洲本Jr.新規会員募集中

  • ★洲本Jr.の紹介
     洲本Jr.ソフトテニスクラブは、2011年4月に、結成されました。
     現在、数名の熱心なコーチと、保護者のご協力によって、運営されています。
    ★活動目的
    ・小学生へのソフトテニスの普及
    ・礼儀正しい、マナーが守れる子供の育成
    ★活動内容
    ・キッズクラス、基礎クラスと選手クラスに分かれて練習しています。
    練習場所⇒ゆずるは荘テニスコートなど
    ・各種、小学生大会に出場します。
    ・部員の交流、親睦を目的とする活動。
    ★募集要項
    ・近隣の小学校に在校する男女児童(年長~小6)
    ・練習日は、ほぼ毎週日曜の午前中。(その他、自主練習有り)
    ・会費:コート使用料や消耗品代を徴収。
    ・ラケット、シューズ、ユニフォーム類は、各自、購入していただきます。最初は不要
    ★入会手続き
    監督、コーチ、部員へお問い合わせください。
    メール、電話など、気軽にどうぞ。

    ■お問い合わせは?
    オフィス・タガミ
    カイロプラクティック院
    ソフトテニス部まで
    洲本市大野753-303
    TEL:0799-22-5650
    監督:田上守孝
無料ブログはココログ

2021年7月25日 (日)

ゲーム練習

 今日は、諸事情でコーチと選手が、数名お休みだったのですが、大会前なので、全員でゲーム練習を計画してみました。体験入部の子も、いっしょに試合をしてもらいましたから、難しかったと思うのですが、感想を聞くと、楽しかったそうです。

 やはり、ソフトテニスはスポーツなので、ゲームをするときが、一番楽しいですよね。私も、久しぶりにゲームに入って、身体を動かしました。いきなり上級者相手だと、こっちも身体が心配なので、今日の所は中級者の子と3試合。中級者の子達は、もう少しできると思っていたら、とにかくラリーが続かない、私はゆるいボールしか打っていないのに、子ども達は、ネットしたり、アウトしたり、自滅してしまいます。このあたりが、まだまだ課題なのかなと、よくわかりました。本番では、もっと粘り強い試合をしてもらいたいと思いました。

Pxl_20210725_005523761

 それと今日の目玉は、男子1番手、2番手のペア替えをしたことです。洲本ジュニア杯だけのペア変更のつもりです。より強くなってもらうために、いろんなことをペア替えにより気づいて貰いたい、良い化学反応が起きることを期待しています。

 試合ぶりをじっくりは観ていませんが、ゆうご君が、ナイスボレーを連発していたり、ゆうや君が、いつもよりは声を出して、笑顔を見せていたように感じました。夏季大会、秋季大会まで、計画的に強化していきたいと考えています。

 女子の上位ペアは、それなりに声も出せているのですが、声に強さというか、迫力が足りません。そこを強豪クラブにも負けないようになってもらいたいと思っています。早く練習試合を計画し、実戦経験を積ませたいですね。

 9月頃からは、練習試合も組めると思うので、楽しみにしていてください。それまでに、しっかりレベルアップしておくことですね。

Pxl_20210725_003014234

Pxl_20210725_034315591

Pxl_20210725_034319562

 初級者も、3試合ずつくらい試合をしてもらいました。審判の練習も、多少はできたのではないかと思います。

 毎年、8月の炎天下でおこなっている洲本ジュニア杯夏の陣。とにかく、熱中症とコロナには気をつけて、無事に開催できるよう準備していきます。皆さん、ご協力お願いいたします。

 洲本ジュニアを設立して10年、その設立の準備期間が2年ありましたから、ソフトテニスのジュニア指導を始めてから12年になりますね。洲本ジュニアに縁あってご入会いただき、いっしょに活動をしてくださっている皆様と、12年やってきた私やゆかコーチとは、かなりの温度差があるのかもしれませんが、10周年という節目ですから、私にはすごく意味深いものなんです。今まで試練はたくさんありましたが、無理して続けてきて、本当に良かったなって思っています。

2021年7月18日 (日)

猛暑です!

 近畿大会も終わり、通常練習モードに入りました。朝の挨拶では、近畿大会の報告とお礼をしました。

 2人が近畿大会に出場し、頑張ることが出来たのは、仲間の協力、多くの先輩達の指導、コーチ、保護者の皆さん達のバックアップがあってこそです。ご支援、ご協力をいただきました皆さんに、あらためてお礼を申し上げます。

 さて、今日の練習には、OGの幸田さんが、参加してくれました。なんと、先週に引き続き、2週連続です。ありがとうございました。8/9に10周年記念大会で、OB,OGの団体戦を行うため、それに向けた練習も兼ねての参加だそうです。社会人・大学生チーム、2チームくらい作れたらいいですね。今のところ、みどりさん、あかねさん、あやかさん、まさえコーチ、ゆうやさんは、確定だと思います。私、久保コーチは、このチームに入る予定です。

 高校生チーム、中学生チームも、各2チームずつくらいは作りたいですね。皆さん、ご協力よろしくお願いします。

Pxl_20210718_031829624
↑幸田みどりさん、ありがとうございました!

 今日は、県夏季大会に出場する選手の選考会を行いました。出場希望選手のうち、初出場となる子については、審判がどれくらいできるかを確認させてもらいました。8名の初出場の希望者がおりましたが、2名は、残念ながら審判ができるレベルには達してなかったので、次回を目指して貰うことになりました。6名(3ペア)は、審判合格レベルではなかったですが、あと少し練習すれば、県大会には間に合いそうということで、条件付き合格としています。(男子4ペア、女子5ペアが出場決定)

 洲本ジュニア杯もありますので、しっかり実戦練習を積み、県大会で迷惑をかけないように、審判練習に励んでください。

Pxl_20210718_031752576
↑ぐんぐん上達中の2人です

Pxl_20210718_014637367
↑Dコートはレベルが上がってます。

 ゆうなは、コーチによく怒られていますが、今日は、ワイパースイングがかなりできるようになっていました。

 体験入会の3名も、すっかりソフトテニスが好きになっているようです。楽しみですね。

Pxl_20210718_031718997
↑みどり・まさえペアに挑むいさき・こはるペア

Pxl_20210718_031643764
↑Bコートも、よい雰囲気だと思います。

Pxl_20210718_014742226
↑Cコートでは、審判テスト中!

 Cコートのメンバーは、まだフォームが硬いのですが、ラリーも続くようになり、楽しそうにゲームをしています。審判は、まだまだ未熟ですが、県大会に出場するレベルには達しつつありますね。

 審判って、大人でも難しいんです。ソフトテニスは、子ども達に審判をやらせますから、いろんな失敗があります。あって当然なんですが、審判ミスはできるだけ減らしたいですね。1回のジャッジミスが原因で、負けることも多いからです。

 今日の練習中に、先週開催された中学総体で起きた審判の事例について、保護者の方から、まさえコーチに質問があったそうです。私はその現場にいないので、詳しいことはわかりませんが、内容を聞く限り、おかしな判断になっていましたね。

 その件についてではなく、一般的なことを書きます。

 ほとんどの中学生は、ジュニア審判の資格を持っていませんし、たぶん、審判の指導をきちんと受けたことはないと思います。逆に言えば、しっかりルールを知っている子は、正しく判断することができるので、得することも多いですね。

 正審が間違っている時は、タイミングよく質問にいったり、審判が無茶苦茶だったら、タイムをとって、大会本部のレフェリー(審判委員長、審判副委員長)に”提訴”し、正しい判定を促すこともできるのです。ルールを知らない新入生が審判をして、とんでもないジャッジミスを多発している試合も、中学生の大会にはあります。選手にしてみたら、たまったものではありません。そんな時は、提訴して、審判を交替させてもらうべきではないでしょうか。

【提訴】
アンパイヤー(正審、副審、線審の総称)の判定に対し、競技規則及び審判規則の適用に疑義を持ち、レフェリーに判定を求めることをいう。レフェリー(審判委員長、審判副委員長)の判定は最終のもので、アンパイヤーもプレーヤーも従わなければならない。

2021年7月 5日 (月)

4年以下の強化練習

 7/3(土)は、兵庫県4年生以下の強化練習(2回目)があったので、岡本コーチといっしょに参加してきました。うちのクラブから、参加資格があるのは、いちのすけ君だけです。

Pxl_20210703_002454406
↑寂しそうに一人で並んでいるのが、いちのすけ君です。(^O^) 今度は、ペアで呼ばれたいね。

 男子は16人くらい招集されていましたね。女子も同じくらいだったと思います。

 他のクラブ(強豪クラブ)は、だいたい同じチームから2~4名くらい選ばれているので、緊張もないと思うのですが、うちは、いちのすけ君だけだったので、さぞ、不安だっただろうと思いますね。でも、良い経験をさせてもらいました。

 いちのすけ君を、丸一日観察することができたので、彼の修正ポイントも見つかりました。私にとっては、それが一番良かった点ですね。

Pxl_20210703_043156157
↑神戸星城高校男子

 ちょうど、神戸星城の選手達が、40名くらい集まっていて、吉川総合公園で、練習をしておりました。ゆうや先輩の母校になります。

Pxl_20210703_043133109
↑強化メンバー達との試合も、たくさんやらせてもらいました。

 いちのすけ君にとっては、最高の練習になったんじゃないでしょうか。この経験を、洲本ジュニアの練習に活かしていきたいと思います。

 この強化練習というのは、兵庫県で開催される全国小学生大会に向けての特訓でありますが、一番大事な練習は、地元に帰ってからの日頃の練習です。今日のような緊張感のある練習を、洲本ジュニアの練習でもやっていかないと、全国大会に出場できるような選手にはなれないでしょう。

 いちのすけ君が学んできたものを、ぜひ、仲間に伝えてもらって、ますますレベルアップする洲本ジュニアになれるように、努力していきたいものです。

 兵庫県のライバル達と、切磋琢磨しながら、令和5年の全国大会での優勝に貢献できる選手になりましょうね。いちのすけ君!

自分のフォームをチェックしなさい

 先日、保護者LINEで子ども達全員のフォームを撮影した動画を配信していました。目的は、自分のフォームを確認してもらうためです。

 指導していただいているコーチから、毎週、何度も同じアドバイスをしているのに、なかなか上達しませんという相談を受けたからです。アドバイスしているのに、そのとおりにやろうとしないのか、それとも、自分ではやれていると勘違いしているのか?

 あるコーチからは、何度言ってもやらない子には、もっと強く叱っても良いのでしょうか?でも、急に強く叱ったら、保護者からクレームが来るかもしれないので、なかなか強くは叱ることが出来ません。という内容の相談も受けました。

 洲本ジュニアとしては、テニスを楽しく覚えてもらいたいので、初心者のうちは、ある程度優しく、楽しく、教えていきたいと考え、指導してきました。強く叱るのは、もっと上達して、勝ちを意識して練習をするようになってからで良いと思っています。もちろん、叱らなくても良いなら、それに越したことはありません。

 ただ、返事もしない、挨拶もしない、何度注意してもやろうとしない、指導したことに対して、本気で頑張ろうともしない場合は、初心者であろうと、上級者であろうと、容赦せずに叱って良いと考えています。(当然ですが、指導中に、叩いたりすることはしません。)

 今日は、コーチから相談があったので、とにかくまず、自分のフォームをみてもらって、いつも注意されていることが、できているのかどうか、自分で確認するところから練習をスタートしました。保護者には、動画を見せて、子ども達に考えて貰うように指示していたのですが、6~7割くらいは、見せてなかったようですね。かなり、がっかりしました。できている子なら、別に見せなくてもいいんです。残念ですが、多くの子が出来ていない、指導してくださっているコーチが、嫌になるくらい同じ注意をしているんですね。大変なんですよ、コーチの皆さんも。

 というわけで、まず、自分がどのようにできていないのかを理解してもらうことからスタートしました。できていないことがわかったんだから、できるだけ早くそれを改善しようじゃありませんか。我々コーチは、一生懸命教えていることが、できるようになってくれたら、嬉しいんです。うちのクラブの横断幕に、「もう1回の心」と書いていますよね。これは、子ども達が、「もう1回お願いします。もう1球お願いします。」と、食らいついてきて欲しいという意味もありますが、我々指導者が、「もう1回チャンスをあげるから、もう1回頑張って見なさい。もう1回、もう1回、まだできないか、よおし、じゃあ、もう1回やってみなさい。」という意味なのです。

 なかなか上手になってくれない子どもには、正直、コーチは嫌になってしまう、教えるのが嫌になってしまうことだってあるのです。しかし、下手であっても、必死で「もう1回お願いします!」という気持ちの伝わってくる子であれば、何度でも教えてやろうという気持ちになるものです。

 今日は、何とかして、1日でも早く、上達させたい、そんな気持ちから、一生懸命、眠い目をこすりながら、夜中の3時頃、子ども達の動画を編集した私の気持ちが、もう少し伝わってくれても良かったですね。

 私の考えに賛同し、洲本ジュニアの指導をこんなにたくさんのコーチがボランティアで協力してくださっていることに感謝しています。私も10年続けてきて、指導の大変さは、一番わかっているつもりです。コーチの皆さんが、より気持ちよく、より楽しく、活動していただきたいと思っています。そのために、保護者の皆さんも、子ども達も、協力していただけたら嬉しいです。

 何をすればよいのかわからないですか?簡単なことです。コーチの言うことを、もっと真剣に聞くことです。そして、それができるように集中して練習することです。わからなければ、何度でも質問することです。夢中になって、頑張れば、あっという間に上達しますからね。

 子ども達にはより楽しく頑張ってもらい、そして、保護者の皆さんにも、サポートいただき、コーチの皆さんが更に楽しく続けていただけるように、みんなで盛り上げていきましょう。(^O^)

 ちょっと、愚痴だらけになってしまったのですが、今日の練習では、A,B,C,Dコートの子ども達には、基本的には、たくさん褒めました。私がびっくりするくらい上達してきたからです。この調子で、頑張っていきましょう。

Pxl_20210704_032438385

Pxl_20210704_032235322

Pxl_20210704_032211965

Pxl_20210704_032311127

Pxl_20210704_032159702

★体験入会

 今日も体験入会は、3名(5年、3年、1年)参加してくれました。3名ともに、楽しくテニスしてくれていますから、正式入部も近いのかなと、楽しみにしています。

 洲本市では、まもなくすべての学校に、全スポーツクラブの募集案内が配布されるようなので、洲本市の小学生も、増えてくれると嬉しいですね。

 気軽に体験しに来てください。待ってま~す。

★近畿大会直前の特訓

 上級者メンバー全員に協力してもらって、近畿大会出場のしゅうが・ゆうやの特訓を行いました。

 私も、普段の2~3倍くらい厳しい監督を演じさせて貰いました。先日、新聞にも掲載されたし、先生や友達から褒められたりして、ちょっと浮かれているというか、自分は上手だなんて、調子に乗ってるかもしれません。気持ちを引き締めるためと、気合いを入れるために、あえてキツく、厳しく練習させました。今日が調子のピークじゃダメなのです。

 明日からは、肉体的にも、メンタル的にも、調子を上げていって、大会当日を迎えることができたら、ベストだと思います。

 出だしは、かなり厳しい指導でスタートでしたが、今日の4時間の練習の中で、だんだん相手のレベルを下げることで自信を持たせていき、最後の試合は、まさえコーチ・ゆうごペアで締めくくり。2ゲームあっさりリードされ、このままあっさり負けてしまうのかと心配しましたが、そこから、良いプレーがでてきて、ファイナルゲームまで巻き返します。二人の良いプレーがファイナルでも続き、最後、デュース、アドバンテージまで粘り、コーチペアが勝ったのですが、3ゲーム目からの粘りは、大変良かったと思います。

 こんな感じで、個人戦のしょっぱなも、自分達の良さを出してもらえれば、簡単に負けることはないと信じています。

 洲本に残る皆さんも、ぜひ、心で二人の活躍を願っていてくださいね。

2021年6月27日 (日)

壮行会をやりました!

Pxl_20210627_003707162
↑みんな一緒に、ラダートレーニング

Pxl_20210627_010414541
↑このフォーム、小学生のときの初代キャプテンにそっくり!どちらもA1タイプです。

Pxl_20210627_013606393
↑今日は、体験入会が3名ありました。(1年、3年、5年)

 ちょっと久しぶりの新入会員2名(3年女子、4年女子)に加え、体験入会者3名も来てくれて、にぎやかな練習を行いました。雨上がりのコートだったので、蒸し暑かったですね。これからは、熱中症対策をしっかりしていかなければなりませんから、保護者の皆さんも、お子さんのケアには十分気をつけてください。通常の水分補給、もしもの時のOS-1(経口補水液)、氷のうなど、常に準備しておいてくださいね。

 準備運動のマッスルユニットトレーング、ラダートレーニングを行った後、技術レベルによって、4つのコートに分かれての練習と行いました。

 今日は、各コートでの練習ぶりを少しずつですが、動画撮影してみました。成長記録として、掲載しておきます。

 

 自分のフォームを客観的にチェックするのは、大事なことです。コーチから、いつもアドバイスされていることが、できているでしょうか。自分ではできているつもりであっても、動画でチェックすると、まだまだできていないということがほとんどです。うまくできていないから、コーチはアドバイスしているのですから。

 でも、少しずつですが、それぞれの成長は見られます。各コートで熱心に指導してくださっているコーチのおかげですね。

 Dコートでは、かのんちゃん、やちるちゃん、かほちゃんの成長が、目にとまりました。Bコートでは、ゆいのちゃんのストロークが力強くなってて、つい声を掛けてしまいました。

 この動画だけをみると、元気よくボールが打てているのは、残念ですが、数名しかいませんね。今日も、その点を注意しましたが、出来ている人はいるのですから、努力してやれるようになりましょう。マナーモードのスイッチは切りましょうね。

 卒団した先輩達も、自分達の昔の映像を探して、楽しんでくれているようです。あの頃の自分達の可愛さや、未熟ぶりをみて、懐かしく、微笑んでいるそうです。洲本ジュニアのブログは、みんなの思い出の記録でもあります。(懐かしいブログを見たら、ぜひ、コメントに感想でも書き込んでくださいね。)

 さて、今日は、練習を少し早めに切り上げて、近畿大会の壮行会を開催しました。簡素なものですが、みんなの気持ちがしっかり伝わった素晴らしい壮行会になったと思っています。ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 激励のメッセージをくれた玄斗先輩も、ありがとうございました。

 

 近畿大会まで、あと2週間。体調を整えて、力を出し切れるよう頑張ってくださいね。

2021年6月26日 (土)

3回目の兵庫県代表強化練習

Pxl_20210626_065159089

 今日は、兵庫県代表男女Bチームの強化練習があり、参加してきました。会場は、上郡町B&Gテニスコートです。

 近畿大会まで、あと2週間になってしまいました。自分達より、格上の選手たちとの強化練習は、なかなか厳しいものがありますが、確実にレベルアップしています。なかなか勝たせてもらえませんが、今日は、1勝していました。

 いろいろ課題がわかっているのですが、技術がそう簡単に上達するわけはありません。あと2週間、どれだけ改善できるか、また、2人だけにしかできない得点パターンをもっと磨いていこうと思います。

 もっと、もっと元気に楽しんでテニスをしましょう。この舞台に行けることが、素晴らしいことなのだから。

Pxl_20210626_013801344
↑新しい代表チームのユニフォームで戦う2人です!

 兵庫県の代表に選ばれるというのは、すごいことなんですよ。この子達のおかげで、私も初参加することができます。本当に感謝しています。

 そうそう、今日は、男子近畿代表Bチーム監督の隣で試合を観させてもらったのですが、監督さんがコロナに感染しないように5-ALAサプリをプレゼントし、飲んでもらいました。(^0^) 血糖値改善にもなること、中性脂肪が改善することも知って、自分でも飲みたくなられたようでした。うちの子達に優しく指導していただいているので、ほんのお礼の気持ちです。

 それにしても、兵庫県近畿代表Bチーム、みんな上手です。目標は、近畿大会団体戦の決勝で、兵庫県Aチームと戦うことですね。

 その前日の個人戦では、洲本ジュニアの2人が、どこまで戦えるのか、本当に楽しみでなりません。夏季大会、秋季大会、冬の近畿インドア大会につながる試合にしてもらいたいものです。

Pxl_20210626_070511795

 最後の1枚は、女子の近畿大会代表メンバーとして頑張っている伊丹Jr.のゆずきちゃんとの記念写真です。ゆずきちゃんは、洲本Jr.出身なので、今回、うちのクラブの関係選手が、3名も近畿大会に出場することになりました。実は、あと一人、大阪代表で、あやねちゃん(元洲本Jr.⇒姫路Jr.⇒堺SP)も出場するのではないかなと期待しています。あやねちゃんの場合は、近畿大会だけじゃなく、全国大会出場の期待もかかっています。たしか、大阪府予選は、6/27だったはず?

 みんな頑張っていきましょう♪

2021年6月22日 (火)

アジリティクロスの練習ぶり

 自宅練習としてやらせているアジリティクロスについて、どれくらいやれるようになっているか、数名の子に上達ぶりを見せてもらいました。

 まだまだでしたが、自宅でも練習しているんだなと感じさせてくれる動きでした。この調子で、しっかり練習して、フットワークをますます磨いてもらいたいですね。敏捷性を高めるアジリティトレーニングは、この年代の子たちには最適な練習だと思います。逆に今やらなければ、運動神経は伸びないのです。頑張りましょう。

 

 コツコツ毎日少しずつでもいいので、練習するようにしましょう。きっと、その動きがテニスにも活かされてきますからね。

 

 せめて、これくらいの動きはできるようになってください。このモデル(Mコーチ)は、小6くらいの時の動画です。

2021年6月20日 (日)

熱中症には気をつけて

 だんだん暑くなってきたので、熱中症には気をつけて、練習していきましょう。マスクをつけたままの練習は、大変危険なので、外して練習しましょう。去年の事例によると、マスクをつけたまま運動したことが原因で亡くなった人の方が、新型コロナで亡くなった人より多かったようですからね。

 もともと、マスクの繊維の孔のサイズよりも、はるかに微小なコロナウイルスですから、新型コロナ対策としての一般のマスクの防御効果というのは、あまりないとも言われています。アメリカでは、マスク着用義務のある州と、マスク着用義務のない州では、感染者数に有意差がないという結果がでているそうです。マスクを長時間つけることにより、酸素が不足してしまい、免疫力がどんどん下がってしまいます。むしろその免疫力低下の方が、コロナに感染しやすくなるということも懸念されています。子供のマスク着用による酸素不足は、もっと危険だと言われており、脳の発育なども含め、いろんな成長に影響があるので、本当に気をつけないといけませんね。現在のマスクマナーとして、やむなく着用しなくてはいけない場面も多いのですが、真実を知った上で、マスクも使っていきましょう。ただ、古いマスクを使い回しするというのは、やめましょうね。より感染リスクが高まりますよ。(マスクを絶対に使わなければいけないのは、感染した人です。感染者の飛沫を減らすということには、もちろん効果があります。)

 さて、今日の練習は、コート4面を使用し、上級者、中級者、初級者に分かれて実施しました。

 上級、中級者は、ペア練習を重視し、行いました。ネットプレーのペア練習など、あまり上げボールをさせることがなかったので、やりにくそうでしたが、上げボールを上手にできるようになることも大事なことなので、我慢して見守りました。



 ペアでボレー練習をさせたら、ボレーに入るタイミングや足の運びが上手くできていない子が多いので、この動画のように、コーチの真似をさせてみました。でも、やっぱり下手です。まず、真似をしなさいと言っているのに、立っている位置がダメですね。
 真似をしてタイミングや足の運びを覚えるためには、上げボールをしている人と、コーチが両方見えるところにいなければいけません。

 つまり、コーチの斜め後ろに立っていなければいけませんね。言うまで気づかない子が多い、また、言ってもやらない子もいました。残念ですが、こういう子は上達が遅いです。

Pxl_20210620_005527872

 初級者達は、惣田コーチ、増井コーチ、奈良コーチにお任せしての練習でした。各コーチが大変工夫して指導してくれているので、まじめに子ども達は頑張っています。上手になるまで、我慢しかありませんね。

 

Pxl_20210620_004642119

Pxl_20210620_004657876

Pxl_20210620_014401910

Pxl_20210620_014455404

Pxl_20210620_032014733

 12時~は、ゲーム練習をやらせました。

 中でも、しゅうが・まさえコーチ対ゆな先輩・長瀬コーチのの試合は、ファイナルゲームのデュースまでもつれる大熱戦でした。かなり、レベルの高い駆け引きや、配球で、観ていて面白かったです。

 途中で、ポーチに出てポイントしたまさえコーチ、その後、ポーチに行くと見せかけてフェイントをかけ、サイドに誘ってボレーを決めたまさえコーチ。こういう試合中の駆け引きが見られたゲームでしたが、せっかくの好試合をほとんど見ずに背中を向けている上級者がいたのは、残念に思いました。自分の試合が終わったら、人の試合を観るというのも練習ですからね。今後は気をつけてください。

 最後に今日は父の日だったので、帰りの挨拶のときに、子ども達にお父さんの好きな所や、すごい所を、言ってもらいました。お父さん達、嬉しそうでしたね。(母の日も、今日みたいなことをやればよかったです。)

 私も夜になって、2人の娘達から、ウイスキーをいただきました。

Pxl_20210620_115813123

 このオールドパーというウイスキーは、私が20代の頃、自分の父親に、ちょくちょくプレゼントしていた酒です。今は、自分がいただく番になったんだなって、感無量です。

2021年6月13日 (日)

6/13午後の部練習(初級者)

Pxl_20210613_042053448

 午後の部は、初級者だけでの練習を行いました。先週に続いて、今日から新入会員(八木小4年女子)が、1人増えました。

 通常の初級者練習は、惣田コーチと奈良コーチにお任せしているのですが、上中級者練習を午前中に終わらせたので、私とまさえコーチは、初球者練習の指導に入りました。惣田コーチが不在だったので、奈良コーチ、まさえコーチ、私の3名での指導を行いました。

 まず最初に、マッスルユニットトレーニングによる準備運動の再確認、再指導を行いました。この体操の目的や意味を子ども達は理解できていないため、かなりいいかげんな体操になってしまっているのですが、今日は、しっかり説明しながら教えたつもりなので、少しはましだったかと思います。

 次に、ラダートレーニングを行いました。まさえコーチには、お手本を見せてもらいながら、子ども達の理解度をしっかり観察することができました。

 年長で入会したやっちゃんが、小2になり、こんなに軽やかなステップでラダートレーニングができるようになっているのを見ると、嬉しくなりますね。優しく教えてくれたコーチや先輩達に感謝です。

 

 コーチの動きと、初級者メンバーの動きを比べると、全体としては、まだまだできていないと思います。保護者の皆さんは、この動画を子ども達に見せて、コーチとの違いをいっしょに考えてもらいたいですね。まだカラダを上手に使えていないのは、仕方がありませんが、もともと運動が苦手な子ほど、このトレーニングや、アジリティクロスのトレーニングは、しっかり頑張ってもらいたいです。

 さて、次に行ったのは、コーチ(3名)対 初級者メンバー(本日出席者9名)のドリブル競争です。ちょっとハンディをつけてやろうと思い、コーチは”バック走”にしてみたのですが、子ども達をなめすぎていました。意外と上手にドリブルしながら走れるんですね。びっくりしました。(^O^)

 

 このようなゲーム的な要素のある練習は、子ども達も楽しいと思うので、たまにはいいですね。ただし、次は、リベンジしますよ。(^O^)

 

 その後は、動きながらのストローク練習や、短めのボールをテイクバックをコンパクトにして相手コートに打ち込む練習などを真剣に指導してみました。そんなに難しい練習ではなかったのですが、この子達は、まだまだ普通に打てている子はいませんね。上手にはなってきていますが、基本は大事ですから、早く試合に出たいという子は、自主的な練習もしっかりしてもらいたいですね。

 最後は、ゲーム練習を行いました。上手な子も、そうでない子も、入会したばかりの子も、試合は楽しそうにやっていました。

 8/8には、洲本ジュニア杯夏の陣を開催しますから、初級者の部の上位入賞目指して、みんな頑張ってください。

6/13午前の部練習(上中級者)

 今日の練習は、コートが2面しか予約できなかったために、午前の部と午後の部に分けての練習を行いました。

午前の部(9~12時):上中級者 6ペア

午後の部(13~16時半):初級者

 伊丹研修試合も予定されていて、1ペアだけが参加予定だったのですが、雨天中止となったため、練習に参加してくれました。

Pxl_20210613_002144021

 昨日の県強化練習での反省点を、たくさん盛り込んだ練習メニューでしたが、みんなしっかり頑張ってくれました。

Pxl_20210613_011634965
↑目標を設定しての練習です

Pxl_20210613_011621487
↑決め技を磨くための練習をたくさん行いました。

Pxl_20210613_025127607
↑サービス練習は、重点課題だと思います。

Pxl_20210613_025633259

近畿大会に向けて、エースペアに対する我々コーチからの要求は、ますます高くなっています。

期待が大きいだけに、「なぜそれくらいのことが出来ないのか?」と、こちらもイライラしてしまうことも多く、これではいけないと反省の日々です。

私が、いっしょに練習できるのは、せいぜい週に1回だけです。あとは、親コーチの頑張りと、子ども達自身の頑張りに期待するしかありません。私も、できるだけ頑張りますので、みんなで最高の結果を出しましょうね。

より以前の記事一覧

洲本Jr.のプロモーションビデオ

洲本Jr.部員募集チラシ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック