ、森本コーチに任せっきりでした。途中から、長瀬コーチも来てくれたおかげで、なんとか、洲本ジュニアの子ども達も、しっかりアドバイスを受けることができただろうと思います。

 ただ、まだ初心者が多いので、いろんなマナーも含め、教えなければいけないことがたくさんあるなって感じました。コロナのこともあったり、ほとんど練習に来ていない初心者にも、練習試合に参加させましたから、たくさん恥をかいたと思いますが、これから挽回してもらいたいですね。

 10月、11月には、初心者にも出場してもらう大会があるので、できるだけ練習を休まないように、頑張ってもらいたいと願っております。

 それと、今日の練習試合では、当日、体調不良になった子が、各チーム共に出てしまいました。都度、選手変更しながら進めたのですが、子ども達の体調、心配です。軽い熱中症だったと思いますが、皆さん、健康管理には、くれぐれもお気をつけください。

 私も、たくさん子供達の整体施術もしていますので、もし、よろしければ、気軽にご相談ください。たぶん、お役に立てると思います。

Pxl_20220918_042134030portrait_s
↑本日、参加してくれた洲本ジュニアの初級者メンバーたちです。

 コロナ濃厚接種による欠席者が、残念ながらいました。感染症の分類指定を、2類から5類に引き下げてくれたら、問題なく参加できたのに・・・。

 でも、まだダメなんだって、たくさんワクチンを国が購入してしまっているから・・・。

Pxl_20220918_042342088portrait_s
↑初参加の北播磨Jr.さんといっしょに記念写真!

 遠い所、参加していただき、感謝しています。北播磨の監督と、かほちゃんのお父さんが、お仕事でご縁があると聞いたので、私がお誘いしてみました。今年4月に発足したばかりのチームですが、急ピッチで上達している様子でした。これからも、良いお付き合いができたらと願っております。

★お土産にコロナ対策で”のど飴”を!

 Pxl_20220918_152043647
↑本日配ったのは、ぶどう味です。いろんな種類のVICKSがありますよ。

 練習試合に参加してくれた全チーム、選手に、洲本ジュニアから、のど飴のお土産をお配りしました。

 コロナ感染者も少し減ってきたように感じますが、国は、まだまだワクチン接種事業を推し進めるみたいです。淡路島でも、ワクチン5回目接種した50代の方が、接種直後から体調を崩し、3日後に死亡したという話を耳にしました。

 ワクチンも、マスクも、感染予防、重症化予防にはならないと、大阪市立大の井上正康名誉教授や、東京理科大の村上康文名誉教授などもおっしゃっています。はっきり言って、有害無益です。そして、絶対に子供には接種させるな。大人もこれ以上は、打つなと。強くおっしゃっておられます。

 オミクロン株は、デルタ株までは血管の病気(血栓症)でしたが、オミクロン株になってからは、のど風邪になってしまいました。

 のど粘膜から感染するので、感染力は増大しているのですが、毒性は弱くなっており、健康な人は、重症化することもありません。

 ワクチンを3回以上打つと、どんどん免疫力が低下していくことが判明しており、より感染しやすくなる上に、感染を増強させる抗体(ADEという)が出来るため、ワクチン接種者が感染源になってしまうようです。集団接種している高齢者施設や、病院などでクラスターが発生しやすいのは、どうやらこれが原因のようです。

 ワクチン接種をやめてしまった国々では、新型コロナ騒動が治まっているわけですから、もう、気づかないといけません。

 というわけで、私は、もっと簡単で安全で効果のありそうな対策を見つけました。

 オミクロン風邪の予防には、CPCという殺菌成分の入ったのど飴が、非常に効果があるようです。

 本日、皆さんにのど飴をお配りしたのは、このような理由でした。ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

「のど飴の殺菌成分がコロナ変異株を不活化する!」(日刊工業新聞記事)

★マスクもやめませんか?

1663480781011

 この記事、どう思われますか?

 私は、整体施術の時、飛沫を飛ばさないためにマスクをしています。もう一つの裏の理由は、自分がお客様のシェディングから身を守るためにマスクをしています。

 しかし、それ以外の時、あえて、マスクは外しています。テニスコートでも外しています。ここ何ヶ月も、買い物中でもマスクはしていません。同調圧力に負けて、マスクをすることは簡単なんですが、大人が外さないと、いつまでも子供達は外せませんよね。

 もう、1日も早く、海外のスタンダードに合わせるべきです。エリザベス女王の国葬でも、あれだけ密になっていても、ノーマスクじゃないですか。

 医学的にも科学的にも、マスク生活を続けることは、危険です。ノーベル医学賞を受賞したオットー・ワークブルク医師の研究によると、低酸素状態を続けると、腫瘍ができてしまう、つまり、ガンになるそうですよ。

 子供達も、この3年間のマスク生活で、脳の発育が遅れているし、免疫力が低下し、病気になりやすくなっているようです。

 もう、マスクやめましょうよ。少なくとも、洲本ジュニアの練習中は、マスクは強要しておりません。見学の保護者の皆さんも、積極的に、マスクを外していただきたいと、願っております。

・一般のマスクは、新型コロナウイルスの感染予防にはなりませんから!

 

 

2022年9月11日 (日)

熱い!暑い!練習

 9月2週目の練習、朝晩涼しくなってきて、風邪など、体調を崩している方も、増えてきたかもわかりません。皆さんも、お気をつけください。

 とはいうものの、9時~の練習は、まだまだ暑いです。汗かきの私は、そんなに動いていないのに、汗びっしょりになってしまいます。

 子ども達も、たくさん動くので、汗びっしょりになって、熱い練習をしていました。

 今日は、12時までは3面使用し、12~13時までは、4面使用しての練習となりました。来週が、初級者と上級者に別れての練習試合なので、特に、初級者メンバーには、ゲームのやり方、審判のやり方など、奈良コーチから丁寧に指導をしていただきました。

 上級者、中級者は、2面に分けての練習でした。上級者は、近畿インドアを目指して、より一層、チームワークも向上してきたように思います。自主練でも一生懸命に指導してくれているコーチ達のおかげだと感謝しています。

 練習前にも、30分早く集合して、ランニングしていましたね。偉いぞ!みんな!

 これは、私が指示したことではなく、岡本コーチの提案で、自主的にやってることのようです。だから、全員参加ではなく、あくまでもやる気のある子だけが、やってることのようです。この努力、報われるといいですね。ファイトー!

 私も学生時代の話ですが、軟式テニス部の練習が終わった後、夕食を終えてから、火、木、土の週3回は、少林寺拳法の詫間道場へ通っていました。月、金も、都合のつくときに、別の道場へと通っていました。

 最初の1年くらいは、寮から自転車で道場通いしていたのですが、いつの頃からか、体力作りのために、ランニングで通うようになりました。片道3kmくらいだったと思います。別の道場は、片道5kmくらいだったでしょうか。ランニングによる道場通いは、2年くらい続けていましたが、その努力が、全国大会出場へと繋がったんだろうなと、懐かしく思い出されます。

 あの頃の体型は、ガリガリでしたけど・・・。(^0^)

Pxl_20220911_005614962
上級者は、Bコート。私と岡本コーチで指導しました。今日は、初めてやらせた練習がありましたが、私が想像していたよりも、コントロールが良くて、びっくりしました。

Pxl_20220911_005719514

Cコートは中級クラス。惣田コーチ、増井コーチにお世話になりました。

Cimg0210_20220911224401

Dコートは初級クラス。奈良コーチ、長瀬コーチにお世話になりました。来週の練習試合が、対外試合初めてというメンバーなので、頑張っていただきたいと思います。

 Aコートは、女子中学生のグループが練習していたのですが、せっかくのチャンスなので、最後の30分間に、練習試合をお願いしました。全員中学2年生でしたから、良い経験をさせていただきました。洲本ジュニアの元コーチが指導していたので、突然のお願いでしたが、快く引き受けていただきました。

 お互いに、これからもソフトテニスを楽しく頑張りましょう。

2022年9月 4日 (日)

声が小さいよ!

 今日は、練習開始早々にカミナリを落としました。

 準備運動の時、余りに元気がないので、みんなで大きな声を出しましょう。もし、今から、大きな声が出せなかったら今日の練習は終わりますよ。と、言ったのに、まったく改善が見られなかったからです。

 口が開いてない、声をほとんど出せていない子が、たくさんいました。高学年の子も含めてです。ほぼ全員ですね。

 コロナ禍で、2年以上もマスク生活をさせられているから、声が出せなくなっているのでしょうか?もう、うんざりします。

 練習は中断して、というか、今日は解散しようかと本気で思ったくらいです。キャプテン、副キャプテンを中心に、みんなでミーティングしなさいと指示しました。これからの練習をどうするのか、相談してこいと・・・。

 「声を出して練習するので、練習をやらせてください。」

 と、謝りに来ました。これからの子ども達の本気度を、見守っていきたいと思います。

 監督もコーチも、大事な休日を子ども達のために、使っています。みんなボランティアです。どうせなら、楽しく練習したいです。我々は、本気で指導しています。それなのに、子ども達が本気でやらないのなら、それは我々にとって、無駄な時間になります。毎週、休まずに練習に来ている子は、楽しいから来てるのだと思うのですが・・・。

 いまどきの子を「本気」にさせる、「やる気」にさせる方法、研究してみます。

 

Pxl_20220904_014322332

Pxl_20220904_012142131
↑今日は体験入部に3名参加してくれました。

Pxl_20220904_012937023

Pxl_20220904_012941566

Pxl_20220904_014326459

 昨日、突然飛び込んできた訃報。県小学生連盟会長が、亡くなられました。詳しくはわかりませんが、病気と闘っていたそうです。来年開催の兵庫県主催の全国小学生選手権大会の大会会長を務めていただきたかったです。残念でなりません。

 今日の練習は、会長のご冥福を祈って、黙祷を捧げてから、スタートしました。

 これから、私も微力ですが、会長の意志をついで、ソフトテニスの発展、普及をするため、精進してまいります。天国から、見守っていてください。

 そのためにも、会長が築き上げた日本一のジュニアチームを、いつか倒せるように、努力してまいります! 合掌。

 

2022年8月28日 (日)

みんな宿題できてるかな?

 夏休み最後の日曜日となりました。洲本ジュニアとしても、夏休み最後の合同練習日となりました。

 最後の日曜ですから、家族で遊びにいったり、宿題の追い込みだったり、みんな忙しいんじゃないかなーと思っていました。

 あと少しの夏休み!楽しい思い出を作ってください。

Pxl_20220828_001714964

 今日は、しゅうが先輩(中1)と、うたちゃんの”にーにー”(中2)が、練習に参加してくれて、助かりました。

 うたちゃんのお兄さんは、中学の部活が日曜日は休みなので、これからも練習に参加して、いっしょにソフトテニスを学びたいそうです。我々としても、良い練習相手にもなって貰えるし、今は、会員数が少なめなので、ありがたいことだと思い、許可しています。皆さん、これからも仲良くしてください。ただし、中学2年生の先輩ですからね。言葉使いには、くれぐれも気をつけてください。

Pxl_20220828_003318700

 初級者クラスは、奈良コーチとまさえコーチにお願いしました。まさえコーチは、ちびっ子相手は疲れるわーって言ってましたが、楽しいみたいです。毎週、指導してくれている奈良コーチは、もっと大変なんだよって、そんな話もしました。

 奈良コーチに、感謝しましょう。

Pxl_20220828_003328760

 Cコートは、惣田コーチの指導です。県大会で、1勝した子達は、なんだか頼もしく見えましたよ。益々上達して、次期洲本ジュニアのエースに育ってくださいね。今日は、それなりにレベルの髙い技術を、指導していただきました。初級クラスの練習試合を計画しないといけないですね。

123_2

 あれ?またまた面白い子がいます。ほっぺにパンクしたボールをくっつけて、笑わしてくれます。

「コブができたよ~~♪」

 柔らかい発想ができて、人懐っこい子、甘え上手な子、いろんな意味で得するかもです。

 この画像は、まさえコーチから、いただきました。

 さて、監督として、非常に心配しているのが、子ども達の夏休みの宿題の進捗だったりします。先日、明石ジュニアの監督からお聞きした話によると、明石さんでは、お盆の合宿までに宿題を仕上げていないと、合宿に参加させてもらえないのだとか・・・。(^O^)

 さすが日本一の選手を数々輩出しているジュニアチームの監督さんは、厳しいですね。(^0^)

 私は、自分自身が、小学生の時、宿題が大嫌いな子どもだったので、宿題については、偉そうなことはいえないのです。

 担任の先生から

 「お前は学級委員長なんだから、宿題はきちんとやってくれ。お手本にならんじゃないか!」

 と、よく怒られていた記憶があります。あの頃、宿題がほんとに面白くなかったんです。もっと、楽しくなるような宿題を出してくれたら、やる気になったかもしれないですね。

 と、そういう私でしたが、親になり、子どもの宿題となると、毎年、楽しんでいました。宿題を楽しくやるという方法を、親になってから発見したのです。夏休みの宿題ってものは、親子で楽しむものなんだと思って、娘達が小学校、中学校の間、毎年、楽しくいっしょに宿題をやりました。

 まさに、そんなの有りなのかという宿題の連発です。奇想天外な発想から、いろんなことを娘といっしょに編み出しました。(^O^)

 あまり詳しいことは書けないので、興味がある人は、私に聞いてください。ちょこっとご紹介をしますと・・・。


 小学校の時は、

・読書感想文は、ほぼ自由図書でした。課題図書で読みたい本がなかったからです。「わたしのがばいばあちゃん」の感想文で、徳間文庫から賞をいただいたり、「負けない!挑戦することは楽しいこと」(クルム伊達公子著)の感想文は、2年連続提出したところ、2年目の時には、兵庫県の優秀作品15作の中にギリギリ選ばれました。同じ本で2年連続提出したってところが、味噌です。内容は、バーションアップしています。娘達の感想文の1行目は、必ず、「 」から始まるというのが、特徴でした。

Pxl_20220829_185108671

Pxl_20220829_185300912

Pxl_20220829_183213335

Pxl_20220829_183326919

・交通安全ポスターでは、たしか小2か小3で賞をいただいたことがきっかけで、毎年、同じ路線のポスターを書くようになったのですが、超簡単にポスターを書くという技を編み出しました。(^O^)


 中学校の時は、

・読書感想文の指導には、小学校同様に力を注いでいました。なぜなら、大人になっても、文章を書くことは大変重要だからです。どんな職業についたとしても、文章を書く機会はあります。しかも、とても重要な仕事です。子どもの時に、文章を書くことを、絶対に、苦手にさせてはいけないと思っていました。

・中1の時、長女には、ソフトテニスの入門書で感想文を書かせました。そう、写真ばっかり、テニスの技の説明がたくさん載っている本でした。ほとんど読む所はありませんでしたが、たしか10ページくらい、著者の先生の生い立ちが書かれていて、ここだけ読めば、感想文はいくらでも書けるからと指導しました。かなり、いやがっておりましたが、結局、この読書感想文は、洲本市読書感想文コンクールに入賞することになりました。「勝利を呼び込む、ソフトテニス入門」という本でした。

Pxl_20220829_183352915

Pxl_20220829_183436098

 もしかすると、ソフトテニスの入門書で読書感想文を書いた人は、娘が日本初かもしれません。さらに、賞まで貰った子は、いないかもしれませんね。

 私が教えたかったことは、当たり前のことをやっててはダメだってことです。頭を柔らかくして、奇想天外なことに挑戦してみようってことです。世間の常識で考えたら、ソフトテニスの入門書で読書感想文なんか書いてはいけないのだと思います。しかし、この本の著者である武田博子先生の生い立ちには、心を動かされる内容がたくさんあって、きっと良い読書感想文が書けるだろうなと思ったのです。

 それと、あの頃、とっても熱心な顧問の先生で、朝から夕方まで練習があり、夏休みに多少の経験者であった長女は、先輩達といっしょに、頻繁に島内、島外に練習試合などに連れて行って貰っていました。たくさんいた1年生の中で、先輩達といっしょに連れて行ってもらえた1年生は1人だけです。肉体的にも精神的にも、くたくたでしたから、宿題なんてやる時間、まったくなかったのです。ましてや、本などいつ読めるのかという状況でしたから、10ページくらいしか読むところがない本を、私は探してやったというわけです。(^0^)

・読書感想文では、他には、「No.1メンタルトレーニング」という本でも、書いてもらったことがあります。夏休みは練習で忙しいので、本をゆっくり読む時間はないだろうから、中学校の「朝読」朝の読書時間という時に、この本を読んでもらっていました。本さえ読んでいれば、夏休みに読書感想文は書けますから。内容的に素晴らしい本なので、娘達のソフトテニスには、かなり役に立ったことと思います。まあ、夏休みの宿題を、楽にするためだからということで、娘達も仕方なく、朝読で読んでくれたみたいですね。(^O^)

・人権作文では、中1で書いた作文を、中1、中2,中3、高1と、同じ作品を提出し続けていました。とんでもない暴挙です。誰の作品の真似でもパクりでもなく、自分の作品なので、ええやん!と長女は言ってました。人権に関しての私の考えは変わっていないからだと。(笑) 中学の時にりっぱな人権作文の賞をいただき、高校の時には、もっとりっぱな賞をいただきました。同じ作文なんですけど・・・。表彰式に親子で出席せよと、学校から連絡をいただきましたが、私は、あまりに恥ずかしすぎて、テニスの大会で、娘も親も不在だからと欠席させてもらいました。上郡の大会があったので、行けなかったというのは、ウソではありません。

 作文も、演歌歌手みたいに、歌い続けていたら、徐々に売れてきて、大賞をもらうことがあるんだなって、思いました。なーんて(^O^)

 審査される方は、何年も同じ作品が出てるのに、気づいていないのかな?同じ作文で、2回も大きな賞をいただき、とにかくありがとうございました。

・自由研究も、楽しみました。中1の時は、ソフトテニス部に入部したので、「日焼け止め化粧品の研究」をしました。SPFやPAといった日焼け止めの基準があるけど、何が違うのか。また、日焼け止めの成分を調べて、肌への安全性など研究しました。バナナを使って、日焼け止めを塗ったところは、バナナが黒くならないので、効果があるんだなって、いろんな発見もありましたね。バナナを大量に廃棄することになり、もったいないことをしちゃったなー。

・絵画の中学の宿題では、長女、次女、合わせて6年間。洲本市造形展で入選することができました。絵画を簡単に上手に描く方法を編み出したのです。(^O^)

 私は、中学生の時、美術の評価が10段階で2をもらったこともあるくらい、絵は下手です。でも、今ではそれなりに上手に描けるようになったようです。6年連続入賞という結果が、それを証明してくれています。タイムマシーンで、あの頃の美術の先生に会えるならいいたい。

「なんで、俺の通信簿、美術は、10段階で2なんや!」(^O^)

 こんなに絵の指導できているのに。

 いや、あの時の美術の先生が思い出せないぞ。俺は、美術の授業に出ていたのだろうか??? きっと、2をつけられた理由があったんでしょうね。素直に反省しなければ。

 娘の夏休みの宿題で、新聞紙の上に魚を置いて、絵を描けという宿題がありました。娘の友達は、魚をわざわざ買ってきて、絵を描いたそうです。完成したときには、魚は腐っていて、食べることが出来なかったそうです。

 私は、魚を描くのか?じゃあ、刺身の絵を描こうよと言いました。舟盛りで豪華なヤツ、描けば面白いやろ?

 さすがに、娘は嫌がって、承諾されませんでした。魚屋で、鯛とか買って来てくれというのですが、そんなもったいないことをするわけにいきません。腐ってしまうじゃないですか。買ってきた鯛を写真にとって、描かせようかとも思いましたが、それだったら、最初から、鯛の画像はインターネットで探し、新聞紙の上に鯛を載せているように描いて貰いました。

 中1の美術の課題は、長女も次女も同じでした。2人ともりっぱな鯛の絵を描いて、洲本市造形展で入賞していました。なんといっても、私は下手でも上手に描く方法を編み出していましたから。(^O^)

 

 まあ、保護者の皆さん、子どもさんといっしょに、夏休みの宿題は、楽しんでください!!

 来年から、面白い夏休みの宿題をやりたいと思ったら、気軽に相談してください。アドバイスしてあげますよ。

 今日は少しでもヒントになればと思い、ご紹介させていただきました。

 宿題残っている人、頑張ってなー!

2022年6月26日 (日)

赤M杯で1位と3位

 今日は、西宮市の赤M杯に、はるき君といちのすけ君が参加させてもらいました。

 近くで試合を観たかったです。結果は、はるき優勝、いちのすけ3位。よく頑張りましたよね。ペアを組ませてもらっている尼崎ジュニアさんに感謝です。引率の岡本コーチ、ご苦労様でした。

 

 さて、今日は、残ったメンバーは、青少年交流の家で、4時間の練習を行ないました。先週が、遠征で地元組は寂しかったため、とっても賑やかでした。(^O^)

 今日の練習には、しゅうが前キャプテンが参加してくれたので、いろいろとお手本を見せてくれて、ありがたかったです。しゅうが君、中学校の期末試験明けでしたね。勉強の方も、しっかり頑張ってくださいよ。(^O^)

 今日の練習のテーマは、しっかり声を出すことです。はるき、いちのすけがいない練習は、やっぱり、静かなように感じます。どうやったら、大きな声が出せるようになるのでしょうね。監督として、ここは永遠のテーマです。

 兵庫のトップ選手で、声が出せない選手なんて、皆無だと思います。技術の上達はもちろんですが、声が出せる選手になって欲しいです。うちのモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」ですから。

 今日は、上級者、中級者たちに、1人ずつ、今の課題や目標を話ししてもらいました。誰ひとりとして、声が出せていないことは、課題にしていなかったのは、残念でした。今のままで良いと思っていたから、声が出せないってことですね。

 あらためて、A,Bコートで練習していたメンバーには、声出しについて、説明をしました。声を出さずにテニスがしたい子がいるのなら、その子には、今後、声出しの注意をしないようにすると説明しました。

 すると、全員が、声出しをしっかりしながらテニスをしたいというではありませんか。私やコーチから、声出しの注意をしてもらいたいという意見だったので、これからも、声が出せていない子には、注意していくことにします。自分でそう言ったのですから、覚悟してくださいね。(^O^)

 声出しなんて、自分でやろうと決意すれば、誰でも、やれることです。注意されるより、練習中は、楽しく元気に声出してやれば、何の問題もありませんよ。先輩達がしっかり声出したら、後輩達も真似してくれると思います。

 というわけで、今日の練習、とても暑くて、1人だけリタイヤしてしまいましたが、熱中症には、本当に気をつけて練習させなければなりません。

 保護者の方も、練習中は、いつ子どもが体調不良になったり、怪我するかもわからないので、近くで待機してください。不在になるときは、必ず、他の保護者さんにお願いしてから、離れるようにしてください。よろしくお願いします。

★今日の練習の様子

Pxl_20220626_011024083 Pxl_20220626_011109328 Pxl_20220626_011103625 Pxl_20220626_011210390 Pxl_20220626_023630948 Pxl_20220626_023650342 Pxl_20220626_024350933 Pxl_20220626_024408181

 A,Bコートは、最後にゲーム練習をさせたのですが、最近、初級者大会などにどんどん挑戦している子達が、ずいぶん上達してきました。

 元気に声を出せるようになってきた初級者メンバーをみて、頼もしく感じました。この調子で、ますます頑張ってください。

★やっちまったなあ~

Pxl_20220626_065352057

 アンダーウェアがめくれていたようで、変な日焼けをしてしまいました。(^O^)

2022年6月19日 (日)

手強いなちびっ子達(^O^)

 今日は、伊丹研修大会にたくさんの選手が参加させてもらい、コーチもたくさん引率のため、不在でしたが、初級者のメンバーがたくさん残っていたので、実は、練習が楽しみでした。

 練習には、長瀬コーチも来てくれたので、私、まさえコーチ、ゆかコーチの4人で頑張りました。いやー、ほんと長瀬コーチが来てくれて、大助かりでしたよ。

 なかなか手強いちびっ子がいますからねえ。(^0^)

 素直な子どもばかりじゃありませんから、いつもちびっ子達の指導をしていただいているコーチのご苦労、私もまさえコーチも、よぉ~くわかりました。(^O^)

Pxl_20220618_235841193

 はるき副キャプテンが、居残りメンバーだったので、彼が今日のリーダーで、準備運動をスタートしました。元気がない女子に喝を入れましたが、このままでは、この子達、上達しませんね。注意しても、やらない、返事しない子がいることに、がっかりしています。そのうちやれるようになると信じていますが、大丈夫かな?

 私やコーチ達が、本気で怒らないうちに、できるようになることを願ってます。(^O^)

Pxl_20220619_001613765

 6年生のはるき、のえるが、特に新人達への指導を頑張ってくれていました。さすが、先輩だと感心しました。新人さんには、ラダーって、結構難しいですが、頑張って覚えましょう。ゴールデンエイジと呼ばれる小学生の時期に、ラダーをしっかり練習しておくと、たくさん良いことがありますから。

Pxl_20220619_013246570

Pxl_20220619_022832633

 長瀬コーチもまさえコーチも、一生懸命、丁寧に教えてくれました。

 今日の私と長瀬コーチのゲームシャツ、偶然、色違いのお揃いでしたね。気づいた人いましたか?

1655613376850

 低学年の子達は、私から見たら、孫みたいです。とにかく、まずはサーブ入れることだな。(^O^)

1655613376922

 練習の最後に、ブラシのかけ方をわかりやすく指導しました。理解してくれたかな?

★今日は父の日

 父の日でしたね。私も、娘達から、やさしくしてもらいました。

Pxl_20220619_044630159

 父の日とは、あまり関係ないですが、今日の昼食。カツは、”はも”でした。4時間しっかり練習指導したので、ご飯大盛りです。美味しかったです。

★嬉しかったこと

 今日は、隣のコートで、中学生が練習していました。ゆなちゃん、玄ちゃん、ゆうごくんが、私に気づいて、挨拶しに来てくれました。久しぶりに会いましたし、元気な姿をみれたので、とても嬉しい気持ちになりました。

 先輩達は、7/9、10の淡路地区中学総体でも、大活躍をお祈りしています。勉強との両立も大変ですが、これからも頑張ってくださいね。

2022年6月12日 (日)

目標に向けての練習

Pxl_20220612_000928506

 今日は、中学校の市総体があったため、コーチの人数が少なく、ちょっと苦労したのですが、それぞれの目標に向けて、いろんな指導、練習を行なってみました。

 先週から指導しているユニットターンについての復習に始まり、上級者から初心者まで、いっしょに1本打ちなどもたくさんやらせてみました。

 8年ほど前に、姫路商業へ出稽古させてもらった時に、いっしょに練習したメニューが、ふと思い出され、今日は、それを参考にした練習をやってみました。

 
↑高松初代キャプテン、まさえコーチなど、4名練習に参加しています。

 このようにテンポよく動いて打てるようになりたいものです。また、”しっかり声を出して打つ”という基本を、洲本ジュニアの子ども達には、真似してもらいたいと思っています。うちの上級者でも、合格点をあげられる子は、ほとんどいないですから。男子の上級者は、結構良い感じなんですが、女子は頑張って欲しいです。

 11時まで、全体練習を行ないましたが、その後は、クラスを分けてのゲーム練習などを行ないました。

 上級者には、先週、先々週に引き続き、〇〇〇の練習をやりました。少しずつでもいいので、実戦で試してもらいたいものです。勇気をもって、打っていかないと身につきませんからね。

 初級者組も、これからはどんどんゲーム形式も増やしていきます。基礎練習とバランス良く、やっていきましょう。基礎ばかりやっていても、上達は遅いと思います。ゲームを楽しむことが、上達の近道だからです。頑張っていきましょう。

Pxl_20220612_024247334

Pxl_20220612_025616192

Pxl_20220612_024222457

 さあ、そろそろ梅雨のシーズンへと突入していきますから、練習がしにくくなってきますね。各自が自宅でも、やれる練習はたくさんあるはずです。上手になりたい子は、毎日少しずつでもいいので、ラケットを握るようにしてください。

2022年6月 5日 (日)

先輩が来てくれて良い練習ができました

 今日は、3人もOB,OGが練習に来てくれて、雰囲気の良い練習が出来たと思います。

Pxl_20220605_000144043

 高校生2人、中学生1人が、来てくれました。しゅうが君、はおとさんは、ちょくちょく来てくれるのですが、今日は、なんと超久しぶりにたいき君が来てくれました。とても嬉しかったです。ただ、長髪になっていたので、挨拶されるまで、誰なのかまったくわかりませんでした。(^O^)

 それにしても、3名共、すごいボール打ちますね。特に高校生達は、たゆまぬ努力を続けていたことが、よくわかりました。たいき君も、はおとさんも、つるぎ高校や、脇町高校でも、十分通用したんじゃないかと思いましたね。もちろん今のレベルじゃダメですが、たかひろ君、じんや君のように、あのレベルの中で切磋琢磨していればという話です。

 強豪高校へ進学し、活躍してくれる次の選手を育てていきたいと思っているのですが、挑戦したいと思う中学生達、気軽に相談してくださいね。ソフトテニスでの進学先は、いくつかありますから・・・。

 さて、今日は、最初にユニットターンの説明をして、全員で素振りの練習をさせました。今後は、ソフトテニス界で、これが基本になっていくだろうと思うので、しっかり身につけて欲しいと思います。

 技術レベルで、グループを分けて、練習を行ないました。

★上中級者

Pxl_20220605_013851268

 最初に指導したのは、ロビングです。残念ですが、まだまだ下手です。

 身体全体を使って打つこと。攻めのロビングは、ライジング、高い打点で打つこと。ドライブ回転のかかったロビングを打つこと。など、指導しましたが、まだまだ練習が必要です。日頃から、しっかり意識して、練習して欲しいと思います。

 次に、カットストローク、特にドロップショットの指導を行ないました。これが上手にできないと、県大会での上位入賞は不可能です。ダブル後衛の陣形が多いわけですから、長短のボールを自在に使いこなせることは、必須の技術ですね。

Pxl_20220605_025602882

 サイドラインを狙って、ショートクロスの練習をしてもらいました。エースをとる1本、あるいは、相手を崩すための1本、コートを左右にも広く使うボールを、精度良く打てるように、しっかり練習して欲しいものです。

 サーブ練習の後、最後は、先輩達やコーチを相手にして、ゲームをやらせました。

★初級者の練習

Pxl_20220605_025850762

Cコートは、森本コーチと、はおと先輩に指導してもらいました。

Pxl_20220605_025658070

 Dコートは、惣田コーチに指導していただきました。練習中の無駄話が多かったみたいです。

 練習中は、しっかり集中し、声を出して練習してもらいたいです。それと、練習後のブラシ掛けも、Dコートの子達はできていませんでしたね。コーチから言われてやるのではなく、自分達でやれるようになってください。ボール拾いも、できていませんよ。

Pxl_20220605_031204830

 Cコートのメンバーには、身体の使い方を教えるため、メディシングボール投げを、指導してみました。少しずつ上手に投げられるようになってきたのですが、まだまだ練習が必要ですね。しばらく、続けてやらせてみようと思いました。

 また、来週も頑張りましょうね。

より以前の記事一覧